胃全摘術

出典: meddic

total gastrectomy
gastrectomia totalis
全胃切除術胃全切除術胃全摘

早期合併症

  • 第1~3病日:無気肺、急性肺炎、急性胆嚢炎
  • 第5病日:創部皮下膿瘍(第3-4病日で発熱)、縫合不全(第3~10病日)

胃切後症候群

国試



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 手術手技 完全ロボット支援下胃全摘術におけるRoux-en Y再建法 : 電動リニアステープラーを用いたブレのない安全な吻合
  • 腹腔鏡下胃全摘術におけるサーキュラーステープラー再建 : かがり縫い法によるアンビル装着 (特集 食道・胃切除後再建法 : 最新の定型手技) -- (胃切除後再建)
  • リニアステープラーを用いた腹腔鏡下胃全摘術後再建法 (特集 食道・胃切除後再建法 : 最新の定型手技) -- (胃切除後再建)
  • 多発食道癌に対し咽頭喉頭食道全摘術、静脈血行再建を伴う回結腸再建術を施行した一例
  • 山形大学紀要. 医学 : 山形医学 = Bulletin of the Yamagata University. Medical science : Yamagata medical journal 34(1), 15-20, 2016-02-15
  • NAID 120005743950

関連リンク

胃の上中部を中心とした進行癌、あるいは低分化癌で胃全体に癌がひろがっているような症例では、胃を全部摘出する「胃全摘術」が選択されます。リンパ節転移の状態や、周囲への浸潤があるときには、膵臓や脾臓も合併切除する ...
胃全摘術 疾患の治療の説明書 4 手術に際しては、手術前に全身状態を充分にチェックし評価を行いますが、全てのリスクを回避でき ないこともあります。また、術後の合併症を全て予測することは困難です。そのため、術後の合併症に
D.胃全摘術 胃の病変が大きい場合や、周囲のリンパ節に転移が多くあり幽門側切除では、不十分な場合に行われる手術です。 周囲のリンパ節、脂肪を含めて胃を全部切除します。場合によっては、脾臓も切除する場合があります。 胃 ...

関連画像

胃全摘術図1 幽門側胃切除胃全摘術の手術例胃全摘術(膵尾、脾合併切除 胃全摘術_切除範囲_ルーワイ 図6 胃全摘術

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
国試過去問105A045」「108G058」「104G045」「108A043」「106I022
リンク元空腸間置術
関連記事」「全摘

105A045」

  [★]

  • 75歳の女性。体重減少を主訴に来院した。 4か月前から時々心窩部痛があり、体重が約10kg減少した。身長153cm、体重38kg。眼瞼結膜に貧血を認める。腹部は平坦、軟で、腫瘤を触知しない。血液所見:赤血球 295万、Hb 6.9g/dl、Ht 26%。血液生化学所見:総蛋白 6.0g/dl、アルブミン 3.3g/dl、 AST 30IU/l、ALT 32IU/l。LD 326IU/l(基準176-353)。 CEA 12ng/ml(基準5以下)。上部消化管内視鏡検査を施行し、生検で印環細胞癌Helicobacter pylori陽性と診断された。上部消化管内視鏡写真(別冊No.15A)と腹部造影CTの冠状断像(別冊No.15B、C)とを別に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 105A044]←[国試_105]→[105A046

108G058」

  [★]

  • 76歳の男性。悪心を主訴に来院した。 6か月前に胃癌の診断で胃全摘術を受け、3か月前に肝転移腹膜転移と診断された。その後、心窩部下腹部とに鈍痛が出現し、非ステロイド性抗炎症薬の内服にて小康状態が得られた。 1週前に心窩部の鈍痛が増強したため塩酸モルヒネの内服を開始した。症状の改善は得られたが、昨夜から悪心をきたしたため受診した。脈拍 96/分。血圧 126/86 mmHg。呼吸数 14/分。 SpO2 98% ( room air)。
  • 疼痛緩和治療を継続するために、患者に確認すべき症状はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G057]←[国試_108]→[108G059

104G045」

  [★]

  • 46歳の男性。脱力感を主訴に来院した、3か月前、胃癌のため胃全摘術を受けた。1か月前から食後2、3時間すると脱力感が出現し、動悸冷汗および手指振戦を認めるようになった。意識は清明。身長 172cm、体重 62kg。脈拍 72/分、整。血圧 134/86mmHg。眼瞼結膜貧血を認めない。心音呼吸音とに異常を認めない。腹部は正中部に手術創瘢痕を認め、平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
  • この病態に関係しているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104G044]←[国試_104]→[104G046

108A043」

  [★]

  • 64歳の男性。定期的な経過観察のため来院した。自覚症状はないが、 1年前の健康診断で GISTgastrointestinal stromal tumor〉を疑われ、経過観察のため受診した。上部消化管内視鏡像 (別冊 No.17A)と腹部造影 CT(別冊 No.17B)とを別に示す。 1年前と比較して約 1.5倍の直径であった。腹部造影 CTでは胃病変を認めるが、胃以外に異常はない。
  • 治療として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108A042]←[国試_108]→[108A044

106I022」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106I021]←[国試_106]→[106I023

空腸間置術」

  [★]

jejunal interposition
空腸間置法??
胃全摘術、空腸嚢間置法


  • 図:SSUR. 520
  • 消化管を切除した後に、欠損部位を腸間膜をつけたままの空腸で欠損部位を補う術式
  • 例えば、胃全摘の後に食道と十二指腸を端々吻合して再建する。この場合、ダンピング症候群が少ないとされる(SSUR.524)


術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


全摘」

  [★]

total extirpation
全摘除術、全摘術




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡