受容体作動薬

出典: meddic

receptor agonist
受容体刺激薬レセプターアゴニスト受容体アゴニスト受容体作用薬受容体活性化剤受容体活性化薬

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/08/23 20:11:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Y2-1 5-HT_4受容体作動薬モサプリドによるマウス回腸切離吻合術後の腸壁内神経系再生・新生促進作用の2光子顕微鏡によるin vivoイメージング法での解析(優秀演題賞候補口演2,第53回日本平滑筋学会総会)
  • 後藤 桂,加藤 剛,國安 弘基,松吉 ひろ子,川原 勲,藤井 久男,鍋倉 淳一,高木 都
  • 日本平滑筋学会雑誌 15(1), "J-19", 2011-07-06
  • NAID 110008686530
  • ジクアホソルナトリウムのウサギ結膜組織からのムチン様糖蛋白質分泌促進作用
  • 七條 優子,篠宮 克彦,勝田 修,中村 雅胤
  • あたらしい眼科 = Journal of the eye 28(4), 543-548, 2011-04-30
  • NAID 10028248174

関連リンク

このコーナーでは、DPP-4阻害薬、GLP-1受容体作動薬など、インクレチン関連薬の最新ニュース、作用機序、開発状況、服薬情報、副作用情報など、期待の新薬に関するさまざまな情報を集約していきます。
agonist 受容体に結合し,生体内物質と同様の細胞内情報伝達系を作動させる薬物。アゴニストが受容体と結合すると受容体の立体配座の変化が起こって生体応答反応をひき起こす。生体内物質と同様に完全な活性を発揮するものをフル ...

関連画像

 薬[GLP-1 受容体 作動薬GLP-1受容体作動薬「バイエッタ 下村 現時点ではGLP-1受容体作動 GLP-1受容体作動薬「リキスミア 戸邉 次に、GLP-1受容体作動薬の  注射薬「GLP-1受容体作動薬


★リンクテーブル★
リンク元受容体刺激薬」「receptor agonist」「受容体作用薬」「受容体活性化剤」「受容体活性化薬
拡張検索βアドレナリン受容体作動薬」「α受容体作動薬」「セロトニン受容体作動薬」「選択的エストロゲン受容体作動薬
関連記事受容体」「作動」「」「受容

受容体刺激薬」

  [★]

receptor agonistagonistagonistic
アゴニスト作動薬作用物質作用薬刺激薬主動筋レセプターアゴニスト受容体アゴニスト受容体作動薬受容体作用薬受容体活性化剤受容体活性化薬


receptor agonist」

  [★]

agonistagonistic

受容体作用薬」

  [★]

receptor agonist
受容体刺激薬レセプターアゴニスト受容体アゴニスト受容体作動薬受容体活性化剤受容体活性化薬

受容体活性化剤」

  [★]

receptor agonist
受容体刺激薬レセプターアゴニスト受容体アゴニスト受容体作動薬受容体作用薬受容体活性化薬


受容体活性化薬」

  [★]

receptor agonist
受容体刺激薬レセプターアゴニスト受容体アゴニスト受容体作動薬受容体作用薬受容体活性化剤

βアドレナリン受容体作動薬」

  [★]

beta-adrenergic receptor agonist
βアドレナリン作用薬βアドレナリン受容体刺激薬

α受容体作動薬」

  [★]

α-agonist, α agonist
αスティミュレータ α-stimulator
α受容体


セロトニン受容体作動薬」

  [★]

serotonin receptor agonist
セロトニンセロトニン受容体


選択的エストロゲン受容体作動薬」

  [★]

selective estrogen receptor modulator SERM

受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

作動」

  [★]

オペレーティング機能行為作用手術操作措置オペ運用操縦施行

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡