熱性痙攣

出典: meddic

febrile convulsion
熱性けいれん
痙攣


概念

  • 発熱に伴って生じる年齢依存性の痙攣。
  • 中枢神経系感染症に起因しない、明らかな頭蓋内の異常を伴わないもの。

疫学

  • 日本では全人口の9%に見られる ⇔ 欧米では人口の5%。
  • 6ヵ月から3-4歳。(1-2歳に発生しやすく、6ヶ月から6歳頃までありうる)。6ヶ月未満、6歳以降ではまれ
  • 家族歴があることがある。親が熱性痙攣の場合20%、同胞が熱性痙攣の場合50%、双生児の一方が熱性痙攣であると80%の確立で熱性痙攣を発症。
  • 1/4の症例では反復する

病型

以下の3つを満たす。
  • 1. 全身性強直間代痙攣
  • 2. 持続時間15-20分以下
  • 3. 24時間以内に再発しない
単純型熱性痙攣の3つの条件の内いずれかを満たさないもの


もう困らない救急・当直ver2 p.237
  単純型熱性痙攣 複雑型熱性痙攣
痙攣持続時間 15分未満 15分以上
痙攣合計児間 断続的30分未満 断続的30分以上
24時間以内 1回のみ 2回以上
痙攣部位 全身性痙攣 局所性・片側性痙攣
基礎疾患 神経学的基礎疾患なし 神経学的基礎疾患あり
年齢 1~6歳 1歳未満、6歳超

てんかんに移行する危険因子

SPE.630
1項目以上該当すれば複雑型熱性痙攣
  • 1. 初発の熱痙攣が15分以上遷延、24時間以内に反復、片側性、焦点性
  • 2. 熱性痙攣の発現以前より神経学的異常や知的障害、運動障害を示すもの
  • 3. 両親、同胞にてんかんの家族歴がある物

熱性痙攣の再発率を高める因子

SPE.630
  • 1. 初発が1歳未満のもの。
  • 2. 両親、または片親に熱性痙攣の既往がある

症状

診断

  • 他の神経所見がないか見て、あれば髄膜炎や脳炎を考慮。

治療

管理

  • ワクチン接種により熱痙攣をきたしたら、一年間は予防接種をしない方が良い。抗痙攣薬や解熱剤でコントロールできる場合はこの限りでない。

参考

  • 1. [charged] 熱性けいれん - uptodate [1]
  • 2. [charged] 患者情報:熱性けいれん - uptodate [2]

国試


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/31 02:01:48」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 急性感染症後に低T3症候群を呈した2幼児例
  • 橋本 和典,金子 裕貴,白髪 宏司 [他],吉井 啓介,大澤 眞木子
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E1), E390-E394, 2013-01-31
  • 熱性痙攣後にジアゼパム坐薬を使用した. …
  • NAID 110009559402
  • 東京都の病院前小児緊急度判断基準の妥当性の検討
  • 野坂 宜之,六車 崇,植松 悟子,伊藤 友弥,賀来 典之
  • 日本救急医学会雑誌 24(9), 758-766, 2013
  • … うち75%が熱性痙攣症例であった。 …
  • NAID 130004840970
  • ダブルバルーン法を用いた小腸内視鏡にてポリープ切除を施行したPeutz-Jeghers症候群の7歳女児の1例
  • 中竹 利知,濱田 吉則,高田 晃平 [他],荒木 吉朗,矢内 洋次,三木 博和,岩井 愛子,權 雅憲
  • 日本小児外科学会雑誌 48(4), 738-742, 2012-06-20
  • … 症例は7歳の女児.家族歴は父がPeutz-Jeghers症候群.無熱性痙攣後も嘔吐が持続し腹部超音波検査で,ポリープによる腸重積症と診断され,ポリープ切除の目的で当科に紹介された.ダブルバルーン法による小腸内視鏡(Double Balloon Enteroscopy; …
  • NAID 110009470928
  • フロッピーインファントにみられた粘膜下口蓋裂の1例
  • 高田 佳之,小田 陽平,泉 直也,小林 正治,齊藤 力
  • 日本口蓋裂学会雑誌 36(3), 208-212, 2011-10-25
  • 熱性痙攣を頻発した経過から先天性ミオパチーであることも否定できず,筋力の低下による呼吸不全や悪性高熱のリスクが考えられたため,軟口蓋形成術を3歳2か月時まで延期した。 …
  • NAID 10030795100

関連リンク

熱性けいれんは、乳幼児が熱をだしたときに、いっしょにおきるけいれんのことを言います 。急に、手足がピーンと強くこわばること(強直性けいれん)が多いのですが、同時に、目 はあらぬ方に向いて、口からあわをふき、呼吸を止めてしまいます。次第に唇や顔の色 ...
熱性けいれん(熱性痙攣)は乳児に見られる発熱時のけいれん。けいれんを起こすが てんかんではない。 目次. 1 定義; 2 発症; 3 原因; 4 予後; 5 治療. [編集] 定義. 発熱 時に痙攣を起こせば熱性けいれんと定義されるが、通常は発症が5分以下で発作の形 に左右 ...

関連画像

熱性痙攣の前兆をチェック  愛息の熱性痙攣(1) - gooベビー熱性けいれんの話熱性けいれんガイドラインが18 熱性けいれんの予防法 熱性けいれんの話もう熱性けいれんで慌てない 熱性けいれん|けいれん


★リンクテーブル★
国試過去問102H037」「101D021」「093B073」「086B062」「086B060
リンク元febrile seizure
拡張検索単純型熱性痙攣」「複雑型熱性痙攣」「複雑性熱性痙攣」「単純性熱性痙攣
関連記事痙攣

102H037」

  [★]

  • 次の文を読み、37、38の問いに答えよ。
  • 10か月の乳児。けいれんを起こしたため搬入された。
  • 現病歴:2日前の朝から38.5℃の発熱と喘鳴とがあり、抗菌薬と鎮咳去痰薬の投与を受けた。今朝から機嫌が悪く、昼過ぎから全身性強直間代性けいれんを起こした。来院時けいれんは停止していたが、けいれんの持続時間は40分間であった。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 発達歴:特記すべきことはない。
  • 家族歴:母親が子供のころにけいれんを起こしたことがある。
  • 現症:呼びかけても開瞼しない。身長73cm、体重9,210g。体温38.8℃。呼吸数36/分。心拍数120/分、整。皮膚に発疹を認めない。眼瞼結膜に貧血を認めない。咽頭に発赤を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を1cm触知する。四肢の腱反射は軽度亢進している。
  • a. 発症年齢
  • b. けいれんの型
  • c. けいれん時の体温
  • d. けいれんの家族歴
  • e. けいれんの持続時間
[正答]


※国試ナビ4※ 102H036]←[国試_102]→[102H038

101D021」

  [★]

  • 8か月の乳児。発熱けいれんとを主訴に来院した。午前中は元気で哺乳力も良好であったが、午後になって発熱に気付いた。その後、約3分続く全身のけいれんを認めた。発熱もけいれんも出生後初めてだという。意識は清明。身長72cm、体重8,600g。体温38.6℃。大泉門の膨隆は認めない。咽頭に軽度の発赤を認める。鼓膜に異常はない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部に異常を認めない。項部硬直とKernig徴候とはみられない。血液所見と血清生化学所見とに異常を認めない。
  • 対応として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101D020]←[国試_101]→[101D022

093B073」

  [★]

  • 疾患と治療薬との組み合わせで正しいのはどれか
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

086B062」

  [★]

  • 疾患とのその合併症との組み合わせで適切なのはどれか
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

086B060」

  [★]

  • 単純型熱性痙攣について正しいのはどれか
  • a. 乳児期前半に多い
  • b. 短時間で再発することが多い
  • c. 全般性痙攣のことが多い1
  • d. 痙攣後一時的に片麻痺を残すことが多い
  • e. 全般性痙攣を伴うてんかんに移行することが多い

febrile seizure」

  [★] 熱性痙攣熱性けいれん


単純型熱性痙攣」

  [★]

熱性痙攣
  • 6ヶ月から5歳に多い
  • 全身性強直間代発作
  • 持続時間は15-20分以下
  • 24時間以内に再発しない
  • 体温は38℃以上のことが多い。38℃以下ではてんかんが疑われる。

国試


複雑型熱性痙攣」

  [★]

complex febrile seizure
熱痙攣熱性痙攣複雑性熱性痙攣複雑性熱性けいれん複雑型熱性けいれん単純性熱性痙攣


複雑性熱性痙攣」

  [★]

complex febrile seizure
複雑型熱性痙攣複雑性熱性けいれん複雑型熱性けいれん


単純性熱性痙攣」

  [★]

simple febrile seizure
熱痙攣熱性痙攣複雑型熱性痙攣単純熱性痙攣


痙攣」

  [★]

痙攣

(脳脊髄性)convulsionseizure、(痛性)cramp、(痙縮)spasmconvulsive
痙攣発作
筋痙攣痙縮痙直痙攣痙攣性スパスムスパズムてんかん癲癇てんかん発作腹痛発作攣縮けいれん性れん縮こむら返り腓返り筋けいれん


分類

部位

  • 全身性
  • 局所性

原因

  • 全身性

アミノ酸代謝異常で痙攣を呈さないもの

乳幼児期の精神発達遅延+痙攣

YN.J-39


参考

  • 1. 小児科診療・2009年・6号 (103)1083 けいれん


国試





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡