皮下出血

出典: meddic

subcutaneous hemorrhage, subcutaneous bleeding, bruise





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/16 00:47:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P1-364 フェンタニルMTパッチ貼付部位に皮下出血を認めた1例(一般演題 ポスター発表,癌薬物療法(緩和ケア),臨床から学び臨床へと還元する医療薬学)
  • 古川 卓也,久保田 豊,峯村 素子,清水 徳子,斉藤 和彦
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 20, 347, 2010-10-25
  • NAID 110008108746
  • 白血病治療中に併発した侵襲性肺アスペルギルス症の一切除例
  • 坂入 祐一,門山 周文,和田 啓伸,山田 義人,吉野 一郎
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 24(6), 945-948, 2010-09-15
  • … 症例は皮下出血・発熱を認めた44歳女性.白血球増多症のため当院へ紹介され,急性骨髄性白血病と診断された.抗がん薬治療中に高熱と右肺上葉に増大する浸潤影を認め,侵襲性肺アスペルギルス症(IPA)が疑われた.陰影は抗真菌治療で治癒せず,白血病治療を妨げていた.治療継続のために右肺上葉切除術を施行した.肺病変は背部で壁側胸膜と強固に癒着しており,肺と共に胸膜と筋層の一部を合併切除した. …
  • NAID 10026639698

関連リンク

皮下出血: 原因90項目, 原因と診断,誤診,症状チェッカー. ... アレルギー、毒物、化学薬品: 皮下出血 アレルギー、化学薬品、または毒に関連する症状の原因がものがあります:
デジタル大辞泉 皮下出血の用語解説 - 打ち身などで皮下組織にある血管が切れて出血すること。血液は体外に出ず、暗色の斑状を示す。血管ないし血液の異常によって起こる場合もある。

関連画像

皮下出血photoイメージ 1APVイメージ 4したいものの、皮下出血


★リンクテーブル★
先読みbruise
国試過去問104G069」「098F014」「108H035」「097D031」「096A032」「107F013」「096B024」「102D018
リンク元血小板」「損傷
拡張検索眼窩周囲皮下出血
関連記事皮下」「」「出血

bruise」

  [★]

  • n.
  • 挫傷、打撲傷、打ち身。きずあと
  • (植物・果物の)押し傷
  • (皮や顔面の表面の)かすり傷
  • (心の)きず
  • vt.
  • ~に傷を与える。さんざん殴る
  • (金属・木材などを)へこませる。(薬剤・植物を)付き砕く
contusion, hurt, traumatize, undermine, wound


WordNet   license wordnet

「an injury that doesn''t break the skin but results in some discoloration」
contusion

WordNet   license wordnet

「break up into small pieces for food preparation; "bruise the berries with a wooden spoon and strain them"」

WordNet   license wordnet

「damage (plant tissue) by abrasion or pressure; "The customer bruised the strawberries by squeezing them"」

WordNet   license wordnet

「injure the underlying soft tissue or bone of; "I bruised my knee"」
contuse

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『打撲傷』,打ち身 / (果物・野菜の)傷 / …打に傷(あざ)をつける;〈果物など〉'を'傷つける / 〈感情〉'を'損なう,〈人〉‘の'気を悪くさせる / 打ち傷がつく,あざができる;〈果物などが〉傷む」


104G069」

  [★]

  • 78歳の男性。帰宅途中に転倒し顔面を打撲したため搬入された。72歳から胃食道逆流症で通院治療中である。10日前に仕事からの帰宅時に尿失禁をしたが、意識障害麻痺は伴わなかった。5日前の定期来院時、同伴の家族は少し元気がないと訴えたが、本人はそれを否定した。バイタルサイン、心肺および神経学的に異常所見を認めず帰宅した。搬入時、激しい頭痛や嘔吐はないが、右上肢が動かしづらいと訴える。意識は清明。体温 36.8℃。脈拍 92/分、整。血圧 154/64mmHg。右前額部から眼窩部にかけて皮下出血を認める。眼瞼結膜に貧血を認めない。右眼球結膜に出血を認める。胸部と腹部とに異常を認めない。神経学的所見で右指鼻試験がやや稚拙であるが、他に異常を認めない。尿所見、血液所見および血液生化学所見に異常を認めない。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。頭部単純CT(別冊No.12)を別に示す。


  • 考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G068]←[国試_104]→[104H001

098F014」

  [★]

  • 28歳の女性。腹痛を訴えて来院した。
  • 2日前から心窩部に重苦しい痛みが出現し、嘔気があった。体温は37.4℃であった。
  • 今朝から痛みは右下腹部に移動し、我慢できないほど強くなった。階段を降りるときには、右下腹部に痛みが響く。下痢はなく、2日前に排便があった。月経は1週前に終わっている。24歳時に帝王切開で出産した。
  • 意識は清明。体温37.8℃。脈拍104/分、整。血圧136/86mmHg。血液所見:赤血球390万、Hb11.9g/dl、Ht35%、白血球18,000。
  • この患者で可能性が最も高いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098F013]←[国試_098]→[098F015

108H035」

  [★]

  • 次の文を読み、 35、 36の問いに答えよ。
  • 60歳の女性。上腹部痛を主訴に来院した。
  • 現病歴: 1か月前から食後に腹痛を自覚するようになった。昨夜、還暦祝いに家族と外食をした後に悪心と右肩から背部に放散する上腹部の痛みがあり受診した。今朝からやや色の濃い尿に気付いたという。
  • 既往歴: 18歳時に虫垂切除術。
  • 家族歴:母親が糖尿病
  • 現症:意識は清明。身長 152 cm、体重 62 kg。体温 37.5 ℃。脈拍 92/分、整。血圧 124/70 mmHg。呼吸数 16/分。 SpO2 98% ( room air)。眼球結膜に黄染を認める。
  • この患者の身体所見として最も考えられるのはどれか。
  • a 腸雑音の減弱
  • b 腹壁皮下出血
  • c 肺肝境界の消失
  • d 左肋骨脊柱角の叩打痛
  • e 深吸気時の右季肋部圧痛


[正答]


※国試ナビ4※ 108H034]←[国試_108]→[108H036

097D031」

  [★]

  • 26歳の男性。自家用車の自損事故で腹部にハンドル外傷を受け、救急車で搬入された。意識は清明。呼吸数18/分。脈拍116/分、整。血圧102/76mmHg。顔面は蒼白である。眼瞼結膜は貧血様で、眼球結膜に黄疸はない。胸部は視診、打聴診で異常を認めず、心窩部から右季肋部に打撲によると思われる皮下出血を認める。腹部は平坦であるが軽い圧痛を右季肋部に認める。血液所見:Hb10.5g/dl、白血球9,800。まず行うべき検査はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097D030]←[国試_097]→[097D032

096A032」

  [★]

  • 53歳の男性。昨夜大量に飲酒した。今朝、数回嘔吐した直後から激しい心窩部痛が出現したため来院した。体温37.8℃。呼吸数35/分。脈拍110/分、整。血圧96/60mmHg。腹部は平坦、軟で肝・脾は触知しない。血液所見:赤血球520万、Ht45%、白血球12,000、血小板32万。上部消化管造影写真を以下に示す。この患者にみられるのはどれか。
  • (1) 皮下出血
  • (2) 頚部皮下気腫
  • (3) 左肺呼吸音減弱
  • (4) 左声音震盪減弱
  • (5) 腸雑音亢進
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)


[正答]
※国試ナビ4※ 096A031]←[国試_096]→[096A033

107F013」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107F012]←[国試_107]→[107F014

096B024」

  [★]

  • 死体検案時の外表所見において生活反応と判断できないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096B023]←[国試_096]→[096B025

102D018」

  [★]

  • 重症急性膵炎でみられないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102D017]←[国試_102]→[102D019

血小板」

  [★]

platelet (Z), blood platelet (Z), PLT
栓球 thrombocyte
血小板血栓血小板数 platelet count PLC


  • GOO. 1468(血小板凝集 platelet aggregation)
  • 半減期:1週間(異常値の出るメカニズム第2版)。4日 (SP.505)。
  • 寿命:10日
  • 体積:5-10 fl
  • 直径:2-5μm。
  • 無核。

基準値

  • 15万 - 40万 /μl (2007前期解剖学授業プリント, SP.505)
  • 15万 - 35万 /μl (2007前期生理学授業プリント, PT.233)

新生児

  • 10-28万/mm3 (SPE.74)

パニック値

出典不明
  • ≦3万 /μl、≧100万 /ul

産生組織

トロンボポエチンにより巨核球の細胞質がちぎれて血流に放出される (SP.505)

貯蔵組織

  • 約1/3が脾臓に存在

組織学

  • α顆粒 α-granule
P-セレクチンを膜上に持つ
フィブリノーゲンフィブロネクチン第V因子第VIII因子platelet factor 4PDGFTGF-α (BPT.89)
  • 濃染顆粒 dense body
ADPATP、Ca2+、ヒスタミンセロトニンエピネフリン (BPT.89)

機能 (SAN.236-237)

1.一次止血

  • (1) 内皮が剥離した部位にvWFが結合
  • (2) 血小板のGpIb/GpIXを介してvWFに結合
  • (3) GpIIb/IpIIIa複合体を膜状に発現。血小板が変形し顆粒を放出(ADP, TXA2,セロトニン)
TXA2,セロトニンは血管収縮作用
ADP, TXA2,セロトニンは血小板凝集

2.血液凝固の促進

  • 血小板表面のリン脂質がIX因子X因子を結合し活性化する

3.毛細血管機能の維持

  • 毛細血管内皮細胞に融合し血管内皮を補強している → 血小板減少により点状出血を来すことになる。

膜タンパク

ファミリー 慣用名 CD分類 リガンド 機能 欠損症
インテグリン GpIIb CD41 フィブリノゲン 凝集 Glanzmann血小板無力症(GT)
GpIIIa CD61
LRG GpIb CD42bc vWF 粘着 ベルナール・スリエ症候群(BSS)
GpIX CD42a
GpV CD42d

血小板減少による症状

  • 5-10万 :症状なし-やや止血しにくい程度
  • 2-3万  :下肢に点状出血 (→皮下出血)
  • 1万以下 :粘膜出血→臓器出血の危険あり

検査

  • 抗凝固剤としてEDTAを用いた場合、EDTA依存性偽血小板減少をきたすことがある。

臨床関連

数の異常

機能の異常

  • ストレージプール病の一つ。α顆粒の欠如




損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html



眼窩周囲皮下出血」

  [★]

Brillen Sugillation


皮下」

  [★]

subcutaneoussubdermalsubcutaneouslys.c.
皮下注射真皮下


血」

  [★]

blood, (漢方)blood and body fluid energy
血液血中


出血」

  [★]

hemorrhage, bleeding
出血量





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡