血栓溶解薬

出典: meddic

thrombolyticagent


-thrombolytics



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/29 10:59:49」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 薬物治療 冠動脈疾患治療薬 血栓溶解薬 (冠動脈疾患(上)診断と治療の進歩) -- (冠動脈疾患における治療学の進歩)
  • 心筋梗塞治療薬 抗血小板薬、抗凝固薬、血栓溶解薬 (ナースのためのハイリスク薬30 知っておきたいガイド) -- (心臟疾患に対する薬)

関連リンク

心筋梗塞と血栓溶解薬・抗血液凝固薬. 心筋梗塞心筋梗塞は冠動脈の閉塞によって 起こる。これにより心筋細胞が壊死する。胸痛は通常30分以上持続する。ニトロ グリセリン舌下錠(硝酸薬)は無効である。 心筋梗塞へは下の図のように進行する。 心筋 梗塞の ...

関連画像

図11:血栓溶解薬の効果血栓症のお薬~血栓溶解薬~血栓溶解薬による出血傾向血栓溶解薬』の画像を検索 血栓溶解薬の副作用として出血 邦和病院 血栓溶解療法(r-TPA


★リンクテーブル★
国試過去問097A055」「103A007
リンク元thrombolytic」「抗血栓薬」「fibrinolytic agent」「thrombolytic drug」「血栓溶解剤
関連記事血栓」「」「溶解」「血栓溶解」「溶解薬

097A055」

  [★]

  • 2歳3か月の男児。発熱と発疹とを主訴に来院した。6日前から38~39℃の発熱が持続し、3日前から左頚部の腫脹と疼痛とを訴え、昨日、紅色皮疹に気付いた。全身に麻疹様発疹を認め、手足の背側が浮腫状で痛みがある。両側眼球結膜は充血し、口唇は潮紅して亀裂を認める。胸腹部に異常所見を認めない。断層心エコー法で冠動脈左前下行枝に内径6mmの動脈瘤を認める。血液所見:赤沈80mm/1時間、赤血球340万、Hb10.2g/dl、白血球16,000(桿状核好中球20%、分葉核好中球44%、好酸球2%、単球4%、リンパ球30%)、血小板56万。CRP15.5mg/dl(基準0.3以下)。第一選択薬はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097A054]←[国試_097]→[097A056

103A007」

  [★]

  • 心房細動を有する脳梗塞患者の再発予防薬はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103A006]←[国試_103]→[103A008

thrombolytic」

  [★]

  • adj.
  • 血栓溶解の
  • n.
fibrinolytic agentthrombolysisthrombolytic agentthrombolytic drugthrombolytics

WordNet   license wordnet

「a kind of pharmaceutical that can break up clots blocking the flow of blood to the heart muscle」
thrombolytic agent, clot buster


抗血栓薬」

  [★]

antithrombotic drug


  • 血栓形成の抑制
  • 血栓の溶解
  • 血栓溶解薬


fibrinolytic agent」

  [★]

antithrombotic agentfibrinolytic drugthrombolyticthrombolytic agentthrombolytic drugthrombolytics


thrombolytic drug」

  [★]

antithrombotic agentfibrinolytic agentfibrinolytic drugthrombolyticthrombolytic agentthrombolytics


血栓溶解剤」

  [★]

thrombolyticthrombolytic agentthrombolytic drug
血小板溶解薬血栓溶解血栓溶解薬


血栓」

  [★]

thrombus, thrombi TH
血栓症


分類

  • 白色血栓
  • 赤色血栓
  • 混合血栓

心筋梗塞における血栓

  • ST上昇型急性冠症候群の症例ではフィブリンと赤血球主体の赤色血栓が認められ、非ST上昇型急性冠症候群で心筋トロポニンが上昇した症例では血小板主体の白色血栓が存在していることが明らかとなった。

参考文献

  • 岡松健太郎1 清野精彦1 水野杏一2, 血管内視鏡を用いた急性冠症候群の洞察(II),日医大医会誌2009; 5(1)
1日本医科大学千葉北総病院循環器内科
2日本医科大学大学院医学研究科器官機能病態内科学



薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



溶解」

  [★]

(細胞)lysis、(物質)dissolutionlysedissolve
溶ける溶かす解消


血栓溶解」

  [★]

thrombolysis
血栓溶解剤血栓溶解薬


溶解薬」

  [★]

lytic
溶解性溶菌性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡