癌性髄膜炎

出典: meddic

meningitis carcinomatosa, meningeal carcinomatosis
軟膜癌腫症 leptomeningeal carcinomatosis、髄膜癌腫症???
髄液播種leptomeningeal metastases

検査

髄液検査

  • 細胞:増加しており、リンパ球と多核球が混在し、悪性細胞が見られる。

国試


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 胃癌術後に癌性髄膜炎および骨髄癌症を併発した1例
  • 菊池 由宣,中野 茂,石川 由起雄 [他]
  • 東邦医学会雑誌 58(2), 117-122, 2011-03
  • NAID 40018739336
  • 研究・症例 片側性多発脳神経障害(Garcin症候群)を契機に発見され肺癌を強く疑った1例
  • 長島 修,難波 由喜子,栗山 祥子 [他]
  • 日本胸部臨床 70(2), 192-197, 2011-02
  • NAID 40018713774
  • 胃癌術後癌性髄膜炎に対して髄腔内化学療法が症状コントロールに有用だった1例
  • 小林 由夏,杉谷 想一,大関 康志,飯利 孝雄
  • 日本消化器病学会雑誌 108(10), 1696-1704, 2011
  • … 症例は71歳男性.前庭部2型胃癌に対して幽門側胃切除を施行,腹膜播種陽性に対して化学療法を行っていたが,術後2年目に頭痛を主訴とする癌性髄膜炎再発をきたした.ステロイド,鎮痛剤に抵抗性であったが,MTX・Ara-Cの髄腔内投与で症状が改善し,3カ月間の在宅管理が可能であった.胃癌の生存延長とともにまれとされていた再発形式が増加しているが,治療法は定まっておらず,局所・全身化学療法を組み合わ …
  • NAID 130001206933

関連リンク

ある脳神経外科医のある脳外科医のぼやきの記事、癌性髄膜炎って? 終末期について ⑤ 再編版です。
2010年8月20日 ... ある脳神経外科医のある脳外科医のぼやきの記事、オンマヤリザーバーと癌性髄膜炎 の治療って? 終末期について⑥ 再編版です。
がん性髄膜炎とは、がん細胞が髄膜や脳髄液にまで達してしまうことによって発症する 髄膜炎です。悪性リンパ腫、急性リンパ ... がん性髄膜炎は髄膜炎の主症状の頭痛、 発熱、嘔吐の他に、まひや脱力、感覚の喪失などの症状も現れます。 がん性髄膜炎に は ...

関連画像

gd 造影 に て 脳 幹部 及び 脳 T1強調画像 T2強調画像脳炎 髄膜炎肺癌を認めます。細菌 性 髄膜炎 が 疑われた 5


★リンクテーブル★
国試過去問097D048」「099A044
リンク元譫妄」「carcinomatous meningitis
拡張検索びまん性癌性髄膜炎
関連記事髄膜炎」「髄膜」「」「癌性

097D048」

  [★]

  • 51歳の男性。3日前から39℃前後の発熱と激しい頭痛とがあり、家族に伴われて来院した。意識は混濁し、項部硬直を認めた。体温39.7℃。呼吸数18/分。脈拍92/分、整。血圧152/70mmHg。血液所見:赤沈70mm/1時間、白血球14,000(好中球68%、単球6%、リンパ球26%)、血小板41万。血糖102mg/dl,CRP10.5mg/dl(基準0.3以下)。脳脊髄液所見:初圧190mmH2O(基準70~170)、黄色混濁、細胞数15,000/mm3(基準0~2)(多核球85%)、蛋白77.4mg/dl(基準15~45)、糖15mg/dl基準50~75)。最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097D047]←[国試_097]→[097D049

099A044」

  [★]

  • 59歳の男性。頭痛と吐き気とを主訴に来院した。
  • 1か月前から頭痛と吐き気とがあり、徐々に増悪してきた。
  • 意識は清明。身長168cm、体重45kg。呼吸数18/分。脈拍92/分、整。血圧110/82mmHg。貧血と黄疸とを認めない。胸部にラ音を聴取しない。腹部は平坦で、肝・脾を触知しない。下肢に浮腫を認めない。眼底検査でうっ血乳頭を認める。
  • 頭部単純MRIのT1強調像と造影MRIのT1強調像とを以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 099A043]←[国試_099]→[099A045

譫妄」

  [★]

譫妄


「せん妄」を使うのが普通らしいよ
delirium, confusional state
せん妄急性錯乱状態 acute confusional state急性脳症候群 acute brain syndrome
意識障害アメンチア ← せん妄の軽度なものとして使われていたが、今日で使われるのは稀らしい。

定義

  • 種々の意識混濁があって、時間、空間の見当識障害が見られ、情動不穏、精神運動興奮が見られる状態

症状

疾患との関連

  • 手術後、感染症等の身体的疾患、薬物中毒、多発性脳梗塞、痴呆など脳機能が低下しているときに発生しやすい

病因

table 26-2 譫妄の主要な病因 (HIM.160)

  • 毒物
  • 処方薬:抗コリン薬、麻薬、ベンゾジアゼピン系薬
  • 薬物乱用:アルコール中毒、アルコール離脱、オピオイド系薬、エクスタシ、LSDγ-ヒドロキシ酪酸(GHB, γ-hydroxybutyrate)、フェンシクリジン(PCP, phencyclidine)
  • 代謝
  • 感染症
  • 全身感染症:尿路感染症、肺炎、皮膚・軟部組織感染症、敗血症
  • 中枢神経感染症:髄膜炎、脳炎、脳の右葉
  • 内分泌
  • 心血管疾患
  • 全身性低灌流状態(global hypoperfusion states)
  • 高血圧性脳症
  • 巣状虚血性梗塞や出血:頭頂葉、視床(ただ主要な病変部位ではない)
  • 自己免疫性疾患
  • てんかん関連疾患
  • 腫瘍性疾患
  • 入院
  • 終末期の譫妄



carcinomatous meningitis」

  [★]

  • 癌性髄膜炎
leptomeningeal metastases

びまん性癌性髄膜炎」

  [★]

diffuse carcinomatous meningitis
びまん性転移性髄膜癌腫症


髄膜炎」

  [★]

meningitis
脳脊髄膜炎
蛋白細胞解離


病因

  • 感染症(細菌、ウイルス、真菌など)、悪性腫瘍の浸潤 → 髄膜の炎症

分類

病原体

  • 菌血症→脳脈絡叢→髄腔
  • 菌体成分(LPSなど)→BBB, 上衣細胞、脳細胞の障害。神経膠細胞による炎症サイトカインの分泌
  • 血行性、あるいは神経軸索によりウイルスが髄腔に波及。

臨床経過

宿主要因と髄膜炎に関わる病原体

頻度・年齢階層が資料によって異なるため混乱しないように注意。

YN.J-137改変

4ヶ月未満 B群溶連菌(50%) 大腸菌(25%) インフルエンザ菌(20%) リステリア菌(1%)  
4ヶ月~6歳未満 インフルエンザ菌(70%) 肺炎球菌(25%)      
6歳~50歳未満 肺炎球菌(65%) インフルエンザ菌(10%) 髄膜炎菌  
50歳以上 肺炎球菌(80%) 黄色ブドウ球菌      
免疫不全者 クレブシエラ 連鎖球菌 緑膿菌 黄色ブドウ球菌 真菌

first aid step1 2006 p.161

Newborn (0–6 mos) Children (6 mos–6 yrs) 6–60 yrs 60 yrs +
Streptococcus agalactiae Streptococcus pneumoniae Neisseria meningitidis Streptococcus pneumoniae
Escherichia coli Neisseria meningitidis Enteroviruses Gram-negative rods
Listeria Haemophilus influenzae type B Streptococcus pneumoniae Listeria
  Enteroviruses HSV  
incidence of H. influenzae meningitis has ↓ greatly with introduction of H. influenzae vaccine in last 10–15 years.

CBT QB vol2 p.562

  1位 2位 3位
新生児 大腸菌 B群溶連菌 リステリア菌
小児期(6歳以下) インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  

IMD.1042

年齢 病原体
3ヶ月未満 B群溶連菌 大腸菌 リステリア菌
3ヶ月以上の乳小児 インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  
高齢者 肺炎球菌 グラム陰性桿菌 リステリア菌

小児細菌性髄膜炎起炎菌(PED.606)

<3か月 3か月≦
グラム陽性 球菌 Streptococcus agalactiae
Streptococcus pneumoniae
Staphylococcus
Enterococcus faecalis
Streptococcus pneumoniae(PSSP/PISP/PRSP)
桿菌 Listeria monocytogenes Listeria monocytogenes
グラム陰性 球菌 Neisseria meningitidis Neisseria meningitidis
桿菌 Escherichia coli
Enterobacter cloacae
Serratia marcescens
Haemophilus influenzae type b

新生児

  • Streptococcus agalactiaeは産道感染
  • Escherichia coliもおそらく産道感染

新生児と老人

  • Listeria monocytogenesは産道感染するので新生児に多い。新生児と老人に多いのは通性細胞内寄生菌で細胞性免疫の弱い宿主に感染やすいため?

乳児~幼児

  • Haemophilus influenzae type B

乳児~大人

  • Enteroviruses
  • Neisseria meningitidis

小児~大人

  • Herpes simplex virus

乳児~老人

  • Streptococcus pneumoniae

老人

  • グラム陰性桿菌は老人

髄膜炎の鑑別

  細菌性髄膜炎 ウイルス性髄膜炎 結核性髄膜炎 真菌性髄膜炎 癌性髄膜炎
外観 混濁 clear 水様~
キサントクロミー
日光微塵
clear~
日光微塵
clear~
キサントクロミー

70-180
(mmH2O)
↑↑
200~800以上

200~300

200~800

200~800

200~300
細胞
0-5
(/mm3)
500~数百万 10~1,000 25~1,000 25~1,000 25~500
好中球 リンパ球 リンパ球 リンパ球 好中球
タンパク
15-45
mg/dl
↑↑
50~1,500

正常~100

50~500

100~500

50~500

50-80
mg/dl
↓↓
0~40

正常
↓↓
~40
↓↓
~40

~40

予後不良因子

  • 入院時の状態に依存する:痙攣、意識レベルの変化、低血圧 (IRE.407)

国試



髄膜」

  [★]

meninx, meninges (M)
脳脊髄膜



炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症

癌性」

  [★]

cancerouscarcinomatous
がんがん性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡