IgE

出典: meddic

免疫グロブリンE immunoglobulin E IgE、γE、gamma E
免疫グロブリンI型アレルギー高IgE血症低IgE血症
IgMIgDIgGIgA
レアギン、皮膚感作抗体、同種細胞親和性抗体

IgE産生の調節


IgEの性質

  IgE IgG1
H鎖のIgドメイン数 5 4
分子量(kDa) 188 146
炭化水素の比率(%) 12 2-3
血液(血清)中の半減期(days) 2.5 21
  • IgEは組織移行性が高い。FcεRIの結合部位はN末端から2,3番目のC領域である。

IgEが異常値を呈する病態 OLM.390 LAB.853

  • 肺塞栓、心筋梗塞、脳梗塞(CBT QB vol3 p.320)

高値


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/21 18:02:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • The clinical and immunomodulatory effects of green soybean extracts.
  • Katayanagi Y, Yasui K, Ikemoto H, Taguchi K, Fukutomi R, Isemura M, Nakayama T, Imai S.SourceHealth Care Research Center, Nisshin Pharma Inc., 5-3-1, Fujimino, Saitama 356-8511, Japan.
  • Food chemistry.Food Chem.2013 Jun 15;138(4):2300-5. doi: 10.1016/j.foodchem.2012.12.014. Epub 2012 Dec 22.
  • The present study was performed to investigate the immune-modulating activities of extracts from green soybean (Glycine max) in a 2,4-toluene diisocyanate (TDI)-inducing guinea pig rhinitis model and a human trial study for allergic rhinitis. Hot water extracts of green soybean were chosen for anima
  • PMID 23497889
  • Renovation activities during pregnancy induce a Th2 shift in fetal but not in maternal immune system.
  • Herberth G, Herzog T, Hinz D, Röder S, Schilde M, Sack U, Diez U, Borte M, Lehmann I.SourceUFZ - Helmholtz Centre for Environmental Research Leipzig, Department of Environmental Immunology, Leipzig, Germany. Electronic address: gunda.herberth@ufz.de.
  • International journal of hygiene and environmental health.Int J Hyg Environ Health.2013 Jun;216(3):309-16. doi: 10.1016/j.ijheh.2012.06.002. Epub 2012 Aug 2.
  • The aim of the present study was to investigate to which extent environmental influences like indoor renovation activities affect the immune system of mother and child during the gestation period. Within the LINA (Lifestyle and Environmental Factors and their Influence on Newborn Allergy risk) birth
  • PMID 22858283
  • A Rat Basophilic Leukaemia cell sensor for the detection of pathogenic viruses.
  • Qu M, Boruah BM, Zhang W, Li Y, Liu W, Bi Y, Gao GF, Yang R, Liu D, Gao B.SourceCAS Key Laboratory of Pathogenic Microbiology and Immunology, Institute of Microbiology, Chinese Academy of Sciences, Beijing, China; University of Chinese Academy of Sciences, Beijing, China.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2013 May 15;43:412-8. doi: 10.1016/j.bios.2012.11.009. Epub 2012 Nov 28.
  • A Rat Basophilic Leukemia (RBL) cell sensor is developed for the detection and identification of pathogenic viruses. Recombinant sdAb-Fc antibodies were constructed by linking virus-specific single domain antibody to mouse IgE-Fc fragment. The sdAb-Fc can bind to FcεRI receptors on RBL cells and ca
  • PMID 23356997
  • Label-free electrochemical IgE aptasensor based on covalent attachment of aptamer onto multiwalled carbon nanotubes/ionic liquid/chitosan nanocomposite modified electrode.
  • Khezrian S, Salimi A, Teymourian H, Hallaj R.SourceDepartment of Chemistry, University of Kurdistan, P. O. Box 416, Sanandaj, Iran.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2013 May 15;43:218-25. doi: 10.1016/j.bios.2012.12.006. Epub 2012 Dec 20.
  • A simple, sensitive and label-free aptamer-based biosensor for the detection of human immunoglobulin E (IgE) is developed using the electrochemical transduction method. A special immobilization interface consisting of multiwalled carbon nanotubes/ionic liquid/chitosan nanocomposite (MWCNTs/IL/Chit)
  • PMID 23313881

和文文献

  • CD203c測定の実際と蕁麻疹診療における位置づけ (特集 蕁麻疹の病態と治療 アップデート)
  • 千貫 祐子,森田 栄伸
  • アレルギー・免疫 20(2), 234-241, 2013-02
  • NAID 40019561343
  • 序 : 蕁麻疹の病態の点をつなぐ糸 (特集 蕁麻疹の病態と治療 アップデート)
  • アレルゲンコンポーネント特異的IgE抗体 (特集 アレルギー疾患における特異抗体の意義) -- (アレルゲン特異抗体の新しい意義)
  • EXiLE法 (特集 アレルギー疾患における特異抗体の意義) -- (アレルゲン特異IgE抗体の新しい測定方法)
  • 中村 亮介,手島 玲子
  • アレルギー・免疫 20(1), 63-73, 2013-01
  • NAID 40019533278

関連リンク

免疫グロブリンE(めんえきグロブリン・イー、英語: Immunoglobulin E、IgE)とは哺乳類 にのみ存在する糖タンパク質であり、免疫グロブリンの一種である。1966年、日本人で ある石坂公成はジョンズホプキンス大学(アメリカ)においてブタクサに対してアレルギー ...
IgEについてもう一度. IgEとは総IgEのことで非特異的IgEと呼ぶこともあります。非特異 IgEの意味は?という問い合わせがありましたのでもう一度詳しく書きます。 IgEとは アレルゲンに対して働く免疫グロブリンです。 では特異的IgEとはなにかということから ...

関連画像

IgE (taken from http://www.allerresponz An IgEinduced Mast cellstru-14.jpg (53053 bytes)File:IgE.jpgIgE in allergy and asthma todayige astmaAdemás tienes que saber que hay algunos


★リンクテーブル★
先読みIgA」「IgM」「IgD」「IgG
国試過去問104E053」「106A053」「105I055」「098A052」「098G044」「100B065」「100G051」「106B022」「106B003」「096H019」「106I034」「107D010」「104E008」「108E032」「100E030」「080A063」「106B030」「096E028」「097E032」「105B021
リンク元免疫グロブリン」「アレルギー」「ヘルパーT細胞」「肺塞栓症」「アトピー性皮膚炎
拡張検索高IgE症候群」「特異的IgE抗体」「特異IgE抗体
関連記事I」「Ig

IgA」

  [★]

immunoglobulin A
免疫グロブリンA γA gamma A
免疫グロブリン Ig


概念

  • 免疫グロブリンクラスの1つ。

基準値

  • 110-410 mg/dl (臨床検査法提要第32版)

臨床関連



IgM」

  [★]

免疫グロブリンM immunoglobulin M
免疫グロブリン, Ig


臨床関連

増加



IgD」

  [★]

免疫グロブリンD immunoglobulin D IgD
  • immature B細胞でIgMと共に発現




IgG」

  [★] 免疫グロブリンG immunoglobulin G


104E053」

  [★]

  • 36歳の女性. 2日前から出現した呼吸困難と茶褐色の喀痰とを主訴に来院した。半年前から時々喘鳴を伴う呼吸困難咳嗽とが発作性に出現し、自宅近くの診療所気管支拡張薬副腎皮質ステロイド吸入薬とを処方されていた。意識は清明。体温37.0℃。脈拍96/分、整。血圧114/68mmHg。全肺野にwheezesを聴取する。赤沈30mm/1時間。血液所見: 赤血球 390万、Hb 11.2g/dl、Ht 37%、白血球 11,000(桿状核好中球3%、分葉核好中球41%、好酸球28%、好塩基球1%、単球2%、リンパ球25%)、血小板 32万。血液生化学所見に異常を認めない。胸部エックス線写真(別冊No.10A)と経気管支肺生検組織のH-E染色標本(別冊No.10B)とを別に示す。
  • この病態に関与する免疫グロブリンはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 104E052]←[国試_104]→[104E054

106A053」

  [★]

  • 36歳の女性。乏尿浮腫とを主訴に来院した。 2週前に発熱咽頭痛とが出現した。昨日から尿量が減少し、全身に浮腫が出現してきた。頭痛も伴うようになったため受診した。
  • 体温36.0℃。脈拍72/分、整。血圧160/100mmHg。呼吸数18/分。
  • 尿所見:蛋白1+、潜血3+、沈渣に赤血球多数/1視野。血液所見:赤血球400万、 Hb12.6g/dl、 Ht34%、白血球6,600、血小板22万。血液生化学所見:アルブミン4.2g/dl、尿素窒素30mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、総コレステロール220mg/dl。入院後7日に施行した腎生検のPAS染色標本(別冊No. 26A)と電子顕微鏡写真(別冊No. 26B)とを別に示す。
  • この患者の検査所見として考えられるのはどれか。 2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 106A052]←[国試_106]→[106A054

105I055」

  [★]

  • 27歳の男性。腹痛発疹とを主訴に来院した。3日前から腹痛と両下肢の赤い発疹とを生じた。両下腿から足背に浸潤を触れ、硝子圧試験で消退しない発疹が多発している。皮膚の病理組織学的検索で真皮上層に血管周囲性の炎症性細胞浸潤を認める。同時に蛍光抗体直接法を施行したところ免疫グロブリンの沈着を認める。下腿の写真(別冊No.12A)と皮膚生検組織の蛍光抗体直接法の写真(別冊No.12B)とを別に示す。
  • 沈着している免疫グロブリンはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I054]←[国試_105]→[105I056

098A052」

  [★]

  • 6歳の男児。かゆみを伴う皮疹のため来院した。皮疹は数か月前から頚部と四肢屈曲部とに繰り返し出現している。母親にアレルギー性鼻炎がある。体温36.5℃。血圧102/60mmHg。胸部は打聴診で異常を認めない。頚部と両側の肘屈側とに落屑を伴う皮疹を認める。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球420万、Hb14.3g/dl、白血球7,300、血小板18万。血清生化学所見:総蛋白7.6g/dl、AST28単位(基準40以下)、ALT30単位(基準35以下)。
  • この疾患でみられる検査所見はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 098A051]←[国試_098]→[098A053

098G044」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 098G043]←[国試_098]→[098G045

100B065」

  [★]

  • 通年性鼻アレルギーについて誤っているのはどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 100B064]←[国試_100]→[100B066

100G051」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100G050]←[国試_100]→[100G052

106B022」

  [★]

  • IgE産生に関連が深いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B021]←[国試_106]→[106B023

106B003」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106B002]←[国試_106]→[106B004

096H019」

  [★]

  • a. 移動性肺浸潤影
  • b. 拘束性換気障害
  • c. 末梢血好酸球増加
  • d. 血清IgE高値
  • e. 中心性嚢胞状気管支拡張
[正答]


※国試ナビ4※ 096H018]←[国試_096]→[096H020

106I034」

  [★]

  • a 女性に多い。
  • b 季節性がある。
  • c IgEを介する。
  • d 鼻茸を合併しやすい。
  • e インドメタシンは発作の原因とならない。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I033]←[国試_106]→[106I035

107D010」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107D009]←[国試_107]→[107D011

104E008」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104E007]←[国試_104]→[104E009

108E032」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 108E031]←[国試_108]→[108E033

100E030」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100E029]←[国試_100]→[100E031

080A063」

  [★]

  • 適切な組み合わせはどれ?
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

106B030」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106B029]←[国試_106]→[106B031

096E028」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 096E027]←[国試_096]→[096E029

097E032」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 097E031]←[国試_097]→[097E033

105B021」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105B020]←[国試_105]→[105B022

免疫グロブリン」

  [★]

immunoglobulin, Ig
抗体
HBグロブリンヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニン-IサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHはぶ抗毒素ヒスタグロビンベニロン-IヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビンまむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
免疫T細胞受容体リンパ球抗原受容体
IgMIgDIgGIgAIgE

構造

  • H鎖とL鎖からなり、Igドメインをそれぞれ4つ(IgMIgEは5つ)、2つもつ。

胎児の免疫グロブリン

  • 胎児は母胎より免疫グロブリンをもらうが、生後六ヶ月で消失する (標準予防策実践マニュアル 南江堂 第2刷 p.12)
  • 自分で抗体を作る能力は3-6歳で完成する (標準予防策実践マニュアル 南江堂 第2刷 p.12)

免疫グロブリンの特性 (IMM.161)

抗体 IgG1 IgG2 IgG3 IgG4 IgM IgA1 IgA2 IgD IgE
重鎖 γ1 γ2 γ3 γ4 μ α1 α2 δ ε
分子量 146 146 165 146 970 160 160 184 188
補体活性化(古典的経路) ++ + +++ - ++++ - - - -
補体活性化(代替経路) - - - - - + - - -
胎盤通過 +++ + ++ ± - - - - -
食細胞FcRへの結合 + - + ± - + + - +
肥満細胞好塩基球への結合 - - - - - - - - +++
staphylococcal Protein Aとの反応性 + + ± + - - - - -

免疫グロブリンの遺伝子再構成 (IMM.144)

多様性の獲得機構

  • 多数のV遺伝子
  • VJとJDV遺伝子の組み換え
  • 組み換え時の不正確性(塩基欠損、付加、N塩基)(CDR3)
  • 体細胞突然変異(CDR1,CDR2)
  • H鎖とL鎖の組み合わせ

シグナル伝達

基準値

小児基準値研究班(編):日本人小児の臨床検査基準値。日本公衆衛生協会、1997
SPE.704
  IgG IgA IgM
1ヶ月 400 ~ 1030 ー ~ 24 21 ~ 96
6ヶ月 290 ~ 950 8 ~ 50 46 ~ 176
1歳 460 ~ 1220 470 ~ 1210 16 ~ 128 14 ~ 98 57 ~ 260 81 ~ 314
3歳 530 ~ 1340 540 ~ 1340 25 ~ 174 22 ~ 150 63 ~ 279 86 ~ 332
6歳 630 ~ 1490 650 ~ 1530 45 ~ 258 38 ~ 238 72 ~ 305 92 ~ 353
12歳 750 ~ 1660 790 ~ 1740 71 ~ 352 63 ~ 373 72 ~ 306 100 ~ 380
成人 680 ~ 1620 84 ~ 438 380 ~ 1620

臨床関連

免疫グロブリンの量的変化による疾患




アレルギー」

  [★]

allergy
アレルギー反応 allergic reaction
過敏症 hypersensitivity

クームス分類

クームス分類

  I型アレルギー II型アレルギー III型アレルギー IV型アレルギー V型アレルギー
免疫反応の主体 IgE IgM, IgG 免疫複合体 Th1細胞 Th2細胞 Tc細胞 IgG
抗原 水溶性抗原 細胞や マトリックスに
結合している抗原
水溶性抗原 水溶性抗原 水溶性抗原 細胞関連の抗原 細胞表面レセプター
エフェクター機構 肥満細胞の活性化 補体 (CDC)|NK細胞好中球 (ADCC) 補体好中球 マクロファージの活性化 IgE産生、好酸球肥満細胞活性化 細胞障害 抗体の結合
アレルギー疾患の例 気管支喘息
アレルギー性鼻炎
花粉症
喘息
蕁麻疹
アトピー性皮膚炎
ラテックスアレルギー
ABO不適合輸血
新生児溶血性貧血
グッドパスチャー症候群
自己免疫性溶血貧血 AIHA
特発性血小板減少性紫斑病 ITP
橋本病
超急性移植片拒絶反応
アルツス反応
アニサキス症
トリ飼い病
農夫肺
血清病
急性糸球体腎炎
ループス腎炎(SLE)
関節リウマチ
過敏性肺臓炎
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
接触性皮膚炎
ツベルクリン反応
慢性肉芽腫症
慢性喘息
慢性アレルギー鼻炎
移植片拒絶 慢性蕁麻疹
バセドー病
重症筋無力症
検査方法 RAST法
RIST法
皮内反応
プリックテスト
スクラッチテスト
負荷試験
免疫組織染色
凝集反応(完全抗体)
凝集反応(不完全抗体, クームステスト)
  皮内反応      


診療ガイドライン

http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/index.html

検査




ヘルパーT細胞」

  [★]

helper T cellThTH
ヘルパーTリンパ球Th細胞
T細胞キラーT細胞抗原提示細胞Th1Th2



  • T細胞の中で最も多い
  • (CD4陽性T細胞)CD4 + T cellとも呼ばれる
  • Th17もあるらしい。IL-17を分泌しアレルギー反応、自己免疫疾患に関与する。

機能

  • B細胞の形質細胞への分化誘導
B細胞の項を参照

抗原認識

  • 抗原提示細胞のみがMHC class IIを持つが、異物を貪食すると抗原をここに提示する (PT.249)
  • ヘルパーT細胞のTCRが抗原とMHC class IIを認識する (PT.249)
  • このときヘルパーT細胞上に発現しているCD4MHC class IIとの結合を強める (PT.249)
  • ヘルパーT細胞はIL-2を放出し、キラーK細胞やB細胞の増殖をもたらす (PT.249)
  Th0からの分化誘導 機能
Th1 IL-12 細胞性免疫、液性免疫
Th2 IL-4 液性免疫

サイトカイン

  分化誘導 サイトカイン
Th1細胞 IL-12 IL-2,IFN-γTNF-β
Th2細胞 IL-4 IL-4,IL-5,IL-6,IL-10,IL-13

Th1とTh2 (SMB.46)

機能 Th1 Th2
サイトカインの産生 INF-γ +  - 
IL-2
IL-3
IL-4
IL-5
IL-6
B細胞のヘルパー機能 IgM,IgG,IgA ± ++
IgE
遅延性過敏反応発現能
感染防御免疫反応能


肺塞栓症」

  [★]

pulmonary embolism PE
肺梗塞, 肺動脈塞栓症
[[]]
  • 静脈系を経由して血栓、脂肪、腫瘍、空気、異物が肺動脈を閉塞したもの。総称

症状

  • 呼吸困難、胸痛、血痰、失神、咳

身体所見 SPU.380

  • 多呼吸、頻脈
  • ときに、発熱、チアノーゼ
  • 胸部聴診:約半数に湿性ラ音・乾性ラ音
  • 廃校血圧が著明な場合IIp音の増強

検査

血算

  • 白血球:1万/ul → 肺組織の壊死を示唆

血液生化学

LDH、総ビリルビンは半分の症例で上昇。心筋梗塞ではASTが上昇する。

凝固線溶系検査

  • FDP、D-ダイマー、TAT:(血栓塞栓症の急性期)上昇

動脈血ガス

血清学検査

  • IgE:上昇(250 U/ml以上)(50%の症例)

心電図 HIM.1653

  • 洞性頻脈
  • SI,QIII,TIII:I誘導でS波、III誘導でQ波が見られる。III誘導で陰性T波 ← 特性は高いが、感度は低い
  • 前胸部誘導(V1~V4)で陰性T波がよく見られる。
  • 右軸偏位 ← 右室負荷のため
  • 一過性の右脚ブロック、心房細動

心エコー

  • The specific appearance of the right ventricle on echocardiography is referred to as the McConnell's sign. This is the finding of akinesia of the mid-free wall but normal motion of the apex. This phenomenon has a 77% sensitivity and a 94% specificity for the diagnosis of acute pulmonary embolism.(wikipedia enより)

参考

  • wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%BA%E5%A1%9E%E6%A0%93%E7%97%87



アトピー性皮膚炎」

  [★]

atopic dermatitis
dermatitis atopica
ベニエ痒疹 ベニエー痒疹、汎発性神経皮膚炎 neurodermatitis diffusa
皮膚炎

概念

  • アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因をもつ(日本皮膚学会)

病因

  • アレルギー体質、小児、喘息の既往、乾燥(冬期)
参考1
  • 表皮透過性バリヤーの破綻

合併症

身体所見

  • 白色皮膚描記症

検査

  • IgE:高値

治療

参考

  • 1. [charged] Epidemiology, clinical manifestations, and diagnosis of atopic dermatitis (eczema) - uptodate [1]

ガイドライン

  • 1. 皮膚アレルギー(蕁麻疹):医療従事者の皆様へ:アレルギーガイドライン情報館:公益財団法人日本アレルギー協会 JAANet STATION
[display]http://www.jaanet.org/medical/guideline/skin
  • 2. アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2009
  • [display]http://www.kyudai-derm.org/part/atopy/pdf/atopy2009.pdf




高IgE症候群」

  [★]

hyper-IgE syndrome, HIES
高免疫グロブリンE症候群 hyperimmunoglobulin E syndrome hyper immunoglobulin E syndrome、ヨブ症候群ジョブ症候群Job syndrome
IgE

遺伝

病因

  • 遺伝性
  • 孤発性

検査

参考1
  • 免疫学的検査
  • 免疫グロブリン:IgE↑、その他の免疫グロブリンは正常

参考

  • 1. [charged] Hyperimmunoglobulin E syndrome - uptodate [2]



特異的IgE抗体」

  [★]

specific IgE antibody
IgE抗体


特異IgE抗体」

  [★]

specific IgE antibody


I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」


Ig」

  [★] 免疫グロブリン immunoglobulin


"http://meddic.jp/IgE" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡