間欠的強制換気

出典: meddic

intermittent mandatory ventilation IMV
間欠的陽圧人工換気
呼吸同期性間欠的強制換気人工呼吸器
  • 用途:人工呼吸器からの離脱
  • 換気様式:自発呼吸 +(間欠的に)強制換気



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 間欠的強制換気(IMV) (もう怖くない! 人工呼吸器マスターガイド) -- (換気モードは怖くない!)
  • 持続的強制換気(CMV)と間欠的強制換気(IMV) (特集 呼吸管理プラクティカルガイド) -- (急性呼吸不全に対する換気様式の概念と適応)
  • 間欠的強制換気 (特集 新生児の人工呼吸)

関連リンク

人工呼吸器 SIMVモードについての雑記帳 ... SIMV(同期式間欠的強制換気)の作動方式 SIMVは、強制換気と自発呼吸が混在するモードである。強制換気は、トリガーウィンドー内に自発呼吸を感知(トリガー)した場合と一定時間自発呼吸が ...
臨床工学技士国家試験のノートです。 ... SIMV (同期式間欠的強制換気)の補足の補足 PSV (圧支持換気) 自発呼吸のトリガーに合わせ吸気時にサポート圧まで気道内圧を上昇させ、その後ガス流量を調節しそのサポート圧を維持する。
人工呼吸器の換気 調節呼吸 (CMV:Control Mechanical Ventilation) 持続的強制換気ともいい、患者のトリガは不能であり すべての呼吸は人工呼吸器によってもたらされます。 量規定換気、圧規定換気などがこれに含まれます。 持続的気 ...

関連画像

IMV (間欠的強制換気)hqdefault.jpgSIMV (同期式間欠的強制換気)新しい人工呼吸器を理解しよう 同期型間欠的強制換気モードと


★リンクテーブル★
国試過去問097A013」「108A060
リンク元人工呼吸」「人工呼吸器」「IMV
拡張検索呼吸同期性間欠的強制換気
関連記事換気」「強制」「間欠的」「間欠」「

097A013」

  [★]

  • 65歳の男性。腹部外傷のため、全身麻酔下に開腹脾摘術を受け、気管内挿管のままICUに収容された。生来健康で、喫煙歴は30歳から1日20本程度であった。術前の胸部エックス線写真と心電図とに異常はなかった。ICU入室時、人工呼吸下の血行動態は安定し、呼吸音に異常はなく、動脈血ガス分析(調節呼吸、FIO2 0.4)はpH7.41、PaO2 135Torr、PaCO2 35Torr、BE -1mEq/lであった。入室の翌朝、左肺の呼吸音が消失し、動脈血ガス分析(間欠的強制換気(IMV)、FIO2 0.4)はpH7.35、PaO2 68Torr、PaCO2 42Torr、BE -3mEq/lであった。血行動態に変化はみられない。このときの胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 適切な対応はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)


[正答]
※国試ナビ4※ 097A012]←[国試_097]→[097A014

108A060」

  [★]

  • 58歳の男性。頑固な不眠と日中の眠気とを主訴に妻に伴われて来院した。 2年前から熟睡感がないと訴えるようになり、日中の疲労感が強く、よく居眠りをするようになった。職場では上司から仕事の能率低下を指摘されている。妻によると、 2年前から夜間のいびきがひどく、時々呼吸が止まったようになるとのことであった。意識は清明。抑うつ気分や不安を認めない。身長 165 cm、体重 90 kg。体温 36.7℃。脈拍 88/分、整。血圧 140/88 mmHg。呼吸数 14/分。 SpO2 96% ( room air)。咽喉頭に異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。ポリソムノグラフィにて無呼吸指数 48(基準 5未満 )。
  • この患者に行うべき対応として適切なのはどれか。3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 108A059]←[国試_108]→[108B001

人工呼吸」

  [★]

artificial respiration, artificial ventilation

概念

  • 1. 人工的に呼吸を行わせること。このため、伝統的なmouth to mouthからバックアンドバルブマスク、あるいは人工呼吸器を用いて行う。
  • 2. 一次救命処置の中における処置 → 人工呼吸#一次救命処置

人工呼吸適応

SAN.422
  • 肺活量 < 10ml/kg, PaO2 < 55 mmHg(50%以上の酸素投与下), 呼吸回数 > 35/min, 努力呼吸, 吸引圧 < -25cmH2O

人工呼吸のモード

送気制御パターンによる分類

  • 量規定換気 volume controlled ventilation VCV
  • 圧規定換気 [[]] PCV

換気モード

人工呼吸を補助するモード

  • 呼気終末陽圧 positive end-inspiratory pressure
  • 吸気プラトー → 吸気ガス不均等分布の改善 EID

人工呼吸の合併症

  • 1. 血圧低下(静脈還流の低下、心機能低下)
  • 2. 圧外傷(気胸・縦隔腫瘍)
  • 3. 酸素中毒による無気肺、肺浮腫
  • 4. 気管潰瘍、穿孔、狭窄
  • 5. 尿量減少(ADH増加、心拍出量減少)
  • 6. 脳圧亢進(PEEPによる静脈還流↓)
  • 7. 消化管出血(ストレス)
  • 8. 精神的苦痛(気管挿入)
  • 9. 感染(人工呼吸器関連肺炎)

一次救命処置

ISBN 978-4892695667 p.100
  • 口腔内の異物を除去
  • 脈拍があり、呼吸がない場合の人工呼吸:成人では10/分、小児では12-20回/分のペースで息を吹き込む。
  • 小児の場合、呼吸数が10/分未満の場合、人工呼吸が考慮される。

BLS

  • 1秒かけて息を吹き込む。
  • 1人法の場合は30回の胸骨圧迫の後に2回人工呼吸を行う。
  • 2人法の場合も原則同様。ただし、幼小児の場合のみ15回の胸骨圧迫の後に2回人工呼吸を行う。
  • 成人の場合は5-6秒に1回、小児に対しては3-5秒に1回の人工呼吸を行う(AHA BLSヘルスケアプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2005年準拠)


人工呼吸器」

  [★]

ventilator, mechanical ventilator, artificial ventilator
ベンチレーター ベンチレータレスピレータ respirator artificial respirator
手動人工呼吸器
[show details]

モード

  • 補助呼吸 assist ventilation:自発呼吸を残して患者の呼吸に同期して換気補助を行う。
  • 間欠的強制換気 intermittent mandatory ventilation, IMV:自発換気量が設定量に達しない場合に間欠的に不足分を補う。

初期設定

PALS AHAガイドライン2010年準拠 p.176
酸素 94-99%
1回換気量(従量式換気) 6-8ml/kg
吸気時間 0.5-1秒
最大吸気圧(従圧式換気) 20-30cmH2O
呼吸数 乳児 20-30回/分
小児 16-20回/分
青少年 8-12回/分
PEEP 3-5cmH2O



IMV」

  [★]


呼吸同期性間欠的強制換気」

  [★]

mandatory
synchronized intermittent mandatory ventilation, SIMV
[show details]



換気」

  [★]

ventilation



換気(環境)

換気()

肺の換気の分布(SPU. 21-22)

  • 吸気は各肺胞に均等に分布しない。胸腔内圧は肺の上部ほどより陰圧となるために、肺尖部の肺胞および気道の径は常に肺底部より大きくなる。このため、肺尖部の方が換気が良好であり、肺胞内酸素分圧が高い。


強制」

  [★]

constraintenforcementpressureconstrainenforceforce
圧力重荷執行抑圧束縛実施制約施行


間欠的」

  [★]

intermittentepisodicintermittently
間欠間欠性偶発性断続性断続的突発性挿話的


間欠」

  [★]

間歇
  • 一定の時間をおいて、物事が起こったりやんだりすること
intermission


気」

  [★]

vital energy, life energy, active energy





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡