聴神経鞘腫

出典: meddic

acoustic schwannomaacoustic neurinoma
前庭神経鞘腫 vestibular schwannoma、聴神経線維鞘腫 acoustic neurilemmoma
聴神経腫瘍前庭神経鞘腫聴神経シュワン細胞腫

概念

  • 前庭神経鞘腫とも呼ばれる。聴神経のシュワン細胞に由来する良性腫瘍。

病理

  • 2種類の腫瘍細胞が混在している。
  • Antoni A型:腫瘍が柵状配列をとっている。
  • Antoni B型:細胞が変性して粗な領域。エオシン染色性弱い。

検査

  • MRI
  • T1:低信号
  • T2:高信号
  • ガドリニウム造影:均一に増強される

鑑別疾患

  • 小脳橋角部髄膜腫  :T1で低信号、T2で高信号、造影で高信号。腫瘍付着硬膜の造影効果。鑑別点は錐体骨部への付着が広くはっきりとしており、。
  • 小脳橋角部類表皮嚢胞:T1で低信号、拡散強調画像で高信号
  • 三叉神経鞘腫
  • クモ膜嚢胞
  • 脂肪腫
  • 血管芽腫
  • 転移性脳腫瘍

治療

  • 3cm未満:手術両方 or 定位的放射線治療(ガンマナイフ)
  • 3cm以上:手術両方


  • 手術療法:後頭蓋窩開頭法(耳介後部からのアプローチ)



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 2.聴神経鞘腫における術前脳神経描出の工夫
  • 清水 暢裕,清水 庸夫
  • The Kitakanto medical journal 62(2), 237-237, 2012-05-01
  • NAID 120004160939
  • 症例報告 運動失調に対する軟性コルセットと弾性ストッキングの有効性 : 聴神経鞘腫により運動失調を呈した1症例を通して
  • 常盤 紗恵子,宜野座 剛,佐藤 久友 [他]
  • 臨床理学療法研究 29, 69-72, 2012
  • NAID 40019413253
  • 定位放射線治療後手術治療を必要とした聴神経鞘腫の臨床分類と病理所見
  • 福田 直,佐々木 晶子,小林 信介 [他],北原 功雄,水谷 徹
  • 昭和医学会雑誌 72(4), 479-487, 2012
  • 放射線治療後腫瘍制御が不良で手術治療を施行した10例の手術適応,手術時期,画像所見,術中所見,病理所見に関して検討した.平均年齢は52.3歳(17~70歳),男性5例,女性5例,放射線治療はガンマナイフ8例,Xナイフ1例,陽子線1例で,放射線治療から手術にいたる期間は平均63.3か月(30~96か月)であった.手術適応は,腫瘍実質成分増大が原因で神経症状の悪化や追加が認められた症例,嚢胞が腫瘍実質 …
  • NAID 130003378208
  • 高精度放射線治療について : 聴神経鞘腫を中心に

関連リンク

多くの場合、神経鞘腫はこれらの神経が脳・脊髄を出てから骨の孔に入るまでのわずか な場所から発生しますが、末梢神経や軟部組織にも発生します。聴神経(第8脳神経) から発生することが最も多く(70~80%)、次いで三叉(さんさ)神経、顔面神経などから ...
聴神経腫瘍(聴神経鞘腫とも呼ばれます)とは、良性の脳腫瘍で、聴神経の周りを鞘の ように被っているシュワン細胞と呼ばれる細胞から発生する腫瘍のことです。この腫瘍は 良性の腫瘍で、非常にゆっくりとしたスピードで大きくなります。腫瘍が成長するのに ...

関連画像

写真5:聴神経鞘腫の手術 聴神経鞘腫 (ちょうしんけ 聴神経鞘腫聴神経鞘腫 (ちょうしんけ  鞘腫(聴神経鞘腫)(矢印)のMR画像聴神経鞘腫図3 聴神経鞘腫


★リンクテーブル★
国試過去問095B052」「075B046
リンク元脳腫瘍」「内耳神経」「神経線維腫症2型」「acoustic schwannoma」「聴神経腫瘍
関連記事神経鞘腫」「神経」「聴神経」「」「神経鞘

095B052」

  [★]

  • 石灰化がみられるのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095B051]←[国試_095]→[095B053

075B046」

  [★]

  • 聴神経鞘腫で患側に見られる徴候として誤っている物

脳腫瘍」

  [★]

brain tumor, cerebral tumor
脳新生物 brain neoplasm
頭蓋内腫瘍

概念

分類

疫学

腫瘍別発生頻度

腫瘍別発生頻度 小児 成人
神経膠腫 33% 星状細胞腫 髄膜腫
髄膜腫 22% 髄芽腫 膠芽腫
下垂体腺腫 15% 頭蓋咽頭腫 下垂体腺腫
神経鞘腫 9% 胚細胞腫 神経鞘腫
頭蓋咽頭腫 5% 上衣腫 転移性脳腫瘍

YN.J.188

部位 種類 小児 成人
頭蓋骨 頭蓋骨腫瘍
大脳半球 神経膠腫  
髄膜腫  
松果体 胚細胞腫  
小脳半球 星細胞腫  
血管芽腫  
小脳虫部 髄芽腫  
第四脳室 上衣腫  
鞍上部・
視交叉部・
下垂体部
頭蓋咽頭腫  
視神経膠腫  
胚細胞腫  
下垂体腺腫  
髄膜腫  
小脳橋角部 聴神経鞘腫  
脳幹部 神経膠腫

小児の脳腫瘍

SCN.173
  • 腫瘍:星細胞腫、髄芽腫、頭蓋咽頭腫、胚細胞腫、上衣腫の順に多い。
  • 部位:1歳まではテント上、2-7歳まではテント下、8-15歳まではテント上に多い。

放射線感受性

SCN.173
  • (高い)髄芽腫、胚細胞腫 > (低い)神経膠腫

転移性脳腫瘍

  • 肺癌(約半数)、乳癌、消化器癌、腎癌
  • 頻度:肺癌>乳癌>胃・腸癌 (SCN.173)

石灰化が見られる脳腫瘍

  • 乏突起膠腫:CT上、低吸収領域の中に石灰化がみられる。(SCN.173)
  • 上衣腫:CT:(単純CT)等~低吸収、(造影CT)中~強度の増強。小嚢胞や壊死、石灰化を認める
  • 髄膜腫:腫瘍の一部石灰化が少なからず見られる
  • 頭蓋咽頭腫:小児において石灰沈着が高頻度にみられる。

嚢胞性腫瘍

参考

  • 1. がんサポートセンター 脳腫瘍
[display]http://www.gsic.jp/cancer/cc_19/hc/02.html
  • 1-1. がんサポートセンター 脳腫瘍 フローチャート
[display]http://www.gsic.jp/cancer/cc_19/hc/cc_19_021.html
  • 2. 脳腫瘍 治療法ガイドライン [総論]
[display]http://www.ebm.jp/disease/brain/07noshuyo1/guide.html
  • 3. 資料
[display]http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/brain_adult.html
  • 4. 資料
[display]http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/brain_child.html
  • 5. 小児脳腫瘍
[display]http://www.geocities.jp/ululu_o_ululu/report-11.html

国試



内耳神経」

  [★]

vestibulocochlear nerve (N)
nervus vestibulocochlearis
第8脳神経 eighth cranial nerve CN VIII
脳神経内耳道 internal auditory meatus


  • 橋の底部から脳幹の外に出る
一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 鰓弓運動性 神経細胞(中枢神経外) 神経細胞(中脳) 神経細胞(橋) 神経細胞(延髄) 神経細胞(脊髄) ○-< 節後ニューロン 頭蓋からの出口 分布と機能
          膝神経節           内耳道、顔神経管、茎乳突孔 外耳道の皮膚の感覚
          膝神経節           舌の2/3,口腔底、口蓋の味覚
                  翼口神経節、顎下神経節 副交感神経:顎下腺、舌下腺、涙腺、鼻と口蓋の腺
                    支配筋:顔の表情筋、中耳のアブミ骨、茎突舌骨筋、顎二腹筋の後腹


臨床関連


神経線維腫症2型」

  [★]

neurofibromatosis type 2 NF2, neurofibromatosis type II NF II, neurofibromatosis 2
神経線維腫症II型
神経線維腫症1型 neurofibromatosis type 1 NF1

概念

  • 中枢神経系良性腫瘍
  • 両側の聴神経線維腫を伴う → 聴神経線維腫症

病因

遺伝

疫学

  • 5-10万人に1人

症状

難聴、めまい、平衡覚の異常

合併症

診断

検査

治療

診断基準(NIH)

以下の1つ以上を満たす。
  • 1. CT かMRIでの診断で認めた両側聴神経の腫瘍
  • 2. NF2の家族歴があり、本人が一側性の聴神経腫瘍を有するか、神経線維腫髄膜腫神経膠腫神経鞘腫、若年性白内障のうち2つを有していること。

予後

  • 予後不良。
  • 多発性頭蓋内腫瘍が再発を繰り返す



acoustic schwannoma」

  [★]

聴神経鞘腫聴神経シュワン細胞腫

acoustic neurinomaacoustic neuromabilateral acoustic neurofibromatosisneurofibromatosis 2、neurofibromatosis II、neurofibromatosis type 2neurofibromatosis type IItype 2 neurofibromatosis、type II neurofibromatosis、vestibular schwannoma


聴神経腫瘍」

  [★]

acoustic neuroma, acoustic nerve tumor, acoustic tumor
同?????
聴神経鞘腫 acoustic neurinoma、小脳橋角部腫瘍 cerebello-pontine angle tumor
聴神経腫前庭神経鞘腫



神経鞘腫」

  [★]

neurinoma, neurilemoma
シュワン細胞腫 Schwannomaシュワン腫
脳腫瘍

概念

  • 良性腫瘍
  • 原発性脳腫瘍全体の10%
  • 神経鞘腫の約90%はCN VIII原発(聴神経鞘腫)。その中でも前庭神経に由来するものが多い。

疫学

  • 30-60歳に好発
  • 男女比=1:1.3-1.5
  • 前庭神経(神経鞘腫の90%を占める)>三叉神経>舌咽・迷走・副神経、顔面神経、舌下神経、滑車神経

遺伝性

病理

  • 薄い皮膜
  • 柔らかい
  • 黄白色、赤褐色で易出血性。
  • Antoni A型とAntoni B型が混在

症状

  • 1. 初発症状:難聴(言語識別能の低下、高音域での聴力低下)、耳鳴り。15%の症例で突発性難聴で初発。5%の症例でめまいで初発。
  • 2. 進展して三叉神経を障害:角膜反射の消失。顔面神経は障害されにくい。
  • 3. 進展して小脳、脳幹を障害:四肢の運動失調、歩行障害
  • 4. 進展して第4脳室の閉塞、テント切痕部での髄液の通過障害:水頭症による頭蓋内圧亢進症状。
  • 5. 下方に進展した場合:舌咽神経、迷走神経などの下位脳神経障害:嚥下障害

検査

  • 温度眼振検査
  • 聴力検査
  • 純音聴力検査、語音明瞭土建鎖
  • 聴性誘発脳幹反応(ABR)

画像検査

  • MRI
  • T1:低信号
  • T2:高信号
  • Gd造影:均一に強く造影



神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類



聴神経」

  [★]

auditory nerve
CN VIII, vestibulocochlear nerve, acoustic nerve
内耳神経蝸牛神経




腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


神経鞘」

  [★]

neurilemma
神経線維鞘シュワン鞘




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡