早産

出典: meddic

preterm birth, preterm labor, preterm delivery
premature birth, premature labor, premature delivery, premature obstetric labor
partus praematurus, partus praetemporarius
早期産
切迫早産正期産過期産


定義

  • 妊娠22週以後(22月0日)から37週未満(36週6日)の分娩
  • 37週未満の分娩(WHO)
  • 妊娠22-26週

疫学

  • 早産は全分娩の6-7%ないし5-10%と言われている。

リスク

  • 妊娠分娩既往歴
  • 後期流産、死産、早産、頚管無力症、習慣流産
  • 妊娠時の異常
  • 膣炎・頚管炎、多胎妊娠、子宮筋腫合併妊娠、子宮奇形、感染症(尿路感染、肺炎など)、羊水過多、抗リン脂質抗体症候群
  • 喫煙妊婦

原因

QB.P-236 など

母胎側要因

胎児側要因

  • 胎児ジストレス
  • 高度の子宮内発育遅延
  • その他重篤な胎児異常

予後

  • 妊娠22週での出生では救命率が10%程度、妊娠30週であれば救命率95%。あくまでも目安。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/05 05:13:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ハイリスク妊産婦を経験して : 切迫流早産~急速分娩の経験から (特集 分娩中のもしもに備える) -- (経験から学ぶ)
  • 早産児の慢性肺疾患に合併した肺高血圧症に対してシルデナフィルとボセンタンの併用が有効であった1例
  • 上田 誠,太田 栄治,瀬戸上 貴資,中村 公紀,山崎 靖人,二宮 信也,吉村 和子,廣瀬 伸一
  • 福岡大学医学紀要 39(3/4), 267-272, 2012-12
  • NAID 110009494856
  • 早産未熟児の帝王切開術 (特集 周産期医が習得したい専門的手技(産科編))
  • ?木 耕一郎,村岡 光恵
  • 周産期医学 42(11), 1403-1407, 2012-11
  • NAID 40019499204

関連リンク

早産(そうざん)とは、在胎週数(真の妊娠期間+2週)が22週 - 36週で出産することをいう 。ただし、児が胎内で死亡していた場合には死産と呼び、在胎22週未満の場合には流産 となる。基本的には児は適切な保育で生存可能である。 早産で生まれた児のことを ...
切迫流産・切迫早産のために安静をしている方を応援するサイト。切迫流産・切迫早産 の原因・症状等の説明や、安全・快適に安静生活を乗り切るための情報がいっぱいです 。

関連画像

切迫流産、切迫早産の治療で 邯鄲市で路上に捨てられた早産 早産で生まれる新生児は毎年 妊娠・出産そして育児。あなた 早産を起こしやすい人がいる NICUは両親以外は入室 フィリピン、貧しい母子のため worlds smallest baby unbelievable 191x300


★リンクテーブル★
国試過去問099I001」「098C011」「102B043」「096I005」「103I078」「097B010」「096H002」「094B001」「092B001
リンク元trimester」「双胎妊娠」「tocolysis index」「切迫早産」「頚管無力症
拡張検索早産マーカー」「超早産児」「人工早産

099I001」

  [★]

  • 次の文を読み、1~3の問いに答えよ。
  • 34歳の初産婦。胎児の異常を指摘され、妊娠31週に近医の紹介で精査のため入院した。
  • 現病歴 : 妊娠初期に特記すべきことはなく、妊娠29週ころから軽度の腹部緊満感を訴えていた。妊娠30週の妊婦健康診査で胎児の異常を指摘された。
  • 既往歴・家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 意識は清明。身長155cm、体重58㎏。体温36.0℃。脈拍80/分、整。血圧98/64mmHg。下肢に浮腫を認める。触診上、胎児は第1頭位であった。子宮底長32cm。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。
  • 血液所見:赤血球320万、Hb10.2g/dl、Ht30%、白血球9,800、血小板20万。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.0g/dl、アルブミン3.1g/dl、クレアチニン0.5mg/dl、AST22単位、ALT20単位、LDH180単位(基準176~353)、アルカリホスファターゼ350単位(基準260以下)。胎児の腹部超音波写真(別冊No.1A)と胎児MRIのT2強調冠状断像(別冊No.1B)とを別に示す。
  • 入院後の経過:腹部緊満感が徐々に強くなり、妊娠33週には子宮底長が38cmとなり、軽度の呼吸困難を訴えるようになった。超音波検査で羊水腔の拡大が認められる。胎児心拍数パターンに以上を認めない。
  • 今後生じやすいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 099H030]←[国試_099]→[099I002

098C011」

  [★]

  • 次の文を読み、10~12の問いに答えよ。
  • 35歳の1回経産婦。挙児希望で来院した。
  • 現病歴 : 月経周期は不規則である。最近100日間の基礎体温表を以下に示す。
  • 既往歴 : 27歳時、妊娠40週で正常分娩した。他に特記すべきことはない。
  • 現症 : 身長154cm、体重48kg。
  • 検査所見 : 血液所見と血清生化学所見とに特記すべきことはない。バルーンカテーテルを用いた子宮卵管造影と初診後の基礎体温表とを以下に示す。
  • 初診後の経過 : 月経5日目から5日間治療薬Xを経口服用し、診察A、B及びCで卵胞の発育を確認した。診察Cで卵胞径が20mmとなったので、治療薬Yを筋肉注射した。診察Dで妊娠反応が陽性を示し、診察Eにおける経膣超音波検査で胎嚢は写真に示す通りであり、各々の胎嚢内に胎児心拍動を確認した。


  • この妊娠で起こらないのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 098C010]←[国試_098]→[098C012

102B043」

  [★]

  • 妊娠26週の初妊婦の定期健康診査で頻回の子宮収縮を感じると訴えた。内診で外子宮口は2cm開大し、腹部超音波検査で児の推定体重は700gであった。患者への説明で正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a. 全分娩の約15%が早産する。
  • b. 感染は早産の主要な原因である。
  • c. いま出生すると超低出生体重児となる。
  • d. 妊娠30週で出生した児の生存率は約60%である。
  • e. 妊娠36週で分娩すると正期産となる。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B042]←[国試_102]→[102B044

096I005」

  [★]

  • 30歳の女性。0経妊。妊娠を希望し、相談のため来院した。飲酒の習慣はないが、1日に15~20本の喫煙を10年間続けている。家族歴と既往歴とに特記すべきことはない。この女性の妊娠で発生のリスクが高いのはどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096I004]←[国試_096]→[096I006

103I078」

  [★]

  • 28歳の2回経産婦。妊娠35週。交通事故による腹部打撲のため搬入された。意識は清明。体温37.2℃。脈拍92/分、整。血圧120/80mmHg。胎児心拍数90bpm。痛みを伴う持続的な子宮収縮と性器出血とを認める。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103I077]←[国試_103]→[103I079

097B010」

  [★]

  • 妊娠の異常と所見の組合せで正しいのはどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097B009]←[国試_097]→[097B011

096H002」

  [★]

  • 未感作Rh(D)陰性妊婦に分娩後抗Rh(D)ヒトガンマグロブリン投与を考慮しなくてもよいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096H001]←[国試_096]→[096H003

094B001」

  [★]

  • 早産の原因になるのはどれか
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

092B001」

  [★]

  • 下腹部痛を主症状とするのはどれ
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

trimester」

  [★]

  • n.
  • トリメスター(妊娠期間の1/3)、三半期、(3学期制の)1学期
妊娠月数 第1月 第2月 第3月 第4月 第5月 第6月 第7月 第8月 第9月 第10月 第11月
妊娠週数 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43
trimester 1st trimester 2nd trimester 3rd trimester
妊娠区分 妊娠初期 妊娠中期 妊娠末期
分娩の種類 流産 早産 正期産 過期産
早期流産 後期流産
  • 妊娠高血圧症候群は妊娠20週以降で定義される。妊娠32週以降が遅発型。それ以前が早発型。
  • 妊娠4ヶ月以上の死産児においては、その死産児の分娩に立ち会った医師は死産証書を作成する。その死産児を検案して異状が認められた場合には24時間以内に所管警察署に届け出なければならない。(SUB12.16,25)
  • 妊娠4ヶ月未満の死産児における法的な書類は?

WordNet   license wordnet

「a period of three months; especially one of the three three-month periods into which human pregnancy is divided」

WordNet   license wordnet

「one of three divisions of an academic year」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「3か月の期間 / (学校で3学期制の)学期」


双胎妊娠」

  [★]

twin pregnancy
双胎膜性診断

分類

診断

  • 妊娠10週までに1絨毛膜双胎と2絨毛膜双胎の診断を行うことが望ましい。1絨毛膜双胎と診断された場合、妊娠14週までに1絨毛膜2羊膜双胎か1絨毛膜1羊膜双胎の診断を行う。(参考1)

合併症

G10M.121 NGY.413
貧血:循環血漿量の増加が優位になるため
妊娠高血圧症候群:循環血液量の増加による。双胎妊娠により頻度は2-3倍上昇。

分娩

G10M.123
  • 頭位-頭位 :45%:経腟分娩
  • 頭位-骨盤位:25%:経腟分娩 or 帝王切開
  • 骨盤位-頭位:10%:帝王切開(懸鉤のリスクあり)

参考

  • 1. 卒後研修プログラム4 産婦人科診療ガイドライン(産科編)の注意点 4)双胎管理について - 日産婦誌60巻9号
http://www.jsog.or.jp/PDF/60/6009-412.pdf

国試


tocolysis index」

  [★]

早産切迫早産

Baumgartem

項目 0 1 2 3 4
子宮収縮 不規則 規則的 - -
破水 - 高位 - 低位
出血 点状 出血 - -
子宮口開大度 1cm 2cm 3cm ≧4cm


切迫早産」

  [★]

threatened premature delivery
早産trimester

概念

  • 早産(妊娠22-37週)に至る状態
  • 原因は不明だが細菌感染症状によることが多い

症状

  • 不規則で弱い子宮収縮。細菌感染症による発熱

診断

  • 1. 症状から
  • 2. tocolysis index
  • 3. 頚管の状態と子宮収縮から

治療

  • 安静
  • 薬物療法:
  • 絨毛膜羊膜炎の所見があるときは抗生物質の投与
  • 頚管縫縮術:絨毛膜羊膜炎があるときはその治療後

参考

  • 1. 切迫早産 - 日産婦誌59巻11号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5911-664.pdf


頚管無力症」

  [★]

cervical incompetence, cervical incompetency
insufficientia canalis cervicalis uteri
子宮頚管無力症 uterine cervical incompetence頚管不全 子宮頚管不全 cervical insufficiency


概念

  • 妊娠中期に自覚症状なく、子宮頚管が開大し、子宮口が開大し、胎胞形成・破水、そして流産早産となる
  • 頚管無力症による習慣流早産の産既往歴があれば、予防的に子宮頚管縫縮術を施行
  • 妊娠中期に子宮頚管の開大が認められた場合には、子宮頚管縫縮術が施行される


早産マーカー」

  [★]

markers for preterm labor, markers for preterm delivery
早産マーカー


超早産児」

  [★]

extremely premature newborn, very premature infant


人工早産」

  [★]

artificial premature labor
早産




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡