胆嚢腺筋腫症

出典: meddic

gallbladder adenomyomatosis
胆嚢アデノミオマトーシス
ロキタンスキー・アショフ洞腺筋腫症胆嚢

概念

  • 胆嚢粘膜の増生、筋層の肥厚、粘膜内憩室(ロキタンスキー・アショフ洞 Rokitansky-Aschoff sinus RAS。筋層を貫く)が特徴の病変
  • 名前の通り粘膜上皮がadenomatous changeを来しているわけではないし、前癌病変でもない。
  • 以前はgallbladder diverticulosis, cholecystitis glandularis proliferans, adenomyomatous hyperplasiaと記載されていた。

疫学

  • 50歳代の女性に多い。

病因

  • 不明

病理

  • びまん型、分節型、底部限局型に分類される。

症状

  • 無症状がほとんどで、腹痛がみられる場合がある。

検査

  • 超音波エコー:胆嚢壁の肥厚、コメット様エコー


治療

  • 症状がなければ経過観察。
  • 胆嚢癌との鑑別ができない場合や腹痛が著明な場合は胆嚢摘出術の適応

国試



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 術前に腫瘍を指摘できなかった胆嚢腺筋腫症に生じた早期胆嚢癌の1例 (特集 消化器最新画像情報2012)
  • 武輪 恵,丸上 永晃,正田 哲也 [他]
  • 臨床放射線 57(5), 692-695, 2012-05-00
  • NAID 40019321109
  • 胆嚢腺筋腫症の画像診断
  • 鈴木 裕,杉山 政則,中里 徹矢,森 俊幸,跡見 裕
  • 胆道 = Journal of Japan Biliary Association 25(1), 141-144, 2011-03-31
  • NAID 10030362155
  • 胆嚢ポリープ・胆嚢腺筋腫症 (特集 胆膵疾患診療の最前線--難治疾患のよりよいマネジメントのために) -- (胆膵疾患のマネジメント--胆膵癌を見据えて)
  • 土屋 貴愛,糸井 隆夫,祖父尼 淳 [他]
  • 内科 107(3), 424-431, 2011-03-00
  • NAID 40018729182

関連リンク

胆嚢腺筋腫症は悪いものではないので基本的に治療はしません 一言 腺筋腫症はがんとは関係ありませんが、エコー、CT、内視鏡的造影などの検査でもがんと区別がつくにくい場合があります。その場合は、腹腔鏡下胆嚢摘出術をお勧め ...
胆嚢腺筋腫症adenomyomatosisは胆嚢壁に存在するRokitanskyAschoff Sinus ;RASが増殖・拡張し胆嚢壁が部分的あるいは全体的に肥厚する良性疾患である。肥厚により胆嚢の変形をきたし、肥厚部が隆起状になることから、胆嚢癌など ...
家庭医学館 胆嚢腺筋腫症の用語解説 - 胆嚢腺筋腫症(アデノミオマトーシス)は、古くから知られている胆嚢良性腫瘍(たんのうりょうせいしゅよう)の1つですが、その病態については解明されていない点が多くあります。組織学的にみると ...

関連画像

胆嚢腺筋腫症に関連する消化器 胆嚢腺筋腫症の分類 胆嚢の超音波像 「胆嚢腺筋腫腺筋腫症SF型胆嚢腺筋腫症胆嚢腺筋腫症胆嚢腺筋腫症 症例1


★リンクテーブル★
先読みロキタンスキー・アショフ洞
国試過去問101A029」「102D037」「106E037」「101F036」「103D020」「099E035」「095B035
リンク元胆嚢癌
関連記事胆嚢」「」「筋腫」「腺筋腫」「腺筋腫症

ロキタンスキー・アショフ洞」

  [★]

Rokitansky-Aschoff sinus RAS, Rokitansky-Aschoff sinuses
胆嚢胆嚢#壁構造胆嚢憩室腺筋腫症ルシュカ管
  • 胆嚢内腔と交通を有する粘膜上皮の壁内への憩室様陥入
  • 粘膜上皮は筋層の中に陥凹、さらに漿膜下に達することがある。
  • 胆嚢外に突出せず、胆嚢壁にとどまる。

臨床関連

  • ロキタンスキー・アショフ洞
  • 造影CTや胆嚢造影併用CTで壁内にRokitansly-Aschoff sinusの拡張が見られる



101A029」

  [★]

  • 48歳の男性。右上腹部の不快感を主訴に来院した。身体所見に異常はない。血液所見:Hb13.8g/dl、白血球5,800。血清生化学所見:総ビリルビン0.9mg/dl、AST30IU/l、ALT32IU/l、γ-GTP48IU/l(基準8~50)。免疫学所見:CRP0.1mg/dl、CA19-9 32U/ml(基準37以下)。腹部超音波写真を以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101A028]←[国試_101]→[101A030

102D037」

  [★]

  • 68歳の女性。腹痛を主訴に来院した。13年前から時々食後に上腹部痛があった。昨日の夕食後にも腹痛があった。体温37.4℃。右季肋部に圧痛を伴う腫瘤を触れる。白血球12,500。CRP5.8mg/dl。腹部造影CTを以下に示す。
  • 考えられるのはどれか。2つ選べ。


[正答]
※国試ナビ4※ 102D036]←[国試_102]→[102D038

106E037」

  [★]

  • 胆道疾患と治療の組合せで正しいのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E036]←[国試_106]→[106E038

101F036」

  [★]

  • 胆道疾患と治療の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101F035]←[国試_101]→[101F037

103D020」

  [★]

  • 65歳の男性。人間ドックの腹部超音波検査で異常を指摘され来院した。身体所見に異常を認めない。腹部造影CTを以下に示す。

最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 103D019]←[国試_103]→[103D021

099E035」

  [★]

  • 胆嚢癌の発生と関連するのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 099E034]←[国試_099]→[099E036

095B035」

  [★]

  • 閉塞性黄疸の原因とならないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095B034]←[国試_095]→[095B036

胆嚢癌」

  [★]

gallbladder cancer, carcinoma of the gallbladder
胆道癌胆管癌

疫学

  • 高齢者女性。
  • 60歳代。男女比=1:2

リスクファクター(ガイドラインより)

  • 1. 膵・胆管合流異常
  • 胆管拡張をともなわない膵・胆管合流異常は胆嚢癌のハイリスクファクターである。
  • 膵・胆管合流異常の胆嚢において粘膜過形成,K-ras遺伝子変異,p53蛋白過剰発現が高頻度に認められる
  • 胆嚢癌の発生母地病変として腺腫や異型上皮,腸上皮化生が関与する可能性が報告されている
  • 胆嚢ポリープが10mm以上で,かつ増大傾向を認める場合,または大きさにかかわらず広基性病変では胆嚢癌の頻度が高いと考えられる。

不明

  • 現時点では胆嚢結石と胆嚢癌との直接的因果関係は証明されておらず,無症候性胆嚢結石の場合,長期間経過観察しても胆嚢癌が発生する危険は少ないといえる。
  • 胆嚢壁の石灰化や陶器様胆嚢と胆嚢癌との因果関係は現段階では統一見解がない。
  • 2. 胆嚢腺筋腫症
  • 現時点で胆嚢腺筋腫症が胆嚢癌のリスクファクターであるか否かの結論は得られていない。


早期癌

  • 早期胆嚢癌:組織学的深達度が粘膜(m)・固有筋層(mp)にとどまるもの。リンパ節転移の有無は問わない。癌の先端部がRokitansky-Aschoff sinusに限局していれば、深達度に寄らず粘膜内癌 (YN.B-74)

症状

  • 初期には無症状
  • 腹痛(72%)、黄疸(58%)、体重減少(47%)
  • 黄疸が出現した頃にはかなり進行している

検査

  • CT
[show details]

予後

  • 早期癌:op後の累積5年生存率は80%。
  • 進行癌:漿膜下層限局で5年生存率は50%。漿膜波及で10%。

ガイドライン

国試



胆嚢」

  [★]

gallbladder (Z)
vesica fellea
  • 図:N.290

解剖

  • 胆嚢径:長径8cm x 短径4cm以下
  • 胆嚢壁:3mm以下

胆管

血管

動脈

  • 後上膵十二指腸動脈と胃十二指腸動脈が十二指腸後部の胆管に血液を送る
  • 胆嚢動脈が胆管の近位部に血液を送る
  • 右肝動脈が胆管の中部に血液を送る

静脈

壁構造

胆嚢の収縮

臨床関連

胆嚢の徴候

胆嚢壁の肥厚


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

筋腫」

  [★]

myomaleiomyoma
平滑筋腫


腺筋腫」

  [★]

adenomyoma
胆嚢腺筋腫症


腺筋腫症」

  [★]

adenomyomatosis
胆嚢




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1content 147
2多毛 85
3self relating depression scale 48
4lead pencil mix ratio graphite clay binder  48
5worshipseleno.com 47
61,1024,768,24 HTTP/1.1 47
7日常生活自立度 29
8日本多毛 26
9ホーマンズ徴候 25
10エピネフリン 25
11イソエタリン 24
12サーファクテンとは 21
13スパイロメーター ベネディクトロス 21
14McMahon-Howard, J.,   Reimers, B.   An evaluation   a child   training  on the   sexual exploitation  of children   Evaluation andProgram Planning, 1–9. doi:10.1016/j.evalprogplan.2013.04.002 20
15asteroid bodyとは 17
16腺窩膿瘍 17
17ブルンストローム 17
18ケルニッヒ徴候 16
19脳梗塞 ラクナ 小脳 16
20ホーマンズ徴候とは 16

昨日の人気記事
 タイトル表示
1content 28
2多毛 17
3lead pencil mix ratio graphite clay binder  16
4self relating depression scale 16
5イソエタリン 8
61,1024,768,24 HTTP/1.1 7
7エピネフリン 7
8スパイロメーター ベネディクトロス 7
9ブルンストローム 5
10GOD法 論文 5
11長い後毛様動脈 5
12終末呼気co2濃度 5
13日常生活自立度 4
14網膜ジストロフィー 4
15ホーマンズ徴候 4
16無反射性起立障害 4
17weitbrecht  支帯 4
18肺ヘモジデローシス 4
19エストロゲン プロゲステロン 比 4
20回腸導管 4