PAF

出典: meddic

血小板活性化因子, platelet activating factor, platelet-activating factor

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/16 21:39:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/27 15:52:26」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/11/24 02:16:13」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Bioactive oxidatively truncated phospholipids in inflammation and apoptosis: Formation, targets, and inactivation.
  • McIntyre TM.AbstractThis report reviews structurally related phospholipid oxidation products that are biologically active where molecular mechanisms have been defined. Phospholipids containing polyunsaturated fatty acyl residues are chemically or enzymatically oxidized to phospholipid hydroperoxides, which may fragment on either side of the newly introduced peroxy function to form phospholipids with a truncated sn-2 residue. These truncated phospholipids not subject to biologic control of their production and, depending on the sn-2 residue length and structure, can stimulate the plasma membrane receptor for PAF. Alternatively, these chemically formed products can be internalized by a transport system to either stimulate the lipid activated nuclear transcription factor PPARγ or at higher levels interact with mitochondria to initiate the intrinsic apoptotic cascade. Intracellular PAF acetylhydrolases specifically hydrolyze truncated phospholipids, and not undamaged, biosynthetic phospholipids, to protect cells from oxidative death. Truncated phospholipids are also formed within cells where they couple cytokine stimulation to mitochondrial damage and apoptosis. The relevance of intracellular truncated phospholipids is shown by the complete protection from cytokine induced apoptosis by PAF acetylhydrolase expression. This protection shows truncated phospholipids are the actual effectors of cytokine mediated toxicity. This article is part of a Special Issue entitled: Oxidized phospholipids-their properties and interactions with proteins.
  • Biochimica et biophysica acta.Biochim Biophys Acta.2012 Oct;1818(10):2456-64. Epub 2012 Mar 16.
  • This report reviews structurally related phospholipid oxidation products that are biologically active where molecular mechanisms have been defined. Phospholipids containing polyunsaturated fatty acyl residues are chemically or enzymatically oxidized to phospholipid hydroperoxides, which may fragment
  • PMID 22445850
  • Risk factors for sporadic Yersinia enterocolitica infections, Germany 2009-2010.
  • Rosner BM, Stark K, Höhle M, Werber D.SourceRobert Koch Institute, Department for Infectious Disease Epidemiology, Berlin, Germany.
  • Epidemiology and infection.Epidemiol Infect.2012 Oct;140(10):1738-47. Epub 2011 Dec 12.
  • SUMMARY Yersinia enterocolitica is an important cause of acute gastrointestinal disease and post-infectious complications. In Germany, incidence of reported yersiniosis is relatively high compared with other countries of the European Union. Children aged <5 years are mos
  • PMID 22313798

和文文献

  • PAF受容体欠損マウスで見いだされた新規なPAF生理機能の解明
  • 菅谷 純子,定光 慧,山崎 泰広,黒澤 雅俊,長澤 孝真,杉山 渉,五十里 彰,渡辺 達夫,三輪 匡男,石井 聡,清水 孝雄
  • 脂質生化学研究 53, 255-258, 2011-04-28
  • NAID 10028179061
  • プロアントシアニジンフリー遺伝子ant28の選抜に有効なDNAマーカーの開発
  • 春山 直人,大関 美香,五月女 敏範 [他]
  • 栃木県農業試験場研究報告 (66), 37-42, 2011-03
  • NAID 40018908825

関連リンク

paf(ぱふ、paroxysmal atrial fibrillation)とは、発作性心房細動(1分間に450~600回の頻度で心房が不規則に興奮し、突然起こる心房細動)のことである。
【ベストアンサー】発作性心房細動(Paf)は突然起こります。たとえばサクション刺激などでTACHYになるとそのままafになります。これをpafといいます。このとき場合によりますがDC ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元敗血症性ショック」「血栓性血小板減少性紫斑病」「リポ多糖」「血小板活性化因子」「platelet-activating factor
拡張検索PAF acetylhydrolase」「PAFアセチルヒドロラーゼ」「PAF receptor」「PAFレセプター
関連記事PA」「P

敗血症性ショック」

  [★]

septic shock
敗血症ショック感染性ショック細菌性ショックエキソトキシンショック(厳密には定義が違う?)
ショック敗血症

概念

  • 微生物の感染によって起こる。グラム陰性菌(endotoxic shock)で起こるが、グラム陽性菌・真菌でも起こりうる。(BPT.102)
  • 必ずしも全身性の菌血症は必須ではない。局所の生物の血管外感染にたいする宿主の炎症反応で十分おこりうる。(BPT.102)
  • 敗血症ショックの70%がグラム陰性菌由来のエンドトキシンによる(endotoxic shock)

特徴

  • warm shock:LPSによるショックでは末梢血管の血管透過性が亢進し、末梢血管抵抗が低下するが、体液が組織に移行して体が温かく感じられる。
  • 血管末梢抵抗の低下により、代償的に高心拍出量状態となるり、ついには低心拍出量状態、多臓器不全となる。末期では体温は下がる。

病態生理 BPT.103

  • 1. LPSが血中に放出される
  • 2. 循環血液中のLPS-binding proteinと結合する
  • 3. 2.の複合体は単球、マクロファージ、好中球上に発現しているCD14に結合する
  • 4. CD14と共役しているTLR-4が細胞内にシグナルを伝達する。
  • 5. TLR-4からのシグナルにより、IL-1, TNF等のサイトカインを放出
  • 6. IL-1, TNFは血管内皮細胞に作用して抗凝固因子(TFPIthrombomodulin)の産生を低下させる。 ← この作用は血管内皮上のTLR-4-CD14にLPSが結合することで増強される。

低用量のLPS

  • 1. 単球、マクロファージ、好中球を活性化。補体系の直接の活性化。
  • 2. LPSに反応してTNFを産生した単球性の食細胞はこんどはIL-1を産生する
  • 3. 血管内皮はTNFとIL-1に反応してIL-6, IL-8を産生し、接着分子を発現する。

高用量のLPS

  • 1. サイトカインにより産生されたエフェクター(NO、血小板活性化因子(PAF))が増加
  • 2. 多量のTNFとIL-1によって発熱、急性相反応物(APR)の産生、好中球の増多
  • 3. 血管内皮細胞は前凝固状態になる

高用量のLPSによってもたらされる帰結

  • (1) 全身性の血管拡張(低血圧)
  • (2) 心筋収縮力の減弱
  • (3) びまん性の血管内皮障害と活性化、これにより白血球の血管内皮の接着が促進され、肺における肺胞のびまん性血管内皮損傷がおこる。
  • (4) 凝固系の亢進がDICを引き起こす。

症状

  • warm shock: 初期は発熱を伴う。発汗、呼吸促迫、頚静脈平坦、脈圧増大(高心拍出量状態を反映。低血圧の代償)、頻脈(発熱による)、心拍数増加、末梢血管抵抗低下、意識低下、尿量減少。
  • cold shock: 末期には体温は低下する。
  • 呼吸性アルカローシス:乳酸蓄積とサイトカイン増加で頻呼吸となるため(CBT QB vol2 p.554)

新生児

  • 低体温、無呼吸発作、出血斑

治療・管理

対症療法

初期におけるショックに対する治療 → 輸液負荷、昇圧薬、
  • 輸液負荷
Dellinger RP, Levy MM, Carlet JM, et al: Surviving Sepsis Campaign: international guidelines for management of severe sepsis and septic shock: 2008. Crit Care Med 2008; 36:296-327.
  • Early goal-directed therapy(Grade 1B)
  • 敗血症ショックにおける指標を定めた初期輸液療法
  • 敗血症ショックの治療開始後6時間の輸液療法はクリスタロイドであれば1-2l/hrとし、5%アルブミン液であれば0.6-1l/hrとする。
  • 以下の4項目を達成目標とする
  • 昇圧薬
輸液負荷により低血圧が持続する場合に適応となる(ICU.646)
  • ドパミンは腹腔内臓器の血流を低下させ組織アシドーシスを促進する可能性があるが、ノルアドレナリンにはこれはない。
  • ドパミン、ノルアドレナリンが不応の場合

根治療法

  • 感染巣の同定、起炎菌の同定(血液培養の感度は30-40%程度)と薬物感受性の検索

ステロイド治療

昇圧薬を必要とする全ての敗血症性ショック患者にステロイドが推奨されている (ICU.646)


血栓性血小板減少性紫斑病」

  [★]

thrombotic thrombocytopenic purpura, TTP
モシュコビッツ症候群 モシュコウィッツ病 Moschkowitz's syndrome Moschcowitz disease
溶血性尿毒症症候群 hemolytic uremic syndrome HUS血小板減少難病
TTP
  • ICU.594やuptodate([1] [2])も参考になった

病型

  • 先天性:VWF-CPの遺伝子異常
  • 後天性
  • 特発性:VWF-CP に対する自己抗体産生
  • 二次性:自己免疫疾患、薬物(チクロピジン)、妊娠などによる自己抗体の出現

病因

  • vWF切断酵素(ADAMTS13)活性の低下
  • 1. 先天的な酵素活性の低下
  • 2. vWF切断酵素に対する自己抗体

病態

IMD.985 YN.G-83
  • vWF切断酵素(ADAMTS13)活性の低下 → unusually large vWFマルチマーが分解されない → 血小板凝固促進
  • 1. 血小板消費 → 出血傾向
  • 2. 微小血管血小板血栓
  • 2-1. 循環障害 → 腎臓(腎不全)、脳の障害(精神症状)
  • 2-2. 狭窄血管の中への赤血球循環 → 破砕赤血球(MAHA) → 溶血性貧血
  • 発熱:組織崩壊、溶血、発熱中枢障害による

TTPの5徴候

let's memorize: The Fr.(=The franch)

(⇔溶血性尿毒症症候群 HUS は血小板減少、細血管障害性溶血性貧血、腎障害。精神症状と発熱は特徴的ではない)

鑑別診断

治療

  • 血漿交換療法
  • 奏功するはっきりとしたメカニズムは不明だが、異常なvWF重合体、血小板活性化因子 PAF、あるいは免疫複合体除去、ULvWF重合体やプロスタサイクリンの置換(血漿交換で血漿内に入れる)によるものと考えられている(WCH.1559)
  • 血漿輸注療法 → 先天性のTTPの場合
  • 抗血小板薬
  • 副腎皮質ステロイド
  • 血小板輸血は原則禁忌:血小板輸血の間に腎機能や神経学的状態(neurologic status)が著明に悪化するため(WCH.1559)

USMLE

  • Q book p.290 14

予後

  • 寛解後した患者の1/3が初期再発(完全寛解後1ヶ月間)、あるいは後期再発(late relapse)(最初のエピソードから10年以内)する。

参考

  • 難病情報センター
[display]http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/026_i.htm


リポ多糖」

  [★]

lipopolysaccharide, LPS
リポ多糖類リポポリサッカライド
  • エンドトキシン endotoxinである
主にマクロファージを刺激して多彩な生理作用を表す

LPSの生物活性 (SMB.115-117)

  • 1. B細胞マイトジェン活性:B細胞の分裂を誘導
  • DNA合成の促進
  • 2. ポリクローナルB細胞活性化:B細胞を刺激し、抗原非特異的に抗体産生細胞へと分化誘導。IgMクラスの抗体を産生させる。
  • 3. マクロファージの活性化:サイトカイン(IL-1、TNF-α、IFN、コロニー刺激因子(CSF)など)、フリーラジカルを放出させる。
  • 4. 補体の古典的経路、別経路を活性化
  • 5. アラキドン酸代謝経路の刺激:ロイコトリエン、プロスタグランジンの産生亢進
  • 6. 白血球との結合:生体ではLPS投与後1時間目に顆粒球減少(白血球凝集や末梢血管への貯留による)。2-4時間後、急激に白血球増加(骨髄の顆粒球の放出や顆粒球産

生の増加による)

  • 7. 血小板の活性化と破壊:セロトニン、核酸、血小板因子3などを放出。LPSにより破壊されやすい
  • 8. NK細胞やNKT細胞によるIFN-γの産生亢進

リポ多糖の受容体

リポ多糖受容体=CD14

リポ多糖のクリアランス(SMB.117)

  • 血流に入ったLPSは、LPS結合タンパク質(LBP)や遊離CD14と結合し、ついで血清タンパク質(特に高比重リポタンパク質(HDL)と結合し、速やかに主に肝臓に取り込まれる。肝臓、脾臓などのマクロファージ系の貪食細胞がLPSを捕獲し、比較的長い時間かかって分解するらしい。

リポ多糖の臨床的意義 (SMB.117-118)

エンドトキシンショック

  • 1. マクロファージ、単球、好中球、NK細胞、血管内皮細胞、線維芽細胞などに作用し、TNFIFNIL-1IL-6IL-8などのサイトカインを誘導
  • 2. 1.のサイトカインは、標的細胞に作用し、血小板活性化因子(PAF)、ロイコトリエンプロスタグランジン活性酸素NO、プロテアーゼなどを放出させる。
  • 3. 発熱、悪寒、白血球減少、DIC、出血、低血圧、頻脈、アシドーシス、多臓器障害、多臓器不全をもたらす。

抗生物質誘発内毒素遊離

  • 内毒素は菌が増殖するときに、外膜より遊離。
  • ある種の抗生物質は菌を殺す際、大量の内毒素の遊離を招く

検査



血小板活性化因子」

  [★]

platelet activating factor platelet-activating factor, PAF
白血球走化性因子




platelet-activating factor」

  [★] 血小板活性化因子PAF


PAF acetylhydrolase」

  [★]

PAFアセチルヒドロラーゼ血小板活性化因子アセチルヒドロラーゼ

1-alkyl-2-acetylglycerophosphocholine esteraselipoprotein-associated phospholipase A2Lp-PLA2platelet-activating factor acetylhydrolase

PAFアセチルヒドロラーゼ」

  [★]

PAF acetylhydrolase
血小板活性化因子アセチルヒドロラーゼ1-アルキル-2-アセチルグリセロホスホコリンエステラーゼ、リ・タンパク質関連ホスホリパーゼA2

PAF receptor」

  [★]


PAFレセプター」

  [★]

PAF receptor
血小板活性化因子受容体血小板活性化因子レセプターPAF受容体

PA」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「personal assistant個人秘書 / public address [system]」


P」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 16th letter of the Roman alphabet」
p

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「parking」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「phosphorusの化学記号」


"http://meddic.jp/PAF" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡