皮膚生検

出典: meddic

skin biopsy


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 中枢神経症状をともない腎生検にて確定診断をえた血管内大細胞型B細胞リンパ腫の1例
  • 金澤 有華,萩原 のり子,松尾 龍 [他]
  • 臨床神経学 = Clinical neurology 54(6), 484-488, 2014-06
  • NAID 40020121546
  • Intravascular large B-cell lymphoma疑診例に対して施行したランダム皮膚生検33名の検討
  • 辻脇 真澄,藤田 靖幸,清水 宏
  • 日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology 124(7), 1305-1311, 2014-06
  • NAID 40020094299
  • 足底の軽微な紅斑の辺縁からの皮膚生検より診断しえたコレステロール結晶塞栓症のl例 (特集 血管炎・血行障害・紫斑病)
  • 藤田 ゆかり,竹尾 友宏,秋田 洋一 [他]
  • 皮膚科の臨床 56(5), 691-693, 2014-05
  • NAID 40020104430

関連リンク

概要. 皮膚の病気は、見た目だけでは確定診断できないものや、皮膚症状が似ていても全くことなる病気であることが ...
皮膚の病気は、診察しただけで診断が可能なものが多いのですが、その一方で、病理学的な検査を行わないと確定診断に ...

関連画像

皮膚生検 皮膚 生検 を した ところ bowen皮膚生検の1例皮膚生検の所見は、右の写真の  皮膚 生検 を した ところ bowen皮膚生検組織HE像 クリックで


★リンクテーブル★
国試過去問106D040」「106D051」「099F025」「106I053
関連記事生検」「皮膚

106D040」

  [★]

  • 72歳の男性。 1週前から続く両下肢の冷感と痛みとを主訴に来院した。 1か月前に不安定狭心症に対する冠動脈ステント留置術を受けた。 15年前から糖尿病高血圧症とで治療中である。喫煙は15本/日を50年間。体温36.6℃。脈拍84/分、整。血圧140/88mmHg。呼吸数18/分。両下腿に網状皮斑を認める。足趾チアノーゼを認める。尿所見:蛋白(-)、潜血(±)。血液所見:赤血球380万、Hb11.8g/dl、 Ht35%、白血球6,600(桿状核好中球5%、分葉核好中球60%、好酸球15%、単球5%、リンパ球15%)、血小板26万。血液生化学所見:アルブミン4.0g/dl、尿素窒素42mg/dl、クレアチニン3.0mg/dl(冠動脈ステント留置術前: 1.2mg/dl)。免疫学所見: CRP1.5mg/dl。リウマトイド因子(RF)陰性、抗核抗体陰性。 CH50 19U/mL(基準30-40)。下腿の皮膚生検のH-E染色標本(別冊No. 13)を別に示す。
  • 診断として考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106D039]←[国試_106]→[106D041

106D051」

  [★]

  • 60歳の女性。全身の皮疹を主訴に来院した。 3か月前から、特に誘因なく全身に痒みを伴う紅斑と水疱とが多発するようになったという。体幹と四肢とに紅斑と水疱とを認める。粘膜疹を認めない。皮膚生検の病理組織では表皮下水疱を認め、蛍光抗体直接法で表皮基底膜部にIgGC3との線状沈着を認める。食塩水処理皮膚を用いた蛍光抗体間接法で表皮側にIgGの陽性反応を認める。両前腕屈側の写真(別冊No. 21)を別に示す。
  • 診断として最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106D050]←[国試_106]→[106D052

099F025」

  [★]

  • 60歳の女性。指間の皮疹を主訴に来院した。
  • 関節リウマチで3年前から内服薬治療を受けている。最近、指間に痒みのある皮疹を生じ、市販の副腎皮質ステロイド薬を塗布したが、無効であった。
  • 指間部の写真を以下に示す。
  • まず行う検査はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 099F024]←[国試_099]→[099F026

106I053」

  [★]

  • 45歳の男性。皮疹を主訴に来院した。 6か月前に右鼠径部の皮疹に気付いた。中心部が治癒しながら周辺に拡大し、捧みを伴うという。右鼠径部の写真(別冊No.ll)を別に示す。
  • 治療を開始するための迅速な検査法として最も有用なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I052]←[国試_106]→[106I054

生検」

  [★]

biopsy
バイオプシー診査切除術 exploratory excision試験切除術


  • 管腔臓器に対しては内視鏡を用いて鉗子で病変を採取
  • 体内臓器を穿刺する。肝、腎、前立腺

施行

条件付き

  • リンパ節腫脹:感染によるリンパ節腫脹は自然消退しうるので一ヶ月以上経過観察してから。

禁忌

  • 悪性黒色腫:転移しやすいため
  • 精巣腫瘍:血行転移のおそれ   →  ゆえに精巣腫瘍を否定できない陰嚢腫脹に対しては診断を兼ねた高位精巣摘除が標準的治療

皮膚」

  [★]

skin
cutis
皮膚の構造






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡