血液脳関門

出典: meddic

blood brain barrier,blood-brain barrier, BBB
血液-脳関門
胎盤関門血液空気関門


概念

  • 図:SCN.146(血液脳関門が存在しない部位)
  • 脂溶性の物質は通過しやすい
  • アストロサイトは血管周囲を連続的に覆って層を形成し、血液脳関門を維持している (HIS.166)
  • 脳の血管内皮細胞から排出ポンプであるP-glycoproteinが薬物を除去している (HAR.30,32f)


血液脳関門が存在しない部位


新生児における血液脳関門の機能低下(SPE.110)

  • 未熟性、低酸素血症、アシドーシス、低血糖など 
→ 核黄疸(ビリルビン脳症)のリスクファクター (G10M.331)


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/04/26 11:49:21」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ラット中大脳動脈閉塞・再灌流モデルにおける抗HMGB1単クローン抗体の血液―脳関門の保護効果
  • 関節炎モデルマウスにおける血液脳関門障害
  • 高血糖肥満モデルマウスの血液脳関門に関する機能解析

関連リンク

血液脳関門(けつえきのうかんもん、英語: blood-brain barrier, BBB)とは、血液と脳( そして脊髄を含む中枢神経系)の組織液との間の物質交換を制限する機構である。これ は実質的に「血液と脳脊髄液との間の物質交換を制限する機構」=血液髄液関門 ...
血液と脳のあいだには「血液脳関門」と呼ばれる関所があって、血液中の物質を簡単に は脳に通さないしくみになっている。 本態は、まだよく ... 分子量の小さい物質のほうが、 血液脳関門を通りやすいように思われるが、必ずしもそうでない。[インスリン]のような ...

関連画像

血液 脳 関門 の 構造 と 働き脳 が エネルギー源 と して bbb 血液 脳 関門 mmp bbb 基底膜  には血液脳関門の解明が課題血液脳関門 は また 通常 血液 脳 関門Nishijima-Neuron-10.9.8-Fig.2.jpgNishijima-Neuron-10.9.8-Fig.1.jpg


★リンクテーブル★
先読み胎盤関門」「blood-brain barrier
リンク元トリヘキシフェニジル」「ドネペジル」「ビペリデン」「ネオスチグミン」「最後野
関連記事血液」「関門」「

胎盤関門」

  [★]

placental barrier
胎盤



blood-brain barrier」

  [★]

血液脳関門, BBB
BBB


トリヘキシフェニジル」

  [★]

trihexyphenidyl
trihexyphenidylum
塩酸トリヘキシフェニジル トリヘキシフェニジル塩酸塩 trihexyphenidyl hydrochloride
アーテン Artaneセドリーナトリフェジノントリヘキシントレミン Treminパーキネスパキソナールピラミスチン
プロサイクリディンビペリデンムスカリン受容体抗パーキンソン剤


  • 三級アミン
  • 血液脳関門を通過する
ドパミン系機能とアセチルコリン系機能とを平衡させる

副作用

  • 視力障害、口渇、尿閉、便秘、混乱、せん妄 (SPC.191)



ドネペジル」

  [★]

donepezil
塩酸ドネペジル
アリセプト Aricept
アルツハイマー病その他の中枢神経系用薬


脳への移行が多い
末梢性副作用が服無い。(ドネペシルは偽性コリンエステラーゼの阻害が少ない)
肝毒性が少ない


心臓刺激
伝導障害、既往歴
末梢のアセチルコリンエステラーゼの阻害作用による副作用


ビペリデン」

  [★]

biperiden
塩酸ビペリデン biperiden hydrochloride
アキネトンアキリデンタスモリンビカモール
トリヘキシフェニジルプロサイクリディン


  • 三級アミン
  • 抗コリン作用薬
  • 血液脳関門を通過する
  • パーキンソン病治療薬
ドパミン系機能とアセチルコリン系機能とを平衡させる
  • 軽症のもので、特に振戦に効く

副作用 (SPC.191)

  • 視力障害、口渇、尿閉、便秘、混乱、せん妄


ネオスチグミン」

  [★]

neostigmine
neostigminum
プロスチグミン prostigmin
メチル硫酸ネオスチグミン臭化ネオスチグミン
ワゴスチグミン(臭化ネオスチグミン)、アトワゴリバース。(点眼液)マイピリンミオピン
フィゾスチグミン

作用機序

  • コリンエステラーゼの活性化部位に存在する

薬理作用

動態

  • 血液脳関門を通過しない



最後野」

  [★]

area postrema (KL)


  • 図:KL.690 B.21 SCN.145

解剖

  • 第四脳室底(菱形窩)の下方に位置する (KL.690)
  • 迷走神経三角の下方で、薄束結節との間の領域 (KL.690)
  • 小型の神経細胞からなり、血管に富む特異な部位 (KL.691)
  • 血液脳関門が働いていない脳における数少ない部分のうちの一つ (B.21)


血液」

  [★]

blood (PT,Z)
sanguis
全血球計算値循環血液量血球血液量

概念

  • 血液は45%の細胞成分と55%の血漿成分から構成される。
  • 弱アルカリ性(pH7.4)でやや粘稠の鮮紅色から暗赤色の体液 (HIS.189)
  • 成人の血液量は約5L (HIS.189)
  • 体重の1/13 (SP.484),体重の約7% (HIS.189), 体重の約8% (2007年度前期解剖学授業)
  • 全血液量の約1/3が失われると死亡する

構成

血液の量

091208II 麻酔
  新生児 乳児 幼児以降 高齢者
循環血液量(ml/kg) 90 80 70 60
体重に対する血液量(%) 9 8 7 6

血液に関する標準値

SP.484
  男性 女性 単位など
ヘマトクリット 45 40 %
血液量 75 65 ml/kg
比重 1.057 1.053 (血漿1.027)
浸透圧 275-290 mOsm/Kg・H2O

基準値

  • 赤血球 (2007前期解剖学プリント)
♂:4.95±0.75 x 10^6 (/μl)
♀:4.65±0.85 x 10^6 (/μl)
  • 白血球 (2007前期解剖学プリント)
  • 血小板 (2007前期解剖学プリント)
  • ヘマトクリット
♂:40-50 (%) 45%
♀:35-45 (%) 40%

LAB.1790

項目名   性別/
種類
 
赤血球   414~563 x10^4/ul
373~495
ヘモグロビン Hb 12.9~17.4 g/dl
10.7~51.3
ヘマトクリット Ht 38.6~50.9 %
33.6~45.1
平均赤血球容量 MCV 84.3~99.2 fl
80.4~101.0
平均赤血球血色素量 MCH 28.2~33.8 pg
25.5~34.6
平均赤血球血色素濃度 MCHC 32.2~35.5 %
30.8~35.4
網赤血球   0.5~1.8 %
0.4~1.6
血小板 Plt 14.3~33.3 x10^4/ul
13.7~37.8
白血球 WBC 2970~9130 /ul
3040~8720
好中球桿状核 0~9 %
好中球分葉核 28~68 %
好酸球 0~10 %
好塩基球 0~2 %
リンパ球 17~57 %
単球 0~10 %





関門」

  [★]

barrier
障害障壁バリヤーバリアバリアー


門」

  [★]

phylum
分類学
  • 分類学の用語
->亜門->




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡