妊娠反応

出典: meddic

pregnancy reaction
尿妊娠反応検査妊娠反応検査妊娠検査 妊娠テスト pregnancy test
妊娠


  • およそ胎齢4週前後から検出可能



-妊娠反応検査


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 医療訴訟事例から学ぶ(58) : 妊娠していた患者に投薬とレントゲン撮影を行った結果,人工妊娠中絶手術を受けた事例(消化器癌に対する分子標的治療の動向,会員のための企画)
  • 桑原 博道,本多 ゆみえ,蒔田 覚,岡部 真勝,墨岡 亮,小林 弘幸
  • 日本外科学会雑誌 112(1), 43-44, 2011-01-01
  • NAID 110008440719
  • 妊産婦救急(腹痛・発熱・性器出血) (特集 救急患者の緊急度・重症度判定) -- (特殊救急)
  • P2-303 妊娠反応陰性の子宮外妊娠の一例(Group81 異所性妊娠2,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 佐藤 伊知朗,永石 匡司,久野 宗一郎,山本 樹生
  • 日本産科婦人科學會雜誌 62(2), 565, 2010-02-01
  • NAID 110007686066

関連リンク

妊娠したのかどうかを最も早く知る方法は、一般的には尿検査による妊娠判定でしょう。 基礎体温や経膣式超音波断層法でもかなり早期に妊娠を判断することが可能ですが、早い時期に確実に妊娠を判断するとなると尿検査による妊娠 ...
先ほど、妊娠検査薬を試したところ陽性反応が出ました。望まない妊娠の可能性が高いのです…妊娠検査薬での陽性反応は妊娠何週目から出るのでしょうか?

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問097F033」「102F026」「105I043」「104C022」「103G058」「107G050」「105E045」「104B040」「097F007」「099D102」「103E029」「095F009」「083A080
リンク元妊娠検査薬」「ラテックス凝集阻止反応」「フリードマン反応
拡張検索妊娠反応陽性日
関連記事妊娠」「反応

097F033」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 26歳の1回経妊、未産婦。今朝、多量の性器出血と下腹部痛とが突然出現したため来院した。
  • 現病歴 : 2か月前に経ロ避妊薬の服用を中止し、消退出血があった。その後、持続する性器出血があったが、自然に消失した。
  • 現症 : 意識は清明。身長156cm、体重50㎏。体温36.5℃。臥位で、脈拍68/分、整。血圧104/76mmHg。腹部はほぼ平坦であるが、下腹部に圧痛を認める。双合診で子宮の大きさは鷲卵大、軟。両側付属器に異常を認めない。膣鏡診で外子宮ロから多量の出血を認める。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球380万、Hb11.2g/dl、Ht35%、白血球6,300、血小板19万。
  • まず行うべき検査はどれか。
  • a. 尿沈渣
  • b. 血糖測定
  • c. 血清電解質測定
  • d. 尿妊娠反応
  • e. 腹部エックス線単純撮影
[正答]


※国試ナビ4※ 097F032]←[国試_097]→[097F034

102F026」

  [★]

  • 次の文を読み、26、27の問いに答えよ。
  • 19歳の女性。5日前からの嘔気と嘔吐とを主訴に来院した。
  • 現病歴:症状は早朝と空腹時とに悪化する傾向がある。下痢や腹痛はない。
  • 既往歴・生活歴:特記すべきことはない。最終月経は35日前から5日間。
  • 現症:意識は清明。身長162cm、体重58kg。体温36.8℃。脈拍72/分、整。血圧102/68mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知せず、圧痛や抵抗を認めない。
  • 検査所見:血液所見と血液生化学所見とに異常を認めない。
  • 次に行う検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102F025]←[国試_102]→[102F027

105I043」

  [★]

  • 35歳の女性。2回経妊、1回経産。不正性器出血を主訴に来院した.月経は30日型、整。最終月経は6月5日から7日間。7月20日から嘔気、嘔吐および少量の性器出血を認めるようになり、改善しないため8月16日に受診した。子宮は手拳大で軟。妊娠反応陽性。経腟超音波写真を以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I042]←[国試_105]→[105I044

104C022」

  [★]

  • 28歳の女性。1回経妊、1回経産。激しい下腹部痛と少量の性器出血とを主訴に来院した。月経発来が2週間遅れている。脈拍100/分、整。血圧80/46mmHg。妊娠反応は陽性であった。経腟超音波検査で子宮腔内に胎芽を認めず、付属器領域に胎嚢(GS)を認める。Douglas窩に大量の液体の貯留を醒める。
  • 対応としてまず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104C021]←[国試_104]→[104C023

103G058」

  [★]

  • 34歳の女性。未婚。下腹部の膨満感を主訴に来院した。最終月経開始日は記憶がないと言う。
  • 微熱、嘔気、全身倦怠感および手首の関節痛の訴えがあり、最近時々息苦しさを感じる。
  • 既往歴に特記すべきことはない。
  • 身長163cm、体重57kg。体温37℃。脈拍84/分、整。血圧96/56mmHg。
  • 下肢に軽度の浮腫を認める。まず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103G057]←[国試_103]→[103G059

107G050」

  [★]

  • 30歳の既婚女性。下腹部痛を主訴に来院した。昨夜から下腹部に軽度の痛みを感じていた。少量の性器出血を伴っているという。最終月経は約7週前。月経周期は30~60日、不整。経腟超音波検査で子宮と卵巣とに異常を認めない。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G049]←[国試_107]→[107G051

105E045」

  [★]

  • 22歳の女性。無月経と右下腹部痛とを主訴に来院した。体温37.8℃。脈拍104/分、整。血圧88/60mmHg。妊娠反応陽性。経腟超音波検査で子宮内腔に胎嚢はみられず、右付属器周辺に22mmの腫瘍陰影を認める。
  • この病態の原因となった可能性の高い性感染症はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E044]←[国試_105]→[105E046

104B040」

  [★]

  • 15歳の女子。左下腹部痛を主訴に来院した。体温38.6℃。脈拍80/分、整。血圧110/60mmHg。性器出血はない。月経が1週間遅れている。腹部は全体に膨満し、左下腰部に圧痛を認める。
  • まず行う検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104B039]←[国試_104]→[104B041

097F007」

  [★]

  • 20歳の女性。早朝からの急激な下腹部痛を主訴に救急車で来院した。月経は28日型、整。2か月前から無月経となり、尿妊娠反応は陽性である。腹部は膨隆し、Douglas窩穿刺で新鮮血を吸引した。
  • この患者にみられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097F006]←[国試_097]→[097F008

099D102」

  [★]

  • 正常妊娠で誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D101]←[国試_099]→[099D103

103E029」

  [★]

  • 正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E028]←[国試_103]→[103E030

095F009」

  [★]

  • 24歳の女性。悪心と嘔吐とを訴えて来院した。生来健康。最終月経は2か月前であった。身長160cm、体重52kg。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体(-)。直ちに行うべき検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095F008]←[国試_095]→[095F010

083A080」

  [★]

  • 成熟期婦人の消化管X線造影検査について適切な物。全て選べ
  • (1) 未婚であれば、いつ行っても良い
  • (2) 授乳中であれば、いつ行っても良い
  • (3) 妊娠反応陰性を確認してから行う
  • (4) 卵胞期に行うようにする

妊娠検査薬」

  [★]

pregnancy test
妊娠反応検査妊娠反応妊娠検査妊娠テスト

ラテックス凝集阻止反応」

  [★]

latexagglutination inhibition reaction, LAIR
妊娠反応


フリードマン反応」

  [★]

Friedman test
妊娠反応


妊娠反応陽性日」

  [★]

妊娠反応

妊娠」

  [★]

pregnancy, gravidity, gestation
妊娠週数妊娠期間、(妊娠週数・妊娠月数の推定)子宮#子宮の大きさtrimester妊婦
妊娠x週
x weeks of gestation

妊娠期間 (L.107)

  • 最終月経の開始から280日(40週)
  • 受精後266日(38週)

妊娠に伴う自覚、検査所見

QB必修
  • 尿検査による妊娠反応陽性:4週
  • つわり症状       :6週
  • 胎動の自覚       :18-20週

検査

超音波検査

  • 第5週で胎嚢がみとめられる。
QB必修
  • 妊娠4週:胎囊
  • 妊娠5週:胎児
  • 妊娠6週:胎児心拍
  • 妊娠10-12週:ドップラーによる胎児心拍

尿妊娠反応

  • 第5-8週で妊娠反応が陽性となる

妊娠による変化

G10M.38 NGY.293-303
  • 循環
  • 循環血液量増加 → 血漿量の増加が血球成分の増加より著しい → 血液希釈(赤血球数↓、Hb↓、Ht↓)
  • 白血球増加(5000~12000 /ul)。多核白血球優位に増加。
  • 凝固能:凝固系亢進、線溶系抑制
  • 血液凝固因子:第XI因子、第XIII因子を除き、血液凝固因子の濃度が上昇
  • 消化管
  • 胃:緊張度と運動性低下。食道括約筋圧低下、妊娠子宮による胃の変異により胃食道逆流が生じやすい(→麻酔管理では妊婦はfull stomach扱い)。
  • 呼吸器
  • 胸郭弛緩、横隔膜挙上、気道拡張(プロゲステロンによる気管平滑筋弛緩)
→[一回換気量]増加、[予備呼気量]減少、[残気量]減少 → 残気量が減少し、一回換気量が増加 → 分時換気量増加
  • 代謝:
  • 糖:
  • 食後血糖は上昇。空腹時血糖は低下する。また、食後に高インスリン血症が持続する。 (NGY.293)
  • 内分泌
  • FSH, LH:非妊娠時の基礎値
  • hCG:10週前後にピークとなり以降、減少。
  • PRL:妊娠末期に向かって増加

妊娠によるエネルギー付加量

NGY.324
  • 日本人成人女子の生活活動強度別の栄養所要量(kcal/day)
妊婦 +350
G10M.72
  • 付加エネルギー量(/day)
  • 妊娠初期:50kcal
  • 妊娠中期:250kcal
  • 妊娠末期:500kcal
  • 授乳中:450kcal

妊娠と服用薬

  • 妊婦は以下の機関に相談することを進める。
  • 妊娠と薬情報センター - 独立行政法人 国立成育医療研究センター
http://www.ncchd.go.jp/kusuri/index.html

服用薬の影響

  • 4週から7週末までは器官形成期であり、催奇形性が確認されているものはワルファリン(鼻奇形、骨形成不全)、メトトレキセート(種々の奇形)、抗てんかん薬(種々の奇形)がある。(参考1)
一般名または薬物群名 報告された催奇形性・胎児毒性
アミノグリコシド系抗菌薬 非可逆的第VIII脳神経障害、先天性聴力障害
アンギオテンシン変換酵素阻害薬
アンギオテンシン受容体拮抗薬
(中・後期)胎児腎障害・無尿・羊水過少、肺低形成、四肢拘縮、頭蓋変形
エトレチナート 催奇形性、皮下脂肪に蓄積されるため継続治療後は年単位で血中に残存
カルバマゼピン 催奇形性
サリドマイド 催奇形性:サリドマイド胎芽病(上肢・下肢形成不全、内臓奇形、他)
シクロホスファミド 催奇形性:中枢神経系、他
ダナゾール 催奇形性:女児外性器の男性化
テトラサイクリン系抗菌薬 (中・後期)歯牙の着色、エナメル質の形成不全
トリメタジオン 催奇形性:胎児トリメタジオン症候群
バルプロ酸ナトリウム 催奇形性:二分脊椎、胎児バルプロ酸症候群
非ステロイド性消炎鎮痛薬 (妊娠後期)動脈管収縮、胎児循環持続症、羊水過少新生児壊死性腸炎
ビタミンA 催奇形性
フェニトイン 催奇形性:胎児ヒダントイン症候群
フェノバルビタール 催奇形性:口唇裂・口蓋裂、他
ミソプロストール 催奇形性、メビウス症候群
子宮収縮・流早産
メソトレキセート 催奇形性:メソトレキセート胎芽病
ワルファリン 催奇形性:ワルファリン胎芽病、点状軟骨異栄養症、中枢神経系の先天異常

臨床関連

届出

参考

  • 1. 産婦人科 診療ガイドライン 産科編2008
[display]http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/FUJ-FULL.pdf




反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡