肝細胞壊死

出典: meddic

hepatic necrosis
肝壊死
-肝壊死



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 急性肝炎におけるVirtual touch quantificationの臨床的意義
  • 黒田 英克,柿坂 啓介,及川 隆喜,小野寺 美緒,滝川 康裕
  • 超音波医学, 2014
  • … 急性肝炎において肝硬度が上昇するという報告が散見される.肝細胞壊死と炎症に起因すると推測されるが,未だ不明瞭な点も多いのが現状である.本稿では,急性肝炎におけるVTQ(virtual touch quantification)を用いた肝の剪断弾性波伝播速度(velocity of shear wave: Vs)測定の有用性を検討するとともに,肝硬度と病理所見との対比を中心に基礎的検討を行ったので報告する.急性肝疾患51例の入院時Vsの平均値±標準偏差は, …
  • NAID 130004696058
  • インターフェロンの長期投与により肝線維化の著明な改善を認め,肝癌の再発が長期間抑制されているC型慢性肝炎の1例
  • 草永 真志,日浦 政明,南 創太,宮川 恒一郎,大江 晋司,千手 倫夫,鬼塚 良,柴田 道彦,阿部 慎太郎,原田 大
  • 肝臓 55(7), 399-404, 2014
  • … 的著効は得られていないにもかかわらず,長期間のIFN治療により組織学的に肝線維化の改善を認め,肝癌術後から約19年間が経過した現在も再発も認めていない.C型慢性肝炎においては,慢性炎症による肝細胞壊死と再生が繰り返されることで肝臓の線維化が進展し,肝癌の発生率が増加する.そのため発癌予防には肝線維化の進展を防ぐことが重要であり,本症例のように長期的なIFN治療は肝線維化の改善及び肝癌 …
  • NAID 130004678875
  • 肝静脈合併肝切除後の残肝うっ血および肝機能低下領域の動物モデルの作成と組織学的検討
  • 穆 瀚,有泉 俊一,山下 信吾 [他],金井 信雄,鈴木 孝司,山本 雅一
  • 東京女子医科大学雑誌 83(5), 344-348, 2013-10-25
  • … 組織学的には、小葉の中心静脈にうっ血を認め、中心静脈周囲の肝細胞の脂肪変性と肝細胞壊死を認めた。 …
  • NAID 110009631873

関連リンク

A) 肝細胞変性・壊死の指標 1) ALT (アラニン・アミノトランスフェラーゼ)、AST(アスパレート・アミノトランスフェラーゼ) 以前はそれぞれGPT、GOTと呼んでいました。肝機能検査でもっともよく使われている検査ですから、その数値も ...
一般的な肝毒性薬物反応 薬物 反応 アセトアミノフェン 急性,直接肝細胞毒性;慢性毒性 アロプリノール その他の急性反応 テングダケ属のキノコ 急性,直接肝細胞毒性 アミノサリチル酸 その他の急性反応 アミオダロン

関連画像

肝 細胞 の 壊死 弱 拡大 像  形成を伴う肝細胞の変性・壊死肝細胞の壊死(弱拡大像 肝細胞の壊死(中拡大像  肝細胞の凝固壊死が起きる薬剤性肝細胞壊死後の状態


★リンクテーブル★
リンク元肝壊死
関連記事壊死」「」「細胞」「肝細胞

肝壊死」

  [★]

hepatic necrosisliver necrosishepatonecrosis
肝細胞壊死


壊死」

  [★]

necrosis
ネクローシス
アポトーシス細胞死



死」

  [★]

death
死亡脳死心臓死


細胞」

  [★]

cell
cellula




肝細胞」

  [★]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡