CD43

出典: meddic

CD43抗原, leukosialin,
ウィスコット・オールドリッチ症候群タンパク質ウィスコット・アルドリッチ症候群タンパク質
Wiskott-Aldrich syndrome protein, WASP, Wiskott-Aldrich症候群タンパク質

発現細胞

  • leukocytes, except resting B cells
  • 胸腺細胞、T細胞、活性化B細胞、形質細胞、NK細胞、好中球、単球、マクロファージ、血小板、stem cell(WCH.49)

分子量

  • 115-135kDa(好中球)
  • 95-115(T細胞)

機能

  • has extended structure, approx. 45nm long and may be anti-adhesive

別名

  • Leukosialin, sialophorin

ファミリー

  • Mucin


Leukosialin, Sialophorin, Wiskott-Aldrich syndrome protein


leukosialin&B-cell development

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/10 14:24:27」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Orbital and ocular adnexal Mucosa-Associated Lymphoid Tissue (MALT) lymphomas: a single-center 10-year experience.
  • Smiljanic M, Milosevic R, Antic D, Andjelic B, Djurasinovic V, Todorovic M, Bila J, Bogdanovic A, Mihaljevic B.SourceClinic of Hematology, Clinical Centre of Serbia, Belgrade, Serbia, mikesmiljanic79@gmail.com.
  • Medical oncology (Northwood, London, England).Med Oncol.2013 Dec;30(4):722. doi: 10.1007/s12032-013-0722-5. Epub 2013 Sep 13.
  • Orbital and ocular andexal Mucosa-Associated Lymphoid Tissue Lymphoma (MALT) or ocular adnexal MALT lymphoma (OAML) is the most common of all eye non-Hodgkin lymphomas. Autoimmune inflammatory disorders and chronic infections are important etiological factors and CD5 and CD43 (sialophorin) tumor mar
  • PMID 24026660
  • Transplantation of mesenchymal stem cells into the skeletal muscle induces cytokine generation.
  • Gala K, Burdzińska A, Idziak M, Wilczek E, Pączek L.SourceDepartment of Immunology, Transplantology and Internal Diseases, Transplantation Institute, Medical University of Warsaw, Poland. Electronic address: kamila.gala@wum.edu.pl.
  • Cytokine.Cytokine.2013 Oct;64(1):243-50. doi: 10.1016/j.cyto.2013.06.314. Epub 2013 Jul 13.
  • Mesenchymal stem cells due to the high proliferative potential, capacity of multilineage differentiation became a hope of regenerative medicine. However, the organism's response to the transplantation of MSCs is not fully elucidated. The aim of the present study was to evaluate the acute local tissu
  • PMID 23859809
  • Inhibition of Mucin-Type O-Glycosylation through Metabolic Processing and Incorporation of N-Thioglycolyl-d-galactosamine Peracetate (Ac5GalNTGc).
  • Agarwal K, Kaul R, Garg M, Shajahan A, Jha SK, Sampathkumar SG.SourceLaboratory of Chemical Glycobiology (CGB), National Institute of Immunology (NII) , Aruna Asaf Ali Marg, New Delhi 110067, India.
  • Journal of the American Chemical Society.J Am Chem Soc.2013 Sep 25;135(38):14189-97. doi: 10.1021/ja405189k. Epub 2013 Sep 16.
  • Mucin-type O-glycans form one of the most abundant and complex post-translational modifications (PTM) on cell surface proteins that govern adhesion, migration, and trafficking of hematopoietic cells. Development of targeted approaches to probe functions of O-glycans is at an early stage. Among sever
  • PMID 23987472
  • Pneumococcal polysaccharide vaccination induces polysaccharide-specific B cells in adult peripheral blood expressing CD19(+)CD20(+)CD3(-)CD70(-)CD27(+)IgM(+)CD43(+)CD5(+/-).
  • Leggat DJ, Khaskhely NM, Iyer AS, Mosakowski J, Thompson RS, Weinandy JD, Westerink MA.SourceDepartment of Medicine, University of Toledo, Toledo, OH 43614, United States.
  • Vaccine.Vaccine.2013 Sep 23;31(41):4632-40. doi: 10.1016/j.vaccine.2013.07.030. Epub 2013 Aug 1.
  • Pneumococcal polysaccharide vaccines have been used to elicit a protective anti-pneumococcal polysaccharide antibody response against Streptococcus pneumoniae in healthy individuals. Identifying human B cells which respond to T-cell independent type-2 antigens, such as pneumococcal polysaccharides,
  • PMID 23911852

和文文献

  • Macrophage Recognition of Thiol-Group Oxidized Cells : Recognition of Carbohydrate Chains by Macrophage Surface Nucleolin as Apoptotic Cells
  • MIKI Yuichi,HIRANO Kazuya,BEPPU Masatoshi
  • Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 76(11), 2068-2074, 2012-11
  • NAID 40019498903
  • Clearance of CD43-Capped Cells by Macrophages: Capping Alone Leads to Phagocytosis
  • Oguri Emiri,Miki Yuichi,Hirano Kazuya,Yamanaka Masahiro,Beppu Masatoshi
  • Biological and Pharmaceutical Bulletin 35(4), 551-558, 2012
  • … In some cases this is achieved via CD43-capped membrane glycoproteins, the sialylpolylactosaminyl chains of which serve as ligands for phagocytosis by macrophages. … Here, we examined one clearance mechanism in detail and determined that capping of CD43 alone is sufficient to initiate phagocytosis. … We induced macrophage-mediated phagocytosis by using cytochalasin B to artificially cap CD43 on healthy (non-apoptotic) Jurkat cells. …
  • NAID 130001872204
  • Russell 小体の出現を伴った皮膚原発 marginal zone B-cell lymphoma の1例
  • 青木 見佳子,川名 誠司,新井 栄一
  • Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌 25(2), 168-172, 2010-09-15
  • … 浸潤細胞はCD20,CD79a,bcl-2,CD43陽性のリンパ球で二次濾胞も形成していた。 …
  • NAID 10027731645

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みウィスコット・アルドリッチ症候群タンパク質
リンク元慢性リンパ性白血病」「悪性リンパ腫」「ウィスコット・アルドリッチ症候群」「MALTリンパ腫」「表面抗原分類
関連記事CD」「CD4

ウィスコット・アルドリッチ症候群タンパク質」

  [★]

Wiskott-Aldrich syndrome protein
ウィスコット・オールドリッチ症候群タンパク質Wiskott-Aldrich症候群タンパク質


慢性リンパ性白血病」

  [★]

chronic lymphocytic leukemia, chronic lymphoid leukemia, CLL
白血病
  • first aid step1 2006 p.300,302,303,304,309,310,427,430

概念

  • the accumulation of nonproliferating mature-appearing lymphocytes in the blood, marrow, lymph nodes, and spleen.
  • monoclonal B lymphocytes.
  • CD5+ and CD23+CD5, CD23
  • derived from memory B cell.

細胞表面マーカー WCH.2438

condition smIg CD5 CD10 CD11c CD19 CD20 CD22 CD23 CD25 CD43 CD79b CD103 FMC7
chronic lymphocytic leukemia Dim ++ -/+ ++ Dim -/+ ++ +/- -/+
Waldenstrom macroglobulinemia ++ -/+ ++ ++ -/+ +/-
prolymphocytic leukemia +++ -/+ -/+ -/+ ++ +++ ++ ++ -/+ ++
hairy cell leukemia +++ ++ +++ +++ +++ +++ +++ +++
hairy cell leukemia variant +++ ++ +++ +++ +++ +++ +++
splenic lymphoma with villous lymphocytes ++ -/+ -/+ +/- ++ ++ ++ +/- -/+ ++ -/+ ++
marginal zone B-cell lymphoma ++ +/- ++ ++ +/- +/- -/+ ++
mantle cell lymphoma ++ ++ -/+ ++ ++ ++ ++ ++
follicular lymphoma ++ -/+ ++ ++ ++ ++ -/+ ++ ++

臨床像

HIM.693
  年齢 子供における頻度 男性(%) ステージI,II vs III,IV(%) B症状(%) 骨髄浸潤(%) 消化管浸潤(%) 5年生存率(%)
B細胞CLL/小リンパ球性リンパ腫 65 まれ 53 9 vs 91 33 72 3 51

疫学

YN.G-49
  • 全白血病の2-3%
  • 60歳以上に多い。
  • 男女比=2:1

病態

YN.G-49
  • 正常な免疫グロブリンの産生が抑制されるばかりでなく、異常な自己抗体を産生 → 続発性免疫不全症、自己免疫性溶血性貧血


USMLE

  • Q book p.246 42

参考

  • 1. [charged] Epidemiology and clinical manifestations of chronic lymphocytic leukemia - uptodate [1]
  • 2. [charged] Pathologic features, diagnosis, and differential diagnosis of chronic lymphocytic leukemia - uptodate [2]
  • 3. [charged] Pathophysiology and cytogenetics of chronic lymphocytic leukemia - uptodate [3]



[show details]


悪性リンパ腫」

  [★]

malignant lymphoma
lymphoma malignum

悪性リンパ腫とマーカー

悪性リンパ腫.xls
  sIg CD5 CD10 CD19 CD20 CD23 CD43 bcl cyclin TdT その他 転座
小リンパ性リンパ腫 small lymphocytic lymphoma
慢性リンパ性白血病 chronic lymphocytic leukemia
       
濾胞性リンパ腫 FL
 
      bcl2 +      
MALTリンパ腫
 
                 
マントル細胞リンパ腫 MCL
 
             
びまん性大細胞性B細胞リンパ腫 DLBL
 
+/-     bcl6 +        
前駆Bリンパ芽球性リンパ腫
急性Bリンパ球性白血病 LBL/ALL
                 
バーキットリンパ腫 BL
 
          Myc, Ki-67 t(8,14)Myc;IgH ~80%
t(2,8)κ;Myc ~15%
ホジキンリンパ腫
 
                    CD15, CD30, CD45 - t(8,22)Myc;λ ~10%
成人T細胞白血病 ATL
 
                    CD2, CD3, CD4, CD25, HLA-DR, CD8 -  

病期

参考

  • 1.
http://www.rinpashu.com/inspection/

国試




ウィスコット・アルドリッチ症候群」

  [★]

Wiskott-Aldrich syndrome, WAS
ウィスコット・オールドリッチ症候群, ウィスコット・アルドリック症候群, ウィスコット・アルドリッヒ症候群, Wiskott-Aldrich症候群
アルドリッチ症候群 オールドリッチ症候群オールドリッチ症候群オルドリック症候群Aldrich症候群Aldrich syndrome
血小板減少免疫不全症候群原発性免疫不全症候群


概念

  • 血小板減少と湿疹を伴う免疫不全症
  • B細胞-活性化↓
  • 男児のみ
  • 免疫不全症血小板減少湿疹

遺伝

  • X連鎖劣性遺伝

病因

  • Xp11.22:WASP遺伝子 (WCH.49によれば、Xp 11-23)の異常による。
  • CD43の発現異常とされる

病態

  • 細胞骨格となるアクチンの再構築に関与している。この機能が損なわれることで免疫シナプスの形成に打撃を与える。

症状

  • 3大徴候
1) recurrent infefction 免疫不全 細胞性免疫、IgE高値
2) thrombocytepenia 出血性素因 血小板減少による、血便。進行性。
3) dermatitis アトピー性皮膚炎 難治性湿疹
  • 4) 自己免疫疾患:40-70%の患者で報告がある (参考1)
  • 5) 悪性腫瘍:小児でも起こりうるが、思春期と若年男性に好発 (参考1)

免疫不全

  • Triad of symptoms includes recurrent pyogenic Infections, thrombocytopenic Purpura, Eczema (WIPE)
  • 反復感染
  • capsular polysaccharides of bacteriaに対するIgMの反応が起こせなくなる
  • 緑膿菌、黄色ブドウ球菌、ヘルペスウイルス属、カンジダ属

皮膚症状=

  • 湿疹
  • 生後6ヶ月までに湿疹と紫斑が出現。
  • 湿疹はアトピー性様

合併症=

  • 悪性リンパ腫

検査

参考1
  • 免疫系
  • T細胞数の減少と機能低下。Treg細胞の機能低下  B細胞も伴うらしい。
  • 免疫グロブリン:(減少~正常)IgG, IgM, (増加) IgA, IgE
  • 特定のワクチン抗原に対する反応の欠如
  • NK細胞数は正常~増加、細胞殺傷能力低下
  • 食細胞(好中球など)の遊走能低下。
  • リンパ球数:幼小児時は正常、成長につれて減少。

治療

  • 造血幹細胞移植(骨髄移植)

予後

  • 成人になる前に死亡する。

参考

  • 1. [charged] Wiskott-Aldrich syndrome - uptodate [4]

国試


MALTリンパ腫」

  [★]

mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma MALToma
粘膜関連リンパ組織リンパ腫
胃MALTリンパ腫悪性リンパ腫

概念

  • 比較的緩徐な経過をたどる低悪性度リンパ腫
リンパ濾胞(リンパ小節)の胚中心:{被膜側}頂部明調域(生存を許された分化したB細胞がとどまる。記憶細胞か形質細胞になってリンパ小節を去る)~基底側明調域(sIgを発現しクラススイッチを起こして中心細胞となる。中心細胞は濾胞樹状細胞から抗原提示をうける。)~暗調域(sIgを持たないB細胞(中心芽細胞)が密集。増殖盛ん)~帽状域{中心側})
  • リンパ濾胞外側領域(おそらく胚中心の頂部明調領域であろう)のB細胞層にある記憶B細胞に由来する。
  • 形態は小型胚中心細胞に似ており、広く明調な細胞質と切れ込みを認める。

原因

  • 胃MALTリンパ腫

病理

  • 胃MALTリンパ腫の場合、胃癌0-IIc型(表面感凹型)に似ている。
  • 胃炎型の粘膜は萎縮性胃炎像、多発びらん、顆粒状、敷石状粘膜

細胞表面マーカー

特徴 YN.A-46

  • 胚中心細胞に類似したcentrocyte-like cellの浸潤
  • 粘膜上皮の破壊像
  • 単クローン性免疫グロブリンを有する形質細胞の浸潤
  • リンパ濾胞の残存

検査

染色体

  • t(11;18)(q21;q21)
API2(11q21)、MALT1(18q21)

診断

  • 胃生検

治療

ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌により消失することがある
  • 薬物療法:
  • 抗菌薬:ヘリコバクターの除菌 → 第一選択とすることが推奨されている(参考1)
  • 除菌治療の有効性予測因子: H. pylori感染の有無、臨床病期、深達度、API2-MALT1 染色体転座 (参考1)
  • 抗悪性腫瘍薬:(病変が広範囲に及んでいる場合 more extensive disease)chlorambucil単剤。rituximabを加えて使用するレジメンもある。(HIM.694)
  • 放射線療法
  • リツキシマブ
  • 手術療法:
  • (病変が限局している場合)有効

up2date

Management of gastrointestinal lymphomas (This topic last updated: 6月 2, 2010)
  • (Lugano I/II)
  • H. pylori陽性:H.pylori除菌を行う
  • H. pylori陰性 or t(11;18)転座:局所放射線療法
  • (Lugano IV)
  • H. pylori陽性:H.pylori除菌を行う。免疫療法や化学療法が必要になるまで症状が進むまで経過観察。
  • 消化管の切除は消化管穿孔や消化管閉塞を合併するまでreserveされる。


予後

  • リンパ節転移は少なく、臨床的進行は遅い。
  • 中間~良好 (LAB.1219)

参考

  • 1. Helicobacter pylori 感染の診断と治療のガイドライン2009改訂版 - 日本ヘリコバクター学会
http://www.jshr.jp/pdf/journal/guideline2009-2.pdf
  • 2. 写真
[display]http://pathol.ncc.go.jp/matsuno/images/matsuno-43.htm
  • 3. 写真
[display]http://user.shikoku.ne.jp/hirata/geca/sub48.html




表面抗原分類」

  [★]

cluster of differentiation, CD
  • 細胞の表面抗原を認識する抗体を整理した分類
Bリンパ球 CD10,CD19,CD20
Tリンパ球 CD2,CD3,CD5,CD7
幹細胞 CD34
顆粒球 CD13,CD33
単球 CD14:LPSをリガンドとし、Toll-like receptorと共役して細胞内シグナルを伝達する分子。
巨核球 CD41(GpIIb),CD42(GpIb)
NK細胞CD16(IgGのFc部に対する受容体)、CD56(NCAM-I)


CD1 CD21 CD41 CD61 CD81
CD2 CD22 CD42 CD62 CD82
CD3 CD23 CD43 CD63 CD83
CD4 CD24 CD44 CD64 CD84
CD5 CD25 CD45 CD65 CD85
CD6 CD26 CD46 CD66 CD86
CD7 CD27 CD47 CD67 CD87
CD8 CD28 CD48 CD68 CD88
CD9 CD29 CD49 CD69 CD89
CD10 CD30 CD50 CD70 CD90
CD11 CD31 CD51 CD71 CD91
CD12 CD32 CD52 CD72 CD92
CD13 CD33 CD53 CD73 CD93
CD14 CD34 CD54 CD74 CD94
CD15 CD35 CD55 CD75 CD95
CD16 CD36 CD56 CD76 CD96
CD17 CD37 CD57 CD77 CD97
CD18 CD38 CD58 CD78 CD98
CD19 CD39 CD59 CD79 CD99
CD20 CD40 CD60 CD80 CD100


CD」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「certificate of deposit / (また『C.D.』)Civil Defense民間防衛」


CD4」

  [★]

T4, Leucine-SA, Leucine-3B
表面抗原分類



"http://meddic.jp/CD43" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡