脱落膜

出典: meddic

decidua, deciduous membrane
membrana decidua, caduca
deciduum
基底脱落膜 decidua basalis被包脱落膜 decidua capsularis
卵膜脱落膜細胞
  • 母体の子宮内膜に由来する組織で、妊娠時には卵膜の最外層を構成し、分娩時に胎盤と共に娩出される。
  • プロゲステロンの作用により、子宮内膜の細胞が脱落膜化する


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 妊娠維持と胎盤・脱落膜細胞によるT細胞制御 (特集 生殖と免疫)
  • 永松 健,藤井 知行
  • 臨床免疫・アレルギー科 56(4), 374-380, 2011-10
  • NAID 40019053101
  • 妊娠高血圧症候群の病態形成における絨毛細胞分化の役割とその調節メカニズム
  • 福嶋 恒太郎,和氣 徳夫
  • 福岡医学雑誌 102(7), 223-228, 2011-07-25
  • … 見について,われわれのデータを中心に紹介する.胎盤発生の過程で原始栄養膜細胞層は,機能的にも形態的にも異なる2種類の細胞に分化していく.ひとつはExtravillous trophoblast(EVT)で,この細胞は母体脱落膜から筋層へ浸潤し一部は母体のらせん動脈をはじめとする血管の内皮や壁を置換する.もうひとつは絨毛性栄養膜合胞体Villous syncytiotrophoblast(SVT)であり,これは絨毛間腔を裏打ちしガスや栄養の母児交換 …
  • NAID 40019060864

関連リンク

世界大百科事典 第2版 脱落膜の用語解説 - 妊娠のために特異な変化を起こしている 子宮の粘膜をいう。その大部分が胎児の出産のすぐあとで外に出され,捨てられること から,この名がある。子宮の粘膜すなわち内膜は,妊娠のとき以外には約4週の周期 ...
基底脱落膜の用語の意味を解説。ニュース などの関連情報もあわせてご覧ください。

関連画像

これは排卵後の内膜。やや 油箱 坐垫 缝隙 隔热 膜 机 滤 旭 辉 防 脱落 软 膜 天花 收藏


★リンクテーブル★
国試過去問106G068」「100F002」「101B049」「103G028」「108I034
リンク元子宮外妊娠」「卵膜」「decidua」「羊膜腔」「基底脱落膜
拡張検索脱落膜細胞」「壁側脱落膜」「偽脱落膜反応」「被包脱落膜」「脱落膜様変化
関連記事」「脱落

106G068」

  [★]

  • 卵膜の3層構造の順序で正しいのはどれか。
  • ただし、胎児側から母体側に並べた場合とする。
[正答]


※国試ナビ4※ 106G067]←[国試_106]→[106G069

100F002」

  [★]

  • 在胎28週の胎児。1絨毛膜2羊膜性双胎と診断されている。妊娠初期には2児の大きさにほとんど差を認めなかったが、次第に差を認めるようになり、大きい方の児に羊水過多胎児水腫とを認めるようになった。
  • 異常があると考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100F001]←[国試_100]→[100F003

101B049」

  [★]

  • 正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a. 絨毛間腔は母体血が循環する。
  • b. 脱落膜は胎児由来の組織である。
  • c. 羊水量は胎児腎機能と関連する。
  • d. 胎盤の構造は妊娠24週で完成する。
  • e. 胎盤重量は妊娠末期で平均800gである。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B048]←[国試_101]→[101B050

103G028」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103G027]←[国試_103]→[103G029

108I034」

  [★]

  • 脱落膜の欠損をきたす可能性がある手術はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 108I033]←[国試_108]→[108I035

子宮外妊娠」

  [★]

ectopic pregnancy
異所性妊娠
妊娠

定義

  • 受精卵が正常の着床部位である子宮内膜以外の場所に着床すること

分類

  • 1. 卵管妊娠(98%)
  • 1) 卵管膨大部妊娠(78%)
  • 2) 卵管峡部妊娠(29%)
  • 3) 卵管間質部妊娠(2%)

卵管妊娠

  • 狭い卵管腔内での妊卵の増殖、増大は困難であり、また卵管内膜は子宮内腔に比して薄いため絨毛組織は容易に筋層内に侵入してこれを破壊するので、卵管妊娠が後半期まで持続することはまれであり、ほとんどすべて妊娠12週頃までに中絶する。

経過

卵管流産

卵管破裂

原因

  • 器質的因子:卵管炎、卵管周囲の癒着、卵管の発育異常や奇形、子宮外妊娠の既往、卵管手術の既往、流産手術の既往など
  • 機能的因子:妊卵の外遊走、月経血の逆流、妊卵の輸送障害、たばこなど
  • その他:体外受精(IVF-ET,GIFT)による妊娠、IUDの装着、不妊症の既往

症状

少量の性器出血に引き続き突然下腹部痛が出現し、失血やその疼痛によりショック症状を呈する。後腟円蓋はダグラス窩の出血により膨隆

検査

補助検査

  • 1000 U/L以上で滞納が見られないときは子宮外妊娠を疑う(http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5911-672.pdf)
  • 妊娠5週以降でhCG2000U/L以上の時は破裂の可能性があるために入院管理および手術の準備が必要である
  • ダグラス窩穿刺:暗赤色、流動性流動性。顕微鏡で変性赤血球を認める。
  • 子宮内膜組織診:子宮外妊娠の時、脱落膜(+)、Arias-Stella反応(+)、絨毛(-)
  • 経膣超音波:子宮内に胎嚢が存在しないこと、腹腔内出血の有無、付属器の腫瘤・胎嚢・胎児心拍の確認
  • 腹腔鏡検査:確定診断

治療 (NGY.406)

  • 1. 全身状態の改善:
  • 2. 妊孕性の温存を考慮する
  • 1. 根治的手術:卵管切除術
  • 2. 保存的手術:卵管切開術
  • 3. 内科的療法:メトトレキサートの全身・局所投与
  • 4. 腹腔鏡下手術:1-3を組み合わせて行う。

資料

卵膜」

  [★]

fetal membrane
membranae ovi
  • 図:NGY.286
  • 内側より羊膜 amnion (inner layer)、絨毛膜 chorion(inner layer)、脱落膜 decidua
  • 胎盤表面は羊膜に覆われており、絨毛膜の一部が胎盤をなしており、この外側に脱落膜がある。



decidua」

  [★] 脱落膜

WordNet   license wordnet

「the epithelial tissue of the endometrium」


羊膜腔」

  [★]

amniotic cavity (Z)
cavitas amniotica
羊膜胎膜脱落膜
  • 図:NGY.286


基底脱落膜」

  [★]

basal decidua
decidua basalis
底脱落膜床脱落膜
脱落膜


脱落膜細胞」

  [★]

decidual cells
cellulae deciduales
脱落膜
  • 分泌期に起こる
  • 子宮内膜の支持細胞(間質細胞)が変化する
  • 細胞が大きくなり(膨化)し、細胞質は明るい胞体として認められる。形状は円形~多角形となる。細胞質には脂質とグリコーゲンが認められる。



壁側脱落膜」

  [★]

parietal decidua
decidua parietalis
壁脱落膜
脱落膜胎膜


偽脱落膜反応」

  [★]

pseudodecidual reaction
前脱落膜反応 predecidual reaction
脱落膜


被包脱落膜」

  [★]

capsular decidua
decidua capsularis
脱落膜



脱落膜様変化」

  [★]

pseudodecidual change

膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン


脱落」

  [★]

 神経細胞が死ぬこと




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡