PET

出典: meddic

positron-emission tomographypositron emission tomography
ペットポジトロンCT positron computed tomographyポジトロン放出断層撮影陽電子放射型断層撮影法陽電子放射断層撮影陽電子放出断層撮影
FDG




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/10 16:40:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Diagnostic accuracy of diffusion-weighted magnetic resonance imaging versus positron emission tomography/computed tomography for early response assessment of liver metastases to y90-radioembolization.
  • Barabasch A1, Kraemer NA, Ciritsis A, Hansen NL, Lierfeld M, Heinzel A, Trautwein C, Neumann U, Kuhl CK.
  • Investigative radiology.Invest Radiol.2015 Dec;50(6):409-15. doi: 10.1097/RLI.0000000000000144.
  • OBJECTIVES: Patients with hepatic metastases who are candidates for Y90-radioembolization (Y90-RE) usually have advanced tumor stages with involvement of both liver lobes. Per current guidelines, these patients have usually undergone several cycles of potentially hepatotoxic systemic chemotherapy be
  • PMID 25763526
  • Update on F-18-fluoro-deoxy-glucose-PET/computed tomography in nonsmall cell lung cancer.
  • Usmanij EA1, de Geus-Oei LF, Bussink J, Oyen WJ.
  • Current opinion in pulmonary medicine.Curr Opin Pulm Med.2015 Sep 15. [Epub ahead of print]
  • PURPOSE OF REVIEW: The aim of this review is to provide an outline of current evidence for the use of F-18-fluoro-deoxy-glucose PET computed tomography (FDG-PET/CT) in nonsmall cell lung cancer (NSCLC) for diagnosis, staging, radiotherapy planning, response assessment and response monitoring.RECENT
  • PMID 25978629
  • Neuroimaging features in C9orf72 and TARDBP double mutation with FTD phenotype.
  • Origone P1, Accardo J, Verdiani S, Lamp M, Arnaldi D, Bellone E, Picco A, Morbelli S, Mandich P, Nobili F.
  • Neurocase.Neurocase.2015 Aug;21(4):529-34. doi: 10.1080/13554794.2014.951057. Epub 2014 Aug 20.
  • Increasing evidence has shown that morphological and functional neuroimaging may help to understand the pathophysiological mechanisms leading to behavioral disturbances in patients with genetic or sporadic frontotemporal dementia (FTD). The C9orf72 expansion was found in association with the N267S T
  • PMID 25138285

和文文献

  • PETを用いた気分障害の分子イメージング : 基礎から臨床へ (第1土曜特集 うつ病 : 治療・研究の最前線) -- (脳画像)
  • 藤原 広臨,須原 哲也
  • 医学のあゆみ 244(5), 439-444, 2013-02-02
  • NAID 40019561656
  • Transparent Ultrahigh-Strength Moisture Barrier Film Fabricated by Lamination Process
  • Lin I-Lin,Chen Chun-Yuan,Guo Yoou-Bin,Liu Chia-Ming,Hong Franklin Chau-Nan
  • Jpn J Appl Phys 52(1), 01AC10-01AC10-5, 2013-01-25
  • … Multilayer barrier films were fabricated by stacking multiple pairs of inorganic and organic layers on organic-treated poly(ethylene terephthalate) (PET) substrates. …
  • NAID 150000106308

関連リンク

PETとは? PET検査(ペットけんさ)は、がんを検査する方法の一つです。 「PET」とは「陽電子放射断層撮影」という意味で、ポジトロン・エミッション・トモグラフィー(Positron Emission Tomography)の略です。 通常、がんは、実際に腫瘍 ...
PET検査(ペットけんさ)は、がんの検査方法の一つです。検査薬を点滴で投与し、全身のがん細胞に目印をつけ、専用の装置で撮影することで、 従来よりもずっと小さな、早期がん細胞まで発見することが可能になりました。

関連画像

pets, pet med, pet supplies, pet kennelat tails we offer free pet advice you can cast for this pet votes so far 0 view allchocolate labradors,labrador,dog, pet dog Before moving your pet, here are some We, at A Pet's Memory, understand that the


★リンクテーブル★
先読みFDG」「positron computed tomography
国試過去問106F029」「103B058」「103G062」「106D023」「105B045」「107I058」「104F023」「104D044」「101A042」「104B038
リンク元単光子放出コンピュータ断層撮影」「ポジトロン放出断層撮影」「livestock」「エミッションCT」「陽電子放出断層撮影
拡張検索5-HPETE」「PET image」「フッ化デオキシグルコースPET」「PETCO2
関連記事pet」「PE」「P

FDG」

  [★] フルオロデオキシグルコース


positron computed tomography」

  [★] ポジトロン断層撮影

106F029」

  [★]

  • 次の文を読み、 28、 29の問いに答えよ。
  • 67歳の男性。全身の衰弱を心配した家族に伴われて来院した。
  • 現病歴: 3か月前から徐々に体重が減少し、 2か月前から外出できなくなり、 1週前からは家族の介助がないと立ち上がれなくなった。患者本人は受診を嫌がっていたが、 2日前からはほとんど食事が摂れず、トイレまで歩くこともできなくなったため受診に同意した。
  • 既往歴:健康診断は受けていない。
  • 生活歴:喫煙は60本/日を47年間。飲酒は日本酒1-2合/日を47年間。
  • 家族歴 :父親が高血圧症で、脳梗塞のため82歳で死亡。
  • 現 症:意識は清明。身長165cm、体重42kg。体温37.6℃。脈拍120/分、整。血圧96/62mmHg。呼吸数16/分。 SpO2 95%(room air)。眼瞼結膜に貧血を認めない。頸静脈の怒張を認めない。右の前胸部、背部および側胸部で呼吸音が減弱している。 coarse cracklesを聴取しない。皮膚のツルゴールが低下している。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球394万、 Hb13.1g/dL、 Ht40%、白血球11,700(好中球85%、好酸球1%、単球6%、リンパ球8%)、血小板50万。血液生化学所見:随時血糖181mg/dL、 HbA1c6.5%(基準4.3-5.8)、総蛋白7.3g/dL、アルブミン2.3g/dL、尿素窒素28mg/dL、クレアチニン0.6mg/dL、尿酸3.8mg/dL、総ビリルビン0.3mg/dL、 AST47IU/L、 ALT28IU/L、LD391IU/L(基準176-353)、ALP435IU/L(基準115-359)、 γ-GTP44IU/L(基準8-50)、 Na133mEq/L、 K5.0mEq/L、 Cl93mEq/L、 Ca9.6mg/dL。 CRP24mg/dL。胸部エックス線写真(別冊No. 4)を別に示す。
  • 次に行うべき検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106F028]←[国試_106]→[106F030

103B058」

  [★]

  • 次の文を読み、56~58の問いに答えよ。
  • 75歳の女性。歩行障害と発語の減少とを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 本日家の前の道で右足がつまずいて転倒した。道ばたでうずくまっているところを隣人に発見され、孫に伴われて受診した。孫は「脈が遅くなる心臓の病気があった。2か月前に車と接触して転倒し、肩と頭部を打撲した。2週前から目立って言葉が少なくなり、時々つまずくようになった」と話した。
  • 既往歴 : 詳細不明。
  • 家族歴 : 特記すべきことはない。 
  • 現 症 : 意識レベルはJCS Ⅰ-2。自発性は低下し自発語が少ない。身長156cm、体重62kg。体温36.2℃。呼吸数16/分。脈拍60/分、整。血圧114/68mmHg。皮膚は乾燥している。顔面と下腿とに浮腫を認めない。瞳孔は正円同大で対光反射は迅速に認められる。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。3/6度の収縮期雑音を心尖部に認める。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、圧痛や抵抗を認めない。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 394万、Hb 12.3g/dl、Ht 33%、白血球 8,100、血小板 35万。血液生化学所見:血糖 86mg/dl、総蛋白 6.4g/dl、アルブミン 3.8g/dl、尿素窒素 13mg/dl、クレアチニン 1.2mg/dl、総コレステロール 176mg/dl、AST 34IU/l、ALT 18IU/l、LD 181IU/l(基準176~353)、ALP 256IU/l(基準115~359)、Na 136mEq/l、K 4.8mEq/l、Cl 100mEq/l。CRP 1.4mg/dl。心電図と胸部エックス線写真とを以下に示す。


  • 診断に有用なのはどれか。
  • a. 頭位変換眼振検査 Frenzel眼鏡テスト
  • b. 心エコー検査
  • c. 頭部単純CT
  • d. 頭部MRI
  • e. ポジトロンエミッション断層撮影 PET
[正答]


※国試ナビ4※ 103B057]←[国試_103]→[103B059

103G062」

  [★]

  • 以下の文を読み、62~64の問いに答えよ。
  • 56歳の男性。心窩部痛を主訴に妻に伴われて来院した。
  • 現病歴:昨晩、夕食後に心窩部痛と悪心とを自覚した。心窩部痛は次第に増強し、背部痛も伴うようになった。
  • 既往歴:30歳代から肝機能障害を指摘されている。
  • 生活歴:飲酒は日本酒3合/日を30年間。喫煙は20本/日を36年間。
  • 家族歴:父親が胃癌、母親が高血圧。
  • 現症:意識はやや混濁。身長168cm、体重58kg。体温37.8℃。呼吸数40/分、脈拍120/分、整。血圧100/56mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部はやや膨隆して、上腹部に圧痛と抵抗とを認める。肝・脾を触知しない。下肢に浮腫を認めない。
  • 検査所見: 尿所見:蛋白(-)、糖1+。血液所見:赤血球450万、Hb12.6g/dl、Ht39%、白血球18,800(杆状核好中球61%、分葉核好中球10%、好酸球2%、好塩基球2%、単球5%、リンパ球20%)、血小板6.9万。血液生化学所見:HbA1c7.6%、総蛋白6.0g/dl、アルブミン3.2g/dl、クレアチニン2.8mg/dl、尿酸7.8mg/dl、総コレステロール180mg/dl、トリグリセリド140mg/dl、総ビリルビン1.2mg/dl、直接ビリルビン0.3mg/dl、AST130IU/l、ALT150IU/l、ALP380IU/l(基準115~359)、γ-GTP130IU/l(基準8~50)、アミラーゼ2,400IU/l(基準37~160)、Na142mEq/l、K4.0mEq/l、Cl 112mEq/l、P3.0mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.41、HCO3- 26mEq/l。免疫学所見:CRP3.2mg/dl、CEA2.5ng//ml(基準5以下)、CA19-918U/ml(基準37以下)、CA125 120U/ml(基準35以下)。
  • まず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103G061]←[国試_103]→[103G063

106D023」

  [★]

  • 60歳の女性。健康診断の胸部エックス線写真で異常を指摘され来院した。自覚症状はない。既往歴に特記すべきことはない。喫煙歴はない。身長153cm、体重55kg。体温36.8℃。脈拍60/分、整。血圧118/64mmHg。呼吸数16/分。 SpO2 99%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血球380万、Hb13.2g/dl、 Ht33%、白血球5,600、血小板23万。 CRP 0.3mg/dl。胸部エックス線写真(別冊No. 7A)と胸部単純CT(別冊No. 7B)とを別に示す。
  • 診断のために行うべき検査として最も有用なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106D022]←[国試_106]→[106D024

105B045」

  [★]

  • 55歳の男性。健康診断で白血球増多を指摘され来院した。自覚症状は特にないという。身長168cm、体重65kg。体温36.6℃。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を2cm、左肋骨弓下に脾を2cm触知する。血液所見:赤血球 475万、Hb 13.4g/dl、Ht 43%、白血球 23,000(前骨髄球2%、骨髄球5%、後骨髄球3%、桿状核好中球12%、分葉核好中球58%、好酸球6%、好塩基球4%、単球3%、リンパ球7%)、血小板54万。
  • 次に行う検査として適切なのはどれか。
  • a 腹部単純CT
  • b 骨髄染色体検査
  • c G-CSF濃度測定
  • d エリスロポエチン濃度測定
  • e ポジトロンエミッション断層撮影 PET


[正答]


※国試ナビ4※ 105B044]←[国試_105]→[105B046

107I058」

  [★]

  • 50歳の男性。健康診断の腹部超音波検査で胆嚢内に5mm前後の隆起性病変を2個指摘されたため来院した。既往歴に特記すべきことはない。腹部超音波像(別冊No.17)を別に示す。
  • 隆起性病変への対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107I057]←[国試_107]→[107I059

104F023」

  [★]

  • 26歳の男性。自動車にはねられ搬入された。上腹部痛を訴えている。意識は清明。呼吸数 30/分。脈拍 112/分、整。血圧 82/48mmHg。血液所見: 赤血球 288万、Hb 9.1g/dl、Ht 28%、白血球 11,500、血小板 16万。酸素吸入輸液とを開始した。
  • 次に行う検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104F022]←[国試_104]→[104F024

104D044」

  [★]

  • 48歳の女性。乳がん検診で異常を指摘され来院した。視診で異常を認めない。触診で右乳房上外側領域に2cm大の腫瘤を認める。マンモグラフィ(別冊No.15)を別に示す。
  • まず行うのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104D043]←[国試_104]→[104D045

101A042」

  [★]

  • 53歳の女性。朝からものが二重に見えることを主訴に来院した。意識は清明。右眼瞼下垂と右眼球運動障害とを認める。頭部単純MRIのT1強調像とT2強調像とを以下に示す。
  • 診断の確定に必要なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101A041]←[国試_101]→[101A043

104B038」

  [★]

  • 肝硬変患者に定期的に行うのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 104B037]←[国試_104]→[104B039

単光子放出コンピュータ断層撮影」

  [★]

single-photon emission computed tomography single photon emission CT SPECT
シングルフォトンエミッションCTシングルフォトンECT
PETエミッションCT ECT


  • 表:SCN.61(神経疾患の画像検査の特徴)

SPECT

  • 体内に放射性同位元素を取り込ませておき、コンピューターを用いて体内放射能分布を構成する方法(emission computed tomography ECT/radionuclide computed tomography RCT)のうち、γ線放射核種を用いるもの
  • ガンマカメラを、エックス線CTと同様に被写体の周囲に回転させて断層像を撮影



ポジトロン放出断層撮影」

  [★]

positron-emission tomographyPET scanPET
ポリエチレンテレフタラート陽電子放射型断層撮影法PET撮影ポジトロンCT陽電子放射断層撮影陽電子放出断層撮影PETスキャン


livestock」

  [★]

家畜

domestic animalfarm animalPET

WordNet   license wordnet

「any animals kept for use or profit」
stock, farm animal

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「家畜」

エミッションCT」

  [★]

emission CT ECT
放射型コンピュータ断層撮影法
SPECT PET
  • 体内に投与された放射性同位元素を体軸の周囲から計測し、コンピュータを用いて体内放射能分布像を構成する方法


陽電子放出断層撮影」

  [★]

positron-emission tomography, positron emission tomography, PET
ポジトロン放出断層撮影陽電子放射型断層撮影法ポジトロンCT陽電子放射断層撮影


5-HPETE」

  [★]

5-hydroperoxyeicosatetraenoic acid


PET image」

  [★]

positron emission tomogram


フッ化デオキシグルコースPET」

  [★] フルオロデオキシグルコースPET

PETCO2」

  [★] 呼気終末二酸化炭素分圧

pet」

  [★]

WordNet   license wordnet

「stroke or caress in an erotic manner, as during lovemaking」

WordNet   license wordnet

「a domesticated animal kept for companionship or amusement」

WordNet   license wordnet

「a fit of petulance or sulkiness (especially at what is felt to be a slight)」

WordNet   license wordnet

「stroke or caress gently; "pet the lamb"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『愛がん動物』,ペット / 《単数形で》お気に入りの人(物) / (動物などが)愛がん用の,ペットの / (名前などが)愛情を表す / お気に入りの;お得意の / …‘を'愛撫(あいぶ)する,かわいがる」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(ささいなことについての)不きげん,すねること」

PE」

  [★]


P」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 16th letter of the Roman alphabet」
p

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「parking」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「phosphorusの化学記号」


"http://meddic.jp/PET" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡