右半結腸切除術

出典: meddic

right hemicolectomy



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 術中合併症を回避するための助手の役割 : 腹腔鏡下右半結腸切除術D3(手術のtips and pitfalls)
  • 的場 周一郎,黒柳 洋弥
  • 日本外科学会雑誌 112(2), 132-134, 2011-03-01
  • NAID 110008513592

関連リンク

手術に対する考え方の違いによると思われるが,やはり消化器外科における最初に経験 するS状結腸癌手術や結腸右半切除術 ... 本稿では,われわれが通常レジデントに指導 している開腹による標準的な結腸癌の手術で代表的な結腸右半切除術およびS状結腸 ...
また,開腹操作と腹腔鏡下操作では,手術行程や手技に若干の相違があるが,郭清の 基本は同じである。手術行程 ... 回盲部切除では回結腸動脈が,結腸右半切除では回 結腸動脈,右結腸動脈および中結腸動脈右枝が支配動脈として処理されることになる。

関連画像

⑵結扎、切斷腸系膜血管右半結腸切除術,左半結腸切除 ⑺切開胃結腸韌帶⑷切開升結腸外側后腹膜左側結腸切除術適應 癥


★リンクテーブル★
国試過去問108I064」「108H021
関連記事結腸」「切除」「切除術」「」「腸切除

108I064」

  [★]

  • 69歳の女性。血便を主訴に来院した。 3か月前から便に血液が付着していることに気付いていた。便器の水が血で染まる色が徐々に濃くなったため受診した。既往歴に特記すべきことはない。下部消化管内視鏡検査による回盲部から約 20 cm肛門側の写真 (別冊 No.25A)と肛門から約 30 cm口側の写真 (別冊 No.25B)とを別に示す。写真Aの病変に対しては内視鏡的粘膜切除が行われ、病理所見は腺腫であった。同時に行った写真Bの病変に対しては生検が行われ、病理所見は腺癌であった。胸腹部・骨盤部造影 CTで肺や肝臓などの主要臓器に転移を認めない。
  • 対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108I063]←[国試_108]→[108I065

108H021」

  [★]

  • 50歳の男性。上行結腸癌のため入院し、右半結腸切除術当日である。不整脈の既往はない。術中経過は特に問題なかった。術後、患者は回復室に入室し、 6時間を経過したところで痛みは我慢できる程度であるという。心電図モニターの画面上、心拍数は 110/分、整で、 SpO2 100% (マスク 3 l/分酸素投与下 )である。心拍数の記録を確認したところ、回復室に入室後は 80台/分で経過していたが、 30分前から次第に増加し現在の値に達している。
  • 現時点での対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108H020]←[国試_108]→[108H022

結腸」

  [★]

colon (Z)
大腸消化器系

関連構造

疾患

  • 大腸癌
  • 結腸癌:the colon, including the rectum is host to more primary neoplasms than any other organ in the body.



切除」

  [★]

横切横切開横断横断面消失切除術切除法切断摘出摘出術摘除摘除術離断アブレーション切り取る焼灼焼灼術


切除術」

  [★]

excision, resection
捻除術 exeresis
切除切除法摘出摘出術摘除摘除術



術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


腸切除」

  [★]

intestinal resectionenterectomy
腸管切除腸切除術




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡