甲状腺刺激阻害抗体

出典: meddic

thyroid stimulating blocking antibody TSBAb
TSH受容体抗体甲状腺ホルモン




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Hypothyroid Graves' Diseaseを併発しTSAb著明高値を示した橋本病の一例
  • 中井 美穂,岡田 洋右,谷川 隆久,神田 加壽子,森田 恵美子,田中 良哉
  • 産業医科大学雑誌 25(3), 333-339, 2003-09-01
  • … を経験した.本例は慢性副鼻腔炎が存在していたためにステロイドパルス療法は施行しなかったが,甲状腺ホルモン補充療法にて眼症状・TSAb値ともに改善傾向を示した.このような臨床経過より,本例では甲状腺刺激阻害抗体(TSBAb)も陽性であったが,甲状腺機能低下の主因はTSBAbではなく橋本病による甲状腺濾胞細胞の破壊と考えられた.バセドウ眼症では甲状腺機能亢進症例が多いが,本例のようにTSAbが高値で甲状腺機能低下 …
  • NAID 110001259582
  • 甲状腺刺激阻害抗体高値を認めた破壊性甲状腺炎の1例
  • 小川 春美,北濱 眞司,皆川 晃伸,鈴木 美穂,今井 富彦,和田 誠基,飯高 誠,片山 茂裕
  • 日本内科学会雑誌 92(4), 662-664, 2003-04-10
  • 症例は31歳,男性.前頸部腫脹,発熱,動悸で来院した.超音波検査は亜急性甲状腺炎を支持せず,甲状腺自己抗体は陽性を示した. 123Iシンチグラムでは甲状腺への取り込みが見られず,バセドウ病は否定的であった.本例では自己免疫性甲状腺疾患を基礎に破壊性の機序が加わり,さらに経過中に甲状腺受容体阻害抗体が高値となり,甲状腺機能の低下が導かれたと考えられた.
  • NAID 10011058251

関連リンク

関連項目 サイロイドテスト(抗サイログロブリン抗体)、 マイクロゾームテスト(抗マイクロゾーム抗体)、 甲状腺刺激ホルモン(TSH)、 総サイロキシン(T 4)、 トリヨードサイロニン(T 3)、 遊離サイロキシン(FT 4)、 遊離 ...
甲状腺機能亢進症におけるバセドウ病はTSH受容体抗体(TRAb)によって発症する。TSH受容体抗体には刺激型と阻害型の2種類があり、このうち刺激型はTSH受容体に対してアゴニストとして作用し、甲状腺細胞膜中のadenylate cyclase ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み甲状腺ホルモン」「TSH受容体抗体
リンク元甲状腺刺激ホルモンレセプター抗体」「甲状腺刺激ホルモン受容体抗体」「TSBAb」「thyroid stimulating blocking antibody
関連記事甲状腺」「抗体」「刺激」「」「阻害

甲状腺ホルモン」

  [★]

thyroid hormone, thyroid hormones
甲状腺サイログロブリンカルシトニン甲状腺ホルモン製剤
胎児の発育・新生児の生理と適応


  • SP.915-

種類

分類

性状

  • 疎水性アミノ酸

産生組織

標的組織

受容体

  • 核内甲状腺受容体(甲状腺ホルモン受容体ファミリー)
ステロイドレセプタースーパーファミリーに属する → 核内受容体スーパーファミリー

作用

代謝系別

  • 1. 熱産生
  • 脳、脾臓、睾丸をのぞくすべての組織で酸素消費を高める ← 甲状腺クリーゼによる発熱の原因
  • 2. 自律神経系
  • カテコラミンの作用を増強する
  • 心筋細胞のカテコールアミン受容体を増加 ←証明されていない?
  • 3. 内分泌
→甲状腺ホルモンの投与によりコルチゾールが減少し副腎クリーゼを誘発
  • 4. 呼吸器系
  • 5. 造血器系
  • エリスロポエチン産生促進 → 赤血球増加
  • ヘモグロビンからの酸素解離を促進 → 末梢組織での酸素利用↑
  • 6. 骨格筋系作用
  • 骨代謝回転を高め、骨形成・骨吸収を促進 (閉経後女性で甲状腺ホルモン多 → 骨塩量減少 → 骨粗鬆症
  • グレーブス病では筋肉蛋白の代謝亢進、筋肉量の減少、筋力低下、筋脱力、四肢麻痺
  • 7. 糖代謝
  • 糖代謝の亢進
  • 8. 脂質代謝
  • 肝臓におけるコレステロール産生を促進
  • 肝臓のトリグリセリドリパーゼ活性を亢進し、コレステロールの代謝を促進
コレステロールが減少 ← 総じて分解系の法が作用が強い
  • 9. その他

薬理学的作用 (SPC.321)

  • 成長と発育
全ての生体の活動に関わる-(不足)→成長停止、身体的・精神的発育停止
  • 熱産生と体温調整
組織の酸素消費を高め、基礎代謝を亢進させる。Na+,K+-ATApaseの活性刺激や、核内クロマチンに作用してDNA転写を促進する作用による
  • 代謝亢進作用
上記の通り
  • TSH分泌抑制
ネガティブフィードバック

分泌の調節

  • 分泌の制御系
視床下部--(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)-→下垂体前葉--(甲状腺刺激ホルモン)-→甲状腺濾胞細胞-→T3, T4-→T3, T4下垂体前葉・視床下部に作用し甲状腺刺激ホルモンの分泌を抑制

分子機構

臨床関連

過多

欠乏

  • 甲状腺機能検査値の異常を来す病態。ほとんどの場合TSHは正常
  • free T3↓、rT3↑(重症ではT4↓、TSH
  • 低栄養、外傷、感染症、手術、腎不全、肝不全、心不全、悪性腫瘍
  • エネルギー消費を減らすための適応かもしれない
以上2007後期生理学授業プリント内分泌(3)

生合成 (SP.916)

TSH受容体抗体」

  [★] 甲状腺刺激ホルモンレセプター抗体


甲状腺刺激ホルモンレセプター抗体」

  [★]

thyroid stimulating hormone receptor antibody TRAb, thyroid-stimulating hormone receptor antibody
TSH結合阻害免疫グロブリン TSH-binding inhibiting immunoglobulin
TSH受容体抗体TSHレセプター抗体抗TSH受容体抗体 TSH receptor antibody
甲状腺TSH



  • TSH受容体に対する自己抗体を測定する。バセドウ病では90%以上が陽性となる
  • TSH受容体に結合してシグナルを入力する自己抗体(TSAb)と、シグナルの入力を妨げるもの(TSBAb)を同時に検出する。


甲状腺刺激ホルモン受容体抗体」

  [★]

thyroid-stimulating hormone receptor antibody, TSHRAb, thyrotropin receptor antibody, TRAb
甲状腺刺激抗体甲状腺刺激阻害抗体


TSBAb」

  [★] 甲状腺刺激阻害抗体

thyroid stimulation blocking anti-body


thyroid stimulating blocking antibody」

  [★] 甲状腺刺激阻害抗体

甲状腺」

  [★]

thyroid gland
glandula thyroidea
甲状腺ホルモン副甲状腺(上皮小体)
喉頭
  • 図:N.24(全面の筋),25(全面の筋),70(血管),71(血管)

解剖学

部位

性状

  • 成人の正常重量15-25g、女性の方が少し重い。妊娠中や性周期で重量が変化する。分泌期初期(early secretary phase排卵後2-5日目)には50%も重量が増加する。

大きさ

よくわかる甲状腺疾患のすべて 永井書店 (2004/01) ISBN 481591673X
単位はmm?
  n 峡部 横断厚 横径 縦経(右) 縦経(左)
男性 34 1.8±0.6 18±3.0 48±4.8 49±3.7 49±3.8
女性 16 1.3±0.8 16±2.2 46±3.6 45±6.0 46±3.0

血管

動脈

静脈

神経

声帯を支配する神経が甲状腺の裏側を通過 N.71

画像

  • 超音波検査
  • (高エコー)筋肉>甲状腺>気道(低エコー)  ← 要確認

組織学

濾胞上皮細胞 follicular cell

  • 甲状腺ホルモンを産生、分泌。

C細胞 C cell

  • 成人甲状腺全体の0.1%を占める
  • カルシトニン産生細胞、HEでは判別困難。
  • 銀染色(Glimerius)、免疫組織化学(chromogranin A、synaprophysin, carcitoninなど)により明らかとなる。
  • 電顕では、electron dense な顆粒を有する(神経内分泌顆粒)。

機能

発生

神経支配

  • 上頚部交感神経節、中頚部交感神経節。交感神経神経線維は濾胞近傍に終末し、分泌に影響を及ぼす。

臨床関連

非腫瘍性疾患

  • 1. 遺伝疾患、発達傷害
  • mynocyclineによるblack thyroid:消耗性色素リポフスチンと他の物質(lipid-drug complexによりlysosomeに色素が沈着する)。
  • 4. 感染
  • 5. 自己免疫性甲状腺疾患

腫瘍性疾患 (甲状腺腫瘍)

  • 1. 良性腫瘍
  • a) 濾胞腺腫 follicular adenoma
  • 2. 悪性腫瘍 悪性腫瘍中の頻度)
  • a) 乳頭癌 papillary carcinoma 88%
  • b) 濾胞癌 follicular carcinoma 4.2% 甲状腺濾胞癌 thyroid follicular carcinoma
  • c) 低分化癌 poorly differentiated carcinoma
  • d) 未分化癌 undifferentiated carcinoma 1.5%
  • e) 髄様癌(C細胞癌) medullary carcinoma, C-cell carcinoma 1.4%
  • f) 悪性リンパ腫 malignant lymphoma 3.5%


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

分類






抗体」

  [★]

antibody, Ab
γ-globline、免疫グロブリン
  • 抗原を特異的に認識する糖蛋白質である免疫グロブリンの一種。
  • 血液・リンパ液中で抗原と非結合状態のものを指す
  • 液性免疫に関与




刺激」

  [★]

(刺激そのもの)stimulusstimuli。(行為)stimulation、、stimulateirritateincite、(薬物や抗原で)prime
impulse
刺激作用煽動抗原刺激扇動予備刺激




体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


阻害」

  [★]

blocking(精神医学), inhibition(生化学)
遮断 blockade途絶





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡