社会恐怖症

出典: meddic

social phobia, social phobia
(アメリカ精神医学会)社会不安障害, social anxiety disorder, SAD
社会恐怖。(ICD-10 F40)恐怖症性不安障害神経症性障害

ICD-10

  • F40.1 Social phobias

疫学

  • 生涯有病率 0.36-10.8%
  • 女性が男性の2倍以上らしい
  • 20歳代後半で好発

臨床的特徴

  • 羞恥恐怖性
  • 状況依存性
  • 不安喚起性
  • 身体表出性
  • 性格起因性
  • 現実回避性

参考

  • 1. 社会恐怖 - wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E6%81%90%E6%80%96

国試

  • 105F004:「人前では緊張して思うように話ができない」
  • 101G003
  • 100D021:10歳ころから、人前で食事をしたり、話をしたりするのが極端に苦手になった。就職してからは、周囲から見られているようで、電車での通勤が辛かったと言う。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 社会恐怖症への催眠療法の試み
  • 児童期青年期の社会恐怖症状測定尺度の開発 : 回避行動と認知症状の測定(平成18年度心理科学研究科修士学位論文要旨)
  • 福原 佑佳子
  • 北海道医療大学心理科学部研究紀要 : J Psychol Sci 2, 156, 2006
  • NAID 110007144941
  • 個人療法と集団療法によって社会恐怖症が克服された1症例(一般演題)(第94回日本心身医学会関東地方会演題抄録)
  • 小野 幸子,小野 繁,渡辺 満子,清水 チエ,村上 正人,桂 戴作
  • 心身医学 44(1), 71-72, 2004-01-01
  • NAID 110001125373
  • IID-34 恐慌性障害と社会恐怖症の事象関連電位(CNV)を用いた精神生理学的検討(精神生理)
  • 植田 英里,植田 宏樹,袖長 光知穂,小坂 敦二,高橋 俊郎,渡辺 直樹,藍澤 鎮雄,長谷川 和夫,山本 卓二
  • 心身医学 33(抄録), 135, 1993-05-17
  • NAID 110001110817

関連リンク

人前で緊張したり赤面、震えなどが起こる社会恐怖症の症状について ... 上記のような社会恐怖症の症状に悩んでいる人は、かつての私もそうでしたが、自分の性格がいけないのだと、性格改善のために、交際術に関する本や、心理学 ...
その名の通り、対人状況で強い不安感や恐怖感が生じる対人恐怖症。「社会不安障害」「社会恐怖症」とも呼ばれます 初対面の人と話したり、人前でスピーチをしたりといった対人状況を苦手とする、いわゆるシャイな人は少なく ...
社会恐怖症=「社会不安障害」 人前でスピーチすると極度に緊張する人や、大勢での会食が苦手な人で、会社を休んだり会議を欠席したりする。 10代半ばから発症するケースが多い。症状を性格の問題と考え、受診しない人が多い。

関連画像

で増大する「イスラム恐怖症  集合体恐怖症』とは? [社会画像 : 夫婦で分かり合えない 対人恐怖症とは|対人恐怖症 社会恐怖症 社会すきな人すい 障害 社会 恐怖症 社会 単語, 雲, 特定, 社会, 恐怖症 絵対人恐怖症 - 社会不安障害


★リンクテーブル★
先読み神経症性障害」「SAD」「social anxiety disorder
国試過去問100D021」「105F004」「101G003
リンク元パニック障害」「恐怖症性不安障害」「閉所恐怖症
関連記事恐怖」「恐怖症」「社会恐怖」「」「社会

神経症性障害」

  [★]

neurotic disorder, neurotic disorders

分類

ICD-10

  • F40 - F48 Neurotic, stress-related and somatoform disorders

比較

PSY.197
古典的分類 ICD-10 DSM-IV
恐怖症 恐怖症性不安障害   不安障害 広場恐怖症
パニック障害
社会恐怖
不安神経症 他の不安障害 パニック障害
全般性不安障害
不安障害 パニック発作
全般性不安障害
強迫神経症 強迫性障害   不安障害 強迫性障害
ヒステリー神経症 解離性障害, 転換性障害   解離性障害  
身体表現性障害 転換性障害
身体表現性障害 身体化障害 身体表現性障害 身体化障害
心気神経症 身体表現性障害 心気障害
身体表現性自律神経機能不全
持続性身体表現性疼痛障害
身体表現性障害 転換性障害
心気症
疼痛性障害
離人神経症 他の神経症性障害 離人・現実感喪失症候群 解離性障害 離人症性障害

教科書的分類


SAD」

  [★]


social anxiety disorder」

  [★]

社会不安障害

social phobia


100D021」

  [★]

  • 45歳の男性。「会社に行きたくない」と言って来院した。10歳ころから、人前で食事をしたり、話をしたりするのが極端に苦手になった。就職してからは、周囲から見られているようで、電車での通勤が辛かったと言う。最近部長に昇格し、朝礼の司会をせねばならなくなった。このことが辛く、退職したいとすら思うと言う。最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100D020]←[国試_100]→[100D022

105F004」

  [★]

  • a 「怖いので飛行機には乗れない」
  • b 「世間の人々から嫌われている」
  • c 「明日にも何か大変なことが起こる」
  • d 「人ごみや公共の場所に行くと不安になる」
  • e 「人前では緊張して思うように話ができない」


[正答]


※国試ナビ4※ 105F003]←[国試_105]→[105F005

101G003」

  [★]

  • 18歳の女子。会社を休みがちで、心配した家族に伴われて来院した。高校卒業後デパートに就職したが、大勢の客の前で商品の説明をすることや販売することに苦痛を感じ、休みがちとなった。自宅では特に変わった様子はない。
  • 考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101G002]←[国試_101]→[101G004

パニック障害」

  [★]

panic disorder
恐慌性障害
他の不安障害神経症性障害不安障害広場恐怖

概念

疫学

  • 生涯有病率
  • パニック障害:3.8%
  • パニック発作:5.6%
  • 性差:女性の方が2-3倍多い
  • 発症年齢:一般的には若年青年期(平均年齢は25歳前後)

分類

DSM-IV-TR

  • 広場恐怖を伴うパニック障害
  • 広場恐怖を伴わないパニック障害
  • パニック障害の既往歴のない広場恐怖


症状

  • 10分ほどで急速に症状が増悪し、通常20-30分持続する
  • 切迫した死と破滅の感覚と極度の恐怖
  • 頻脈、動悸、呼吸困難、および発汗などを伴う
  • 発作間期の「また発作が起こるのではないか」という不安

鑑別診断

  • 他の精神疾患によるパニック発作(他の恐怖症、社会恐怖症外傷後ストレス障害)
  • 心血管障害、内分泌疾患(甲状腺・副甲状腺・副腎など)

治療

  • 薬物療法:


恐怖症性不安障害」

  [★]

phobic anxiety disorder, phobic anxiety disorders
神経症性障害

ICD-10

  • F40 Phobic anxiety disorders 恐怖症性不安障害
  • .00 Without panic disorder
  • .01 With panic disorder
  • F40.1 Social phobias 社会恐怖症
  • F40.2 Specific (isolated) phobias
  • F40.8 Other phobic anxiety disorders
  • F40.9 Phobic anxiety disorder, unspecified

分類

治療

  • 薬物療法:抗不安薬(ベンゾジアゼピン系、(重症)フェノチアジン系)。(パニック障害、恐怖症政府案障害、強迫性障害)SSRI。(強迫スペクトラムの疾患)SSRI。
  • 森田療法
  • 精神分析的精神療法
  • 認知療法
  • 行動療法
  • 認知行動療法


閉所恐怖症」

  [★]

claustrophobia
恐怖恐怖症閉所恐怖社会恐怖症


恐怖」

  [★]

fearphobiafrighthorror
恐怖症心配不安閉所恐怖症社会恐怖症恐れる



恐怖症」

  [★]

phobiaphobic disorderphobic
恐怖閉所恐怖症社会恐怖症恐怖症性障害
不安



社会恐怖」

  [★]

social phobiasocial fear
社会恐怖症社会不安障害社会的恐怖



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態


社会」

  [★]

societysocietal
学会協会




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡