心膜摩擦音

出典: meddic

pericardial rub, pericardial friction rub, friction rub
心雑音心膜炎

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 大量の心のう液貯溜を呈した強皮症の1例
  • 阿部 敬,小野 晃裕,米沢 和彦,登坂 松三,得能 徹也,矢和田 敦,佐々木 茂,林 敏昭,黒河 聖,今井 浩三,谷内 昭,五十嵐 知文
  • 日本臨床免疫学会会誌 16(4), 312-317, 1993
  • … Erb領域に心膜摩擦音が出現し両肺背部のベルクロラ音が増悪した.検査所見では低酸素血症,白血球増多,抗核抗体,抗Scl-70抗体および免疫複合体が陽性を示した.補体の低下を認めず,抗セントロメア抗体,抗DNA抗体,抗RNP抗体はいずれも陰性であった.胸部X線,心エコーおよびCTでは肺高血圧症,肺線維症の他に著明な心のう液貯溜を認めた.プレドニゾロン,酸素,利尿剤,カルシウム拮抗剤およびジギタリスを投与し救命しえた.大 …
  • NAID 130000851456
  • 心筋梗塞における心膜摩擦音の臨床的意義
  • 竹花 一哉,杉浦 哲朗,垂水 律隆,岩坂 壽二,稲田 満夫
  • Japanese circulation journal 56(Supplement), 275, 1992-03-01
  • NAID 110002586854

関連リンク

心膜摩擦音とは?健康用語辞典では健康に関する用語をわかりやすく説明 ... ※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では ...
患者に背筋を伸ばして座らせ,その後,大動脈および肺動脈の拡張期雑音または心膜摩擦音を聴診しやすくするために,前かがみにさせる。 主な聴診所見には心音,心雑音,および摩擦音がある。心音は弁の開閉によって 生じる短い ...
•心膜摩擦音 (friction rub):炎症を起こした心膜が擦れ合うことによって生じる音で引っ掻くようなあるいは擦れるような性状の雑音である。典型例では機関車様雑音とも称される。全例で聴取されるものではないが、聴取された場合 ...

関連画像

急性心膜炎 Acute pericarditis *5急性心膜炎の心電図 | 心筋梗塞 心膜炎と心タンポナーデの診断 ③ 心電図 ⇒ ほとんど全誘導 急性心膜炎の心電図(広範なST


★リンクテーブル★
先読み心膜炎
国試過去問096C007」「106G066」「095F043」「096B029」「099E026」「104A012
リンク元心雑音」「急性心膜炎」「汎心炎
関連記事心膜」「」「摩擦

心膜炎」

  [★]

pericarditis
心嚢炎、心包炎、心外膜炎 ← おそらく心内膜炎に対応する言葉として
心膜

分類

病因

症状

  • 初発症状は、発熱、胸痛(持続性、咳・呼吸による増強)、呼吸困難

検査

心電図

  • 90%の患者に異常が見られる(PHD.338)
  • aVR, V1を除いたST上昇(PHD.338)
  • いくつかの電極でPR部の低下(PR segment depression) → 心房の心外膜の炎症に関連した心房の異常な再分極を示唆(PHD.338)

合併症

参考

  • 1. [charged] Epidemiology of and risk factors for atrial fibrillation - uptodate [1]



096C007」

  [★]

  • 次の文を読み、7~9の問いに答えよ。
  • 36歳の女性。呼吸困難を主訴に来院した。
  • 現病歴 : 5年前に心電図で左室肥大を指摘されたが、無症状のため放置していた。3か月前から労作時の息切れを自覚していたが、最近、夜間に呼吸困難発作が生じるようになった。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 身長161cm、体重56kg。呼吸数16/分。脈拍86/分、整。血圧104/72mmHg。頚静脈は軽度怒張し、胸部では心尖拍動が左方に偏位し、その部位にIII音と汎収縮期雑音とを聴取する。呼吸音に異常はない。肝を右肋骨弓下に2cm触知し、両側下腿前面に浮腫を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球385万、Hb12.1g/dl、白血球4,600。血清生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン3.3g/dl、クレアチニン0.7mg/dl、総ビリルビン1.2mg/dl、AST(GOT)48単位(基準40以下)、ALT(GPT)56単位(基準35以下)、CK28単位(基準10~40)。心エコーの左室長軸断層像を以下に示す。
  • この患者でみられる所見はどれか。2つ選べ。


[正答]
※国試ナビ4※ 096C006]←[国試_096]→[096C008

106G066」

  [★]

  • 次の文を読み、 65-67の問いに答えよ。
  • 75歳の男性。重症肺炎で入院中である。
  • 現病歴: 2週前に肺炎低酸素血症のため搬入された。救急室で気管挿管を施行され、集中治療室に入院となった。
  • 既往歴: 53歳から糖尿病で内服加療中。 60歳から高血圧症で内服加療中。
  • 生活歴:長男夫婦と同居。妻が5年前に脳梗塞のため死亡。
  • 家族歴 :父親が糖尿病
  • 入院後、人工呼吸器管理が長期にわたったため、本日気管切開術を行い、引き続き人工呼吸器管理を行った。 1時間後にアラームが鳴ったため駆けつけると、人工呼吸器のモニターで気道内圧が上昇しており、患者の頸静脈は怒張していた。
  • 直ちに気管内を吸引したところ、少量の白色痰が認められた。 10分後、血圧が78/42 mmHgに低下した。左前胸部で呼吸音を聴取しない。
  • 現時点で認められる可能性が高い所見はどれか。
  • a 心膜摩擦音
  • b wheezes
  • c 左胸部の鼓音
  • d 腹部の膨隆
  • e 下腿の浮腫


[正答]


※国試ナビ4※ 106G065]←[国試_106]→[106G067

095F043」

  [★]

  • 次の文を読み、43、44の問に答えよ。
  • 56歳の男性。会社役員。1週前からの軽い頭痛を主訴に来院した。
  • 現病歴: 3年前から毎年の健康診断で高血圧を指摘されていたが放置していた。
  • 既往歴: 特記すべきことはない。
  • 嗜 好: 喫煙歴なし。飲酒歴はビール1本/日を30年間。塩辛い食事を好む。
  • 家族歴: 高血圧症なし。糖尿病なし。
  • 現 症: 身長172cm、体重60kg。脈拍72/分、整。血圧182/120 mmHg。皮膚やや湿潤。腹部に異常なく、神経学的にも異常はない。
  • 検査所見: 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血清生化学所見:空腹時血糖102 mg/dl、総蛋白6.8 g/dl、クレアチニン 0.9 mg/dl、総コレステロール 220 mg/dl、トリグリセライド 180 mg/dl(基準50~130)、Na 142 mEq/l、K 4.4 mEq/l、Cl 104 mEq/l
  • この患者に予想される胸部所見はどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 095F042]←[国試_095]→[095F044

096B029」

  [★]

  • 成人で正しい組合せはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096B028]←[国試_096]→[096B030

099E026」

  [★]

  • 心エコー図を以下に示す。
  • この疾患で見られるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 099E025]←[国試_099]→[099E027

104A012」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104A011]←[国試_104]→[104A013

心雑音」

  [★]

heart murmur, cardiac murmur
拡張期雑音過剰心音レヴァイン分類

収縮期雑音 systolic murmur

拡張期雑音 diastolic murmur

continuous murmur

  • 連続的な圧較差の存在を示唆する
  • A. continuous:動脈管開存症 PDA:肺動脈弁領域。動脈管を流れる血流と雑音が比例するので、S2に向かって大きくなり、S1に向かって小さくなる。
  • B. to-and-fro: AS + AR, PS+ PR :S1~(収縮期:AS,PSによる駆出性雑音。ダイアモンド型)~S2, S2~(拡張期:MR,PRによる逆流性雑音。decrescendo)~S1 S1に向かって小さくなるので、連続音とは区別できるはず。

手技見えp.116

  • 僧帽弁開放音(OS):MS
  • 収縮中期クリック:MVP
  • 拡張期ランブル + 前収縮期雑音:MS
  • 拡張期灌水様雑音/拡張期逆流性雑音:AR、PR
  • 収縮期逆流性雑音:心尖部:MR

体位との関係

  胸壁に近づく部位  
左側臥位 心尖部 僧帽弁雑音(MR, MS)、僧帽弁開放音(OS)、III音IV音
座位前屈位 大動脈弁領域 大動脈弁閉鎖不全症(AR)
肘膝位 (心膜>-<心臓) 心膜摩擦音

呼吸との関係

右心系:三尖弁の雑音

  • 吸気時増強、呼気時減弱
吸うとき強く、吐くとき弱く
吸うと胸腔内圧が陰圧になり、静脈還流量が増加する

左心系:僧帽弁、大動脈弁の雑音

  • 吸気時減弱、呼気時増強
吸うとき弱く、吐くとき強く
胸腔内圧が上昇すると、肺から心臓に向かう血流が増加する(ホントニか?)ので、左心系の雑音が増強するのだ???????????

手技との関連

疾患別

MS

  • 概念:拡張期ランブル
  • 時相:拡張中期(open snap)に続いて。
  • 最強点:心尖部
  • 放散:
  • 体位:左側臥位
  • 音程:低音

MR

  • 概念:収縮期逆流性雑音
  • 最強点:心尖部
  • 放散:左腋窩
  • 体位:左側臥位
  • 呼吸:呼気
  • 音程:高音

AS

  • 概念:収縮期駆出性雑音
  • 最強点:2LSB
  • 放散:右鎖骨下動脈、右頚動脈
  • 体位:座位
  • 呼吸:呼気

AR

  • 概念:拡張期灌水様雑音
  • 時相:拡張期
  • 特徴:呼気で増強
  • 最強点:3LSB
  • 放散:
  • 体位:座位前屈位
  • 音程:高音

MVP

  • 概念:収縮期逆流性雑音
  • 時相:収縮期中期。クリック音の後から。
  • 音程:高音  ←  圧較差が大きいため

ASD

  • 概念:駆出期駆出性雑音
  • 最強点:2LSB
  • 放散:
  • 体位:

VSD

病態特異的な心雑音

  三尖弁閉鎖不全症 大動脈弁閉鎖不全症 大動脈弁狭窄症 僧帽弁閉鎖不全症 僧帽弁狭窄症
TR AR AS MR MS
心音

I音減弱

I音減弱

I音亢進

心雑音
過剰心音 
その他徴候
 




急性心膜炎」

  [★]

acute pericarditis
心膜心膜炎胸骨下痛

病因

YN.C-139
  • 特発性:最も多い
  • 二次性

症状

  • 発熱、胸痛

合併症

身体検査

  • 聴診:心膜摩擦音

検査

  • 超音波エコー検査:心嚢液の貯留がある場合、心筋の外側に低エコー領域を認める。
  • 心電図:
  • ST上昇
  • PR低下:心房の炎症による


治療

  • 病因に応じた治療を行う
  • ウイルス性:安静、全身管理、疼痛管理(NSAID、副腎皮質ステロイド)
  • 細菌性:抗菌薬
  • 結核性:抗結核薬
  • 膠原病性:副腎皮質ステロイド、免疫抑制薬
  • 悪性腫瘍:抗悪性腫瘍薬
  • 尿毒症性:人工透析の条件変更

参考

uptodate

  • 1. [charged] 心膜疾患の病因 - uptodate [2]
  • 2. [charged] 心膜炎および心嚢液貯留における心電図 - uptodate [3]
  • 3. [charged] 心膜の心エコー評価 - uptodate [4]
  • 4. [charged] 急性心膜炎の臨床症状および診断的評価 - uptodate [5]
  • 5. [charged] 急性心膜炎の治療 - uptodate [6]
  • 6. [charged] 急性心膜炎の治療 - uptodate [7]
  • 7. [charged] 再発性心膜炎 - uptodate [8]

国試




汎心炎」

  [★]

pancarditis
全心炎
心炎



心膜」

  [★]

heart sac
心嚢
pericardium (N)
心臓

心膜の構造 (Z)


臨床関連



音」

  [★]

tonesound
緊張緊張度トーン響く健全


摩擦」

  [★]

frictionattritionfrictional




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡