尿道損傷

出典: meddic

urethral injury
尿道外傷 urethral trauma


  • 後部尿道(膜様部)損傷と前部尿道(球部および振子部)損傷に分かれる。
  • 治療:尿道振子部の損傷では尿道カテーテルを留置して止血(出典不明)

参考

  • 1. [charged] Blunt genitourinary trauma - uptodate [1]
  • 2. [charged] Straddle injuries - uptodate [2]


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 骨盤外傷と感染 (特集 外傷(頭部・胸腹部・四肢・骨盤)と感染)
  • 金子 直之,上野 雅仁,権東 容秀 [他]
  • 日本外科感染症学会雑誌 8(4), 349-358, 2011-08
  • NAID 40019017523
  • 導尿法,留置カテーテル設置法 (特集 内科医に必要な基本的診療手技のノウハウ)
  • 藤本 宜正,小出 卓生
  • 診断と治療 99(4), 668-672, 2011-04
  • NAID 40018792196
  • 尿路損傷の診断と治療 (特集 腹部外傷診療) -- (損傷臓器別にみた診断と治療)

関連画像

 尿道 損傷 と 感染症 が 軽減后尿道損傷修復術球部尿道損傷修復術 損傷・球部損傷・振子部損傷処置後の管理について】球部尿道損傷修復術


★リンクテーブル★
リンク元騎乗損傷
拡張検索医原性尿道損傷」「後部尿道損傷」「前部尿道損傷
関連記事損傷」「尿道」「

騎乗損傷」

  [★]

saddle injury
跨がり損傷
尿道損傷

参考

  • 1. [charged] Straddle injuries - uptodate [3]
  • 2. [charged] Blunt genitourinary trauma - uptodate [4]


医原性尿道損傷」

  [★]

iatrogenic urethral injuries


後部尿道損傷」

  [★]

posterior urethral injury


前部尿道損傷」

  [★]

anterior urethral injury


損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html



尿道」

  [★]

urethra (Z)
膀胱尿管腎臓、男性生殖器系




  • 図:N.367

発生

部位による分類 (KL.432, M.215)

  • 1. 膀胱頚内の尿道(前立腺前部)
  • 2. 前立腺部
  • 3. 隔膜部
  • 4. 海綿体部

前立腺部

傷」

  [★]

wound
創傷傷つける





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡