子宮内膜細胞診

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P2-16-1 記述式報告様式を用いた日本に於ける子宮内膜細胞診の感度・特異度(Group102 子宮体部悪性腫瘍・診断・手術1,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 矢納 研二,平井 康夫,日浦 昌道,山脇 孝晴,中山 裕樹,佐々木 寛,植田 政嗣,田畑 務,青木 大輔,宇田川 康博
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 798, 2011-02-01
  • NAID 110008509814
  • P2-15-15 子宮内膜細胞診疑陽性例の取扱いに関する後方視的研究(Group100 子宮体部悪性腫瘍・診断・予後,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 蔵本 吾郎,石谷 健,鈴本 志帆,全野 潤,劉 典子,高橋 伸子,深川 富美子,嶋田 悦子,上田 英梨子,平井 康夫,松井 英雄
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 794, 2011-02-01
  • NAID 110008509802
  • P2-15-14 子宮内膜細胞診における液状検体法(LBC法)導入の試み(Group100 子宮体部悪性腫瘍・診断・予後,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 品川 明子,黒川 哲司,津吉 秀昭,澤村 陽子,吉田 好雄,小辻 文和,森 正樹,今村 好章
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 793, 2011-02-01
  • NAID 110008509801
  • 子宮内膜細胞診陽性で発見された卵巣外原発性腹膜癌の1例
  • 野澤 明美,上田 寛人,金井 麻子,下江 郁一,井川 義英,小松 良一
  • 日本臨床細胞学会雑誌 49(6), 412-418, 2010-11-22
  • NAID 10026961969

関連リンク

一方、子宮体部の細胞診でⅢa~bの場合は、子宮内膜組織診という生検をおこないます。最近では診断のために 経膣超音波検査を行ない、内膜が厚い場合には子宮体がんを疑います ...
子宮の頸部体部(内部)の粘膜から細胞を採取して観察する検査です。綿のついた細い棒状の検査器具を使って細胞をこすり取り、膣がんや子宮がんの発見に役立てます。
獣医学書は、大学の獣医学科の教科書が多く、定評があります。 ... 小社は、主に医学書、獣医学書を発行している専門書の出版社です。 株式会社近代出版/商品詳細ページ

関連画像

子宮内膜間質肉腫 endometrial 子宮内膜間質肉腫 endometrial 子宮内膜間質肉腫 endometrial 05-001/059 子宮内膜擦過細胞診 05-001/059 子宮内膜擦過細胞診 子宮内膜間質肉腫 endometrial


★リンクテーブル★
国試過去問107A041
リンク元子宮内膜肥厚」「腟プール・スメア
関連記事子宮」「子宮内膜」「内膜」「細胞診」「子宮内

107A041」

  [★]

  • 58歳の女性。腹部膨満感全身倦怠感とを主訴に来院した。3か月前から腹部の膨満感を自覚していた。3週前から全身倦怠感が著明になったため受診した。身長158cm、体重60kg。体温36.8℃。脈拍80/分、整。腹部は腹水のため膨隆している。下肢に浮腫を認める。血液所見:赤血球418万、Hb 12.5g/dl、Ht 39%、白血球9,500、血小板31万。血液生化学所見:総蛋白4.8g/dl、アルブミン2.1g/dl、尿素窒素6.7mg/dl、クレアチニン0.5mg/dl、総ビリルビン0.4mg/dl、AST 29IU/l、ALT7IU/l、LD 368IU/l(基準176~353)、Na 131mEq/l、K 4.0mEq/l、Cl 101mEq/l、CA19-9 22U/ml(基準37以下)、CA125 4,411U/ml(基準35以下)。動脈血ガス分析(room air):pH 7.43、PaCO2 44Torr、PaO2 81Torr、HCO3- 28mEq/l。骨盤部MRIのT2強調矢状断像(別冊No.15A)とT2強調横断像(別冊No.15B)とを別に示す。
  • 治療方針を決定するための検査として重要性が低いのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107A040]←[国試_107]→[107A042

子宮内膜肥厚」

  [★]

endometrial thickening
子宮内膜

子宮内膜

  • 正常では7-14mm程度

鑑別疾患

検査

腟プール・スメア」

  [★]

vaginal pool smear
プール・スメア後腟円蓋部スメア
子宮内膜細胞診
  • 後腟円蓋に貯留している腟内容物をヘラ、綿棒、または吸引法で採取し細胞診断を行う方法


子宮」

  [★]

uterus (Z), womb, metra
内性器

発生学的由来

解剖

支持構造

組織

子宮

子宮の大きさ

  • 鶏卵大。(非妊娠時)逆位の前後にやや扁平な西洋梨状で長さ約7cm、幅約4cm、厚さ約2.5cm、重さ30~40g。

妊娠と子宮の大きさ、子宮底の高さ、恥骨結合上縁から子宮底までの長さ

妊娠月数 子宮の大きさ 子宮底の高さ 恥骨結合上縁から子宮底までの長さ
第1月末 鶏卵大      
第2月末 鵞卵大      
第3月末 手拳大      
第4月末 小児頭大 恥骨結合上2-3横指 12cm (妊娠月数x3)
第5月末 成人頭大 恥骨結合と臍との中央 15cm
第6月末   臍高 21cm (妊娠月数x3+3)
第7月末   臍上2-3横指 24cm
第8月末   剣状突起と臍との中央 27cm
第9月末   剣状突起下2-3横指 30cm
第10月末   剣状突起と臍との中央 33cm
 
産褥0日分娩直後   臍下3横指 11cm  
産褥0日12時間後   臍高(右に傾く) 15cm  
産褥1-2日   臍下1-2横指 12cm  
産褥3日   臍下3横指 10cm  
産褥5日   臍高と恥骨結合上縁との中間 9cm  
産褥7日(産褥1週) 手拳大 恥骨結合上縁    
産褥10日   腹壁から触れない    
(産褥6週) 鶏卵大      

臨床関連

  • 炎症疾患
  • 腫瘍、類腫瘍



子宮内膜」

  [★]

endometrium (Z,HIS)
tunica mucosa uteri
子宮粘膜
子宮子宮内膜肥厚


  • 子宮の内面を覆う粘膜の別名。厚さや性状は月経周期の時期により大差がある。
  • 子宮腺を有する

組織

  • 単層円柱上皮
  • 上皮は無線毛分泌細胞と線毛細胞からなる
  • 上皮が粘膜固有層に落ち込み単一管状腺の形態を取る子宮腺を形成
  • 機能層:月経が起こるとはげ落ちる。ラセン動脈を有する
  • 基底層:深層にある層であり、月経が起こっても残る


厚さ

  • 閉経後の患者において内膜細胞診を行うcut-off値は4-6mm。これ以下であれば、子宮内膜癌は除外診断できる。肥厚が認められた場合、子宮内膜癌、子宮内膜増殖症、子宮内膜ポリープ、粘膜下筋腫を鑑別する(エコーでは区別しづらい)。ただし、辺縁が明瞭な結節があれば、子宮内膜ポリープ、粘膜下筋腫が疑われる。subendometrial haloの中断があれば、子宮内膜癌の筋膜浸潤が示唆される。(SRA.573)

超音波エコー所見

QB.Q-15 SRA.573 G9M.17(写真)
  • 増殖期:早期では薄く高輝度。中期では中央に線状エコーを伴う低輝度「木の葉状」、後期では厚さを増し7-14mmとなる。排卵が近くなると壁側が幾分高輝度。筋層よりも低輝度である。排卵直前には厚さは10mm程度となる。
  • 排卵 :内腔エコー消失
  • 分泌期:(子宮内膜の輪郭は楕円形となり、)子宮内膜全体が均一な高輝度

MRI所見

水と同じようなかんじ。みずみずしい?
  • T1:等信号~低信号
  • T2:高信号

臨床関連


内膜」

  [★]

intima, intimal (adj.), inner membrane, internal tunic
tunica intima (Z)
中膜血管


組織

病理

血管の損傷

  • 内膜の内皮下結合組織が肥厚

粥状硬化症

  • 内皮下結合組織に粥腫ができる。
  • necroticcenterはfibrous capにかこまれる
fibrous cap
平滑筋マクロファージ泡沫細胞リンパ球コラーゲンエラスチンプロテオグリカン血管新生
necrotic center
壊死組織コレステロールの血漿、泡沫細胞カルシウム

梗塞

  • 肥厚する


細胞診」

  [★]

cytodiagnosis, cytologic diagnosis, cytology
  • 細胞を光学顕微鏡により検討することによる診断法

泌尿器

  • 尿細胞診、洗浄細胞診(カテーテルにより膀胱及び腎盂尿管を生理食塩水により洗浄し得られた洗浄液を用いる)、体細胞心

産婦人科

子宮頸癌、子宮体癌のスクリーニングを目的として施行される。


子宮内」

  [★]

in uterointrauterinein utero




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡