前庭神経鞘腫

出典: meddic

vestibular schwannoma
聴神経腫瘍聴神経鞘腫

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脳腫瘍の放射線療法 定位放射線照射療法(サイバーナイフ) (新時代の脳腫瘍学--診断・治療の最前線) -- (脳腫瘍の治療)
  • 8. 前庭神経鞘腫に対するガンマナイフ治療手技の変遷(線量計画は治療成績に如何なる影響があるか)(第39回群馬脳腫瘍研究会)
  • 柴崎 徹,宮城嶋 孝明,吉田 貴明,好本 裕平
  • The Kitakanto medical journal 59(3), 298-299, 2009-08-01
  • NAID 120002098421

関連リンク

独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービスのウェブサイトです ... 神経鞘腫の症状は、腫瘍が発生した神経の機能低下によるものです。具体的には、聴神経鞘腫では聴力低下や耳鳴、三叉神経鞘 ...
聴神経腫瘍(前庭神経鞘腫)について 聴神経腫瘍は正確には, 前庭神経鞘腫 vestibular schwannoma といいます 聞こえの神経(蝸牛神経)ではなくて,バランスの神経(前庭神経)から発生するからです 脳腫瘍の6%くらいを占める ...

関連画像

聴神経腫瘍(前庭神経鞘腫 代表的な疾患神経鞘腫聴神経腫瘍(前庭神経鞘腫)聴神経腫瘍(前庭神経鞘腫 聴神経腫瘍(前庭神経鞘腫、AT


★リンクテーブル★
リンク元内耳神経」「神経線維腫症2型」「聴神経鞘腫」「聴神経腫瘍
関連記事神経鞘腫」「神経」「前庭神経」「」「神経鞘

内耳神経」

  [★]

vestibulocochlear nerve (N)
nervus vestibulocochlearis
第8脳神経 eighth cranial nerve CN VIII
脳神経内耳道 internal auditory meatus


  • 橋の底部から脳幹の外に出る
一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 鰓弓運動性 神経細胞(中枢神経外) 神経細胞(中脳) 神経細胞(橋) 神経細胞(延髄) 神経細胞(脊髄) ○-< 節後ニューロン 頭蓋からの出口 分布と機能
          膝神経節           内耳道、顔神経管、茎乳突孔 外耳道の皮膚の感覚
          膝神経節           舌の2/3,口腔底、口蓋の味覚
                  翼口神経節、顎下神経節 副交感神経:顎下腺、舌下腺、涙腺、鼻と口蓋の腺
                    支配筋:顔の表情筋、中耳のアブミ骨、茎突舌骨筋、顎二腹筋の後腹


臨床関連


神経線維腫症2型」

  [★]

neurofibromatosis type 2 NF2, neurofibromatosis type II NF II, neurofibromatosis 2
神経線維腫症II型
神経線維腫症1型 neurofibromatosis type 1 NF1

概念

  • 中枢神経系良性腫瘍
  • 両側の聴神経線維腫を伴う → 聴神経線維腫症

病因

遺伝

疫学

  • 5-10万人に1人

症状

難聴、めまい、平衡覚の異常

合併症

診断

検査

治療

診断基準(NIH)

以下の1つ以上を満たす。

予後

  • 予後不良。



聴神経鞘腫」

  [★]

acoustic schwannomaacoustic neurinoma
前庭神経鞘腫 vestibular schwannoma聴神経線維鞘腫 acoustic neurilemmoma
聴神経腫瘍前庭神経鞘腫聴神経シュワン細胞腫

概念

  • 前庭神経鞘腫とも呼ばれる。聴神経のシュワン細胞に由来する良性腫瘍。

病理

  • 2種類の腫瘍細胞が混在している。
  • Antoni A型:腫瘍が柵状配列をとっている。
  • Antoni B型:細胞が変性して粗な領域。エオシン染色性弱い。

検査

  • MRI
  • T1:低信号
  • T2:高信号
  • ガドリニウム造影:均一に増強される

鑑別疾患

  • 小脳橋角部髄膜腫  :T1で低信号、T2で高信号、造影で高信号。腫瘍付着硬膜の造影効果。鑑別点は錐体骨部への付着が広くはっきりとしており、。
  • 小脳橋角部類表皮嚢胞:T1で低信号、拡散強調画像で高信号
  • 三叉神経鞘腫
  • クモ膜嚢胞
  • 脂肪腫
  • 血管芽腫
  • 転移性脳腫瘍

治療

  • 3cm未満:手術両方 or 定位的放射線治療(ガンマナイフ)
  • 3cm以上:手術両方
  • 手術療法:後頭蓋窩開頭法(耳介後部からのアプローチ)



聴神経腫瘍」

  [★]

acoustic neuroma, acoustic nerve tumor, acoustic tumor
同?????
聴神経鞘腫 acoustic neurinoma小脳橋角部腫瘍 cerebello-pontine angle tumor
聴神経腫前庭神経鞘腫



神経鞘腫」

  [★]

neurinoma, neurilemoma
シュワン細胞腫 Schwannomaシュワン腫
脳腫瘍

概念

  • 良性腫瘍
  • 原発性脳腫瘍全体の10%
  • 神経鞘腫の約90%はCN VIII原発(聴神経鞘腫)。その中でも前庭神経に由来するものが多い。

疫学

  • 30-60歳に好発
  • 男女比=1:1.3-1.5
  • 前庭神経(神経鞘腫の90%を占める)>三叉神経>舌咽・迷走・副神経、顔面神経、舌下神経、滑車神経

遺伝性

病理

  • 薄い皮膜
  • 柔らかい
  • 黄白色、赤褐色で易出血性。
  • Antoni A型とAntoni B型が混在

症状

  • 1. 初発症状:難聴(言語識別能の低下、高音域での聴力低下)、耳鳴り。15%の症例で突発性難聴で初発。5%の症例でめまいで初発。
  • 2. 進展して三叉神経を障害:角膜反射の消失。顔面神経は障害されにくい。
  • 3. 進展して小脳、脳幹を障害:四肢の運動失調、歩行障害
  • 4. 進展して第4脳室の閉塞、テント切痕部での髄液の通過障害:水頭症による頭蓋内圧亢進症状。
  • 5. 下方に進展した場合:舌咽神経、迷走神経などの下位脳神経障害:嚥下障害

検査

  • 温度眼振検査
  • 聴力検査
  • 純音聴力検査、語音明瞭土建鎖
  • 聴性誘発脳幹反応(ABR)

画像検査

  • MRI
  • T1:低信号
  • T2:高信号
  • Gd造影:均一に強く造影



神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


前庭神経」

  [★]

vestibular nerve
nervus vestibularis, pars vestibularis
平衡神経
内耳神経
  • 内耳神経の分枝


腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


神経鞘」

  [★]

neurilemma
神経線維鞘シュワン鞘




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡