喉頭全摘術

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 喉頭全摘術後のボイスプロステーシス発声の音声機能
  • 南 和彦,市丸 和之,佐藤 進一 [他]
  • 日本気管食道科学会会報 63(1), 25-33, 2012
  • NAID 40019196551
  • 術中心停止にて再建手術を行えなかった舌喉頭全摘術症例
  • 松浦 一登,加藤 健吾,片桐 克則,今井 隆之,石田 英一,角田 梨紗子,西條 茂
  • 頭頸部外科 = Journal of Japan Society for Head and Neck Surgery 20(3), 231-237, 2011-02-28
  • … 舌喉頭全摘術では口腔と咽頭前壁の欠損が生じ,通常は腹直筋皮弁に代表される遊離筋皮弁再建や大胸筋皮弁による有茎筋皮弁再建が必要とされる。 …
  • NAID 10029079037

関連リンク

舌の切除手術; 下顎骨の切除手術; 喉頭の切除手術; 下咽頭の切除術; 中咽頭の切除 術; 上顎全摘術; 甲状腺がん; 耳下腺がん. 頭頸部の再建術 · 放射線 ... 喉頭がん に対する手術として代表的な喉頭全摘術と喉頭部分切除術を示します。腫瘍の大きさや 部位 ...
喉摘摘出後のいろいろな問題. 1.喉頭摘出術後の生理的変化. 喉頭全摘術後の身体 の変化は、一口でいえば、「気道と食道の完全分離」ということができる。いうまでもなく、 この際、発声器官としての喉頭が無くなる。 呼吸すなわち肺のガス交換に必要な空気の ...

関連画像

喉頭の構造と全摘術、亜全摘 喉頭全摘術5)口腔癌クリック で 拡大


★リンクテーブル★
国試過去問100D045」「098A016
関連記事喉頭」「」「全摘

100D045」

  [★]

  • 次の文を読み、45、46の問いに答えよ。
  • 53歳の男性。右のどの痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴 :1か月前から食物を飲み込むときに右咽頭部の鈍い痛みを自覚するようになった。
  • 既往歴 :10年前から糖尿病と高血圧とで通院している。
  • 生活歴:喫煙40本/日を33年間。
  • 現症 : 意識は清明。身長165cm、体重65kg。体温36.3℃。脈拍72/分、整。血圧140/90mmHg。右頸部に圧痛を認めるが、リンパ節は触知しない。
  • 血液所見:赤沈15mm/1時間、赤血球500万、Hb14.5g/dl、Ht40%、白血球6,000、血小板23万。CRP0.3mg/dl。下咽頭の内視鏡写真を以下に示す。頸部造影CTではリンパ節の腫大は認めない。生検で扁平上皮癌と診断された。


  • 対応として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100D044]←[国試_100]→[100D046

098A016」

  [★]

  • 60歳の男性。嗄声を主訴に来院した。
  • 1か月前に嗄声に気付き、次第に増強してきた。
  • 喫煙歴は20本/日を40年間。来院時の喉頭所見と生検組織H-E染色標本とを以下に示す。
  • 適切な治療法はどれか。


※国試ナビ4※ 098A015]←[国試_098]→[098A017

喉頭」

  [★]

larynx (KL,K)
咽頭

解剖

  • 第4~6頚椎の高さにある。約5cm (KL.612) <→ C3-C6椎体の高さにある(M.571)

組織

呼吸器の上皮の移行

リンパ

  • 声帯上:
  • 上喉頭動静脈に沿って舌骨甲状膜を貫通 → 上内頚静脈リンパ節中内頚静脈リンパ節
  • 喉頭粘膜のリンパ網は、仮声帯、喉頭入口部でよく発達。喉頭蓋基部の小孔を通じて喉頭蓋前間隙のリンパ組織に連絡し、さらに内深頚リンパ節につらなっている。このため声帯上部癌のリンパ節転移率は喉頭癌のうち最も高率(SOTO. 560)
  • 声帯下:
  • 下喉頭動静脈に沿って喉頭前リンパ節・気管リンパ節 → 下内頚静脈リンパ節
  • 喉頭前リンパ節、気管周囲リンパ節につながっている(SOTO. 560)

機能

  • 発声
  • 嚥下の際の気道保護

喉頭の固有筋→喉頭筋

臨床関連

  • 喉頭先天性疾患
  • 喉頭外傷
  • 喉頭異物
  • 喉頭炎症
  • 喉頭非腫瘍性病変
  • 喉頭ポリープ(声帯ポリープ):声帯縁にに好発する広基性、有茎性の浮腫性腫瘤。声帯前1/3に好発。一側性が多い。表面平滑、色調は声帯と異なる。種々の嗄声を示す。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • 声帯結節:声帯の前1/3に好発。両側性が多い。女性に多く、声を酷使する職業に多い。幼児・学童では男性に多い。表面の色調は声帯と変わらない。嗄声をしめし、気息性嗄声が主。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • ポリープ様声帯
  • 喉頭肉芽腫
  • 喉頭嚢胞
  • 喉頭角化症/喉頭白色病変/喉頭白色病変/喉頭白板症
  • 喉頭癌




術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


全摘」

  [★]

total extirpation
全摘除術、全摘術




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡