100F017

  • 77歳の男性。胸部エックス線撮影で異常を指摘されて来院した。意識は清明。身長168cm、体重67kg。心雑音はなく、呼吸音に異常はない。血液所見:赤血球391万、Hb12.1g/dl、Ht36%、白血球7,000。血清生化学所見:総蛋白6.5g/dl、アルブミン3.6g/dl、クレアチニン0.9mg/dl、AST18単位、ALT13単位、LDH350単位(基準176~353)、CK32単位(基準10~40)。胸部造影CTと再構成三次元画像とを以下に示す。
  • この患者に起こりうるのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 100F016]←[国試_100]→[100F018



★リンクテーブル★
国試過去問100F016」「100F018

100F016」

  [★]

  • 45歳の女性。発熱、咳および呼吸困難を主訴に来院した。子供の夏休みに合わせて、築30年の木造家屋から引越するため、押入れの整理を行ったところ、夕方から、発熱、咳および呼吸困難が出現した。意識は清明。体温38.2℃。呼吸数20/分。脈拍92/分、整。血圧110/68mmHg。両肺野にfine cracklesを聴取する。血液所見:赤沈40mm/1時間、赤血球410万、Hb14.1g/dl、Ht42%、白血球14,200(桿状核好中球16%、分葉核好中球65%、好酸球2%、単球3%、リンパ球14%)。胸部エックス線写真で両側性にびまん性散布性粒状影を認める。抗菌薬の投与を受けたが、症状の改善はない。この疾患で誤っているのはどれか。
  • a. 拘束性換気障害を認める。
  • b. 発症にはlgE抗体が関与する。
  • c. カビの反復吸入が原因である。
  • d. 副腎皮質ステロイド薬を投与する。
  • e. 気管支肺胞洗浄液中のリンパ球が増加する。

[正答]


※国試ナビ4※ 100F015]←[国試_100]→[100F017

100F018」

  [★]

  • 73歳の男性。1か月前からの咳嗽と粘液性痰とを主訴に来院した。30年間、鉱山で働いていた。呼吸困難はHugh-Jones分類のIII度である。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • この疾患で頻度の高い合併症はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100F017]←[国試_100]→[100F019