嚥下痛

出典: meddic

odynophagia



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 嚥下痛を訴えた小児頚椎椎間板石灰化症の1例
  • 貝澤 幸俊,村田 壮平,坂本 啓,松下 睦
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録 53(5), 1211-1212, 2010-09-01
  • NAID 10027456582
  • 嚥下痛と発熱の症状により発見された気管支原性嚢胞の1例
  • 福田 高士,樋口 隆男,大渕 俊朗,柳澤 純,白石 武史,岩崎 昭憲
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 24(5), 50-53, 2010-07-15
  • … 嚢胞性縦隔腫瘍は症状を呈することは稀である.今回われわれは嚥下痛と発熱の症状により発見された気管支原性嚢胞の1例を経験したので報告する.症例は23歳女性で,初発症状は嚥下痛であった.その後,38℃台の発熱が出現し原因精査のため施行されたCTにより発見された.血液生化学検査ではCRPの上昇を認めるのみであった.手術は胸腔鏡補助下縦隔腫瘍摘除術を施行した.手術翌日より解熱 …
  • NAID 10026485231

関連リンク

【咽頭痛と嚥下痛】 特に喉に非常に強い痛みを感じる、そして食事ができない場合です。 これを1,慢性的喉の痛み。 2、炎症症状もあり、かつ嚥下困難を伴うもの。(特に物を 食べると痛いので食事が出来ない)。 3、呼吸困難を伴うもの。 4、全身状態もあるもの 。
嚥下痛に関する紹介ページ。喉の痛みに気を付けて! 油断できない喉の痛みと症状 では、喉の痛みや、喉の痛みに関わる症状について説明しているサイトです。

関連画像

逆流や嚥下痛・・・食道がんの 症状:声がれ、咽頭痛、嚥下痛 症例6 扁桃腺炎。 S53年 生れ [ 摂食嚥下障害 ][ 口腔ケア 性麻痺・線維筋痛症・摂食嚥下 症例4 扁桃腺炎。 S56年 生れ


★リンクテーブル★
国試過去問105H037」「105H038」「100F017」「095G017」「105H026」「107I050」「105B049
リンク元odynophagia
関連記事嚥下」「

105H037」

  [★]

  • 次の文を読み、37、38の問いに答えよ。
  • 7歳の女児。発熱咽頭痛とを主訴に来院した。
  • 現病歴   昨夕から発熱と咽頭痛とが出現した。咳嗽鼻汁はない。嚥下痛はあるが飲水は可能である。
  • 既往歴   ペニシリン系抗菌薬で全身に蕁麻疹を生じたことがある。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現症    意識は清明。体温39.2℃。脈拍104/分、整。血圧98/62mmHg。眼球結膜に充血を認めない。白苔を伴う両側の扁桃腫大イチゴ舌とを認める。両側の前頭部に圧痛を伴う腫大したリンパ節を数個触知する。心音呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。四肢と顔面とに皮疹や浮腫を認めない。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球 470万、Hb 12.8g/dl、Ht 39%、白血球 14,500(好中球87%、好酸球1%、単球4%、リンパ球8%)、血小板 22万。血液生化学所見:尿素窒素 14mg/dl、クレアチニン 0.5mg/dl、AST 24IU/l、ALT 21IU/l、LD 325IU/l(基準280-588)、ALP 512IU/l(基準338-908)、Na 142mEq/l、K 4.2 mEq/l、Cl 101 mEq/l。CRP 9.2 mg/dl。
  • 投与すべき抗菌薬はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H036]←[国試_105]→[105H038

105H038」

  [★]

  • 次の文を読み、37、38の問いに答えよ。
  • 7歳の女児。発熱咽頭痛とを主訴に来院した。
  • 現病歴   昨夕から発熱と咽頭痛とが出現した。咳嗽鼻汁はない。嚥下痛はあるが飲水は可能である。
  • 既往歴   ペニシリン系抗菌薬で全身に蕁麻疹を生じたことがある。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現症    意識は清明。体温39.2℃。脈拍104/分、整。血圧98/62mmHg。眼球結膜に充血を認めない。白苔を伴う両側の扁桃腫大イチゴ舌とを認める。両側の前頭部に圧痛を伴う腫大したリンパ節を数個触知する。心音呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。四肢と顔面とに皮疹や浮腫を認めない。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球 470万、Hb 12.8g/dl、Ht 39%、白血球 14,500(好中球87%、好酸球1%、単球4%、リンパ球8%)、血小板 22万。血液生化学所見:尿素窒素 14mg/dl、クレアチニン 0.5mg/dl、AST 24IU/l、ALT 21IU/l、LD 325IU/l(基準280-588)、ALP 512IU/l(基準338-908)、Na 142mEq/l、K 4.2 mEq/l、Cl 101 mEq/l。CRP 9.2 mg/dl。
  • 完治した後に注意しておくべき症状はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H037]←[国試_105]→[105I001

100F017」

  [★]

  • 77歳の男性。胸部エックス線撮影で異常を指摘されて来院した。意識は清明。身長168cm、体重67kg。心雑音はなく、呼吸音に異常はない。血液所見:赤血球391万、Hb12.1g/dl、Ht36%、白血球7,000。血清生化学所見:総蛋白6.5g/dl、アルブミン3.6g/dl、クレアチニン0.9mg/dl、AST18単位、ALT13単位、LDH350単位(基準176~353)、CK32単位(基準10~40)。胸部造影CTと再構成三次元画像とを以下に示す。
  • この患者に起こりうるのはどれか。2つ選べ。


[正答]
※国試ナビ4※ 100F016]←[国試_100]→[100F018

095G017」

  [★]

  • 39歳の男性。2日前から咽頭痛発熱とが出現し、昨夜から呼吸困難嚥下痛および嚥下困難が増強したため、明け方に救急外来を受診した。独歩できるが、喘鳴が強く、呼吸回数も多い,扁桃は軽度の発赤のみで腫脹や白苔付着はない。喉頭部で強い狭窄音を聴取するが、その他の聴診所見で異常を認めない。頚部の腫脹はなく、触診で腫瘤を触れない。この患者でまず行うべき検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095G016]←[国試_095]→[095G018

105H026」

  [★]

  • 32歳の女性。咽頭痛呼吸困難とを主訴に来院した。昨夜から咽頭痛が出現し、強い嚥下痛のため食事がとれなくなった。今朝から呼吸困難を自覚し、その後、急激に増悪している。体温38.9℃。苦しくて横になれず、吸気時に強い喘鳴がある。喉頭内視鏡写真(別冊No.3)を別に示す。


  • まず行うのはどれか。
  • a 仰臥位安静
  • b 内視鏡的鉗子生検
  • c 抗ウイルス薬投与
  • d 輪状甲状軟骨間膜切開
  • e 経鼻経腸栄養チューブ挿入


[正答]


※国試ナビ4※ 105H025]←[国試_105]→[105H027

107I050」

  [★]

  • 43歳の男性。2日前からの嚥下痛呼吸困難とを主訴に来院した。含み声だが嗄声は認めない。胸部聴診で肺音は正常だが、喘鳴を認める。糖尿病に対し経口血糖降下薬を内服している。体温38.5℃。喉頭内視鏡像(別冊No.12)を別に示す。
  • まず行うべき対応はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107I049]←[国試_107]→[107I051

105B049」

  [★]

  • 66歳の男性。咽頭違和感と嚥下痛とを主訴に来院した。扁桃に表面不整の腫瘍を認め、扁平上皮癌(T2N1M0)の診断で、上咽頭から鎖骨上部の範囲に放射線治療を行った。口腔内写真(別冊No.6A、 B)を別に示す。
  • 治療直後からみられる合併症はどれか。 3つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 105B048]←[国試_105]→[105B050

odynophagia」

  [★] 嚥下痛

WordNet   license wordnet

「severe pain on swallowing due to a disorder of the esophagus」


嚥下」

  [★]

swallowing, deglution (SP)
deglutitio
飲み込み
嚥下反射


  • 嚥下の第1相は随意的
  • 嚥下の第2,3相は多シナプス反射により起こる。
  • 多シナプス反射
  • 嚥下の中枢は延髄

嚥下の相 (also see SP.719)

  • 1. 口腔相(第1期) 随意的
  • 2. 咽頭相(第2期) 反射
  • 食塊→咽頭壁、軟口蓋刺激→延髄嚥下中枢による反射
  • 咽頭相中、呼吸停止(嚥下性無呼吸)
開口部  閉鎖する構造 
鼻腔   舌      
口腔   軟口蓋    
気道   喉頭蓋    
咽頭   -
  • 3. 食道相(第3期) 反射

食道括約筋 (also see SP.720)

  • 下部食道2/3を占める平滑筋
  • LESは収縮し、胃からの逆流を防ぐ
  • 迷走神経支配(背側運動核、アセチルコリン作動性)
Auerbach神経叢の節後ニューロン(アセチルコリン作動性(興奮性)、NO,VIP作動性(抑制性))

臨床関連

  • 腹圧↑→胃が胸腔内に嵌入→
  • 食道下部のAuerbach神経叢細胞の消失および変性→食道下部の蠕動(-)、LESの反射性弛緩(-)→口側食道の拡張→嚥下障害、無胆汁性嘔吐、逆流性食道炎



痛」

  [★]

pain
痛み疼痛




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡