抗ストレプトリジンO抗体

出典: meddic

anti streptolysin O antibody ASO ASLO, antistreptolysin O
ストレプトリジンO抗体 streptolysin O antibody
ストレプトリジン



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床検査のためのラテックス圧電素子イムノアッセイとと圧電素子バイオセンサーの開発(<特集>医療と分析化学)
  • 邨次 誠,黒澤 茂,GHOURCHIAN Hedayat O.,加茂 直樹
  • 分析化学 46(12), 917-930, 1997-12-05
  • … ために水晶振動子を用いたバイオセンサーを開発した.(1)微量アルブミン : 従来のラジオイムノアッセイや酵素免疫測定法などと異なり, 標識第2抗体を必要としない特徴がある.(2)C-反応性タンパク, 抗ストレプトリジンO抗体, リウマチ因子 : ラテックス凝集反応をセンシングするもので, 振動子表面にあらかじめ抗体などを結合する必要がない.このセンシングシステムをラテックス圧電素子イムノアッセイ{latex …
  • NAID 110002907362

関連リンク

抗ストレプトリジン-O抗体(ASO)は、β溶血性連鎖球菌(溶連菌)のうち、A群,C群,G群が産生する代表的な菌体外産生物質である溶血毒素(streptlysin-o)に対する抗体で,溶連菌感染症で上昇する。このうちA群溶連菌(化膿性連鎖球菌 ...
抗ストレプトリジンO抗体, ASO( anti-streptolysin O antibody) 平成14年3月31日まで院内検査 平成14年4月1日より外注(SRL) 臨床的意義 溶血毒素であるストレプトリジンO(SLO)は、A群のみでなく、C群、G群の溶連菌も産生し ...

関連画像

ASOの検査法と解説 - QLife家庭の 図2 . 体液性免疫の仕組み EIA法による抗核抗体検査の原理抗核抗体検査の基礎から応用 経食道心臓超音波検査でも同様 産総研:RNA 二次構造 を予測


★リンクテーブル★
リンク元溶連菌感染後急性糸球体腎炎」「ASO」「anti streptolysin O antibody」「ストレプトリジンO抗体」「antistreptolysin O
関連記事O」「リジン」「抗体」「Os」「

溶連菌感染後急性糸球体腎炎」

  [★]

poststreptococcal acute glomerulonephritis PSAGN
急性溶連菌性糸球体腎炎 acute poststreptococcal glomerulonephritis
連鎖球菌感染後糸球体腎炎 poststreptococcal glomerulonephritis poststrepococcal GN, post-streptococcal glomerulonephritis
猩紅熱腎炎 scarlatinal nephritis
非溶連菌性感染後急性糸球体腎炎急性糸球体腎炎糸球体腎炎IgA腎症
[show details]


  • first aid step1 2006 p.385(Glomerular pathology)

概念

  • A群β溶血性連鎖球菌感染症後に1-2週間して発症するnephritic syndrome

疫学

  • 学童期(5-8歳)に後発

病因

  • A群β溶血性連鎖球菌感染後(上気道炎、皮膚膿痂疹)に続発
  • 潜伏期:1-2週間 ← IgA腎症との鑑別点

病態

  • 溶連菌成分を抗原とする抗体が産生されて免疫複合体が形成され、この免疫複合体が糸球体基底膜に沈着し(上皮側)、III型アレルギーの機序により補体活性化、多形白血球浸潤、ケミカルメディエーターの放出が起こる。

病理

  • 糸球体の腫大、富核、白血球の浸潤 ← 白血球の浸潤と糸球体内の細胞の増殖による
  • 蛍光抗体法:係蹄壁へのC3の顆粒状沈着
  • 電顕:上皮細胞下沈着物(ハンプ) → subepithelial humps on EM
  • typical electron-dense subepithelial(足細胞基底膜の間) "hump" and intramembranous deposites.

症状

  • 血尿、浮腫、高血圧、蛋白尿、乏尿

検査

  • 抗ストレプトリジンO抗体(ASO)上昇
  • 補体価低下:C3低下, CH50低下
  • 腎機能低下:クレアチニン上昇、カリウム上昇、尿素窒素上昇
  • 腎生検:
  • 糸球体係蹄壁への顆粒状C3の沈着、IgGの沈着は50-60%の例に認められる。

合併症

  • うっ血性心不全、高血圧性脳症、急性腎不全

治療

  • 対症療法
  • 急性期:安静、食事療法(水分制限、塩分制限、蛋白制限)
  • 薬物療法:必要に応じて
  • 利尿薬:フロセミド
  • 降圧薬:カルシウム拮抗薬

予後

  • 良好。90%以上が1-3ヶ月で治癒。一部急性期に死亡/慢性腎不全への移行(SPE.596)

USMLE

  • Q book p.244 30

参考

  • 1. [charged] poststreptococcal-glomerulonephritis - uptodate [1]

国試



ASO」

  [★]


anti streptolysin O antibody」

  [★] 抗ストレプトリジンO抗体


ストレプトリジンO抗体」

  [★] 抗ストレプトリジンO抗体

antistreptolysin O」

  [★] 抗ストレプトリジンO抗体

O」

  [★]

食道入口部

WordNet   license wordnet

「the 15th letter of the Roman alphabet」
o

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry neither the A nor B antigens; "people with type O blood are universal donors"」
type O, group O

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「《呼び掛けの名前の前につけて》『おお』,あ / (驚き・恐れ・喜び・苦痛などを表して)『おお』,ああ,まあ / 《肯定・否定を強めて》」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「oxygenの化学記号」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ohmオーム / Old」

リジン」

  [★]

lysine, Lys, K ≠ ricin
リシン
アミノ酸アルギニンヒスチジン
  • 極性、塩基性
  • 側鎖
 -CH2-CH2-CH2-CH2-NH2
   α  β  γ  ε >εアミノ基を有する。即ち、側鎖には炭素が4つ含まれる。
  • ヒストンにLysが豊富なこと、Lysのεアミノ基がアセチル化を受けると正電荷が失われる。-NH-CO-CH3




抗体」

  [★]

antibody, Ab
γ-globline、免疫グロブリン
  • 抗原を特異的に認識する糖蛋白質である免疫グロブリンの一種。
  • 血液・リンパ液中で抗原と非結合状態のものを指す
  • 液性免疫に関与




Os」

  [★] オスミウム osmium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「osmiumの化学記号」

体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡