PAM

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/26 18:52:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Effect of heat-processing on the antioxidant and prooxidant activities of β-carotene from natural and synthetic origins on red blood cells.
  • Phan-Thi H1, Durand P2, Prost M2, Prost E2, Waché Y3.
  • Food chemistry.Food Chem.2016 Jan 1;190:1137-44. doi: 10.1016/j.foodchem.2015.06.088. Epub 2015 Jun 26.
  • Extraction of bioactives is a cause of structural changes in these molecules. In this work, the bioactivity of commercial natural β-carotenes, one softly extracted without heat-assistance from Momordica cochinchinensis (BCG), one conventionally extracted from another natural source (BCC), and a syn
  • PMID 26213087
  • Size measuring techniques as tool to monitor pea proteins intramolecular crosslinking by transglutaminase treatment.
  • Djoullah A1, Krechiche G1, Husson F2, Saurel R3.
  • Food chemistry.Food Chem.2016 Jan 1;190:197-200. doi: 10.1016/j.foodchem.2015.05.091. Epub 2015 May 22.
  • In this work, techniques for monitoring the intramolecular transglutaminase cross-links of pea proteins, based on protein size determination, were developed. Sodium dodecyl sulfate-polyacrylamide gel electrophoresis profiles of transglutaminase-treated low concentration (0.01% w/w) pea albumin sampl
  • PMID 26212961
  • Transcriptional profiles underpin microsatellite status and associated features in colon cancer.
  • Hogan J1, DeJulius K2, Liu X3, Coffey JC4, Kalady MF5.
  • Gene.Gene.2015 Oct 1;570(1):36-43. doi: 10.1016/j.gene.2015.02.057. Epub 2015 Feb 20.
  • INTRODUCTION: While microsatellite instability is associated with prognosis and distinct clinical phenotypes in colon cancer, the basis for this remains incompletely defined. Novel bioinformatic techniques enable a detailed interrogation of the relationship between gene expression profiles and tumor
  • PMID 25704535

和文文献

  • 2011年度PAMエアコン「イオンミスト ステンレス・クリーン 白くまくん」(Sシリーズ)の開発 エコに「ステンレス・クリーン システム」をたし算 (特集 エコと実質価値を追求した白物家電)
  • 大塚 厚,能登谷 義明,関谷 禎夫 [他]
  • 日立評論 93(10), 646-649, 2011-10
  • NAID 40019055259
  • エアコン用インバータ技術

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みPAM染色
国試過去問104D051
リンク元コリンエステラーゼ」「Naegleria fowleri」「プラリドキシム」「原発性アメーバ性髄膜脳炎」「肺胞微石症
拡張検索2-PAM
関連記事PA」「P

PAM染色」

  [★] 過ヨウ素酸・メセナミン銀染色


104D051」

  [★]

  • 45歳の男性。農業に従事している。意識障害のため搬入された。夕食後、自宅倉庫へ行ったまま2時間以上たっても戻らないのを心配した家族が見に行き、倒れているのを発見した。搬送した救急隊員によると、そばに空ピンがころがり、床の吐物に有機溶剤臭があった。意識レベルはJCS II-20。身長165cm、体重58kg。体温36.0℃。脈拍44/分、整。血圧100/58mmHg。縮瞳を認める。皮膚は湿潤していて発赤はない。骨格筋の線維性攣縮が認められる。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。尿所見:外観は淡黄色透明。蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 500万、白血球 6,200、血小板 32万。血液生化学所見:アルブミン 4.8g/dl、クレアチニン 1.1mg/dl、総ビリルビン 0.8mg/dl、AST 30IU/l、ALT 35IU/l、LD 300IU/l(基準176-353)、ALP 200IU/l(基準115-359)、γ-GTP 30IU/l(基準8-50)、コリンエステラーゼ OIU/l(基準400-800)、アミラーゼ 40IU/l(基準37-160)、CK 20IU/l(基準30-140)。動脈血ガス分析(自発呼吸, room air) : PaO2 98Torr、PaCO2 40Torr、HCO3- 24mEq/l。
  • 処置として投与が検討されるのはどれか、2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 104D050]←[国試_104]→[104D052

コリンエステラーゼ」

  [★]

cholinesterase, ChE


概念

  • コリンエステラーゼはコリンエステルをコリンと有機酸に加水分解する酵素(LAB.601)
  • 血清中のコリンエステラーゼは、アセチルコリン、ブチルコリン、ベンゾイルコリンなどのコリンエステルや、α-ナフチル酢酸などの非コリン性エステルも加水分解する(LAB.601)

阻害薬

可逆的阻害薬 カルバミン酸誘導体

不可逆的阻害薬 有機リン製剤

  • 有機リン系農薬
  • パラチオン、マラソン、スミチオン、サリン

不可逆的阻害薬により不活性化されたChEの賦活化

  • PAM

コリンエステラーゼの比較 (SPC.157)

  主な存在部位 主な機能 基質特異性
アセチルコリン カルバコール アセチル-β-メチルコリン ブチリルコリン
アセチルコリンエステラーゼ AchE 脳、コリン作動性シナプス AChをコリンと酢酸に分解 + - + -
偽コリンエステラーゼ pseudo-ChE (=BuChE) 血清、肝臓 健康診断の指標

低値:肝硬変肝炎・有機リン系農薬中毒

+ - - +


Naegleria fowleri」

  [★]

フォーラーネグレリアネグレリア・フォーレリ
ネグレリア属 Naegleria属アメーバ
[show details]

概念

  • ネグレリア属のなかでヒトに感染性を示すアメーバ
  • 髄膜脳炎原因アメーバ
  • 大きさ20um
  • ヒトの鼻腔粘膜から嗅神経を経由して中枢神経系に浸入し、致死的な原発性アメーバ性髄膜脳炎を引き起こす。
  • 急性(数日-1週間)発症で、健康な若年者が湖水などで水泳後に発症することが多い。1965年の初例報告以来世界的には数百例の報告がある (参考.3)

生息環境

  • 温暖な淡水
  • 42℃で培養可能

生活環

  • 栄養体、嚢子、鞭毛期(遊泳能あり)

感染症

参考

  • 1. CDC Fatal Naegleria fowleri Meningoencephalitis, Italy
[display]http://www.cdc.gov/ncidod/eid/vol10no10/04-0273.htm
  • 2. アメーバ性脳炎
[display]http://idsc.nih.go.jp/iasr/31/369/kj3695.html
  • 3. 原発性アメーバ性髄膜脳炎
[display]http://idsc.nih.go.jp/iasr/29/341/fr3412.html
  • 4. wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%82%A2
  • 5. wikipedia en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Naegleria_fowleri
  • 遠藤卓郎
6. [display]http://www.nih.go.jp/niid/reports/annual/h16/1606.pdf
7. [display]http://www.nih.go.jp/niid/reports/annual/h17/H17/H1706.pdf


プラリドキシム」

  [★]

pralidoxime
パム静注, Protopam
プラリドキシムヨウ化メチル2-pyridine aldoxime methiodide 2-PAM PAMヨウ化プラリドキシム pralidoxime iodide
有機リン剤中毒コリンエステラーゼ阻害薬


概念

  • 有機リン化合物中毒治療
  • コリンエステラーゼを再活性化させる。

薬効薬理

パム静注500mg
  • コリンエステラーゼ(ChE)賦活作用
  • (1) マウスにパラチオン他7種類の有機リン剤を投与した実験において、各臓器のChE活性を回復させることが認められている。1)
  • (2) マウスにパラチオン他8種類の有機リン剤を投与した実験において、LD50値が上昇することが認められている。2)
  • (3) ウサギにパラチオン他8種類の有機リン剤を投与した実験において、血液中のChE活性を回復させることが認められている。2)
  • (4) ヒト血液を用いたin vitroの実験において、スミチオン他9種類の有機リン剤によって阻害されたChE活性を回復させることが認められている。3)

添付文書

  • パム静注500mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3929401A1035_3_04/3929401A1035_3_04?view=body


原発性アメーバ性髄膜脳炎」

  [★]

primary amebic meningoencephalitis PAM


概念

病原体

疫学

症状

  • 突然の頭痛、発熱、嘔気・嘔吐 → 急激増悪で昏睡・痙攣   他の化膿性髄膜炎と鑑別が困難。ここ一週間、淡水で泳いでいないか問診が重要かも。

診断&診断

  • 炎症性中枢神経疾患の鑑別診断としてあげること。
  • 確定診断は病理組織学的診断(病理染色、免疫組織染色)、PCRなど。髄液からのアメーバー検出

治療

予後

予防

  • 水泳中に鼻から水を吸い込まないように注意(参考文献.1)  ←  無理無理
  • 怪しげな淡水で泳がないこと!!

参考

  • 1. アメーバ性脳炎
[display]http://idsc.nih.go.jp/iasr/31/369/kj3695.html


肺胞微石症」

  [★]

pulmonary alveolar microlithiasis, PAM
microlithiasis alveolaris pulmonum
肺結石症 肺石症 pulmolithiasis

概念

  • 肺胞内に微小結石がびまん性に形成される遺伝疾患で、中高年に呼吸困難を発症

病因

  • 不明

遺伝形式



2-PAM」

  [★] プラリドキシム pralidoxime, 2-pyridine aldoxime methiodide

PA」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「personal assistant個人秘書 / public address [system]」

P」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 16th letter of the Roman alphabet」
p

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「parking」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「phosphorusの化学記号」


"http://meddic.jp/PAM" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡