監察医

出典: meddic

行政解剖法医解剖監察医制度死体解剖保存法解剖


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/28 02:33:22」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 東京都監察医務院における異状死例からの報告 : 危険ドラッグ関連死 (AYUMI 危険ドラッグの人体への影響 : 得体の知れない毒性・依存性を解明する)
  • 「夏の熱中症死亡者数の状況(東京都23区)」資料に見る熱中症死亡者の特徴(東京都監察医務院) (サブ特集 熱中症 予防と社会的背景 : 対策と支援を考える)
  • 日本の監察医制度の歩みと課題 (特集 死因究明制度の現状と将来展望)

関連リンク

7点在庫あり。ご注文はお早めに。 通常配送無料 こちらからもご購入いただけます - 文庫 ¥ 1 中古品 (21 出品) (17) 抜粋 前面: ... 県ノ1三まオtn 東邦医利大」Y卒業後、日本た判矢 学部法医Y教室に人る。5的「、東 京都監察医務1 ...
お知らせ 2013年10月10日 平成25年夏の熱中症死亡者の状況(東京都23区) 2013年8月7日 東京都監察医務院の全面改築工事についてのお知らせ(平成23年5月更新) 2013年6月26日 平成24年夏の熱中症死亡者の状況 2013年6月26日 ...
ジャンル別 の優れたセレクションからの 本 のオンラインショッピングなどを毎日低価格でお届けしています。 ... 自殺の9割は他殺である 2万体の死体を検死した監察医の最後の提言 上野正彦 (2012/12/7)

関連画像

監察医・室生亜季子の画像 p1_16DSC03583監察医の画像 p1_5監察医の画像 p1_36監察医・篠宮葉月 死体は語る 監察医・室生亜季子の画像 p1_17


★リンクテーブル★
先読み死体解剖保存法」「法医解剖」「行政解剖
国試過去問106B046」「098B002」「105G031
リンク元医師が関与する法律」「解剖
拡張検索監察医制度

死体解剖保存法」

  [★]

Law concerning Autopsyand Preservation of Corpse
医師が関与する法律死体解剖


第1条

この法律は、死体(妊娠四月以上の死胎を含む。以下同じ。)の解剖及び保存並びに死因調査の適正を期することによつて公衆衛生の向上を図るとともに、医学(歯学を含む。以下同じ。)の教育又は研究に資することを目的とする。

第2条

(死体解剖の資格)

死体の解剖をしようとする者は、あらかじめ、解剖をしようとする地の保健所長の許可を受けなければならない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、この限りでない。
一  死体の解剖に関し相当の学識技能を有する医師、歯科医師その他の者であつて、厚生労働大臣が適当と認定したものが解剖する場合 →死体解剖資格認定者?
二  医学に関する大学(大学の学部を含む。以下同じ。)の解剖学、病理学又は法医学の教授又は准教授が解剖する場合
三  第八条の規定により解剖する場合
四  刑事訴訟法 (昭和二十三年法律第百三十一号)第百二十九条 (第二百二十二条第一項において準用する場合を含む。)、第百六十八条第一項又は第二百二十五条第一項の規定により解剖する場合
五  食品衛生法 (昭和二十二年法律第二百三十三号)第五十九条第一項 又は第二項 の規定により解剖する場合
六  検疫法 (昭和二十六年法律第二百一号)第十三条第二項 の規定により解剖する場合

第7条

死体の解剖をしようとする者は、その遺族の承諾を受けなければならない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合においては、この限りでない。
一  死亡確認後三十日を経過しても、なおその死体について引取者のない場合
二  二人以上の医師(うち一人は歯科医師であつてもよい。)が診療中であつた患者が死亡した場合において、主治の医師を含む二人以上の診療中の医師又は歯科医師がその死因を明らかにするため特にその解剖の必要を認め、且つ、その遺族の所在が不明であり、又は遺族が遠隔の地に居住する等の事由により遺族の諾否の判明するのを待つていてはその解剖の目的がほとんど達せられないことが明らかな場合
三  第二条第一項第三号又は第四号に該当する場合
四  食品衛生法第五十九条第二項 の規定により解剖する場合
五  検疫法第十三条第二項 後段の規定に該当する場合

法令


法医解剖」

  [★]

medicolegal autopsy
監察医制度解剖


行政解剖」

  [★]

administrative autopsy
解剖#解剖の種類



106B046」

  [★]

  • 83歳の男性。 3日前に転院してきた。 1か月前にオートバイと接触し、左大腿骨骨折と左橈骨骨折とを受傷したが、順調に回復し、リハビリテーション目的で転院となった。転院直後から、夜間せん妄が出現していた。本日、看護師が階段の踊り場で心肺停止状態となっている患者を発見した。医師が死亡確認し検案したところ、頭部に出血を伴う皮膚損傷を認めた。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B045]←[国試_106]→[106B047

098B002」

  [★]

  • 64歳の男性。末期癌在宅ケアを受けている。担当医は週に2回午後に往診している。最後に担当医が往診した翌日の午前中に訪問看護師から死亡を看取ったとの連絡があった。担当医は直ちに往診し、診療中の末期癌で死亡したと判断した。
  • 担当医の取るべき処置で正しいのはどれか。
  • a. 警察へ連絡し、監察医を依頼する。
  • b. 警察へ連絡し、死体検案書を交付する。
  • c. 警察へは連絡せず、死体検案書を交付する。
  • d. 警察へは連絡せず、死亡診断書を交付する。
  • e. 死亡を看取った訪問看護師に死亡診断書を書かせる。
[正答]


※国試ナビ4※ 098B001]←[国試_098]→[098B003

105G031」

  [★]

  • 機関・人材と法律の組合せで正しいのはどれか。 2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 105G030]←[国試_105]→[105G032

医師が関与する法律」

  [★]

法令

医師が関与する法律

医師が間接的に関与する法律

コメディカルが関する法律

医師の届出義務

参考

  • 法令データ提供システム


解剖」

  [★]

dissectionanatomy
解体解剖学解離精査切開分析解剖学的形態郭清ダイセクション

解剖の種類

SUB12.33改変
  依頼 根拠法 解剖する者 目的 死体の性質 遺族の承諾
法医解剖 司法解剖 主に司法当局 刑事訴訟法 学識経験者(法医学医師) 犯罪調査 異状死体のうち犯罪死体、変死体 不要
行政解剖 監察医制度あり 死体解剖保存法 監察医 死因の確定 異状死体のうち非犯罪死体
(解剖中に司法解剖に切り替わることがある)
監察医制度なし(承諾解剖) 警察の嘱託医、法医学教室 必要
病理解剖 臨床医 病理医 内因死による死体
(異状死体であることが分かれば24時間以内に警察に通報
系統解剖 医学及び歯学の教育のための献体に関する法律 解剖学の教育者 教育   生前の本人の意志と家族の承諾


監察医制度」

  [★]

medical examiner system
死体検案




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡