prednisolone

出典: meddic

プレドニゾロン

WordNet   license wordnet

「a glucocorticoid (trade names Pediapred or Prelone) used to treat inflammatory conditions」
Pediapred, Prelone

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/09/03 03:07:01」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Clinical features and outcomes of delayed facial palsy after head trauma.
  • Li Q1, Jia Y2, Feng Q3, Tang B1, Wei N1, Zhang Y1, Li Y4, Zhang X5.
  • Auris, nasus, larynx.Auris Nasus Larynx.2016 Oct;43(5):514-7. doi: 10.1016/j.anl.2015.12.017. Epub 2016 Feb 1.
  • OBJECTIVE: To investigate clinical features and outcomes of delayed facial palsy after head trauma.METHODS: The cases who had delayed facial palsy after head trauma treated from March 2008 to March 2013 at our hospital were enrolled in the study, and their clinical features and outcomes were analyze
  • PMID 26837868
  • Calcium pectinate gel beads obtained from callus cultures pectins as promising systems for colon-targeted drug delivery.
  • Günter EA1, Popeyko OV2.
  • Carbohydrate polymers.Carbohydr Polym.2016 Aug 20;147:490-9. doi: 10.1016/j.carbpol.2016.04.026. Epub 2016 Apr 8.
  • Low methyl-esterified pectins obtained from the cell walls of the campion (SV, SV>300), tansy (TV, TV>300) and duckweed (LM, LM>300) callus cultures and apple pectin (AP, Classic AU 701) were used as the carriers for colon delivery of prednisolone. The pectins with molecular weight more tha
  • PMID 27178956
  • Prediction of high risk for death in patients with follicular lymphoma receiving rituximab plus cyclophosphamide, doxorubicin, vincristine, and prednisolone in first-line chemotherapy.
  • Murakami S1, Kato H1, Higuchi Y1, Yamamoto K1, Yamamoto H1, Saito T1, Taji H1, Yatabe Y2, Nakamura S2,3, Kinoshita T4.
  • Annals of hematology.Ann Hematol.2016 Aug;95(8):1259-69. doi: 10.1007/s00277-016-2690-2. Epub 2016 May 25.
  • Risk stratification of patients with relapsed and refractory follicular lymphoma (FL) remains challenging. Recently, much attention has been paid to the impact of early progression of disease within 2 years of diagnosis (early POD) on subsequent survival. The aim of this study was to clarify the cl
  • PMID 27220639

和文文献

  • Preparation of Enteric-coated Capsules of Beclomethasone Dipropionate for Patients with Intestinal Graft-versus-Host Disease and a Case Study
  • Murakawa Kiminaka,Sato Tomoaki,Maeda Yoshinobu,Kitamura Yoshihisa,Tanimoto Mitsune,Sendo Toshiaki
  • Acta Medica Okayama 67(5), 319-324, 2013-10-00
  • … In addition, we were able to decrease the prednisolone equivalent dose. …
  • NAID 120005341865
  • A case of refractory cutaneous polyarteritis nodosa in a patient with hepatitis B carrier status successfully treated with tumor necrosis factor alpha blockade
  • Zoshima Takeshi,Matsumura Masami,Suzuki Yasunori,Kakuchi Yasushi,Mizushima Ichiro,Fujii Hiroshi,Yamada Kazunori,Yamagishi Masakazu,Kawano Mitsuhiro
  • Modern Rheumatology 23(5), 1029-1033, 2013-09-00
  • prednisolone dose-sparing; …
  • NAID 120004966632
  • Management of postoperative hemorrhage associated with factor VIII inhibitor: report of a case
  • Onishi Ichiro,Kayahara Masato,Munemoto Masayoshi,Sakai Seisyo,Makino Isamu,Hayashi Hironori,Nakagawara Hisatoshi,Tajima Hidehiro,Takamura Hiroyuki,Kitagawa Hirohisa,Tani Takashi,Ohta Tetsuo
  • Surgery Today 43(9), 1058-1061, 2013-09-00
  • … Inhibitor elimination was started using prednisolone on POD 20; …
  • NAID 120004754695

関連リンク

prednisolone /pred·nis·o·lone/ (pred-nis´ah-lōn) a synthetic glucocorticoid derived from cortisol, used in the form of the base or the acetate, sodium phosphate, or tebutate ester in replacement therapy for adrenocortical insufficiency, as ...
a synthetic glucocorticoid, C 2 1 H 2 8 O 5, used in various forms to treat inflammation and allergies and in the treatment of acute leukemia, Hodgkin's disease ... prednisolone pred·nis·o·lone (prěd-nĭs'ə-lōn') n. A synthetic steroid ...

関連画像

Prednisolone BP Vet 1mgPrednisolone (Click for Larger Image)PREDNISOLONE 20mg - 500 TabletsPrednisolone Acetate Ophthalmic Suspension Prednisolone-3D-balls.pngGeneric Prednisolone


★リンクテーブル★
リンク元糖質コルチコイド」「ベタメタゾン」「デキサメタゾン」「プレドニゾロン」「predate
拡張検索prednisolone sodium succinate」「methylprednisolone hemisuccinate」「methylprednisolone succinate」「fluoxyprednisolone」「fluprednisolone

糖質コルチコイド」

  [★]

glucocorticoid (Z), glucocorticoids
グルココルチコイド
副腎皮質副腎皮質ホルモン
  • 以下、内的に合成される糖質コルチコイドについて述べる

種類

分類

性状

  • ステロイド

産生組織

標的組織

生理作用

1. エネルギー代謝

糖新生においてグルコースの前駆体となるアミノ酸を肝臓に供給すべく動員する作用 (SP.894)

a. 糖代謝作用

糖新生の亢進
血糖上昇
肝細胞以外のグルコースの取り込みを抑制 (SP.894) ← 末梢でインスリンの作用に拮抗
グルコース-6-ホスファターゼの活性亢進 (SP.894)
グリコーゲンの合成亢進
血糖値の上昇に伴い、肝臓などでグルコースからグリコーゲンが作られる (SP.894)

b. タンパク質代謝作用

肝臓での糖新生の基質を末梢から供給する作用
肝細胞以外でのアミノ酸取り込み阻害 (SP.894)
特定のアミノ酸合成を阻害 (SP.894)
生理的範囲:(肝臓)同化作用が起こる、(肝臓以外)異化作用が起こる
ステロイド大量投与時:ほとんど異化作用が起こる→副作用につながる

c. 脂質代謝作用

  • 脂肪細胞に対して、インスリンの拮抗作用を持つが、一方で糖質コルチコイドにより血糖値が上昇する
  • 脂肪分解↑→血糖値↑ …(1)
脂肪細胞に対してグルコースの取り込みを抑制し、中性脂肪の生合成を抑制し、さらに大量の遊離脂肪酸とグリセロールを放出させる。肝臓でグリセロールからグルコースが合成される。 (SP.894)
  • 血糖値↑→脂肪合成↑ …(2)
血糖値の上昇によりインスリンが分泌され、脂肪細胞で脂肪の合成が促進される (SP.894)
  • (1)、(2)のいずれの反応が起こるかは体の部位によって異なり、脂肪分布の変化が生じる。
中心性肥満、満月様顔貌、バッファローハンプ

2. 電解質代謝作用

糖質コルチコイドの電解質コルチコイド様作用。
Na+再吸収↑、K+排泄↑
コルチゾールの電解質作用はアルドステロンの約1/400
コルチゾールの量    はアルドステロンの約 200倍
ゆえに、電解質コルチコイドの1/2の作用力を持つ

3. 水代謝作用

GFR↑、ADHに拮抗、細胞内への水移動の抑制→水利尿作用を有する。  尿崩症 + 副腎不全 → 多尿がいくらか改善されると考えて良いと思われる。仮面尿崩症

4. 骨・軟骨に対する作用

  • a. ビタミンDと拮抗して腸管からのCa吸収阻害 (SP.894)
  • b. 腎尿細管におけるCa再吸収阻害 (SP.894)
  • c. 骨芽細胞の分化・増殖を抑制 (SP.894)
糖質コルチコイドの大量投与→軟骨↓骨成長↓(活性型ビタミンD3に拮抗・尿細管Ca再吸収↓→PTH↑、骨芽細胞の分化抑制、タンパク質の異化作用↑)→骨粗鬆症、骨壊死 or 骨端線閉鎖を促進(←?要調査)
b.の機序で尿に排泄されるカルシウムが増加  →  高カルシウム尿症 → 尿路結石

5. 抗炎症作用

  • 胸腺やリンパ組織を萎縮させる → 炎症反応や免疫反応を抑制
リンパ球数の減少、白血球の遊走抑制、抗体産生低下、ヒスタミン放出抑制(局所の毛細血管拡張抑制) (SP.894)
末梢好中球数は増加する(YN.F-78) → 白血球増多症

SPC.330

  • a) 核内受容体を介してlipocortinを発現させ、これがphospholipase A2を阻害する。これにより、アラキドン酸の産生が抑制され、炎症を促進するロイコトリエンの産生も抑制される。
  • b) 末梢血Tリンパ球、単球、好酸球、好塩基球:骨髄からの放出減少と再分配(?)のため末梢血中では減少する。
  • c) 末梢血好中球:炎症部位への集合が抑制され(血管外への遊走が抑制される(GOO.1600))、末梢血中では増加する。
  • d) Bリンパ球はヘルパーT細胞が抑制されるために抗体産生能が減少する。
  • e) リンパ球などの細胞表面の立体構造を換えて抗体や補体の結合を抑制する。
  • f) 毛細血管(毛細管)の収縮により、血管の透過性は低下する。

6. 循環器

  • カテコールアミン・アンジオテンシンIIによる血管収縮作用の許容作用 → 糖質コルチコイドなしではその作用を十分に及ぼし得ない
欠乏症では血管のカテコールアミン・アンジオテンシンIIに対する感受性低下

7. 中枢神経系

  • 認知機能や情動を修飾 (SP.895)

8. 成長発達

  • 胎児期の消化酵素・リン脂質(肺胞表面の張力に関与)の合成に関与 (SP.895)
  • 小児期で骨や熱強訴域に直接作用して身長の伸びを抑制する (SP.895)

作用機序

免疫抑制(GOO. 657,674,1600)

糖質コルチコイドはリポコルチンを産生→リポコルチンはホスホリパーゼA2の活性を修飾→アラキドン酸産生↓

分泌調節

  • 1. 概日リズム
  • 2. フィードバック制御
    • 糖質コルチコイドがACTHCRHを抑制
  • 3. ストレス反応

臨床関連


  • 合成ステロイドホルモン

副作用

副腎皮質ホルモン剤
Table 59–2 Relative Potencies and Equivalent Doses of Representative Corticosteroids
COMPOUND ANTIINFLAMMATORY POTENCY Na+-RETAINING POTENCY DURATION OF ACTION* EQUIVALENT DOSE, MG
cortisol 1 1 S 20
cortisone 0.8 0.8 S 25
fludrocortisone 10 125 I
prednisone 4 0.8 I 5
prednisolone 4 0.8 I 5
6α-methylprednisolone 5 0.5 I 4
triamcinolone 5 0 I 4
betamethasone 25 0 L 0.75
dexamethasone 25 0 L 0.75


-グルココルチコイド
-グルココルチコイド
-glucocorticoid


ベタメタゾン」

  [★]

betamethasone
ベタメサゾン
ベタメタゾンリン酸エステルナトリウムリン酸ベタメタゾンナトリウム betamethasone sodium phosphate
酢酸ベタメタゾン betamethasone acetate
吉草酸ベタメタゾン betamethasone valerateベタメタゾン吉草酸エステル
ベタメタゾンジプロピオン酸エステルジプロピオン酸ベタメタゾン betamethasone dipropionate
ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル
リンデロン RinderonアンテベートCelestone
アンテベートアンフラベートエンペラシンケリグロールサクコルチンサレックスサンベタゾンステロネマセレスタミンダイプロセルディーピーポロンデキサンVGデルモゾールDPデルモゾールGデルモゾールトクダームトチプロベタゾンノルコットハイコートヒスタブロックヒズボットフロダームプラデスミンベクトミランベタセレミン、ベトネベートN、ベトネベート、ベトノバールG、ベルベゾロンFベルベゾロンリダスロンリネステロンリノロサールリンデロン-DPリンデロン-VGリンデロン-VリンデロンリンベタPFルリクールVGリンデロンA
鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤


GOO.1594

Table 59–2 Relative Potencies and Equivalent Doses of Representative Corticosteroids
COMPOUND ANTIINFLAMMATORY POTENCY Na+-RETAINING POTENCY DURATION OF ACTION EQUIVALENT DOSE, MG
prednisone 4 0.8 I 5
prednisolone 4 0.8 I 5
betamethasone 25 0 L 0.75
dexamethasone 25 0 L 0.75



デキサメタゾン」

  [★]

dexamethasone
dexamethasonum
プロピオン酸デキサメタゾン?JAN
デキサメサゾン
Decadron
(点眼・点耳・点鼻)DMゾロンコンドロンデキサビジュアリンテイカゾンD・E・Xオルガドロンサンテゾーン
(口腔内用)アフタゾロンデルゾンエースミンデキサルチンデルゾン
(軟膏)ビスオメインベートデルムサットプロメタゾンメサデルムオイラゾングリメサゾンザルックスデキサAヒフメタプロメタゾンボアラ
(注射液)デキサートオルガドロン(デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム)、ソルコートデカドロンメサドロンリメタゾン
(服用)エリザスレナデックス
(吸入)ストメリンD
糖質コルチコイドデキサメタゾン抑制試験コルチコイド
鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤
[show details]


GOO.1594

Table 59–2 Relative Potencies and Equivalent Doses of Representative Corticosteroids
COMPOUND ANTIINFLAMMATORY POTENCY Na+-RETAINING POTENCY DURATION OF ACTION EQUIVALENT DOSE, MG
prednisone 4 0.8 I 5
prednisolone 4 0.8 I 5
betamethasone 25 0 L 0.75
dexamethasone 25 0 L 0.75




プレドニゾロン」

  [★]

prednisolone, PSL
コハク酸プレドニゾロンコハク酸プレドニゾロンナトリウム, prednisolone sodium succinate酢酸プレドニゾロン
プレドニゾロンプレドニン, PredonineDelta CortefHydeltrasolPredalone
PSゾロンクロマイ-PコールタイジンコハクサニンスピラゾンハイセチンPビスオファルネゾンプレドニンプレドネマプレドハンプレロンユーメトンリドメックスコーワ
副腎皮質ホルモン糖質コルチコイドプレドニゾン

概念

  • "prednisone" is a prodrug that is converted by the liver into "prednisolone", which is the active drug and also a steroid.

添付文書

  • ※プレドニゾロン錠5mg「トーワ」
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2456001F1400_1_03/2456001F1400_1_03?view=body




predate」

  [★]

先立つ

antedateprednisoloneprednisolone sodium succinate

WordNet   license wordnet

「be earlier in time; go back further; "Stone tools precede bronze tools"」
precede, forego, forgo, antecede, antedate

WordNet   license wordnet

「establish something as being earlier relative to something else」
antedate, foredate

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「…‘を'実際の日付より前にする / …‘わり'早く起こる」

prednisolone sodium succinate」

  [★]

predateprednisoloneprednisolone acetateprednisolone farnesylateprednisolone sodium phosphateprednisolone succinateprednisolone tebutateprednisolone valerate acetate


methylprednisolone hemisuccinate」

  [★]

ヘミコハク酸メチルプレドニゾロン

methylprednisolone sodium succinatemethylprednisolone succinateSolumedrol


methylprednisolone succinate」

  [★]

コハク酸メチルプレドニゾロン

methylprednisolone hemisuccinatemethylprednisolone sodium succinateSolumedrol


fluoxyprednisolone」

  [★] トリアムシノロンフルオキシプレドニゾロン


fluprednisolone」

  [★]

フルプレドニゾロン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡