血液生化学検査

出典: meddic

biochemical test, biochemical examination of blood, blood chemical analysis, biochemical blood test, blood biochemical examination, blood biochemical test, blood biochemical values, blood chemical examination, blood chemistry, serum biochemistry, serum chemistry
生化学検査生化学的検査血液検査

意義

生化学検査で知りうることは、血清タンパク、アミノ酸、窒素化合物、血清酵素、電解質、脂質など多岐にわたる。それぞれの項目には、反映する生体内の反応がある。生体内の反応の変化を知ることは生体の現在おかれている状態を理解する手助けとなる。生体内でおこっていることを基本的診察のみで100%知り得ることはできない。したがって生化学検査によって生体におこっている状況をとらえ、より確かな病態の把握をおこなうことが可能になる。

方法

患者から静脈血を採血し、血清用スピッツに注入し遠心により血清だけ分離し、血清を各項目に対応した試薬によって各検査項目に特異的な反応をおこし吸光度を求め定量する。

注意

生化学検査のみを行うことは少なく、同時に血算や凝固の検査もおこなうことが多いと考えられる。凝固や血算のスピッツには凝固反応を起こさせないように、EDTAやクエン酸Naなどがスピッツ内にあらかじめ入れてある。生化学検査のスピッツを血算や凝固のスピッツより後に採血すると、生化学検査のスピッツにEDTAやクエン酸が混入する可能性がある。もし混入すると陽イオンがキレートされ生化学検査の電解質の結果が狂ってくる。また、スピッツを力一杯混和すると、溶血をきたし赤血球内容物が溶出しLDH、AST、Kの値が増加する。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/21 21:12:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

生化学検査とは、血液中に含まれている様々な成分を分析して病気の診断、治療の 判定などに利用します。主に、それぞれの要素だけではなく、複数の検査の組合せで 診断します。また、特徴として調べる臓器によって検査項目が異なります。
その他の検査. 臨床検査値の基準範囲(血液・生化学検査) ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み血液検査
国試過去問103I071」「105G040」「103G058」「097G015
リンク元電解質」「生化学的検査」「biochemical test
関連記事血液」「血液生化学」「検査」「化学」「生化学検査

血液検査」

  [★]

blood analysis, blood diagnosis, blood examination, blood test, hematologic diagnosis, hematological analysis, hematology analysis(J-Global)
blood test, hematologic test, blood chemical analysis(LSD)
blood exam, blood investigation, blood study, blood test, blood testing, blood examination, blood screening, blood work-up, examination of the blood, hematological examination(space alc)
血液分析, 血液検査, 血液診断, 血液試験(J-Global)


  • 血算
  • 血栓・凝固
  • 生化学


103I071」

  [★]

  • 27歳の初妊婦。妊娠35週。妊婦健康診査時に異常を指摘され入院した。
  • 双胎妊娠であったが、経過中の胎児発育は順調で両児間に体重差を認めず、子宮頸管長は35mm前後であった。母体血圧は120~130/68~84 mmHgで推移していた。入院当日の尿所見:尿蛋白1+。血液所見:赤血球340万、Hb 8.6 g/dl、Ht 28 %、白血球8,600、血小板8.2万。軽度の上腹部痛と10~15分間隔の不規則な子宮収縮とを認めた。入院後の血圧は148/92 mmHg。尿所見:尿蛋白1+、沈渣で赤血球多数。内診で子宮口は1cm開大で胎児先進部は児頭である。超音波検査で胎児推定体重は第1子2,360g、第2子2,300gでいずれも頭位である。
  • 次に行うのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103I070]←[国試_103]→[103I072

105G040」

  [★]

  • 74歳の男性。2時間前から持続している胸痛を主訴に救急外来を受診した。糖尿病で通院中。脈拍124/分、整。血圧114/72mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。来院時の緊急検査で赤血球 440万、Hb 14.0g/dl、Ht 46%、白血球 8,200、CK 86IU/l(基準30-140)、心筋トロボニンT O.2ng/ml(基準0.1以下)、CRP 0.1mg/dl。来院時の心電図(別冊No.6)を別に示す。
  • この患者に対する治療方針の決定にあたって必要がないのはどれか。


  • a 心エコー検査
  • b 胸部エックス線撮影
  • c 心電図モニタリング
  • d 12誘導心電図の再検査
  • e 血液生化学検査の再検査


[正答]


※国試ナビ4※ 105G039]←[国試_105]→[105G041

103G058」

  [★]

  • 34歳の女性。未婚。下腹部の膨満感を主訴に来院した。最終月経開始日は記憶がないと言う。
  • 微熱、嘔気、全身倦怠感および手首の関節痛の訴えがあり、最近時々息苦しさを感じる。
  • 既往歴に特記すべきことはない。
  • 身長163cm、体重57kg。体温37℃。脈拍84/分、整。血圧96/56mmHg。
  • 下肢に軽度の浮腫を認める。まず行うのはどれか。
  • a. 心電図
  • b. 妊娠反応
  • c. 心エコー検査
  • d. 血液生化学検査
  • e. 胸部エックス線撮影
[正答]


※国試ナビ4※ 103G057]←[国試_103]→[103G059

097G015」

  [★]

  • 老人保健法に基づく健康診査に含まれないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097G014]←[国試_097]→[097G016

電解質」

  [★]

electrolyte
電解液


血液生化学検査 (QB.)

  • N:135-147 mEq/l → 140
  • K:3.7-4.8 mEq/l → 4
  • Cl:99-106 mEq/l → 103
  • Ca:8.6-10.2 mEq/l → 9
  • P:2.5-4.5 mEq/l → 3.5



生化学的検査」

  [★]

biochemical test
血液生化学検査生化学検査


biochemical test」

  [★]

血液」

  [★]

blood (PT,Z)
sanguis
全血球計算値循環血液量血球血液量

概念

  • 血液は45%の細胞成分と55%の血漿成分から構成される。
  • 弱アルカリ性(pH7.4)でやや粘稠の鮮紅色から暗赤色の体液 (HIS.189)
  • 成人の血液量は約5L (HIS.189)
  • 体重の1/13 (SP.484),体重の約7% (HIS.189), 体重の約8% (2007年度前期解剖学授業)
  • 全血液量の約1/3が失われると死亡する

構成

血液の量

091208II 麻酔
  新生児 乳児 幼児以降 高齢者
循環血液量(ml/kg) 90 80 70 60
体重に対する血液量(%) 9 8 7 6

血液に関する標準値

SP.484
  男性 女性 単位など
ヘマトクリット 45 40 %
血液量 75 65 ml/kg
比重 1.057 1.053 (血漿1.027)
浸透圧 275-290 mOsm/Kg・H2O

基準値

  • 赤血球 (2007前期解剖学プリント)
♂:4.95±0.75 x 10^6 (/μl)
♀:4.65±0.85 x 10^6 (/μl)
  • 白血球 (2007前期解剖学プリント)
  • 血小板 (2007前期解剖学プリント)
  • ヘマトクリット
♂:40-50 (%) 45%
♀:35-45 (%) 40%

LAB.1790

項目名   性別/
種類
 
赤血球   414~563 x10^4/ul
373~495
ヘモグロビン Hb 12.9~17.4 g/dl
10.7~51.3
ヘマトクリット Ht 38.6~50.9 %
33.6~45.1
平均赤血球容量 MCV 84.3~99.2 fl
80.4~101.0
平均赤血球血色素量 MCH 28.2~33.8 pg
25.5~34.6
平均赤血球血色素濃度 MCHC 32.2~35.5 %
30.8~35.4
網赤血球   0.5~1.8 %
0.4~1.6
血小板 Plt 14.3~33.3 x10^4/ul
13.7~37.8
白血球 WBC 2970~9130 /ul
3040~8720
好中球桿状核 0~9 %
好中球分葉核 28~68 %
好酸球 0~10 %
好塩基球 0~2 %
リンパ球 17~57 %
単球 0~10 %





血液生化学」

  [★]

blood biochemistry

意義

生化学検査で知りうることは、血清タンパク、アミノ酸、窒素化合物、血清酵素、電解質、脂質など多岐にわたる。それぞれの項目には、反映する生体内の反応がある。生体内の反応の変化を知ることは生体の現在おかれている状態を理解する手助けとなる。生体内でおこっていることを基本的診察のみで100%知り得ることはできない。したがって生化学検査によって生体におこっている状況をとらえ、より確かな病態の把握をおこなうことが可能になる。

方法

患者から静脈血を採血し、血清用スピッツに注入し遠心により血清だけ分離し、血清を各項目に対応した試薬によって各検査項目に特異的な反応をおこし吸光度を求め定量する。

注意

生化学検査のみを行うことは少なく、同時に血算や凝固の検査もおこなうことが多いと考えられる。凝固や血算のスピッツには凝固反応を起こさせないように、EDTAやクエン酸Naなどがスピッツ内にあらかじめ入れてある。生化学検査のスピッツを血算や凝固のスピッツより後に採血すると、生化学検査のスピッツにEDTAやクエン酸が混入する可能性がある。もし混入すると陽イオンがキレートされ生化学検査の電解質の結果が狂ってくる。また、スピッツを力一杯混和すると、溶血をきたし赤血球内容物が溶出しLDH、AST、Kの値が増加する。

検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察


化学」

  [★]

chemistrychemicalchemochem
化学製品化学的化学薬品ケミカルケミストリー

生化学検査」

  [★]

biochemical test
血液生化学検査生化学的検査




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡