重炭酸イオン

出典: meddic

bicarbonate ion, HCO3-
二酸化炭素重炭酸酸塩基平衡血液ガス分析


基準値

  • arterial blood gases [HCO3-]:22-30 mEq/l (HIM. A-3)。24±2 mEq/l

生理学

血中重炭酸イオン濃度と尿への重炭酸イオンの排泄

  • 血中重炭酸イオン濃度が24mEq/l以下では原尿中の重炭酸イオンはほとんどが再吸収される。
  • 血中重炭酸イオン濃度が24mEq/lを超えると、超過分は尿中に排泄される。


腎臓におけるHCO3-の再吸収量

  • 1. 血清カリウム濃度と負の相関関係  血清カリウム濃度↓ → 腎HCO3-再吸収量↑
  • 2. 有効循環血漿量と負の相関関係  有効循環血漿量↓ → 腎HCO3-再吸収量↑
  • 3. 血清カルシウム濃度と正の相関関係 血清カルシウム濃度↑ → 腎HCO3-再吸収量↑

臨床関連


電解質異常



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/04 20:03:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 十二指腸重炭酸イオン分泌における硫化水素の役割 (特集 シグナル分子および細胞保護因子としての硫化水素)
  • 林 周作,竹内 孝治
  • 日本薬理学雑誌 : くすりとからだ : ファーマコロジカ 139(1), 9-12, 2012-01
  • NAID 40019150714
  • Liver, Pancreas, and Biliary Tract 重炭酸イオン輸送異常をきたすCFTR遺伝子変異とSPINK1遺伝子変異の重複は、のう胞線維症でなくとも慢性膵炎と関連する
  • 岡崎 和一,Schneider Alexander,Larusch Jessica [他]
  • Review of gastroenterology & clinical gastroenterology and hepatology 6(2), 47-51, 2011-08
  • NAID 40018948600
  • 頭蓋内圧亢進症急性期に高張グリセロール併用頻回低効率短時間血液透析 (frequent, low-efficient and short hemodialysis : FLESHD) が有用であった維持血液透析症例
  • 岡田 一義,阿部 雅紀,水盛 邦彦,小林 伸一郎,佐々木 裕和,鈴木 紘子,谷口 真知子,逸見 聖一朗,北井 真貴,鈴木 緑,奈倉 千苗美,池田 和也,梶原 麻実子,清水 千枝,矢吹 美奈子,松本 史郎,伊藤 謙,井下 篤司,丸山 高史,福家 吉伸,藤田 宣是,相馬 正義
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 44(6), 581-587, 2011-06-28
  • … ,頭蓋内圧亢進症急性期の血液浄化療法として腹膜透析または持続的血液濾過(hemofiltration:HF)が推奨されているが,標準的な間欠的HFまたは連日短時間血液透析も実施されている.当院では,浸透圧と重炭酸イオン(bicarbonate:HCO3-)の変化をより少なくするために低効率HFを頻回に実施しており,今回,高張グリセロールを併用した頻回低効率短時間血液透析(frequent, low-efficient and short hemodialysis:FLESHD)の安全性を …
  • NAID 10029407195

関連リンク

「重炭酸イオン」タグが付いているQ&Aの一覧ページです。「重炭酸 ...
炭酸水素イオン. 炭酸水素塩(たんさんすいそえん、hydrogencarbonate)または重炭酸 塩(じゅうたんさんえん、Bicarbonate)は炭酸水素イオンを含む、水素塩(酸性塩)の 一種である。リチウムを除くアルカリ金属塩、カドミウム塩、およびアンモニウム塩などが ...

関連画像

重炭酸イオン入浴剤 重炭酸 重炭酸イオン入浴剤 重炭酸 重炭酸イオン入浴剤 重炭酸 重炭酸イオン薬用入浴剤 Baden 重炭酸イオン二酸化炭素.gif重炭酸イオンバススパSPA 炭酸泉 重炭酸イオン


★リンクテーブル★
先読み血液ガス分析」「酸塩基平衡
国試過去問100F039」「104G016」「099H018」「096B015」「103E002
リンク元二酸化炭素」「重炭酸ナトリウム」「炭酸イオン」「bicarbonate ion
拡張検索重炭酸・重炭酸イオン系
関連記事重炭酸」「」「イオ」「イオン

血液ガス分析」

  [★]

blood gas analysis BGA
動脈血ガス分析動脈血ガス分析法 arterial blood gas analysis
動脈血ガス血液ガス
[show details]
  • pH   : 7.35-7.45
  • paCO2  :35-45 mmHg              :換気状態
  • paO2  :80-95 mmHg (100 - age/4 mmHg)  :酸素化能
  • HCO3- :24±2

血液ガスの読み方

内科レジデントの鉄則 第2版 p.223
  • 1. 各項目に目を通す
  • 2. pH
  • 3. HCO3- 優位か? PCO2 優位か?
  • 4. アニオンギャップの計算
AG = Na - Cl - HCO3- = 12±2
ΔAG = AG - 12
補正[HCO3-] = 実測[HCO3-] + ΔAG
  • 5. 代償性変化
  代償性変化の範囲 代償の限界
代謝性アシドーシス ΔPCO2 = 1.2 x Δ[HCO3-] ± 5 PCO2 ≧ 15 torr
代謝性アルカローシス ΔPCO2 = 0.8 x Δ[HCO3-] ± 5 PCO2 ≦ 60 torr
呼吸性アシドーシス Δ[HCO3-] = 0.4 x ΔPCO2 ± 3 (慢性期) [HCO3-] ≦ 42 mEq/l
呼吸性アルカローシス Δ[HCO3-] = 0.4 x ΔPCO2 ± 3 (慢性期) [HCO3-] ≧ 12 mEq/l
Δ[HCO3-] = 実測[HCO3-] - 24
ΔPCO2 = 実測PCO2 - 40


酸塩基平衡」

  [★]

acid-base balance
酸塩基平衡異常ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式



呼吸性アシドーシス
CO2の排出が妨げられるとpCO2が上昇する(H+の増加)。血液内の緩衝系により平衡は緩衝線上を左上に移動する。pHの低下を代償するために腎臓からH+の排泄およびHCO3-の再吸収によりpHの低下を緩衝する。
呼吸性アルカローシス
CO2が過剰に排出されるとpCO2が低下する(H+の減少)。血液内の緩衝系により平衡は緩衝線上を右下に移動する。pHの上昇を代償するために腎臓からH+の排泄抑制およびHCO3-の再吸収抑制によりpHの上昇を緩衝する。
代謝性アシドーシス
非揮発性の酸の増加はHCO3-を消費することで緩衝されるので、pCO2一定の仮定の下で平衡点は右下に移動する。pHの低下を代償するために末梢・中枢化学受容器を刺激し、換気によりCO2の排出が促進されpHの低下を緩衝する。
代謝性アルカローシス
非揮発性の酸の減少はHCO3-の増加により緩衝されるので、pCO2一定の仮定の下で平衡点は左上に移動する。pHの上昇を代償するため換気が抑制され、これによりCO2の排出が抑制されpHの上昇を緩衝する。
図:SP.660 Fig.10-50



100F039」

  [★]

  • 46歳の男性。1週前から続く下肢の脱力感と全身倦怠感とを主訴に来院した。生来健康で、一人暮らしをしている。最近は飲酒量が増加し、日本酒を毎日5合飲んでいる。身長170cm、体重63kg。脈拍72/分、整。血圧138/84mmHg。胸部と腹部とに異常はない。下腿に浮腫を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)、沈渣に異常はない。尿中Na排泄量150mEq/日、K排泄量52mEq/日(基準25~60)。血清生化学所見:総蛋白6.0g/dl、アルブミン3.5g/dl、尿素窒素13mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、CK180単位(基準10~40)、Na135mEq/l、K2.8mEq/l、Cl90mEq/l、Ca7.0mg/dl、Mg1.5mg/dl(基準1.8~2.5)、アルドステロン8ng/dl(基準5~10)、血漿レニン活性1.5ng/ml/時間(基準1.2~2.5)。
  • 補充療法として最も適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100F038]←[国試_100]→[100F040

104G016」

  [★]

  • a 浸透圧の差で除水をする。
  • b 透析後に血液重炭酸イオン濃度は低下する。
  • c カリウムよりもクレアチニンの方が除去されやすい。
  • d 透析液イオン化カルシウム濃度は正常~高値に設定する。
  • e 透析時の不均衡症候群血漿浸透圧の上昇によって発現する。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G015]←[国試_104]→[104G017

099H018」

  [★]

  • 55歳の男性。3日前から発熱と1日10回以上の水様性下痢とが持続している全身の脱力感と立ちくらみとがあり、歩行が困難となったため来院した。低下していると考えられる血液検査所見はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099H017]←[国試_099]→[099H019

096B015」

  [★]

  • 胃粘膜防御に重要な役割を果たしているのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096B014]←[国試_096]→[096B016

103E002」

  [★]

  • 膵液中の重炭酸イオンの分泌を刺激するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E001]←[国試_103]→[103E003

二酸化炭素」

  [★]

carbon dioxide
CO2
HF-ソリタ血液ろ過用補充液・BWキットサリベートトレーランGビカーボン輸液
重炭酸イオン HCO3-pCO2



体内でのCO2産生

  • 安静時:200ml/min (SP.655), 13,000 mM/day (SP.655) ← なんでmolar表記にするわけ?


重炭酸ナトリウム」

  [★]

sodium bicarbonate
炭酸水素ナトリウム重炭酸イオン
  • 高カリウム血症の補正に用いられうる → アルカレミアに傾けて細胞内液からH+を流出させ、K+を流入させる。


炭酸イオン」

  [★]

carbonate
CO32−
重炭酸イオン


bicarbonate ion」

  [★] 重炭酸イオン bicarbonate HCO3-


重炭酸・重炭酸イオン系」

  [★]

carbonic acid-bicarbonate buffer system
緩衝液


重炭酸」

  [★]

bicarbonate, Bi
バイカーボネイト炭酸水素 hydrogencarbonate
重炭酸イオン


  • HCO3-


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

イオ」

  [★]

Io
カリストユーロパガニメデ木星


イオン」

  [★]

ion
イオン性





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡