角膜混濁

出典: meddic

corneal opacity
opacitas corneae
角膜変性

角膜混濁をきたす状態

  • 先天性
  • 後天性
  • 代謝異常:蓄積・沈着(アミロイド、ムコ多糖、シスチン、カルシウム)、ジストロフィー
  • 感染症
  • 外傷(血液)
  • 死亡(早期死体現象)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 免疫抑制点眼薬使用中に発症した角膜ヘルペス
  • 能谷 紘子/高村 悦子/三宮 瞳/田尻 晶子/木全 奈都子/篠崎 和美/堀 貞夫
  • 東京女子医科大学雑誌 82(E1), E244-E248, 2012-01-31
  • … 0.1%シクロスポリン点眼薬、ステロイド点眼薬を使用中に眼瞼ヘルペスが発症し、バラシクロビル内服、ビダラビン軟膏が処方され皮疹は改善したが角膜混濁が悪化したため来院した。 …
  • NAID 110008767985
  • インターネット販売購入の1週間連続装用コンタクトレンズによる重篤な角膜潰瘍の1例
  • 小野 まどか/篠崎 和美/三田 覚/木全 奈都子/高村 悦子/堀 貞夫
  • 東京女子医科大学雑誌 82(E1), E239-E243, 2012-01-31
  • … 治療開始2ヵ月後には上皮化したが、角膜混濁は残存し、視力は手動弁だった。 …
  • NAID 110008767984
  • ボタン型電池による角結膜アルカリ外傷の1例とその局所傷害に関する実験
  • 小笠原 幹英,後藤 聡,柴 琢也,大野 建治,柴田 朋宏,神前 賢一,常岡 寛
  • 日本眼科學会雜誌 115(8), 711-717, 2011-08-10
  • NAID 10029528505

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
先読み角膜変性
国試過去問101H013」「108B024」「097E011」「096G075
リンク元角膜片雲」「角膜白斑」「角膜斑」「corneal haze」「角膜膿瘍
関連記事角膜」「混濁

角膜変性」

  [★]

corneal degeneration
degeneratio corneae
角膜変性症



101H013」

  [★]

  • 2か月の乳児。左眼の角膜混濁流涙とを主訴に来院した。左眼の角膜径は縦径、横径ともに13.0mmである。右眼に異常はない。
  • 考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101H012]←[国試_101]→[101H014

108B024」

  [★]

  • 高齢者が自室内で心肺停止状態で発見された。外因死を最も強く示唆するのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108B023]←[国試_108]→[108B025

097E011」

  [★]

  • 誤っている組合せはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097E010]←[国試_097]→[097E012

096G075」

  [★]

  • 死亡時刻の推定に有用でない死後変化はどれか。
  • a. 直腸内温度
  • b. 死斑
  • c. 死体硬直
  • d. 角膜混濁
  • e. 瞳孔径
[正答]


※国試ナビ4※ 096G074]←[国試_096]→[096G076

角膜片雲」

  [★]

corneal nebula, nebula of the cornea
nubecula corneae
角膜混濁



角膜白斑」

  [★]

corneal leukoma
leucoma cornea
角膜混濁



角膜斑」

  [★]

corneal macula
macula corneae
角膜混濁



corneal haze」

  [★]

角膜混濁角膜薄濁

corneal opacity


角膜膿瘍」

  [★]

corneal abscess
角膜混濁


角膜」

  [★]

cornea
眼球

発生 (L.378)

  • 発生第5週末に眼の原基は間葉に取り囲まれる
  • 水晶体の前方に空胞が形成され前眼房を形成する。これにより、前方は角膜、後方は虹彩瞳孔膜が位置することになる
  • 前方では表層外胚葉が陥入、くびきとられて角膜の上皮を形成する。
  • これにより角膜が次の3層から構成されることになる
1. 上皮細胞層:体表外胚葉由来
2. 角膜固有層:強膜と連続。おそらく中胚葉由来
3. 上皮層  :前眼房と接する。おそらく中胚葉由来


組織

角膜上皮    
Bowman膜 基底膜 コラーゲン細線維
角膜実質   コラーゲン+ムコ多糖
Descemet膜 基底膜  
角膜内膜    





混濁」

  [★]

opacity
乳白度不透明




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡