桿状核好中球

出典: meddic

band neutrophil
好中球


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 多様な疾患における犬のC反応性蛋白濃度(臨床病理学)
  • 中村 正明,高橋 雅,大野 耕一,越野 明子,中島 亘,瀬戸口 明日香,藤野 泰人,辻本 元
  • The journal of veterinary medical science 70(2), 127-131, 2008-02-25
  • … の間には弱い相関(r=0.44)しか認められず,桿状核好中球数との間には相関は認められなかった.CRP濃度とアルブミン濃度との間にも相関は認められなかったが,蛋白漏出の可能性のある腸疾患とネフローゼ症候群を除外した際にはCRP濃度とアルブミン濃度との間に弱い負の相関(r=-0.40)が認められた.CRPはさまざまな炎症性疾患において上昇し,白血球数や桿状核好中球数の測定だけでは検出できない炎症の …
  • NAID 110006613914

関連リンク

好中球は、正常な状態では末梢血中に分葉核球(2~3葉が多い)が多く認められる。 感染症等の場合、免疫応答による好中球増加が見られるが、その初期の段階では桿状 核球が増加し更に幼若な後骨髄球や骨髄球が末梢血 ...
末梢血内には顆粒球・リンパ球・単球があり、顆粒球はギムザ染色による染色のされ方 の違いによって好中球、好酸球、好塩基球の3つに分類される。 したがって .... さらに 桿状核球を経て分葉核球へと分化するが、この最後の2つをもって好中球と呼ぶ。 骨髄 の ...

関連画像

核 の 異常 核 の 過分 葉 した 顕微鏡 下 で 部分 の 核 は 骨髄 の 顕微鏡写真 アルコール 桿状核好中球 好中球 リンパ球 正答 f 例題 48 2 症候 emi 多 ここ でみられる 細胞 は


★リンクテーブル★
国試過去問103D046」「106A027
リンク元band
拡張検索巨大桿状核好中球
関連記事好中球」「

103D046」

  [★]

  • 30歳の男性。会社員。独身。高度の呼吸困難、発熱および乾性咳嗽を主訴に来院した。3か月前から全身倦怠感と乾性咳嗽、2か月前から体動時の息切れ、2週前から発熱がみられ呼吸困難は高度となった。22歳から2年間海外に留学した。意識は清明。身長178cm、体重56kg。体温 38.2℃。呼吸数 30/分。脈拍 112/分、整。血圧 114/60 mmHg。チアノーゼを認める。血液所見:赤血球 452万、Hb 12.8 g/dl、Ht 40%、白血球 8,200(桿状核好中球 16%、分葉核好中球 64%、単球 8%、リンパ球 4%)、血小板 17万。免疫学所見:CRP 18mg/dl、IgG 620 mg/dl (基準 960~1,960)、β-D-グルカン 280pg/ml(基準 20以下)。胸部エックス線写真で両側び慢性に浸潤影を認める。
  • 治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103D045]←[国試_103]→[103D047

106A027」

  [★]

  • 70歳の男性。定期健康診断で検査値の異常を指摘されたため来院した。 1年前に脳梗塞の既往がある。心音と呼吸音とに異常を認めない。肝・脾を触知しない。
  • 血液所見:赤血球468万、 Hb13.9g/dl、 Ht42%、白血球12,300(桿状核好中球30%、分葉核好中球45%、好酸球1%、好塩基球1%、単球6%、リンパ球17%)、血小板250万。骨髄検査では線維化を認めず、染色体は正常核型である。末梢血塗抹may-giemsa染色標本(別冊No. 5A)と骨髄生検のH-E染色標本(別冊No. 5B)とを別に示す。
  • 診断として最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106A026]←[国試_106]→[106A028

band」

  [★]

  • n.
bandingcingulumzonazonaezone

WordNet   license wordnet

「a stripe or stripes of contrasting color; "chromosomes exhibit characteristic bands"; "the black and yellow banding of bees and wasps"」
banding, stria, striation

WordNet   license wordnet

「an adornment consisting of a strip of a contrasting color or material」
banding, stripe

WordNet   license wordnet

「a strip of material attached to the leg of a bird to identify it (as in studies of bird migration)」
ring

WordNet   license wordnet

「bind or tie together, as with a band」

WordNet   license wordnet

「a restraint put around something to hold it together」

WordNet   license wordnet

「a thin flat strip of flexible material that is worn around the body or one of the limbs (especially to decorate the body)」

WordNet   license wordnet

「a thin flat strip or loop of flexible material that goes around or over something else, typically to hold it together or as a decoration」

WordNet   license wordnet

「a range of frequencies between two limits」

WordNet   license wordnet

「instrumentalists not including string players」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『帯』,『バンド』,ひも,(おけの)たが / (色の)すじ,しま / 周波数 / …‘に'バンドを付ける」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(人の)『一隊』,『一団』,一群《+『of』+『名』》 / 『楽隊』,バンド / …'を'一隊(一団)にする / 団結する《+『together』》,(…と)一団になる《+『with』+『名』》」

巨大桿状核好中球」

  [★]

giant band neutrophil
巨桿状核好中球
桿状核好中球
[show details]


好中球」

  [★]

neutrophil (Z),neutrophile ,neutrophils
血液血球白血球

特徴

  • マクロファージより貪食能が高い
  • 非特異的感染防御に関与
  • 寿命:1週間。(他の資料:1週間以内。血中で6-7時間,活性化時1-2日。)
  • 好中球比率(対白血球):50-60%。文献によっては50-70%
  • ケモカインによって走化能を示し、異物を貪食する
貪食食胞形成→proteolysis (lysosome: 約30種類)

分化・成熟

骨髄芽球:顆粒なし
  ↓
前骨髄球アズール顆粒出現
  ↓
骨髄球:好中球に特異な顆粒(ALPリゾチーム)が出現
  ↓
後骨髄球:核が分葉。細胞分裂(-)
  ↓
桿状核球:末梢血中に現れる�  ↓
  ↓
分葉核球:成熟細胞

顆粒

  • 特殊顆粒 (HIS.194)

成長とリンパ球・好中球数

PED.703
  • リンパ球数は生後1ヶ月以降に増加して6ヶ月~1年でピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • これに対して好中球は生下時にピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • 生後一ヶ月までは好中球優位であり、1ヶ月~2-6歳まではリンパ球優位となり、以降好中球優位となる。

臨床関連

末梢血好中球数1500/μl以下 、特に500/μl以下 (定義:[1])
末梢血好中球数7500/μ以上
  • 慢性肉芽腫症:NADPH酸化酵素の異常による好中球の活性酸素産生障害をきたす疾患。常染色体劣性遺伝。
  • チェディアック・東症候群:細胞内輸送蛋白(CHS1)の調節の異常により巨大顆粒の形成、殺菌性蛋白・溶菌性酵素の食胞内放出が障害され、また好中球の遊走能が低下する疾患。常染色体劣性遺伝。







球」

  [★]

bulbus (KH)
bulbus cerebri
延髄


  • 延髄はその膨らんだ感じから「球」とも呼ばれる



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡