CD3

出典: meddic

TCR, ζ
  • T細胞のマーカーとして使われる。

発現細胞

機能

  • Associated with the T-cell antigen receptor(TCR)
  • ζと共にTCRで受容したシグナルを細胞内に伝達する




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/01 20:53:51」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Radiofrequency ablation suppresses distant tumour growth in a novel rat model of multifocal hepatocellular carcinoma.
  • Erös de Bethlenfalva-Hora C, Mertens JC, Piguet AC, Kettenbach J, Schmitt J, Terracciano L, Weimann R, Dufour JF, Geier A.Source*Hepatology, Department of Clinical Research, University of Bern, Bern, Switzerland.
  • Clinical science (London, England : 1979).Clin Sci (Lond).2014 Feb 1;126(3):243-252.
  • RFA (radiofrequency ablation) is an established therapy for HCC (hepatocellular carcinoma). The multikinase inhibitor sorafenib prolongs survival in advanced HCC. We examined the effects of RFA alone and in combination with sorafenib on a bystanding tumour in a two-tumour rat model of HCC. A total o
  • PMID 23822114
  • CD8(low) T-cell subpopulation is increased in patients with chronic hepatitis B virus infection.
  • Ouyang L, Li X, Liang Z, Yang D, Gong F, Shen G, Weng X, Wu X.SourceDepartment of Immunology, Tongji Medical College, Huazhong University of Science and Technology, Wuhan, China.
  • Molecular immunology.Mol Immunol.2013 Dec 31;56(4):698-704. doi: 10.1016/j.molimm.2013.07.003. Epub 2013 Aug 7.
  • Recent studies suggest that CD8(+) T cells with down-regulated CD8 expression (CD3(+)CD8(low) T cells) represented as a distinct phenotype of CD8(+) T cells are increased and linked to disease severity in some chronically persistent infection, such as chronic HIV and parasite infection. However, the
  • PMID 23933510
  • Cell-mediated immune responses in the head-associated lymphoid tissues induced to a live attenuated avian coronavirus vaccine.
  • Gurjar RS, Gulley SL, van Ginkel FW.SourceDepartment of Pathobiology, Auburn University, Auburn, AL 36849, USA.
  • Developmental and comparative immunology.Dev Comp Immunol.2013 Dec;41(4):715-722. doi: 10.1016/j.dci.2013.08.002. Epub 2013 Aug 13.
  • Humoral immunity is important for controlling viral diseases of poultry, but recent studies have indicated that cytotoxic T cells also play an important role in the immune response to infectious bronchitis virus (IBV). To better understand the cell mediated immune responses to IBV in the mucosal and
  • PMID 23948147

和文文献

  • <Originals>Synergistic effect of the combination of corticosteroids and long acting-β_2 agonists on inhibiting the in vitro proliferation of T cells isolated from asthmatic patients
  • Haraguchi Ryuta,Zushi Hitomi,Tomita Katsuyuki,Sano Hiroyuki,Miyajima Hiroyuki,Tsukamoto Keizo,Santo Hiroshi,Miyara Takayuki,Higashimoto Yuji,Toda Yuji
  • Acta Medica Kinki University 36(1), 23-27, 2011-6
  • … We assessed cell proliferation by quantifying the fluorescence of carboxyfluorescein diacetate succinimidyl ester (CFSE) in CD3^+ cells using flow cytometry. …
  • NAID 120003291653
  • Inhibition of T cell activation through down-regulation of TCR-CD3 expression mediated by an anti-CD90 Ab.
  • Nishida Emi,Chen Chen,Morita Akimichi,Shimizu Jun
  • Immunology letters 136(2), 163-170, 2011-05
  • … The Ab, LP5, inhibited the activation of CD4 T cells stimulated with an anti-CD3 Ab or peptide antigen. … Interestingly, the treatment of CD4 T cells with LP5 in vitro induced a temporary down-regulation of CD3 expression at the cell surface. … Other anti-CD90 Abs not inhibitory to CD4 T cell activation failed to induce a reduction in CD3. … Experiments in vitro revealed that the down-regulation caused by LP5 is due to an accelerated endocytosis of cell surface CD3. …
  • NAID 120003001401

関連リンク

UCHT1抗体は、CD3複合体のε鎖と反応し、第6回HLDAでCD3リファレンスモノクローナル抗体として使用されています(ref.6T-CD3.1)。サポニンを用いた細胞膜透過処理試薬IntraPrepで膜透過処理をした後にUCHT1抗体を用いることによって ...
CD3抗体は、成熟ヒト T細胞、胸腺細胞、およびNK細胞サブセットに発現しているヒトCD3抗原を認識します。CD3はT細胞レセプター(TCR)と会合して、TCR のシグナル伝達に関与しています。CD3は5種類のinvariable chains: γ、δ、ε、ζ ...

関連画像

MAJOR HISTOCOMPATIBILITY COMPLEX (MHC) AND CD4 T cells - key surface moleculesThe T cell marker, CD3; form and function  CD3-specific monoclonal antibodies in typefigure 4 tcr cd3 complex mediated 237px-TCRComplex.png


★リンクテーブル★
先読みTCR
リンク元悪性リンパ腫」「成人T細胞白血病」「リンパ球」「T細胞」「ナチュラルキラー細胞
拡張検索CD34」「ムロモナブ-CD3
関連記事CD

TCR」

  [★]


悪性リンパ腫」

  [★]

malignant lymphoma
lymphoma malignum

悪性リンパ腫とマーカー

悪性リンパ腫.xls
  sIg CD5 CD10 CD19 CD20 CD23 CD43 bcl cyclin TdT その他 転座
小リンパ性リンパ腫 small lymphocytic lymphoma
慢性リンパ性白血病 chronic lymphocytic leukemia
       
濾胞性リンパ腫 FL
 
      bcl2 +      
MALTリンパ腫
 
                 
マントル細胞リンパ腫 MCL
 
             
びまん性大細胞性B細胞リンパ腫 DLBL
 
+/-     bcl6 +        
前駆Bリンパ芽球性リンパ腫
急性Bリンパ球性白血病 LBL/ALL
                 
バーキットリンパ腫 BL
 
          Myc, Ki-67 t(8,14)Myc;IgH ~80%
t(2,8)κ;Myc ~15%
ホジキンリンパ腫
 
                    CD15, CD30, CD45 - t(8,22)Myc;λ ~10%
成人T細胞白血病 ATL
 
                    CD2, CD3, CD4, CD25, HLA-DR, CD8 -  

病期

参考

  • 1.
http://www.rinpashu.com/inspection/

国試




成人T細胞白血病」

  [★]

adult T cell leukemia, adult T-cell leukemia ATL
成人T細胞白血病リンパ腫 adult T-cell leukemia/lymphoma ATLL
ヒトTリンパ球向性ウイルス

特徴

  • CD4陽性Tリンパ球に感染して白血病/リンパ腫を起こす  →  成熟したT細胞に感染し、それが腫瘍性に増殖
(CD2+, CD3+, CD4+, CD25+, HLA-DR+, CD8-)

病型

  • 急性型、慢性型、くすぶり型、リンパ腫型
  急性型 リンパ腫型 慢性型 くすぶり型
典型的な症状 腫瘍随伴症状(腫瘍熱、高カルシウム血症(意識障害・脱水・腎機能障害)
(50%で認められる))が初発症状であることが多い。
臓器浸潤による症状(消化管浸潤(下痢・腹痛)、肝臓浸潤(黄疸)、
肺浸潤(呼吸困難)、中枢神経浸潤(脳神経症状))
リンパ節腫大は全例で認められる。
腫瘍熱、高カルシウム血症を初発症状とする場合もある。
末梢血中の形態的異常細胞は1%以下
多くの場合、自覚症状を欠き、健康診断などで偶然診断される。
日和見感染症や腫瘍の浸潤に伴う皮膚症状(皮疹、皮膚腫瘤)、
肺病変(労作時息切れ、咳嗽)が診断の発端となる場合もある。
リンパ球増多を伴わないため、血液検査では診断に至らない。
無症候キャリアーと同様、多くの患者では症状を欠く。
PS>1 67.6% 45.4% 27.2% 22.7%
感染性併発症 26.9% 10.9% 35.5% 35.6%
皮膚病変 40.2% 25% 46.1% 48.9%
肺病変 20.2% 10.9% 15.1% 15.6%
肝腫大 35.9% 16% 13.8% 0%
脾腫大 29.9% 15.4% 11.2% 0%
4個以上の腫大リンパ節 80.7% 62.2% 54% 6.7%
高カルシウム血症 50.3% 16.7% 0% 0%
貧血(Hb<10g/dl) 10.1% 4.5% 4% 0%
血小板減少(10万/ul) 19.4% 4.5% 2% 6.7%

疫学

  • 日本に約120万人の感染者
  • 男性に多い。
  • 1000-2000人に1。50歳以上で発症(平均58歳)。

病原体

潜伏期間

感染経路

  • 母乳感染 ← 哺乳の停止・人工乳による感染防止
  • 輸血
  • 性交

病理

参考1
  • 末梢血、骨髄:花弁状、脳回転状に分葉した異型細胞 → ATL細胞:CD4陽性、CD8陰性
[show details]
  • リンパ節
  • その他:(皮膚)皮膚T細胞リンパ腫のように表皮向性をもち、ポートリエ微小膿瘍を伴って皮膚に浸潤することがある。このばあい、緩徐進行型の経過をたどる
  • 免疫表現型
  • 遺伝子:決まった核型異常や遺伝子異常はない。

病態

  • ATL細胞はPTHrP、IL-1α、TNF-βを産生 → 高カルシウム血症、全身症状?(発熱、全身倦怠感など)
  • 正常T細胞の減少 → 易感染性

症状

  • 初発症状は皮膚症状、リンパ節腫脹、肝脾腫、高カルシウム血症など。貧血や出血症状の頻度は少ない。
  • 皮膚症状
  • リンパ節腫脹
  • 肝脾腫
  • 高カルシウム血症:ATL細胞の産生する副甲状腺ホルモン関連蛋白質(PTHrP)により破骨細胞の活性化が起こるため。

検査

  • 血液塗沫
  • 花弁状の腫瘍細胞

合併症

  • HTLV-1 associated myelopath(HAM) = tropical spastic paraparesis(TSP) →まとめて「HAM/TSP」と呼ばれることがある。

検査

治療

  • 慢性(進行型を除く)・くすぶり型
  • 経過観察
  • 急性・リンパ腫型・慢性進行型

予後

  • 急性型とリンパ腫型は予後不良
  • LDH、血清Ca濃度が予後と関連(PMID 16122659)

参考

  • 1. [charged] Clinical manifestations, pathologic features, and diagnosis of adult T cell leukemia-lymphoma - uptodate [1]

国試






リンパ球」

  [★]

lymphocyte (Z)
リンパ細胞免疫細胞 immunocytes


  • 白血球の一種で、無顆粒球に分類される。
  • 末梢血に白血球が4000-9000 /μl存在するとすれば、リンパ球の存在比は26-46.6 %といわれているので、リンパ球は1040-4194 /μl存在。(IMD)

種類

細胞膜上に発現しているリガンド? (2007前期生理学授業プリント)

    αβTCR TCR Ig CD3 CD4 CD8 CD16 CD56
T細胞 ○             
 Tc細胞          
 Th細胞          
B細胞               
NK細胞            

成長とリンパ球・好中球数(PED.703)

  • リンパ球数は生後1ヶ月以降に増加して6ヶ月~1年でピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • これに対して好中球は生下時にピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • 生後一ヶ月までは好中球優位であり、1ヶ月~2-6歳まではリンパ球優位となり、以降好中球優位となる。



T細胞」

  [★]

T cell
Tリンパ球T lymphocyte
TCRB細胞MHC
  • 図:IMM.315(T細胞の成熟)
  • 胸腺で成熟したT細胞は血流によって移動し、リンパ節の傍皮質白脾髄のリンパ性動脈周囲鞘、パイエル板の傍濾胞域に集まる(人間の正常構造と機能 VIIA血管・免疫 p.28)

種類

  1. ヘルパーT細胞(Th細胞)
  2. キラーT細胞(Tc細胞)
  3. サプレッサーT細胞(Treg細胞)

T細胞の抗原認識 (SP.248)

  CD TCRが抗原と共に認識する分子 認識する細胞
Tc細胞 CD8 MHCクラスI 感染細胞
Th細胞 CD4 MHCクラスII 抗原提示細胞

CD4+ T細胞のサイトカイン放出とその原因

DCが認識する外来異物 DCが分泌する物質 DCに反応する細胞 この細胞が分泌する
サイトカイン
NK系の細胞が放出した
サイトカインに反応するTh細胞
Th細胞が分泌するサイトカイン
ウイルス、一部の細菌 IL-12 NK細胞(IL-12による) INF-γ Th1 IL-2, IFN-γ, TNF-β
原虫など   NKT細胞 IL-4 Th2 IL-4, IL-13, IL-5

Th細胞活性化と接着分子

  抗原提示細胞 Th細胞
主シグナル MHC classII TCR, CD3
CD4
副シグナル B7{B7-1(CD80)/B7-2(CD86)} CD28
VCAM-1(CD106) VLA-4
ICAM-1 LFA-1
LFA-3(CD58) CD2


ナチュラルキラー細胞」

  [★]

natural killer cell, NK cell
NK細胞
単球自然免疫LAK細胞ナチュラルキラー細胞活性natural killer


概念

  • 自然免疫
  • リンパ球の5-10%を占めるらしい。
Large granular lymphocytes(LGLs) or NK cells account for 5-10% of periphral blood plymphocytes.(HAR.2024)
  • 大型のアズール好性顆粒を有する(SMB.41)
  • 単球と共に自然免疫に関与
  • ウイルス感染細胞やガン細胞を傷害する細胞で、T細胞に特異的なマーカをもたずに直接標的細胞を攻撃する (人間の正常構造と機能 VIIA血管・免疫 p.29)
  • 抗体依存性細胞毒性(ADCC)
II型アレルギーにかかわる

分子細胞学的な定義

機能

自然免疫

ADCC

  • IgGのFc部を結合し、顆粒を放出する(IMM.96)

分子マーカー

~

  • CD8:IL-2に反応してNK細胞が増殖
  • CD57:多くの細胞表面で発現

ケモカイン

リガンド 作用 産生
IL-12 NK細胞活性化 INF-γ
IL-18 Th1分化促進
  • IL-12,IL-18により活性化され、IFN-γを産生
  • IL-2により活性化し、細胞障害能が高まる (SPU.65)

受容体

  • NIR
MHC class Iを認識して攻撃を抑制。MHC class Iが少ないと抑制が外れる(IMM.96)


CD34」

  [★]

MY10, SGP90
  • 血液幹細胞の細胞マーカー

発現細胞

  • hematopoietic precursors, capillary endothelium (IMM.785)
  • GIST

機能



ムロモナブ-CD3」

  [★]

muromonab-CD3
OKT3, Orthoclone OKT3
CD3
  • 免疫抑制薬として用いる抗リンパ球モノクローナル抗体


CD」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「certificate of deposit / (また『C.D.』)Civil Defense民間防衛」


"http://meddic.jp/CD3" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡