腹部大動脈

出典: meddic

adbominal aorta (Z)
aorta abdominalis
腹大動脈(解剖学では腹大動脈、臨床では腹部大動脈が一般的?)
大動脈
[show details]



  • 下行大動脈であって腹腔内にある大動脈
  • 図:N.257

由来

走行

枝 (KL.404-408)

  1. 腹側臓側枝:前面から起こる無対性の枝で、消化管および消化管から由来する臓器に分布
    1. 腹腔動脈
      1. 左胃動脈
      2. 脾動脈
      3. 総肝動脈
    2. 上腸間膜動脈
      1. 下膵十二指腸動脈
      2. 空腸動脈
      3. 回腸動脈
      4. 中結腸動脈
      5. 右結腸動脈
      6. 回結腸動脈
    3. 下腸間膜動脈
      1. 左結腸動脈
      2. S状結腸動脈
      3. 上直腸動脈
  2. 外側臓側枝:前外側に向かう有対性の枝で、有対性の臓器、主として泌尿器に分布
    1. 中副腎動脈
    2. 腎動脈
    3. 精巣動脈卵巣動脈
  3. 壁側枝:後外側に向かう枝で、体壁に分布
    1. 下横隔動脈
    2. 腰動脈
    3. 正中仙骨動脈
  4. 終枝
    1. 総腸骨動脈



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

和文文献

  • 下行大動脈瘤に対する脳脊髄液ドレーン留置併用ステントグラフト内挿術中に急性硬膜下血腫を発症した1症例
  • 浜部 奈穂,入嵩西 毅,今田 竜之 [他]
  • 麻酔 60(12), 1405-1407, 2011-12
  • NAID 40019087113
  • 手術の工夫 胸腹部重複大動脈瘤に対する分枝再建を伴うY型人工血管置換術とステントグラフト内挿術
  • 中尾 佳永,三岡 博,古屋 秀和 [他]
  • 胸部外科 64(13), 1163-1167, 2011-12
  • NAID 40019078314

関連リンク

大動脈解離は、大動脈の血管が層状に割れることで、強烈な痛みを伴い、また分岐部で の循環障害をきたす疾患である。 大動脈狭窄症は、大動脈が先天的に狭窄しており、重 篤な循環障害を来たすこともある疾患である。 (胸部/腹部)大動脈瘤は、大動脈が袋 ...
腹部大動脈瘤がある人は、しばしば腹部の拍動感に気づいたり、おなかに拍動性腫瘤を 触れることがあります。動脈瘤が小さかったり、肥満でおなかに脂肪がたまっていたり する場合は分からないこともあり、腹部の超音波検査や、CT検査で初めて発見される ...

関連画像

腹部大動脈瘤は大動脈のどの部位にでも 腹部大動脈急性大動脈解離(解離性大 腹部大動脈瘤は腹部の大動脈が 腹部大動脈とは腹部大動脈腹部大動脈


★リンクテーブル★
国試過去問105H021」「097F010」「082A022」「098H017」「104G025」「103G013
リンク元大動脈解離」「閉塞性動脈硬化症」「ナットクラッカー現象」「青色足趾症候群」「abdominal aorta
拡張検索腹部大動脈瘤」「腹部大動脈周囲リンパ節」「腹部大動脈周囲リンパ節郭清術」「腹部大動脈縮窄症
関連記事腹部」「大動脈」「動脈

105H021」

  [★]

  • 33歳の男性。1か月前に交通事故で搬入された。同日、腹部大動脈損傷の診断で血管置換術を受け、術後に両下肢の完全麻痺が出現した。両下肢は現在も完全麻痺のままで、肛門周囲の感覚脱失を認める。
  • 現時点の対応として適切なのはどれか。
  • a 脊髄の手術を勧める。
  • b 歩行を治療目標として示す。
  • c 社会復帰のための退院を勧める。
  • d 患者の反応を見つつ麻痺の予後を説明する。
  • e 体幹に関する運動療法メニューを提示する。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H020]←[国試_105]→[105H022

097F010」

  [★]

  • 20歳の女性。腹部の不快感を訴えて来院した。身長160cm、体重43kg。腹部の診察を行った。触知すると異常なのは.どれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097F009]←[国試_097]→[097F011

082A022」

  [★]

  • 卵巣について正しい物
  • a. 卵巣提索で骨盤壁に固定されている
  • b. 広靭帯(子宮広間膜)の前葉に付着している
  • c. 卵巣門卵管采が付着している
  • d. 右卵巣動脈は腹部大動脈から分岐する
  • e. 左卵巣静脈は左腎静脈に流入する
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]

098H017」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 098H016]←[国試_098]→[098H018

104G025」

  [★]

  • 腹部大動脈から分枝するのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104G024]←[国試_104]→[104G026

103G013」

  [★]

  • 後腹膜に固定されていないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103G012]←[国試_103]→[103G014

大動脈解離」

  [★]

aortic dissection
解離性大動脈瘤

大動脈解離の病態

  拡張 破裂 末梢の循環不全
上行大動脈 大動脈弁不全
上行大動脈瘤
上大静脈症候群
心膜腔出血
心タンポナーデ
胸腔内出血
 
  冠状動脈     狭心症心筋梗塞
弓部大動脈 弓部大動脈瘤
嗄声嚥下障害
縦隔出血  
  弓部分枝     脳血管障害
上肢虚血
下行大動脈 下行大動脈瘤
嚥下障害
胸腔出血
縦隔出血
 
  肋間動脈腰動脈     対麻痺
腹部大動脈 腹部大動脈瘤    
  腹部分枝   腹腔出血
後腹膜出血
腸管虚血
腎動脈     腎虚血
腸骨動脈     下肢虚血
その他の病態 発熱DIC、胸水貯溜    


ガイドライン

  • 1. 大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン(2006年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2006_takamoto_h.pdf

文献

  • 腹部大動脈瘤の血管内手術と開腹手術、長期死亡率に差なし
  • 腹部大動脈瘤(AAA)の修復を血管内手術または開腹手術によって受けた患者の転帰を8年間にわたって調べた試験(EVER1)で、両者の全死因死亡率、動脈瘤関連死亡率に差はないことが明らかになった。また、開腹手術が適用にならないAAA患者を対象に、血管内手術を受けた患者と介入なしの患者の長期的な転帰を比較した試験(EVER2)では、両者の全死因死亡率にも差はないことが明らかになった。
  • Endovascular repair of aortic aneurysm in patients physically ineligible for open repair.
N Engl J Med. 2010 May 20;362(20):1872-80. Epub 2010 Apr 11.
United Kingdom EVAR Trial Investigators et al.
PMID 20382982
  • Endovascular versus open repair of abdominal aortic aneurysm.
N Engl J Med. 2010 May 20;362(20):1863-71. Epub 2010 Apr 11.
United Kingdom EVAR Trial Investigators et al.
PMID 20382983
  • Long-term outcome of open or endovascular repair of abdominal aortic aneurysm.
N Engl J Med. 2010 May 20;362(20):1881-9.
De Bruin JL et al.
PMID 20484396

国試

  • 105I059:Stanford A偽腔閉塞型急性大動脈解離。ガイドライン1では内科的治療が良いか外科的治療が良いかはどちらともいえないと記載がある。いずれにせよ、早急な降圧が重要である。
[show details]



閉塞性動脈硬化症」

  [★]

arteriosclerosis obliterans, ASO
慢性動脈閉塞症ルリッシュ症候群 Leriche症候群

定義

検査

  • 血管造影:虫食い像、先細り閉塞、動脈硬化、石灰化

治療

  • 生活療法:動脈硬化リスクを下げる生活指導
  • 高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙
  • 運動療法:歩行など。血管の側副路の発達などにより歩行距離の延長
  • 薬物療法
  • PTA:カテーテルにより血栓溶解(ウロキナーゼ)、血栓吸引、ステント留置術など
  • バイパス術:適応は急性閉塞。大動脈-腸骨動脈・大腿動脈などPTAの困難例
  • 外科手術:広範囲の潰瘍・壊死性病変、感染を伴う例では肢切断。
  • 細胞移植治療:ASO による慢性重症の虚血で、PTA やバイパス術が適応できない場合には、自己骨髄細胞移植治療が試みられる。
  ASO L-SCS
発生部位 腓腹部 大腿後面、下腿外側
症状変動 あまりない 変動有り
改善 急速で速やかに改善
たったままで治る
時間がかかる
座位(前屈)で軽減
頻度

治療

  • 生活指導:禁煙
  • 運動療法
  • 薬物療法:抗血小板薬、血管拡張薬
  • カテーテル治療:経皮的血管形成術
  • 外科療法:血管バイパス手術

参考

  • 1.
http://mymed.jp/di/zh8.html
  • 2. wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%89%E5%A1%9E%E6%80%A7%E5%8B%95%E8%84%88%E7%A1%AC%E5%8C%96%E7%97%87

ガイドライン

  • 1. 末梢閉塞性動脈疾患の治療ガイドライン
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010_shigematsu_h.pdf
  • 2. INTER-SOCIETY CONSENSUS FOR THE MANAGEMENT OF PERIPHERAL ARTERIAL DISEASE (TASC II)
http://www.tasc-2-pad.org/upload/SSRubriqueProduit/Fichier2/597.pdf


ナットクラッカー現象」

  [★]

nutcracker phenomenon
nutcracker現象 ナッツクラッカー現象ナットクラッカー症候群 nutcracker syndromeくるみ割り現象、left renal vein entrapment, left renal vein hypertension
[show details]


  • 左腎静脈腹部大動脈上腸間膜動脈の間を走るため,この間に左腎静脈が挟まれてうっ血。血尿
  • この時の血尿は腎血管に由来するらしい?そのため、赤血球の変形はみられないとか。

症状

  • 左腎の肉眼的血尿、左側の側腹部痛、左側の精巣または卵巣静脈瘤
タンパク尿はない?

参考

青色足趾症候群」

  [★]

blue toe syndrome
blue toe症候群
  • 足趾動脈の微小塞栓により突然に血行障害を来す症候群。
  • 腹部大動脈により下肢の動脈の閉塞をきたして発症しうる(YN.C146)

abdominal aorta」

  [★] 腹部大動脈腹大動脈


腹部大動脈瘤」

  [★]

abdominal aortic aneurysm abdominal aneurysm AAA
大動脈瘤


疫学 NSU 448

  • 60-70歳に多い。男女比4:1

原因 NSU 448

  • 95%以上は動脈硬化
  • 特異性炎症(梅毒、結核)
  • 非特異性炎症(Behcet病)
  • Marfan症候群
  • 感染性(感染性動脈瘤)、外傷性(外傷性動脈瘤)

病型

  • 95%以上は腎動脈より末梢

症状

NSU 448
  • 無症状のことが多い。拍動腫瘤として自覚することがある。
  • 腰痛、腹痛を主訴とすることがある。激しい腹痛は切迫破裂、または破裂となる。
  • 穿孔による消化管出血や大動脈-下大静脈瘻(aorto-caval fistula)もありうる

治療

  • 外科手術、ステント留置

外科手術

  • 切発破裂例は緊急手術
  • 5-6cm:症状があれば外科手術
  • >6cm :外科手術

ガイドライン

  • 大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン(2006年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2006_takamoto_h.pdf

診察から診断まで

  • 腰痛、腹痛を訴えることがある。身体所見で拍動する腫瘤を触れる。心電図、心筋逸脱酵素迅速検査キットでACSを否定し、血液検査、腹部X線写真撮影を施行。腹部大動脈瘤が疑われれば、循環器内科・血管外科コールし、腹部単純・造影CT、降圧を。


腹部大動脈周囲リンパ節」

  [★]

用語の対比

日本産科婦人科学会 日本癌治療学会
傍大動脈リンパ節 腹部大動脈周囲リンパ節

腹部大動脈周囲リンパ節

  • a2群
  • 大動脈後リンパ節
  • 大動脈外側リンパ節
  • b1群
  • b2群
  • 大静脈前リンパ節
  • 大静脈外側リンパ節


腹部大動脈周囲リンパ節郭清術」

  [★]

para-aortic lymph node dissection, para-aortic lymphadenectomy
腹部大動脈周囲リンパ節


腹部大動脈縮窄症」

  [★]

coarctation of the abdominal aorta
異型大動脈縮窄症


腹部」

  [★]

abdomen

腹部の9つの領域

M.111
RH right hypochondriac 右下肋部 E epigastric 上胃部 LH left hypochondriac 左下肋部
RL right lumbar 右側腹部 U umbilical 臍部 LL left lumbar 左側腹部
RI right inguinal 右鼡径部 P pubic 恥骨部 LI left inguinal 左鼡径部
  • 器官や痛みの位置を記載するため

腹腔を仕切る2つの面

腹部の4つの領域

(M.112)
右上腹部 右上腹部
右下腹部 右下腹部
  • 身体所見を記述するために、4つの領域で分ける
  • 水平面
  • 垂直面
    • 正中面で正中を通り、身体の左右両半に分ける


大動脈」

  [★]

aorta (Z), Ao
大動脈弁
  • 大動脈径:胸骨左縁アプローチで左室長軸断面を得て、心エコーMモードで評価。




動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡