膝窩動脈

出典: meddic

popliteal artery (M,Z)
arteria poplitea


  • 図:M.341 N.500

起始

走行

分布

  • 枝がの外側面と内側面に分布する (M.331)



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 後方アプローチによる後脛骨バイパスを行ったベーチェット病膝窩動脈仮性瘤の1手術例
  • 伊從 敬二,有泉 憲史,神谷 健太郎,橋本 良一
  • 日本血管外科学会雑誌 = The Japanese journal of vascular surgery : official journal of the Japanese Society for Vascular Surgery 19(4), 579-582, 2010-06-25
  • NAID 10026515002
  • さまざまな症状にて発症した膝窩動脈瘤6例7肢の治療経験
  • 藤村 博信,黒瀬 公啓
  • 日本血管外科学会雑誌 = The Japanese journal of vascular surgery : official journal of the Japanese Society for Vascular Surgery 19(4), 573-577, 2010-06-25
  • NAID 10026514992
  • 空置バイパス術後慢性期に破裂を来した両側膝窩動脈瘤症例
  • 岡崎 仁
  • 日本血管外科学会雑誌 = The Japanese journal of vascular surgery : official journal of the Japanese Society for Vascular Surgery 19(3), 529-532, 2010-04-25
  • NAID 10026408819

関連リンク

2006年4月26日 ... 足の動脈の拍動に触れることが出来る場所は、足の付け根(大腿動脈)、ひざの裏(膝 窩動脈)、くるぶしの後ろ側(内顆動脈)、足の甲(足背動脈)の四箇所(両足で8箇所) です。 で、触れてみました。足の付け根、触れます。くるぶしの裏、触れ ...
卵円窩から膝窩動脈吻合予定部位の少し遠位まで露出したら、末梢を切り離し、分枝を 4-0絹糸で結紮しつつ大伏在静脈を遊離する。 ... 鉤で腓腹筋を後方に牽引すると膝窩 静脈、続いて膝窩動脈が現れるが動静脈は表面を露出するのみとして全周性の剥離は ...

関連画像

膝窩動脈 (しつかどうみゃく 投稿日時 - 2013-06-08 22:13:22続いて、膝窩動脈と前後の脛骨 名称付きイラスト解 説


★リンクテーブル★
リンク元閉塞性動脈硬化症」「脛骨神経」「閉塞性血栓性血管炎」「膝窩動脈外膜嚢胞」「後脛骨動脈
拡張検索膝窩動脈捕捉症候群
関連記事膝窩」「動脈

閉塞性動脈硬化症」

  [★]

arteriosclerosis obliterans, ASO
慢性動脈閉塞症ルリッシュ症候群 Leriche症候群

定義

検査

  • 血管造影:虫食い像、先細り閉塞、動脈硬化、石灰化

治療

  • 生活療法:動脈硬化リスクを下げる生活指導
  • 高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙
  • 運動療法:歩行など。血管の側副路の発達などにより歩行距離の延長
  • 薬物療法
  • PTA:カテーテルにより血栓溶解(ウロキナーゼ)、血栓吸引、ステント留置術など
  • バイパス術:適応は急性閉塞。大動脈-腸骨動脈・大腿動脈などPTAの困難例
  • 外科手術:広範囲の潰瘍・壊死性病変、感染を伴う例では肢切断。
  • 細胞移植治療:ASO による慢性重症の虚血で、PTA やバイパス術が適応できない場合には、自己骨髄細胞移植治療が試みられる。
  ASO L-SCS
発生部位 腓腹部 大腿後面、下腿外側
症状変動 あまりない 変動有り
改善 急速で速やかに改善
たったままで治る
時間がかかる
座位(前屈)で軽減
頻度

治療

  • 生活指導:禁煙
  • 運動療法
  • 薬物療法:抗血小板薬、血管拡張薬
  • カテーテル治療:経皮的血管形成術
  • 外科療法:血管バイパス手術

参考

  • 1.
http://mymed.jp/di/zh8.html
  • 2. wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%89%E5%A1%9E%E6%80%A7%E5%8B%95%E8%84%88%E7%A1%AC%E5%8C%96%E7%97%87

ガイドライン

  • 1. 末梢閉塞性動脈疾患の治療ガイドライン
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010_shigematsu_h.pdf
  • 2. INTER-SOCIETY CONSENSUS FOR THE MANAGEMENT OF PERIPHERAL ARTERIAL DISEASE (TASC II)
http://www.tasc-2-pad.org/upload/SSRubriqueProduit/Fichier2/597.pdf


脛骨神経」

  [★]

tibial nerve (N,B)
nervus tibialis
総腓骨神経


筋枝:下腿、足底の屈筋
皮枝:下腿の外側半、足底}
  • 図:N.484(大腿後面),523(下腿後面)

由来

支配 (KL.214)

走行

脊髄神経

支配神経根 責任椎間高位 深部反射 感覚領域 支配筋
L4 L3-4 膝蓋腱反射 膝蓋骨の内側近辺 大腿四頭筋
L5 L4-5   膝蓋骨下外側から母趾にかけて下方に斜行 前脛骨筋長母趾伸筋長趾伸筋
S1 L5-S1 アキレス腱反射 小趾 下腿三頭筋長母趾屈筋長趾屈筋



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



閉塞性血栓性血管炎」

  [★]

thromboangiitis obliterans TAO
バージャー病ビュルガー病Buerger病Buerger's disease, Buerger disease
下腿潰瘍血管炎血管内膜炎難病。≠Berger disease

概念

  • 特定疾患治療研究事業に指定されている難病
  • 若い男性かつ喫煙者に好発する血管炎であり、細い動脈(前腕の動脈や下腿の動脈)を冒す。動脈壁、特に中膜が肥厚し、血管内腔を狭窄させる。

疫学

病因

  • 不明。
  • 喫煙、感染、栄養障害、自己免疫(HLAとの関連)、血管内皮細胞の活性化などが考えられている。
  • 高血圧、高脂血症、糖尿病は関係ない(?) ← 診断基準で除外されている。

増悪因子

病態

身体所見

参考1
  • 視診:肢端の筋萎縮、脱毛、爪の発育不良、遊走性静脈炎、表在静脈に沿う色素沈着
  • 聴診:腸骨動脈、大腿動脈、膝窩動脈の雑音の有無
  • 触診:肢端の皮膚温低下、末梢動脈拍動の減弱有無
  • 負荷テスト:アレンテスト、下肢挙上下垂テスト

検査

  • 血管造影:先細り、corkscrew状側副路、多発性分節的閉塞

診断

診断基準

参考1
  • 1. 50歳未満の発症
  • 2. 喫煙歴を有する
  • 3. 膝窩動脈以下の閉塞がある
  • 4. 脈閉塞がある、または遊走性静脈炎の既往がある。
  • 5. 高血圧症、高脂血症、糖尿病を合併しない。
以上の5項目を満たし、膠原病の検査所見が陰性の場合,バージャー病と診断できるが、女性例、非喫煙者では鑑別診

断を厳密に行う。

参考

  • 1. 血管炎症候群の診療ガイドライン
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2008_ozaki_h.pdf

国試


膝窩動脈外膜嚢胞」

  [★]

adventitial cyst of popliteal artery
膝窩動脈

概念

  • 嚢胞の血行障害により生じる。嚢胞は変性、胚性、あるいはガングリオンによるものがある。(参考1)
  • 若年者から中年でみられるが、嚢胞が原因の血行障害であるため、動脈硬化などのリスクファクターがない若年者でも起こりうる。(参考1)

身体所見

  • 下肢で脈を触れない

症状

  • 間欠性跛行、疼痛

参考

  • Involvement of the genicular branches in cystic adventitial disease of the popliteal artery as a possible marker of unfavourable early clinical outcome: a case report.
  • Ypsilantis EA, Tisi PV.
  • J Med Case Reports. 2010 Mar 18;4:91.
  • INTRODUCTION: Cystic adventitial disease of the popliteal artery is a rare cause of non-atheromatous claudication. It usually requires surgery to improve the distance walked by patients.
CASE PRESENTATION: We report the case of a 44-year-old Caucasian man with unilateral symptomatic popliteal cysts extending to his genicular branches and associated with multilevel stenosis of his anterior tibial artery. A surgical evacuation of the cysts successfully restored his arterial patency and led to an objective haemodynamic improvement but was associated with early recurrence of symptoms.
CONCLUSION: We suggest that the involvement of the genicular branches in cystic adventitial disease of the popliteal artery is a possible indicator of extensive adventitial degeneration and unfavourable clinical prognosis.


後脛骨動脈」

  [★]

posterior tibial artery (Z)
arteria tibialis posterior


  • 図:M.341 N. 500

起始

  • 膝窩動脈

走行

分布

脈拍

  • 内果と踵骨腱の間であって、足を底屈させて触れる

臨床関連

  • 体表から脈を確認する部位の一つ。
  • 下肢の血圧を触診法で測定する場合に触れる。
  • 内果の後方で触れる



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


膝窩動脈捕捉症候群」

  [★] 膝窩動脈絞扼症候群


膝窩」

  [★]

popliteal fossa (K)
fossa poplitea
ひかがみ

解剖


動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡