PLP

出典: meddic

ピリドキサル5-リン酸, pyridoxal 5'-phosphate, pyridoxal phosphate


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/09 21:24:59」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • A critical role for the cholesterol-associated proteolipids PLP and M6B in myelination of the central nervous system.
  • Werner HB, Krämer-Albers EM, Strenzke N, Saher G, Tenzer S, Ohno-Iwashita Y, De Monasterio-Schrader P, Möbius W, Moser T, Griffiths IR, Nave KA.SourceDepartment of Neurogenetics, Max Planck Institute of Experimental Medicine, Goettingen, Germany. hauke@em.mpg.de.
  • Glia.Glia.2013 Apr;61(4):567-86. doi: 10.1002/glia.22456. Epub 2013 Jan 16.
  • The formation of central nervous system myelin by oligodendrocytes requires sterol synthesis and is associated with a significant enrichment of cholesterol in the myelin membrane. However, it is unknown how oligodendrocytes concentrate cholesterol above the level found in nonmyelin membranes. Here,
  • PMID 23322581
  • Catalytic mechanism of serine racemase from Dictyostelium discoideum.
  • Ito T, Maekawa M, Hayashi S, Goto M, Hemmi H, Yoshimura T.SourceDepartment of Applied Molecular Biosciences, Graduate School of Bioagricultural Sciences, Nagoya University, Frou-chou, Chikusa, Nagoya, Aichi, 464-8601, Japan.
  • Amino acids.Amino Acids.2013 Mar;44(3):1073-84. doi: 10.1007/s00726-012-1442-4. Epub 2012 Dec 27.
  • The eukaryotic serine racemase from Dictyostelium discoideum is a fold-type II pyridoxal 5'-phosphate (PLP)-dependent enzyme that catalyzes racemization and dehydration of both isomers of serine. In the present study, the catalytic mechanism and role of the active site residues of the enzyme were ex
  • PMID 23269477
  • In vitro effects of a novel polysaccharide from the seeds of Plantago asiatica L. on intestinal function.
  • Hu JL, Nie SP, Li C, Xie MY.SourceState Key Laboratory of Food Science and Technology, Nanchang University, Nanchang 330047, China.
  • International journal of biological macromolecules.Int J Biol Macromol.2013 Mar;54:264-9. doi: 10.1016/j.ijbiomac.2012.12.011. Epub 2012 Dec 12.
  • Effects of a novel polysaccharide (PLP) from the seeds of Plantago asiatica L. on intestinal function were investigated in vitro. Results showed that PLP had notable influence on slowing down glucose diffusion and inhibiting α-amylase activity. These might help prolong blood glucose response and he
  • PMID 23246413

和文文献

  • PLPモデル反応が教えること
  • Bacterial surface Display of a Co-Factor Containing Enzyme, ω-Transaminase from Vibrio fluvialis Using the Bacillus subtilis Spore Display System
  • HWANG Bum-Yeol,KIM Byung-Gee,KIM June-Hyung
  • Bioscience, biotechnology, and biochemistry 75(9), 1862-1865, 2011-09-23
  • … To improve the conventional bacterial surface display systems and to display a co-factor containing enzyme, ω-transaminase from Vibrio fluvialis, which needs pyridoxal phosphate (PLP) for efficient transamination, Bacillus subtilis spore display system with cotG, as an anchoring motif was used. …
  • NAID 10029757860

関連リンク

PLPは、鋼管の外面にアンダーコート(粘着剤)を塗布し、 その上に押出し法によりポリエチレン樹脂を被覆した、 JIS G 3469(ポリエチレン被覆鋼管「P2S」)の規定を 満足した被覆鋼管で地中埋設用の防食鋼管として 優れた特性を ...
貸会議室の予約状況を更新しました。 (2016/7/1) 貸会議室の予約状況を更新しました。 (2016/6/1) 公開講座の情報を掲載しました。 (2016/5/30) 貸会議室の予約状況を更新しました。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みpyridoxal phosphate
リンク元ビタミンB6」「セロトニン」「ヒスタミン」「グリコーゲンホスホリラーゼ」「GABA
拡張検索PLPHA
関連記事PL」「P

pyridoxal phosphate」

  [★] ピリドキサル5-リン酸


ビタミンB6」

  [★]

vitamin B6
塩酸ピリドキシン pyridoxine hydrochlorideピリドキシン pyridoxine
アリチア配合
ビタミン
ピリドキサールリン酸, pyridoxal phosphate

概念

機能

  • 3. ヘムの合成(δ-アミノレブリン酸合成酵素)

主要な反応・機能

FB.289 HBC.498
転移反応、脱炭酸反応、離脱反応、ラセミ化 に関与。補酵素として活性を持つのは「ピリドキサル5'-リン酸 PLP
  • 1. アミノ基転移反応、脱炭酸反応
ヒスチジン---(ヒスチジンデカルボキシラーゼ + PLP)--→ヒスタミン +
グルタミン酸---()--→GABA
5-ヒドロキシトリプトファン---(芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ + PLP)--→セロトニン + CO2
ドーパ---(dopa decarboxylase + PLP)--→ドパミン + CO2
  • 2. グリコーゲン分解
(グリコーゲン)n + Pi ---(グリコーゲンホスホリラーゼ + PLP)--→ (グリコーゲン)n-1 + グルコース1-リン酸(G1P)
スクシニルCoA + グリシン ---(5-アミノレブリン酸シンターゼ + PLP)--→ 5-アミノレブリン酸(ALA) + CoA + CO2
  • 4. ステロイドホルモンの作用制御
ステロイドホルモン・ホルモン受容体複合体をDNAより解離させ、ホルモンの働きを抑制する作用がある。このため、ビタミンB6欠乏ではエストロゲン、アンドロゲン、コルチゾール、ビタミンDの作用が増強される。ホルモン依存性の悪性腫瘍が存在する場合にビタミンB6欠乏の程度と予後が相関する(HBC.499)

臨床関連



セロトニン」

  [★]

serotonin, 5-HT, 5-hydroxytryptamine
神経伝達物質セロトニン受容体セロトニン作動性ニューロン5-ヒドロキシインドール酢酸 5-HIAA
生合成
 トリプトファン          →      5-ヒドロキシトリプトファン
         トリプトファン5-モノオキシゲナーゼ

                                     OH
                   /\                      /\/
 -OOC-CH(NH3+)-CH2----|○| → -OOC-CH(NH3+)-CH2----| ○|
             ||    |  |                ||    |  |
               \ / \/                 \ / \/
                  NH                      NH
          +                              +
    テトラヒドロビオプテリン     ジヒドロビオプテリン
          +
          O2

 5-ヒドロキシトリプトファン   →      セロトニン
         芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ

                                OH
                   /\                  /\/
 -OOC-CH(NH3+)-CH2----|○ | → H2N-CH2-CH2----| ○|
             ||    |  |            ||    |   |
               \ / \/              \ /\/
                  NH                  NH


薬理学

セロトニン再取り込み阻害薬

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬




ヒスタミン」

  [★]

histamine

概念

  • ヒスチジンから生合成される。
  • ヒスチジンを脱炭酸する酵素は、ヒスチジンデカルボキシラーゼ(補酵素はピリドキサル5'-リン酸(PLP))
  • この反応は肥満細胞で起こる。

作用、受容体

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
  N-C                            N-C
 ||  \                            ||  \
 ||      C-CH2-CH(NH3+)-COO- → ||      C-CH2-CH-NH3+
 ||    /                           ||    /
   C-N                             C-N
     H                              H




グリコーゲンホスホリラーゼ」

  [★]

phosphoryl
glycogen phosphorylase
グリコーゲン
  • first aid step1 2006 p.98

調節

  • 細胞内cAMP濃度 (HBC.160)
インスリン → ↓cAMP → ↓glycogen phosphorylase
グルカゴンエピネフリン → ↑cAMP → ↑glycogen phosphorylase
  • cAMP非依存的経路 (HBC.162)
  • Ca2+
  • Ca2+やphosphatidylinositol bisphosphate pathway
  • バソプレシン、オキシトシン、アンジオテンシンII

臨床関連

  • 骨格筋のグリコーゲンホスホリラーゼ欠損

USMLE

  • Q book p.139 33



GABA」

  [★]

butyl
γ-aminobutyric acid, γ-aminobutyrate, gamma aminobutyric acid
γ-アミノ酪酸4-アミノ酪酸γ-アミノ酪酸γアミノ酪酸ガンマアミノブチル酸
GABA受容体ブチル



  • アミノ酸からなる
  • 抑制性神経伝達物質

構造

  • 4炭素の炭化水素 butaneのカルボン酸 butyric acidをベースとして、γ位(カルボン酸の炭素につながっている炭素がα位)にアミノ基がついた構造

生合成



PLPHA」

  [★] 腰椎穿刺後頭痛 post-lumbar puncture headache


PL」

  [★]


  • 複合感冒薬
  • PL配合顆粒
  • 総合感冒剤/鎮咳,抗ヒスタミン,解熱配合剤/総合感冒剤

参考

[display]http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1180107.html

  • 添付文書

[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1180107D1131_1_02


P」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 16th letter of the Roman alphabet」
p

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「parking」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「phosphorusの化学記号」


"http://meddic.jp/PLP" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡