屈折異常

出典: meddic

refractive error, anomalies of refraction
anomalia refractionis
非正視 ametropia
屈折



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 乳幼児の眼鏡処方 (特集 ポイント解説 眼鏡処方の実際)
  • 屈折異常 : コンタクトレンズ,レーシックによる矯正を中心に (特集 内科医に求められる他科の知識 : 専門家が伝えるDo-Don't) -- (眼科)
  • 視覚障害乳幼児の早期支援における現状と課題 : 秋田県内の保健機関を対象にした実態調査から
  • 中村 素子,大城 英名,NAKAMURA Motoko,OSHIRO Eimei
  • 秋田大学教育文化学部教育実践研究紀要 (36), 69-80, 2014-05-31
  • … (2) 有所見では、「屈折異常(61%)」が最も多く、次いで「弱視(13%)」、「眼位異常(11%)」であった。 …
  • NAID 120005467115

関連リンク

詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。
コンタクトレンズ「アキュビュー」公式サイト。快適なコンタクトレンズライフをお送りできるよう、眼科医と取扱い店の方々とともにお手伝い致します。 ... 無調節状態で、遠くからの光が網膜の後ろでピントが合ってしまう状態が遠視です ...

関連画像

屈折異常|目の病気について 屈折異常~近視、遠視、乱視 屈折異常~近視、遠視、乱視 近視は屈折異常の一種 | 子供 屈折異常図1 正視と屈折異常の眼


★リンクテーブル★
先読みametropia
リンク元21トリソミー」「refractive error
拡張検索屈折異常弱視
関連記事異常」「屈折

ametropia」

  [★]


WordNet   license wordnet

「(ophthalmology) faulty refraction of light rays in the eye as in astigmatism or myopia」


21トリソミー」

  [★]

trisomy 21
ダウン症候群 Down症候群 Down syndrome Down's syndromeトリソミー2121番染色体トリソミー 21-トリソミー trisomie 21 autosomale、trisomy G syndrome、蒙古人症 蒙古症 mongolismus モンゴリスムス
染色体核型トリソミー
[show details]

疫学

  • 母体の年齢と関係がある。
  • 20-25歳:1/1600
  • 25-30歳:1/870
  • 30-35歳:1/300

病因

  • 21番染色体が3コピーになる21トリソミーが基本病態。大多数は自然発生する。3種類の核型が存在する。
  • 1.標準型 95% 21番染色体が1本多く、全体が47本となる。
  • 2.転座型  4% 14あるいは21番染色体にRobertson転座する。
  • 3.モザイク型  1% 正常細胞とトリソミー細胞が混在する。

ロバートソン転座による14q,21qを有する21trisomy保因者

  • 13,14,15,,21,22は短腕が短くrRNAしかコードされていないので、これらの染色体の間でロバートソン転座により短腕が失われても問題が起きにくい。ロバートソン転座により染色体が45本になっている人は1000人に1人の割合で存在する。(参考1)
  • 14番と21番染色体でロバートソン転座が起きたとすると、核型はder(14;21)(q10;q10)と表記される。この場合染色体は、14番染色体、21番染色体、der(14;21)(q10;q10)の3本を有することになる。配偶子が減数分裂の際に作られるとき、6つの組み合わせができるという。すなわち、1本のみ( 14, 21, der(14;21)(q10;q10) )の場合および2本( 14+21, der(14;21)(q10;q10) + 14, der(14;21)(q10;q10) + 21 )の場合ができる。このうち、14, 21, der(14;21) + 14 の場合は受精後にモノソミーが生じることになり致死的である。14+21、der(14;21)(q10;q10)の場合は正常となる。問題はder(14;21)(q10;q10) + 21の場合であり、この場合受精後に21の長腕が3つ存在することになりダウン症候群を発症しうる。
  • 転座型ダウン症候群の場合、同胞発生するリスクがある。経験的な危険率は母が保因者の場合10-15%、父親が保因者の場合は2%である。(参考1)

形態

特有な顔貌

  • 眼裂斜上
  • 内眼角贅皮
  • 両眼間解離、耳介低位
  • 鼻根部平坦(鞍鼻)
  • 手掌の猿線

合併症

  • 1. 先天的心疾患
出現頻度:約50% ←特徴
肺高血圧症が合併
動脈管開存症もありうる
  • 2. 消化器奇形
  • 3. 血液疾患
  • transient abnormal myelopoiesis(類白血病反応)
  • 生下時末梢血に芽球細胞が見られる。症状はM7と同じ。2割以下で白血病を引き起こす。
  • blast cell, LDH, WBCが高値であるが2-6ヶ月で正常となる。


参考

  • 1. [charged]Chromosomal translocations, deletions, and inversions - uptodate [1]
  • 2. DOWN SYNDROME
[display]http://omim.org/entry/190685
  • 3. [charged] ダウン症の臨床的特徴および診断 - uptodate [2]




refractive error」

  [★]

屈折異常

ametropia


屈折異常弱視」

  [★]

ametropic amblyopia
非正視弱視
弱視
  • 乱視や遠視により不鮮明な像が網膜に結像することが原因となる弱視である。近視では近見により焦点を合わせることができるので、弱視とはなりえない。

国試



異常」

  [★]

  • n.


屈折」

  [★]

refractionrefractrefractive
refractio
光線屈折
屈折検査法





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡