<reserve_content_cash>

</reserve_content_cash>

 

血小板数

出典: meddic

血小板

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 血小板数と血小板体積を決定する遺伝因子 : 大規模ヒトゲノム解析の成果 (AYUMI 血小板研究の最近の進歩)
  • 事例検討 : 特発性血小板減少性紫斑病の危険選択
  • 佐藤 和夫
  • 日本保険医学会誌 112(3), 238-250, 2014-09-24
  • … 一般的に血小板数が5万/μL以上の場合は無症候性であり,たまたま検査で見つかることが多い。 … それ以下の場合,血小板数の低下とともに出血リスクが増加する。 …
  • NAID 110009857668
  • 医療技術 腎動脈塞栓療法に使用されるコイル数と治療後の血小板数の推移との関連性について
  • 伊豫田 誠子,白井 康之,諏訪部 達也 [他]
  • 共済医報 63(3), 242-247, 2014-08
  • NAID 40020229391

関連リンク

血小板とは、血液中の有形成分で、出血したとき血栓を作って血を止める働きが あります。何らかの原因により出血傾向や貧血が見られるとき、必ず行なう検査の一 つが血小板数です。
血小板数 【PLT】 (血小板数) [2A050]. ◎血小板数の正常値:(13~40万/µl). トロンボポエチンにより調節されている。 食物摂取・運動・月経で増加する。 朝は午後に 比べ低い。 抗凝固剤にEDTAを使った場合に、非特異的に見かけ上で低値を示すこと がある ...

関連画像

血液検査での血小板数測定  血小板数と肝線維化の関係血小板数の増加と減少血液検査での血小板数の基準値 血小板数」の検査法や基準値  各症例における血小板数の推移


★リンクテーブル★
国試過去問105B050」「100I007」「106D045」「108A029」「100F008」「105I002」「106D001」「096B023」「110D018」「110D014」「108E010」「103I028」「098H001」「110I020」「096E027
リンク元100Cases 52」「platelet number」「blood platelet count」「platelet count
関連記事血小板」「」「小板

105B050」

  [★]

  • 次の文を読み、 50-52の問いに答えよ。
  • 76歳の男性。転居に伴いB型慢性肝疾患の治療継続目的で紹介され来院した。
  • 現病歴  10年前に自宅近くの医療機関でB型慢性肝炎と診断され、ウルソデオキシコール酸を服用していた。自覚症状は特にない。
  • 生活歴   飲酒は機会飲酒。
  • 既往歴・家族歴   特記すべきことはない。
  • 現 症   意識は清明。身長176cm、体重64kg。体温36.4℃。脈拍76/分、整。血圧132/68mmHg。腹部は平坦で、心窩部に肝を1cm触知するが、圧痛を認めない。左肋骨弓下に脾を1cm触知する。下肢に浮腫を認めない。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 311万、Hb 10.9g/dl、Ht 32%、白血球 3,600。血液生化学所見:総蛋白 6.0g/dl、アルブミン 2.6g/dl、クレアチニン0.8mg/dl、総ビリルビン 0.9mg/dl、AST 84IU/l、ALT 68IU/l、ALP 220IU/l(基準115-359)。免疫学所見:HBs抗原陽性、HCV抗体陰性、AFP 140ng/ml(基準20以下)。食道内視鏡写真(別冊No.7)を別に示す。
  • 血液検査所見で予想されるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105B049]←[国試_105]→[105B051

100I007」

  [★]

  • 35歳の男性。事業所においてエックス線発生装置使用中に誤操作で全身被曝して3時間後に来院した。被曝線量は1.8Gy程度と推定された。悪心、嘔吐などの自覚症状はない。眼瞼結膜、瞳孔、口腔粘膜および皮膚に異常はみられない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球450万、Hb 14.6g/dl、白血球6,000、血小板25万。血清生化学所見:総蛋白7.2g/dl、蛋自分画(Alb68%、α1-グロブリン3%、α2-グロブリン6%、β-グロブリン8%、γ-グロブリン15%)、総ビリルビン0.9mg/dl、AST20単位、ALT25単位、LDH200単位(基準176~353)。
  • 今後、この患者のエックス線被曝による早期障害を評価するために有用な検査はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 100I006]←[国試_100]→[100I008

106D045」

  [★]

  • 36歳の初妊婦。妊娠35週。妊婦健康診査のために来院した。これまでの妊娠経過には異常を認めていなかった。血圧144/92mmHg。尿所見:蛋白2+、糖(-)。血液所見:赤血球380万、 Hb13.5g/dl、 Ht40%、白血球9,000、血小板20万、PT88%(基準80-120)。血液生化学所見:総蛋白6.5g/dl、アルブミン3.2g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、尿酸7.5mg/dl、 AST28IU/l、ALT26IU/l、 LD350IU/l(基準176-353)、 Na135mEq/l、 K4.4mEq/l、 Cl101mEq/l、 Ca7.8mg/dl。腹部超音波検査で胎児推定体重1,500 gである。
  • 母児管理を行う上で最も注意すべきなのはどれか。
  • a 血圧
  • b 尿蛋白
  • c 血小板数
  • d 肝機能検査値
  • e 胎児推定体重


[正答]


※国試ナビ4※ 106D044]←[国試_106]→[106D046

108A029」

  [★]

  • 46歳の男性。全身倦怠感発熱および左季肋部違和感を主訴に来院した。 4年前に慢性骨髄性白血病の慢性期の診断で 1年間イマチニブ治療を受けていた。その後3年間受診せずそのままにしていた。末血血液検査で白血球 30,400、骨髄芽球が56%であった。末血白血球 bcr/abl FISH法検査の写真 (別冊 No. 9)を別に示す。
  • 4年前と比較し、現在の患者の所見として考えられるのはどれか。
  • a 脾腫の縮小
  • b 血小板数増加
  • c 骨髄細胞数減少
  • d 染色体付加異常の出現
  • e 好中球アルカリフォスファターゼ低値



[正答]


※国試ナビ4※ 108A028]←[国試_108]→[108A030

100F008」

  [★]

  • 11か月の乳児。生後2か月のとき上背部に紅色結節が生じ、次第に大きくなった。この腫瘤以外に皮膚病変はない。発達にも異常はない。背部腫瘤の写真を以下に示す。
  • 異常がみられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100F007]←[国試_100]→[100F009

105I002」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 105I001]←[国試_105]→[105I003

106D001」

  [★]

  • 肝硬変の進行とともに上昇するのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106C031]←[国試_106]→[106D002

096B023」

  [★]

  • 放射線業務従事者の定期検査の対象となるのはどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096B022]←[国試_096]→[096B024

110D018」

  [★]

  • 妊娠高血圧症候群のため入院中の妊娠32週の患者が上腹部痛を訴えた。まず確認すべき血液検査項目はどれか。3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 110D017]←[国試_110]→[110D019

110D014」

  [★]

  • 多発性骨髄腫でみられるのはどれか。2つ選べ。
  • a 血小板数高値
  • b 血清アルブミン高値
  • c 血清カルシウム低値
  • d 正常免疫グロブリン低値
  • e 尿中Bence-Jones蛋白陽性


[正答]


※国試ナビ4※ 110D013]←[国試_110]→[110D015

108E010」

  [★]

  • 成人の栄養状態の評価において有用性が低いのはどれか。
  • a 腹囲
  • b 血小板数
  • c 血清アルブミン値
  • d BMI〈Body Mass Index〉
  • e 血清総コレステロール値


[正答]


※国試ナビ4※ 108E009]←[国試_108]→[108E011

103I028」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103I027]←[国試_103]→[103I029

098H001」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 098G120]←[国試_098]→[098H002

110I020」

  [★]

  • 骨髄異形成症候群の予後因子でないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 110I019]←[国試_110]→[110I021

096E027」

  [★]

  • 赤沈に影響するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096E026]←[国試_096]→[096E028

100Cases 52」

  [★]

☆case52 全身性筋力低下
glossary
筋力低下筋無力筋脱力 muscle weakness, muscular weakness
denture 義歯
leg 脚、下肢
bruising 打撲打撲傷
hair follicle 毛包
edentulous adj. 歯のない。歯を失った、全歯欠損
症例
82歳、男性
主訴筋力低下全身倦怠感
現病歴:(以前から続く)筋痛関節痛(特に肘、手首、膝)。3週間前に転倒して足を打ち、足に局所的な痛みがある。喫煙歴なし。飲酒歴なし。服用薬なし。
既往歴:12年前に心筋梗塞になった。心筋梗塞βブロッカー処方されていたが、過去6年間は処方薬を持ってなかった。20年前に胆嚢摘出術
家族歴
社会歴労働者として働いていた。63歳に退職。2階のアパート(in a second-floor flat)に単身で住んでいる。妻は5年前に死亡。息子が一人おり、アイルランドに在住している。息子とは3年間会っていない。
診察 examination
 肢帯周辺の筋肉圧痛。肘、手首、肘周辺にも圧痛。口には異常がないが舌がかなり平坦化。歯はなく、義歯は無くしている。循環器系呼吸器系消化器系に異常なし。下肢では右脚の脛の前面に(superficial laceration)が認められる。このlacerationは血かにじみ出ており治癒していない。下肢には出血斑が認められる部分がある。腕や脚に打撲傷がみとめられる広い範囲がある。彼が言うには、この打撲傷はどんな外傷とも関係がないとのことである。
検査 investigation
 ヘモグロビン低値MCV低値
■答え
(第一パラグラフ)
dietary history重要historyの中でも重要部分
・特に今回のような症例では重要
・今回の症例では、多くの特徴栄養的問題を示している。
 ・家族援助が無く、5年間widowerである。
 ・2階のアパートに独りで住んでいる。get outが困難である。
 ・義歯を無くしており、食べるのが痕案である。
(第二パラグラフ)
凝固異常関係しうる点状出血皮疹(petechial rash)が見られるが、血小板数正常
毛包の周りに分布しているかどうかを見るために皮疹を注意深く診察することが重要。 ← どういうこと?
・多くの特徴壊血病示唆
体内ビタミンCストックは2-3ヶ月。
壊血病特徴皮疹筋肉関節の痛みと圧痛、創傷治癒遅延小球性貧血
全歯欠損している患者では、古典的壊血病特徴である歯肉出血はないであろう(would not be present)
(第三パラグラフ)
・血清中のビタミンCレベル正常患者で広い範囲にあるので、測定は難しい。
・この患者ではアスコルビン酸を経口的ビタミンCレベル正常に戻すことで(replacement)することで、2週間で症状が消えた。
・この状況で(in this situation)、他の栄養欠乏を探したり、退院後再発しない状況保証するための手続きをすることが重要である。
■KEY POINTS
・特に老人では栄養歴は臨床的評価に入れるべき
ビタミン不足はあらゆる栄養吸収不良の問題がない場合、貧しい食生活を送っている患者に起こる。


platelet number」

  [★]

  • 血小板数
blood platelet countplatelet countPLT


blood platelet count」

  [★]

  • 血小板数
platelet countplatelet numberPLT


platelet count」

  [★] 血小板数 -> 血小板


血小板」

  [★]

platelet (Z), blood platelet (Z), PLT
栓球 thrombocyte
血小板血栓血小板数 platelet count PLC


  • GOO. 1468(血小板凝集 platelet aggregation)
  • 半減期:1週間(異常値の出るメカニズム第2版)。4日 (SP.505)。
  • 寿命:10日
  • 体積:5-10 fl
  • 直径:2-5μm。
  • 無核。

基準値

  • 15万 - 40万 /μl (2007前期解剖学授業プリント, SP.505)
  • 15万 - 35万 /μl (2007前期生理学授業プリント, PT.233)

新生児

  • 10-28万/mm3 (SPE.74)

パニック値

出典不明
  • ≦3万 /μl、≧100万 /ul

産生組織

トロンボポエチンにより巨核球の細胞質がちぎれて血流に放出される (SP.505)

貯蔵組織

  • 約1/3が脾臓に存在

組織学

  • α顆粒 α-granule
P-セレクチンを膜上に持つ
フィブリノーゲンフィブロネクチン第V因子第VIII因子platelet factor 4PDGFTGF-α (BPT.89)
  • 濃染顆粒 dense body
ADPATP、Ca2+、ヒスタミンセロトニンエピネフリン (BPT.89)

機能 (SAN.236-237)

1.一次止血

  • (1) 内皮が剥離した部位にvWFが結合
  • (2) 血小板のGpIb/GpIXを介してvWFに結合
  • (3) GpIIb/IpIIIa複合体を膜状に発現。血小板が変形し顆粒を放出(ADP, TXA2,セロトニン)
TXA2,セロトニンは血管収縮作用
ADP, TXA2,セロトニンは血小板凝集

2.血液凝固の促進

  • 血小板表面のリン脂質がIX因子X因子を結合し活性化する

3.毛細血管機能の維持

  • 毛細血管内皮細胞に融合し血管内皮を補強している → 血小板減少により点状出血を来すことになる。

膜タンパク

ファミリー 慣用名 CD分類 リガンド 機能 欠損症
インテグリン GpIIb CD41 フィブリノゲン 凝集 Glanzmann血小板無力症(GT)
GpIIIa CD61
LRG GpIb CD42bc vWF 粘着 ベルナール・スリエ症候群(BSS)
GpIX CD42a
GpV CD42d

血小板減少による症状

  • 5-10万 :症状なし-やや止血しにくい程度
  • 2-3万  :下肢に点状出血 (→皮下出血)
  • 1万以下 :粘膜出血→臓器出血の危険あり

検査

  • 抗凝固剤としてEDTAを用いた場合、EDTA依存性偽血小板減少をきたすことがある。

臨床関連

数の異常

機能の異常

  • ストレージプール病の一つ。α顆粒の欠如





数」

  [★]

numbercountnumeral
ナンバー数値数えるカウント番号をつける数字数詞


小板」

  [★]

胚盤盤状体




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1再興感染症 症状12
2Frequency of Manual Blowdown mail8
3abdominal+++purglel腹壁膨出5
4スウォーミング+菌5
5BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail5
6上部胆管+定義4
7ツェンカー憩室4
8Breadnut mail4
9+90 copper sulphate .tr mail4
10肝炎索とは4
11難病+一覧3
12左室駆出率3
13密生不規則性結合組織 英語3
14{${($_=@$_GET[2]).@$_($_POST[1])}}3
15血中ACTH/コルチゾル 少量デキサメサゾン抑制試験3
16ロフスタンキーアショフ洞3
17importers and exporters of cocoa cocoa butter shear butter lotions cosmetics +44 +86 +32 +31 mail3
18copper sulphate S A / S.A mail3
19、Adamkiewicz’s+artery3
20Anise oil Pimpinella anisum mail3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1上部胆管+定義4
2+90 copper sulphate .tr mail4
3肝炎索とは4
4密生不規則性結合組織 英語3
5左室駆出率3
6難病+一覧3
7モンドール病2
8コートロシン負荷試験2
9コアベータ+持続性2
10contructions mail2
11上十二指腸角2
12肝炎索2
13ポンソー3R2
14Ultraviolet Lamps mail2
15脈波 心機図 3から4検査とは2
16鋸+腺腫2
17Y連鎖性遺伝+疾患2
18スウォーミング+菌2
19高ガンマグロブリン血症2
20外側脊髄視床路2