副鼻腔気管支症候群

出典: meddic

sinobronchial syndrome, SBS
副鼻腔炎合併症、上気道咳症候群



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/23 20:05:50」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 遷延性慢性咳嗽 その他 (特集 「咳嗽に関するガイドライン」up-to-date : ガイドライン改訂のポイント) -- (診療ガイドラインのよみどころ)
  • 西 耕一
  • アレルギー・免疫 19(11), 1748-1756, 2012-11
  • NAID 40019464518
  • 病診・診診連携(最終回)慢性咳嗽の診断における呼吸器内科との連携 : 副鼻腔気管支症候群を一例として
  • 阪本 浩一
  • 鼻アレルギーフロンティア 12(2), 90-95, 2012-05
  • NAID 40019332861

関連リンク

家庭医学館 - 副鼻腔気管支症候群の用語解説 - [どんな病気か] 副鼻腔炎(ふくびくうえん)があると、睡眠(すいみん)中に鼻汁(びじゅう)がのどのほうに降り、気管支(きかんし)に入って気管支炎(きかんしえん)の原因に ...
副鼻腔気管支症候群の症状、原因、診断・治療方法についてご紹介します。呼吸器内科、内科に関連する副鼻腔気管支症候群の治療なら病院・クリニック検索のホスピタにお任せ下さい。副鼻腔気管支症候群の診察ができるおすすめの ...

関連画像

http://www.luke.or.jp/guide/31 写真:副鼻腔乳頭腫http://www.3nai.jp/weblog/upload resize2588http://ecx.images-amazon.com/images/I/51RG 副鼻腔気管支症候群


★リンクテーブル★
先読み上気道咳症候群
リンク元びまん性汎細気管支炎」「副鼻腔気管支炎」「SBS
関連記事症候群」「副鼻腔」「気管」「気管支」「

上気道咳症候群」

  [★]

upper airway cough syndrome UACS
後鼻漏症候群 postnasal drip syndrome
[[]]


症状

  • 慢性の咳(夜間、明け方に咳が強くなる)(非喫煙者の慢性咳の20-50%。25%の患者は咳のみを訴える)
  • 鼻炎、副鼻腔炎
  • 副鼻腔炎症状:膿性鼻汁、頭痛、上顎歯痛


参考


びまん性汎細気管支炎」

  [★]

diffuse panbronchiolitis, DPB
びまん性呼吸細気管支炎 diffuse respiratory bronchiolitis
細気管支炎

概念

  • 呼吸細気管支領域の慢性炎症性病変が肺内にびまん性に分布し、炎症反応が細気管支壁の全層に及ぶ原因不明の疾患。慢性の咳嗽・喀痰が認められ、慢性気道感染と拘束性の肺機能障害が認められる。副鼻腔炎の合併が認められることがあり、副鼻腔気管支症候群としてまとめられることがある。
  • 胸部単純X線写真上、下肺野優位に両肺野びまん性小葉中心性粒状陰影が認められる(小葉中心性病変)。
  • これまでは予後不良であったが、エリスロマイシン少量投与で著明な治療効果が認められる。

疫学

  • 遺伝子素因としてHLA-B54と関連がある

病態

  • 病変の首座は終末細気管支及び終末細気管支周囲炎(出典不明)
  • 呼吸細気管支を中心とした細気管支およびその周囲炎 (YN.I-76)
  • 泡沫細胞の集簇を伴ったリンパ球、形質細胞など円形細胞浸潤

症状

  • 慢性の咳、喀痰
  • 労作時息切れ

身体所見

  • 胸部聴診:連続性ラ音

検査

  • 胸部単純X線写真:気管支拡張がみられる
  • 胸部単純CT:下肺野優位に両肺野びまん性小葉中心性粒状陰影  ←  小葉中心性病変 (cf.小葉)


  • 肺機能検査:一秒率低下、残気量増加、肺拡散能不変。

合併症

治療

  • 予後は不良であったが、エリスロマイシンの少量長期投与により予後が改善 30年生存率38-63%

参考

  • 1. [charged] Diffuse panbronchiolitis - uptodate [1]

国試


副鼻腔気管支炎」

  [★]

sinobronchitis
副鼻腔気管支症候群



SBS」

  [★] 副鼻腔気管支症候群

症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



副鼻腔」

  [★]

paranasal sinus
sinus paranasalis, sinus paranasales
[[]]

副鼻腔

090108II
  内側 外側 前方 後方 交通路 交通先
前頭洞
 
頭蓋 眼窩         前頭鼻管 中鼻道
上顎洞
 
眼窩壁 歯槽突起 鼻腔 頬骨弓   翼口蓋窩   中鼻道
篩骨洞
 
前頭洞     眼窩壁       中鼻道(前篩骨洞)/
上鼻道(後篩骨洞)
蝶形骨洞
 
頭蓋壁     視神経管(上)/
後篩骨洞(下)
  頭蓋壁   上鼻道


臨床関連


気管」

  [★]

trachea (Z), tracheal tube
trachea
気管支気管支の分岐

解剖

  • 長さ12cm、直径2cm (HIS.298)。
  • C6椎体-T5椎体 / C6椎体の下部より始まりT4-T5椎体で左右の気管支に分かれる。)
  • 喉頭の輪状軟骨の直下から始まり主気管支が分岐するところに終わる。 (HIS.298)

粘膜

  • 1呼吸上皮(粘膜上皮):多列線毛上皮
  • 2. 粘膜固有層 疎性結合組織 膠原線維、弾性線維、気管腺(混合腺)
  • 3. 粘膜下組織 密生結合組織 
  • 4. 外膜 気管軟骨 馬蹄形(C字軟骨)後方に開いている。10-12個


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



気管支」

  [★]

bronchus / bronchi(pl.) (Z)
bronchus principalis
主気管支 main bronchus一次気管支 primary bronchus
気管気管支の分岐肺区域区域気管支





Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡