pI

出典: meddic

等電点

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/09 01:07:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Imprinting of molecular recognition sites combined with π-donor-acceptor interactions using bis-aniline-crosslinked Au-CdSe/ZnS nanoparticles array on electrodes: Development of electrochemiluminescence sensor for the ultrasensitive and selective detection of 2-methyl-4-chlorophenoxyacetic acid.
  • Yang Y1, Fang G2, Wang X1, Liu G1, Wang S3.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2016 Mar 15;77:1134-43. doi: 10.1016/j.bios.2015.11.006. Epub 2015 Nov 9.
  • A novel strategy is reported for the fabrication of bis-aniline-crosslinked Au nanoparticles (NPs)-CdSe/ZnS quantum dots (QDs) array composite by facil one-step co-electropolymerization of thioaniline-functionalized AuNPs and thioaniline-functionalized CdSe/ZnS QDs onto thioaniline-functionalized Au
  • PMID 26569444
  • Synergetic catalysis based on the proline tailed metalloporphyrin with graphene sheet as efficient mimetic enzyme for ultrasensitive electrochemical detection of dopamine.
  • Yan X1, Gu Y1, Li C1, Tang L1, Zheng B1, Li Y1, Zhang Z2, Yang M3.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2016 Mar 15;77:1032-8. doi: 10.1016/j.bios.2015.10.085. Epub 2015 Oct 30.
  • In this paper, linking with the butoxycarbonyl (BOC) protection of proline, a new tailed metalloporphyrin with many useful active functions, nickel (II) 5-[4-N-(tert-Butoxycarbonyl)-l-prolinecoxylpropyloxy]phenyl-10,15,20-triphenylporphyrin (NiTBLPyP), was designed and synthesized. And the NiTBLPyP
  • PMID 26556183
  • A novel label-free electrochemical miRNA biosensor using methylene blue as redox indicator: application to breast cancer biomarker miRNA-21.
  • Rafiee-Pour HA1, Behpour M2, Keshavarz M2.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2016 Mar 15;77:202-7. doi: 10.1016/j.bios.2015.09.025. Epub 2015 Sep 16.
  • Small noncoding microRNAs (miRNAs) have emerged as ideal noninvasive biomarkers for early-phase cancer detection. In this report, a label-free and simple electrochemical miRNA biosensor is developed based on employing methylene blue (MB) as a redox indicator. The successfully immobilization of the s
  • PMID 26409019

和文文献

  • Two Active Fragments of Outer Arm Dynein from Tetrahymena Cilia; Purification of Fragment-β and -γ
  • 県立広島大学人間文化学部紀要 11, 43-54, 20160301-00-00
  • NAID 120005756727
  • Raspberry Pi² LIFE なんてスゴイ! インターネット電子工作の世界 ラズパイ・サーバでロックオン!GPS位置トラッカ(第1回)ラズパイGPS位置トラッキング・システムの制作
  • HAF FIGHTERS ON WAY TO RIAT : RIATに参加したギリシャ空軍のF-4E PI2000とF-16C-52+ (注目グラフィック特集)

関連リンク

イラストコミュニケーションサービス[pixiv(ピクシブ)] pixivへようこそ pixivに登録すると、piさんの作品に対し評価やコメントをつけたり、メッセージを送り交流することができます。自動ログイン ID・パスワードを忘れた SSL(https)はこちら
PRODUCTS なぜPIか?? 製品カテゴリーから探す・・ ピエゾポジショニング ナノ制御ポジショニング ピエゾスキャナー1-6軸 1軸用ピエゾスキャニングシステム ピエゾZ軸スキャナー Z軸スキャナー Z and Tip/Tilt スキャナー ...

関連画像

New Pi record: 2.7 trillion digits Shortridge's Flex Pi Poem , there is a Pie contest for Pi DayPi Day Prints at LogosPiLED Pi Wall Art is 3.14159265 Times


★リンクテーブル★
リンク元カルシウム」「アニオンギャップ」「等電点」「塩基性アミノ酸」「isoelectric
拡張検索GpIb」「GpIX
関連記事ping」「pi」「PI」「p

カルシウム」

  [★]

calcium
カルシウムイオンリン
calcium channel blockers, calcium channels

基準値

  • 血清総Ca 8.6-10.1 mg/dl(臨床検査法提要第32版)
  • 8.6-10.2 mg/dL (QB)   だいたい  9.4 ± 0.8
  • 血清Caイオン 1.15-1.30 mmmol/l(臨床検査法提要第32版), 4.6-5.1 mg/dl

血液ガス

  • 血液ガスでは (mEq/l)で出されるが 4倍すれば (mg/dl)に変換できる  原子量が約40ゆえ

溶解度積

リン酸カルシウム 366x10-6 (30℃)
リン酸カルシウム 0.35x10-6 (38℃)
炭酸カルシウム 0.0087x10-6 (25℃)
酒石酸カルシウム 0.0077x10-6 (25℃)
シュウ酸カルシウム 0.00257x10-6 (25℃)
オレイン酸カルシウム 0.000291x10-6 (25℃)
パルチミン酸カルシウム 0.000000161x10-6 (23℃)

カルシウムの吸収(SP.744)

  • +健康成人の1日あたりの食物Ca摂取0.6g
  • +消化管分泌物と脱落上皮細胞のCa 0.6g
  • -吸収されるCa          0.7g
  • -そのまま排泄          0.5g
  • 正味吸収されるCa 0.1g

カルシウムの吸収部位

  • 十二指腸

カルシウム代謝の調節機構

副甲状腺ホルモン

  • 血中Ca上昇+血中P低下を行う。
  • 1. 破骨細胞に作用してCa,Pが血中へ。
  • 2. 腎の遠位尿細管に作用してCa再吸収の亢進、近位尿細管でのP再吸収の抑制。
  • 3. 近位尿細管に作用して酵素を活性化し、1,25水酸化ビタミンD3の産生亢進。

1,25(OH)2D3

  • 血中Ca上昇+血中P上昇
  • 1. 空腸からのCaとPの吸収。
  • 2. 骨形成促進。
  • 3. 遠位尿細管でのCaとPの再吸収促進。
  • 4. 副甲状腺ホルモンの合成を抑制

尿細管における部位別カルシウム輸送

  • 糸球体で濾過されるのはイオン化Caと陰イオン複合型Ca(蛋白結合型Caは濾過されない)
  • 濾過されたカルシウムのうち95%が再吸収される。
  • 近位尿細管:60-70%
  • ヘンレループ:20-25%
  • 遠位尿細管、集合管:10-15%

近位尿細管

  • Na+依存的に再吸収。受動輸送80%、能動輸送20%
  • 基底側のCa2+ ATPase, 3Na+-Ca2+逆輸送系

ヘンレループ

  • 太いヘンレループ上行脚で
  • 受動輸送:管腔内電位が正であるため
  • 基底側のCa2+ ATPase

遠位尿細管~集合管

  • 糸球体濾過量の10-15%が再吸収されている → 量としては少ないが能動的に吸収が行われる部位。
  • 能動輸送:管腔内電位が負であるため。
  • PTHカルシトニンに調節されている
  • チアジド系利尿薬により細胞内Na↓となるとCa再吸収↑となる!!!! ← ループ利尿薬と違う点。よって高カルシウム血症が起こることがある。

接合尿細管

  • 管腔側:Ca2+チャネル/非選択的カチオンチャネル
  • 基底側:Na+-K+ ATPase, 3Na+-Ca2+交換系

尿細管におけるカルシウムの輸送の調節 SP.796

  • 循環血漿量
  • Ca2+の尿中排泄量はNa+の尿中排泄量と比例。循環血漿量が増加するとCa2+排泄も増加
  • 血漿電解質濃度
  • Ca2+の尿中排泄量は血漿Ca2+濃度と比例する。
  • 酸塩基平衡

血清カルシウム濃度

  • 血液中でCa2+は調節を受けて一定に保たれるが、蛋白と結合しているCaはアルブミンの量によって増減する。
血清アルブミン濃度 4 g/dl、血清Ca濃度 9mg/dl。補正Ca濃度 9mg/dl → 正常
血清アルブミン濃度 2 g/dl、血清Ca濃度 7mg/dl。 → 大変!!低カルシウム血症!! → ホント? ってことになる。アルブミンの量が減ってAlb-Caが減っただけで生理的に重要なCa2+は保たれているのではないか。 → こんな時に補正Ca濃度を用いるのである
                       →補正Ca濃度 9mg/dl → 正常
つまり、低アルブミン血症ではCa2+は保たれているにもかかわらず、血清Caは低値となりそのままでは評価できないために補正を行う。
補正Ca濃度(mg/dl)=Ca実測値(mg/dl)+(4-血清アルブミン濃度(g/dl)) ・・・Payneの式
アルブミンのpIは7より小さく、アシデミアでは負に帯電しているアルブミンが減少、アルカレミアでは負に帯電しているアルブミンが増加する。すなわち、pHが下がるとアルブミンとくっつなくなったCaが増加するので、血液pH0.1の低下につきfreeイオン化Ca(Ca2+)は0.12mg/dl増加する???????????

循環血液量

  • 循環血液量↑→尿中Na排泄↑、尿中Ca排泄↑

血清Ca濃度

  • 血清Ca濃度↑→PTH↓
  • 生理活性のあるのはイオン化Ca(Ca2+)のみ
血清Ca濃度=イオン化Ca(45%) + 蛋白結合型Ca(40%) + 陰イオン複合型Ca(15%)
イオン化Caは一定に保たれる

pH

アシドーシス :pHが小さくなると負電荷減少:蛋白のCa結合能↓、イオン化Ca↑
アルカローシス:pHが大きくなると負電荷増加:蛋白Caの結合能↑、イオン化Ca↓→Ca欠乏(低カルシウム血症)

低蛋白血症

  • 低蛋白血症の際、蛋白結合型Caは減少するが、イオン化Ca一定。

尿中カルシウム

血中カルシウムと尿中カルシウム

  • 薬剤などの影響がなければ、血中カルシウムと尿中カルシウムは相関がありそうである → 副甲状腺ホルモン

血清カルシウムと心電図

  • QT時間と血清カルシウムは負の相関関係にある

元素

  • 金属元素。周期表第2族アルカリ土類金属元素
  • 原子番号:20
  • 元素記号:Ca
  • 原子量 40.078  g/mol

臨床関連

参考

  • カルシウム製剤の特徴
[display]http://www.orth.or.jp/osteoporose/caseizai.html







アニオンギャップ」

  [★]

anion gap, AG
陰イオンギャップ
AG


定義

  • 血液中の陽イオンと陰イオンの差
[Na+]-[HCO3-]-[Cl-]

血液中の陽イオン

血液中の陰イオン

意義

  • [Na+]-[HCO3-]-[Cl-] = 未測定陰イオン - 未測定陽イオン
  • 未測定陽イオンの変動はほとんど無く、アニオンギャップは未測定陰イオン濃度の推定に用いられる
  • 不揮発性酸(乳酸リン酸硫酸ケト酸など)↑→未測定陰イオン↑→アニオンギャップ↑
  • アニオンギャップが開大していると言うことは、不揮発性酸(乳酸リン酸硫酸ケト酸)が血中に増加していることを示す。

基準値

「[Na+]-[HCO3-]-[Cl-]の場合」
基準値 :12 mEq/l
基準範囲:8-16 mEq/l or 12±2 mEq/l or 12±4 mEq/l(LAB.643)

解釈

高値

  • アニオンギャップの開大する 代謝性アシドーシス
  • 代謝アシドーシスをきたしているとき、HCO3-によりH+を滴定するため、HCO3-が減少する。HCO3-の減少を、Cl-ではない陰イオンが増加することで生体内の電気的中性を保つような病態ではアニオンギャップが開大する。
  • (病態の形成機序としては不揮発酸が増大した結果としてHCO3-が減少しているのだが)
  • (1)腎不全時のリン酸、硫酸の増加、(2)低酸素血症時の乳酸の増加[ 乳酸アシドーシス ]、(3)ケトン体増加[ 糖尿病性ケトアシドーシス ]

注意

  • アニオンギャップの開大しない代謝性アシドーシスもある
  • 代謝アシドーシスをきたしているとき、HCO3-によりH+を滴定するため、HCO3-が減少する。このとき、陰イオンが代償的に増加していれば、アニオンギャップは正常となる。アニオンギャップの開大しない代謝アシドーシスではCl-が増加している(Cl-の値に注意する)。
  • (不揮発性酸の過剰産生ではなく、代謝的にHCO3-の過剰喪失、H+の過剰産生、H+の排泄障害が考えられる)
  • 消化管からのHCO3-喪失、尿細管アシドーシスによるH+排泄の障害、NH4Cl負荷などの外因性H+摂取

低値

  • unmeasured anionの減少:低アルブミン血症。Alb 1mg/dlの低下→AG約2.5-3.0mEqの低下。高AGをマスクしうるので注意。


等電点」

  [★]

isoelectric point pI
  • 分子全体の電荷の総和が0となるpHを指す
  • 該当するpHはpIで表す


  塩基性タンパク質 酸性タンパク質
優勢なアミノ酸 塩基性アミノ酸 酸性アミノ酸
想定される側鎖の末端 NH2 COOH
等電点(pI) <7.4
酸性側
>7.4
アルカリ性側
pH7.4での電荷 - +
代表的な蛋白質 アルブミン ヒストン


塩基性アミノ酸」

  [★]

basic amino acid
酸性アミノ酸


  塩基性タンパク質 酸性タンパク質
優勢なアミノ酸 塩基性アミノ酸 酸性アミノ酸
想定される側鎖の末端 NH2 COOH
等電点(pI) <7.4
酸性側
>7.4
アルカリ性側
pH7.4での電荷 - +
代表的な蛋白質 アルブミン ヒストン


isoelectric」

  [★]

  • 等電点の、等電の
isoelectric pointpI


GpIb」

  [★]

GPIb
GpIb, GpIX, GpV

臨床関連


GpIX」

  [★]

GPIX
GpIb, GpIX, GpV

臨床関連

ping」

  [★]

WordNet   license wordnet

「send a message from one computer to another to check whether it is reachable and active; "ping your machine in the office"」

WordNet   license wordnet

「a sharp high-pitched resonant sound (as of a sonar echo or a bullet striking metal)」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(小銃弾などの)ピュー(ブーン)という音 / ピュー(ブーン)と音がする」

WordNet   license wordnet

「contact, usually in order to remind of something; "I''ll ping my accountant--April 15 is nearing"」

WordNet   license wordnet

「hit with a pinging noise; "The bugs pinged the lamp shade"」

WordNet   license wordnet

「make a short high-pitched sound; "the bullet pinged when they struck the car"」


pi」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the ratio of the circumference to the diameter of a circle; approximately equal to 3.14159265358979323846...」

WordNet   license wordnet

「the 16th letter of the Greek alphabet」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉パイ(ギリシア語アルファベットの第16字Π,π;英語のP,pに相当) / 〈U〉円周率(記号はπ)」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ごちゃまぜの活字 / ごちゃまぜ,混乱」


PI」

  [★]


p」

  [★]

10の-12乗
pico


"http://meddic.jp/pI" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡