出典: meddic

lead
plumbum
重金属


臨床関連


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

鉛あれこれQ&A · 鉛の性質 · 消費量及び用途 · 用途 · 規制 · 規格 · これまでの鉛年間大会の発表論文題目 · 遮音・遮蔽板の鉛リサイクル · パンフレット(安全) · 鉛部門に関するお問合せ
ガソリン中に鉛が添加されていた頃のデータであり、数値は平均値。日本では1975年にレギュラーガソリンへの鉛の添加が禁止され、1990年代の日本人における血液中鉛濃度平均値は3.8μg/dLと低くなっている。世界的にみても同様に ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 放射性医薬品

販売名

メジテック

組成

  •  本品は,モリブデン酸塩(99Mo)をガラスカラムに充てんしたアルミナに吸着させ,これに過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液を溶出させるために必要な装置及び不必要な被曝を避けるための十分なしゃへい装置を合わせたものである。本品中のモリブデン-99とテクネチウム-99mが放射平衡にあるとき,本品のカラムに日局生理食塩液を通じることにより,検定日時において,それぞれ表示される量の過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液を溶出することができる(下表のとおり)。
  •  本品は次のものから成る。
    ●ジェネレータユニット(下図) 1個(各包装単位共)
    ●バイアル入り日局生理食塩液(各包装単位共)
      5mL 5バイアル
      10mL 5バイアル
    ●コレクションバイアル(減圧)(各包装単位共)
      5mL用 5バイアル
      10mL用 5バイアル
    ●溶出用ニードルガードバイアル(各包装単位共) 1バイアル(溶出液流出ニードル側針カバーに装着済)
    ●コレクションバイアル用鉛シールド(各包装単位共) 1個(初回のみ送付)

効能または効果

  •  脳腫瘍及び脳血管障害の診断
  •  甲状腺疾患の診断
  •  唾液腺疾患の診断
  •  異所性胃粘膜疾患の診断

溶出法

1.溶出操作

  • (1)バイアル入り生理食塩液の装着
     バイアル入り生理食塩液のゴム栓を日本薬局方消毒用エタノールで拭き,針カバーを取り除いた生理食塩液流入ニードル(A)にしっかりとさしこむ。
    (2)コレクションバイアルの装着
      1) コレクションバイアルをコレクションバイアル用鉛シールドに入れる。
      2) コレクションバイアルのゴム栓を日本薬局方消毒用エタノールで拭き,針カバーを取り除いた溶出液流出ニードル(B)にさしこむ。
     以上の操作により溶出が始まり,30〜90秒で溶出は完了する。
     溶出後は,速やかに次の処置をしておく。

2.溶出後の処置

  •  溶出用ニードルガードバイアルのゴム栓(溶出液流出ニードル側針カバーの中央のゴム栓)を日本薬局方消毒用エタノールで拭き,コレクションバイアルをはずして溶出液流出ニードルにさしこむ。
    注意:空になった生理食塩液のバイアルは,次回の溶出まで取りはずさない。

3.再溶出

  •  空の生理食塩液のバイアルをはずし,新しいバイアル入り生理食塩液のゴム栓を日本薬局方消毒用エタノールで拭き,生理食塩液流入ニードルにさしこむ。その後,溶出用ニードルガードバイアル(溶出液流出ニードル側針カバー)をはずし,前述の「1.溶出操作(2)」と同様にして溶出する。

投与法

1.脳シンチグラフィ

  •  通常,成人には74〜740MBqを静注し,静注後10〜30分までに(やむを得ず経口投与の場合は1〜2時間後に)被検部のシンチグラムを得る。
     投与量は,年齢,体重により適宜増減する。

2.甲状腺シンチグラフィ/甲状腺摂取率測定

  •  通常,成人には74〜370MBqを静注し,静注後被検部のシンチグラムを得る。同時に甲状腺摂取率を測定する場合には,投与量のカウントと被検部のカウントの比から甲状腺摂取率を測定する。また,7.4〜74MBqを静注することにより,甲状腺摂取率のみを測定することもできる。
     投与量は,年齢,体重により適宜増減する。

3.唾液腺シンチグラフィ/RIシアログラフィ

  •  通常,成人には185〜555MBqを静注し,静注後被検部のシンチグラムを得る。必要に応じ,唾液分泌刺激物による負荷を行い,負荷後のシンチグラムを得る。また,時間放射能曲線を作成することにより,RIシアログラムを得ることもできる。
     投与量は,年齢,体重により適宜増減する。

4.異所性胃粘膜シンチグラフィ

  •  通常,成人には185〜370MBqを静注し,静注後被検部のシンチグラムを得る。
     投与量は,年齢,体重により適宜増減する。


薬効薬理

  •  本品から溶出される過テクネチウム酸(99mTcO4-)は,血液−脳関門(blood brain barrier:BBB)を通過しない10)ため,過テクネチウム酸(99mTcO4-)を投与したときの脳シンチグラム像は,健常人では脳実質に放射能の集積がないcold areaとして描出される。しかし,脳腫瘍のようなBBB障害患者ではこれを通過して腫瘍組織に高濃度に集積する11)のでその部分がhot spotとして描出される。また,病巣部における組織血管床の増加,即ち病巣内血液量の増加,腫瘍その他の病的組織内の血管壁の構造と機能の異常による透過性の亢進,病的組織内の細胞外液腔の増大,pinocytosis,carrier transport,passive diffusion,腫瘍などの代謝と関連した能動的なRIの取込み,などの機構で取り込まれると考えられる12)
     その他,本品から溶出される過テクネチウム酸(99mTcO4-)は甲状腺,唾液腺,胃粘膜等にも集積する。

有効成分に関する理化学的知見

1.放射性核種の特性(99mTcとして)

  •  物理的半減期:6.01時間
     主γ線エネルギー:141keV(89.1%)

2.99Moの壊変及び99mTcの生成


  • 1)99Moの壊変に伴い99mTcが生成する。
    2)平衡に達する(99mTcの最高値)。
    3)生理食塩液で99mTcのみ溶出される。
    4)過渡平衡の状態


★リンクテーブル★
先読み重金属
国試過去問104A051」「097I024」「099H001」「105G004」「107E014」「106B017」「105I031」「106I015」「096H077」「098G023」「108B008」「102B028
リンク元先天異常」「lead」「催奇形因子」「近位尿細管性アシドーシス」「水質汚濁に係る環境基準
拡張検索酸化亜鉛オイゲノールセメント」「酸化亜鉛ユージノールセメント」「ウンデシレン酸亜鉛

重金属」

  [★]

heavy metal
金属



104A051」

  [★]

  • 取り扱い作業者と有機溶剤(トルエンが主成分)取り扱い作業者とがいる事業所で、従業員の一般健康診断特殊健康診断とを実施した。有機溶剤取り扱い作業者に対してのみ、前夜からの清涼飲料水、栄養ドリンクおよびアルコール飲料の摂取を禁止し、従業員全員に対して当日の朝食摂取を許可した。休日明けの午前中、作業開始前に、血液と尿とを採取した。
  • 検体採取時期が適切でない検査項目はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104A050]←[国試_104]→[104A052

097I024」

  [★]

  • 30歳の男性。腹痛を主訴として来院した。10か月前から、廃車となった自動車の蓄電池電極板を精錬する工場の現場で働いている。最近、全身倦怠、頭痛、食欲不振、ロ中の金属様の味、便秘および嘔吐が起こるようになった。腹痛は疝痛性で、顔面の皮膚は蒼白である。身長168cm、体重65kg。血圧138/86mmHg。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球358万、Hb9.8g/dl、白血球4,500。
  • 原因として最も疑われるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097I023]←[国試_097]→[097I025

099H001」

  [★]

  • ある町で下痢や腹痛を訴える者が相次ぎ、住民の半数以上にのぼった。そのすべてが町営水道水を飲用していたが、煮沸した水の飲用者に症状はみられなかった。末端の給水栓からは衛生上必要な遊離残留塩素が検出された。下痢、腹痛の原因として最も可能性の高いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099G060]←[国試_099]→[099H002

105G004」

  [★]

  • 職場の有害因子と生物学的曝露の測定項目との組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 105G003]←[国試_105]→[105G005

107E014」

  [★]

  • 妊娠中の女性の就業が制限されていないのはどれか。
  • a 著しく暑熱な場所における業務
  • b を吸入するおそれのある業務
  • c 交替制勤務が常態となっている業務
  • d 20kg以上の重量物を継続的に取り扱う業務
  • e 墜落のおそれのある高さ5m以上の場所での業務


[正答]


※国試ナビ4※ 107E013]←[国試_107]→[107E015

106B017」

  [★]

  • 作業とその影響の組合せで誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B016]←[国試_106]→[106B018

105I031」

  [★]

  • 産業中毒物質と健康への影響の組み合わせで正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 105I030]←[国試_105]→[105I032

106I015」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106I014]←[国試_106]→[106I016

096H077」

  [★]

  • 有害物質と症候の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096H076]←[国試_096]→[096H078

098G023」

  [★]

  • 人の健康の保護に関する水質環境基準が「検出されないこと」であるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G022]←[国試_098]→[098G024

108B008」

  [★]

  • 大気汚染に係る環境基準の対象物質はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108B007]←[国試_108]→[108B009

102B028」

  [★]

  • 健康診断の尿検査項目はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B027]←[国試_102]→[102B029

先天異常」

  [★]

congenital anomaly, congenital abnormality
congenitalis anomalia
先天性異常
[[]]
[show details]




発生

  • 発生第3-8週(妊娠第5-11週)に器官原基形成(発生第3週に三胚葉性胚盤となり、第3週末に中枢神経の分化が始まり第8週までに主要な器官原基が確立される。

感受性の高い時期

妊娠区分 妊娠初期
胎齢     0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
妊娠週数 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
妊娠月数 第1月 第2月 第3月 第4月
  器官原基形成  

原因

NGY.512
  • 外因的因子
  • 感染因子
  • 物理的因子
  • X線:小頭症、二分脊椎、口蓋裂、四肢の異常
  • 高熱:無脳症
  • 化学的因子
  • 耐糖能異常合併妊娠:種々の奇形:心臓や神経管の異常
  • 内因的因子
  • 染色体異常
  • 遺伝子異常



lead」

  [★]

  • n.

WordNet   license wordnet

「tend to or result in; "This remark lead to further arguments among the guests"」

WordNet   license wordnet

「a soft heavy toxic malleable metallic element; bluish white when freshly cut but tarnishes readily to dull grey; "the children were playing with lead soldiers"」
Pb, atomic number 82

WordNet   license wordnet

「(sports) the score by which a team or individual is winning」

WordNet   license wordnet

「the angle between the direction a gun is aimed and the position of a moving target (correcting for the flight time of the missile)」

WordNet   license wordnet

「thin strip of metal used to separate lines of type in printing」
leading

WordNet   license wordnet

「mixture of graphite with clay in different degrees of hardness; the marking substance in a pencil」
pencil lead

WordNet   license wordnet

「a position of leadership (especially in the phrase `take the lead'」

WordNet   license wordnet

「an advantage held by a competitor in a race; "he took the lead at the last turn"」

WordNet   license wordnet

「the playing of a card to start a trick in bridge; "the lead was in the dummy"」

WordNet   license wordnet

「a news story of major importance」
lead story

WordNet   license wordnet

「the introductory section of a story; "it was an amusing lead-in to a very serious matter"」
lead-in, lede

WordNet   license wordnet

「evidence pointing to a possible solution; "the police are following a promising lead"; "the trail led straight to the perpetrator"」
track, trail

WordNet   license wordnet

「(baseball) the position taken by a base runner preparing to advance to the next base; "he took a long lead off first"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する / 〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》 / …‘の'先頭になる,1番である / …‘の'『率いる』,指揮する / 〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る / 『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル / 〈人が〉『案内する』,先導する / (…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》 / (…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》 / 〈U〉《the~》『先頭』,首位 / 〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離) / 〈C〉模範,手本(example) / 〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue) / 〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優 / 〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード / 先頭の,主要な」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉『鉛』(化学記号はは『pb』) / 〈C〉鉛のおもり,測鉛 / 〈C〉《複数形で》(ガラスをはめる)鉛の枠(わく);《英》(屋根をふくのに用いる)鉛板 / 〈U〉〈C〉黒鉛,鉛筆のしん / 〈U〉《集合的に》(鉛の)弾丸 / …‘に'鉛をかぶせる,鉛を詰める,鉛のおもりを付ける」

WordNet   license wordnet

「travel in front of; go in advance of others; "The procession was headed by John"」
head

WordNet   license wordnet

「take somebody somewhere; "We lead him to our chief"; "can you take me to the main entrance?"; "He conducted us to the palace"」
take, direct, conduct, guide

WordNet   license wordnet

「be ahead of others; be the first; "she topped her class every year"」
top

WordNet   license wordnet

「cause to undertake a certain action; "Her greed led her to forge the checks"」

催奇形因子」

  [★]

teratogen, teratogenic factor
催奇形性物質、催奇形物質奇形発生因子催奇形剤


L.138

催奇形因子 先天異常
感染因子 風疹 白内障,緑内障,心臓異常,聾,歯異常
サイトメガロウイルス 小頭症,盲目,精神発達遅滞,胎児死亡
単純ヘルペスウイルス 小眼球症,小頭症,網膜異形成
水痘ウイルス 肢低形成,精神発達遅滞,筋萎縮
HIV 小頭症,発育遅延
トキソプラズマ症 水頭症,大脳実質石灰化,小眼球症
梅毒 精神発達遅滞,聾
物理的因子 X線 小頭症,脊椎裂,口蓋裂,四肢の異常
高熱 無脳症
化学的因子 サリドマイド 四肢の異常,心臓異常
アミノプテリン 無脳症,水頭症,唇裂と口蓋裂
ジフェニルヒダントイン(フェニトイン) 胎児性ヒダントイン症候群:顔面異常,精神発達遅滞
バルプロ酸 神経管異常,心,頭蓋顔面,肢異常
トリメタジオン 口蓋裂,心臓異常,泌尿生殖器と骨格の異常
リチウム 心臓異常
アンフェタミン 唇裂と口蓋裂,心臓異常
ワルファリン 軟骨形成不全,小預症
ACE阻害薬 発育遅延,胎児死亡
コカイン 発育遅延,小頭症,行動異常,腹壁破裂
アルコール 胎児性アルコール症候群,短眼険裂,上顎骨発育不全,心臓,異常,精神発達遅滞
イソトレチノイン(ビタミンA) ビタミンA胚子病:小さい異常な形をした耳,下顎骨発育不全,口蓋裂,心臓異常
有機水銀 脳性麻痺類似の神経症状
発育遅延,神経学的障害
ホルモン 男性化ホルモン(工チステロン,ノル工チステロン) 女性生殖器男性化:陰唇の癒着,陰核肥大
ジエチルスチルベストロール(DES) 子宮,卵管,および腟上部の異常;腟癌;精巣異常
母親の糖尿病 さまざまな種類の異常;心臓と神経管の異常が最も一般的


近位尿細管性アシドーシス」

  [★]

proximal renal tubular acidosis, proximal RTA, pRTA, proximal tubular acidosis
2型尿細管性アシドーシスII型尿細管性アシドーシス尿細管性アシドーシス2型尿細管性アシドーシスII型
2型腎尿細管性アシドーシスII型腎尿細管性アシドーシス腎尿細管性アシドーシス2型腎尿細管性アシドーシスII型
type 2 renal tubular acidosis, type II renal tubular acidosis, renal tubular acidosis type 2, renal tubular acidosis type II
type 2 RTA, type II RTA, RTA type 2, RTA type II
尿細管性アシドーシスアシドーシス遠位尿細管性アシドーシス
[show details]
HIM 
 -type 2 (proximal). 1744t,1755,1759,1805,1809
  • アニオンギャップが正常な高Cl性の代謝性アシドーシス
  • 近位尿細管における重炭酸イオン再吸収障害による酸血症

病因

参考1
  • 原発性
  • 特発性、孤発性
  • 家族性
  • 続発性

病態

参考1
  • 重炭酸が何らかの原因により再吸収されない。 → 高Cl性代謝性アシドーシス
  • リン酸、グルコース、尿酸、アミノ酸が再吸収されない。 → 低リン酸血症、腎性糖尿、低尿酸症、アミノ酸尿
水・電解質と酸塩基平衡 改訂第2版 p.151
  • 近位尿細管で重炭酸イオン(その他各種電解質も)の再吸収が低下するために血清HCO3-が低下する
  • 血清HCO3-が15mEq/l以下になると再吸収が可能となるので、proximal RTAにおいて血清HCO3-が15-17mEq/l以下になることはまれ。

参考

  • 1.
わかりにくい
[display]http://omim.org/entry/179830
  • 2. [charged] Etiology and diagnosis of distal (type 1) and proximal (type 2) renal tubular acidosis - uptodate [1]
  • 3. [charged] Pathophysiology of renal tubular acidosis and the effect on potassium balance - uptodate [2]


水質汚濁に係る環境基準」

  [★]

環境基本法
参考1
項目 基準値
カドミウム 0.003mg/L 以下
全シアン 検出されないこと。
0.01mg/L 以下
六価クロム 0.05mg/L 以下
砒素 0.01mg/L 以下
総水銀 0.0005mg/L以下
アルキル水銀 検出されないこと。
PCB 検出されないこと。
ジクロロメタン 0.02mg/L 以下
四塩化炭素 0.002mg/L以下
1,2-ジクロロエタン 0.004mg/L以下
1,1-ジクロロエチレン 0.1mg/L 以下
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.04mg/L 以下
1,1,1-トリクロロエタン 1mg/L 以下
1,1,2-トリクロロエタン 0.006mg/L以下
トリクロロエチレン 0.03mg/L 以下
テトラクロロエチレン 0.01mg/L 以下
1,3-ジクロロプロペン 0.002mg/L以下
チウラム 0.006mg/L以下
シマジン 0.003mg/L以下
チオベンカルブ 0.02mg/L 以下
ベンゼン 0.01mg/L 以下
セレン 0.01mg/L 以下
硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 10mg/L 以下
ふっ素 0.8mg/L 以下
ほう素 1mg/L 以下
1,4-ジオキサン 0.05mg/L以下

参考

  • 1.
[display]http://www.env.go.jp/kijun/mizu.html

酸化亜鉛オイゲノールセメント」

  [★]

zinc oxide-eugenol cement
酸化亜鉛ユージノールセメント


酸化亜鉛ユージノールセメント」

  [★]

zinc oxide-eugenol cement
酸化亜鉛オイゲノールセメント

ウンデシレン酸亜鉛」

  [★]

zinc undecylenate
ウンデシレン酸




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡