内耳炎

出典: meddic

labyrinthitisinternal otitis
otitis interna
迷路炎 labyrinthitis



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/12 14:12:37」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 当科における中耳炎性内耳炎の検討
  • 岸本 真由子,内田 育恵,野々山 宏,片平 信行,平山 肇,谷川 徹,植田 広海
  • Audiology Japan 54(5), 349-350, 2011-09-30
  • NAID 10029741858
  • 小児良性発作性めまい症の臨床的特徴
  • 五島 史行,守本 倫子,大原 卓哉,本村 朋子,泰地 秀信
  • 日本耳鼻咽喉科學會會報 114(6), 562-567, 2011-06-20
  • … 診断はBPVが8例, 起立性調節障害2例, 内耳炎2例, 遅発性内リンパ水腫一例, 転換性障害一例 (重複有り) であった. …
  • NAID 10029380853

関連リンク

内耳炎(ないじえん)とは、何らかの原因で内耳に発生した炎症のことである。内耳は、 音を感知する部分であり、かつ、重力の向きと加速度を感知する部分であるために、 内耳炎は、音の感知に影響を及ぼして難聴を生ずるだけではなく、平衡覚、回転覚にも 影響 ...
内耳炎は、主に中耳腔の炎症が、中耳と内耳を隔てている2つの窓(正円窓(せいえん そう)と卵円窓(らんえんそう))を通して内耳に及んだものです。しかし、時には真珠腫性 中耳炎(しんじゅしゅせいちゅうじえん)によって内耳の骨が破壊され、そこを通して中耳腔 の ...

関連画像

まるの内耳炎。ジャンル:内耳炎内耳炎病院にやってくるワンちゃんで 耳のしくみ


★リンクテーブル★
先読みlabyrinthitis
国試過去問098D009」「108I017」「105G025」「099D115
リンク元眩暈」「21トリソミー」「内耳性難聴」「内耳周囲炎」「迷路炎
拡張検索髄膜炎性内耳炎」「壊死性内耳炎」「血行性内耳炎」「化膿性内耳炎
関連記事」「内耳

labyrinthitis」

  [★] 迷路炎

WordNet   license wordnet

「inflammation of the inner ear; can cause vertigo and vomiting」
otitis interna


098D009」

  [★]

  • 5歳の男児。難聴と言語発達の遅れとを主訴に来院した。
  • 出生後の精神・身体発育は順調であった。2歳時に髄膜炎と中耳炎とに罹患した。オージオグラムを以下に示す。
  • 難聴の原因はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 098D008]←[国試_098]→[098D010

108I017」

  [★]

  • 受動喫煙によって発症リスクが増加する小児の疾患はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108I016]←[国試_108]→[108I018

105G025」

  [★]

  • 補聴器の装用効果が最も大きいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G024]←[国試_105]→[105G026

099D115」

  [★]

  • 補聴器の装用効果が最も大きいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D114]←[国試_099]→[099D116

眩暈」

  [★]

げんうん、めまい
vertigo, dizziness
vertigo
めまい発作 dizzy spell
めまい、耳鳴り

めまいの分類

IMD. 276

SOD.134

原因部位による分類

めまいをきたしうる疾患

IMD.277

原因部位と眼振

原因部位の鑑別

研修医当直御法度 症例帳 p.22
  末梢性めまい 中枢性めまい
眼振 水平性 水平性
回転性 回転性
  垂直性
耳鳴、難聴
頭位 増強 軽度変化
カロリックテスト 陰性/低下 正常
意識消失 なし あり
神経症状 あり
IMD.279
  末梢前庭性めまい 中枢性めまい
性状 回転性が多い 回転性は少ない
強さ 強い 軽度
持続時間 数日まで 数日以上
眼振の方向 一方向性 注視方向性
自発眼振の性状 水平回旋性が多 純回旋性、垂直性
固視の影響 抑制される 抑制されない
注視眼振の増強する方向 健側 患側
蝸牛症状 多い
中枢神経症候 なし あり
悪心・嘔吐 軽度~重度 ない or 軽度

疫学

IMD.277
  • 1. 末梢前庭性眩暈:4-5割 → 良性発作性頭位眩暈が多い。
  • 2. 中枢性眩暈  :3割

眩暈、難聴をきたす疾患

    前庭症状 蝸牛症状 特徴
眩暈 難聴 耳鳴
薬剤性 ループ利尿薬 投与歴
アミノグリコシド系抗菌薬 投与歴
感染症 内耳炎  
新生物 小脳橋角部腫瘍 CT, MRI異常
特発性 突発性難聴 単発
特発性 メニエール病 発作性、反復性
特発性 良性発作性頭位眩暈症 ×   特定の頭位で発生。眩暈頭位の反復で減衰
炎症 前庭神経炎 × × 単発

検査

  • 中枢性めまいを疑う → 頭部単純CT
  • 末梢性めまいを疑う → Dix-Hallpike test

参考

  • 1. [charged] Benign paroxysmal positional vertigo - uptodate [1]



21トリソミー」

  [★]

trisomy 21
ダウン症候群 Down症候群 Down syndrome Down's syndromeトリソミー2121番染色体トリソミー 21-トリソミー trisomie 21 autosomale、trisomy G syndrome、蒙古人症 蒙古症 mongolismus モンゴリスムス
染色体核型トリソミー
[show details]

疫学

  • 母体の年齢と関係がある。
  • 20-25歳:1/1600
  • 25-30歳:1/870
  • 30-35歳:1/300

病因

  • 21番染色体が3コピーになる21トリソミーが基本病態。大多数は自然発生する。3種類の核型が存在する。
  • 1.標準型 95% 21番染色体が1本多く、全体が47本となる。
  • 2.転座型  4% 14あるいは21番染色体にRobertson転座する。
  • 3.モザイク型  1% 正常細胞とトリソミー細胞が混在する。

ロバートソン転座による14q,21qを有する21trisomy保因者

  • 13,14,15,,21,22は短腕が短くrRNAしかコードされていないので、これらの染色体の間でロバートソン転座により短腕が失われても問題が起きにくい。ロバートソン転座により染色体が45本になっている人は1000人に1人の割合で存在する。(参考1)
  • 14番と21番染色体でロバートソン転座が起きたとすると、核型はder(14;21)(q10;q10)と表記される。この場合染色体は、14番染色体、21番染色体、der(14;21)(q10;q10)の3本を有することになる。配偶子が減数分裂の際に作られるとき、6つの組み合わせができるという。すなわち、1本のみ( 14, 21, der(14;21)(q10;q10) )の場合および2本( 14+21, der(14;21)(q10;q10) + 14, der(14;21)(q10;q10) + 21 )の場合ができる。このうち、14, 21, der(14;21) + 14 の場合は受精後にモノソミーが生じることになり致死的である。14+21、der(14;21)(q10;q10)の場合は正常となる。問題はder(14;21)(q10;q10) + 21の場合であり、この場合受精後に21の長腕が3つ存在することになりダウン症候群を発症しうる。
  • 転座型ダウン症候群の場合、同胞発生するリスクがある。経験的な危険率は母が保因者の場合10-15%、父親が保因者の場合は2%である。(参考1)

形態

特有な顔貌

  • 眼裂斜上
  • 内眼角贅皮
  • 両眼間解離、耳介低位
  • 鼻根部平坦(鞍鼻)
  • 手掌の猿線

合併症

  • 1. 先天的心疾患
出現頻度:約50% ←特徴
肺高血圧症が合併
動脈管開存症もありうる
  • 2. 消化器奇形
  • 3. 血液疾患
  • transient abnormal myelopoiesis(類白血病反応)
  • 生下時末梢血に芽球細胞が見られる。症状はM7と同じ。2割以下で白血病を引き起こす。
  • blast cell, LDH, WBCが高値であるが2-6ヶ月で正常となる。


参考

  • 1. [charged]Chromosomal translocations, deletions, and inversions - uptodate [2]
  • 2. DOWN SYNDROME
[display]http://omim.org/entry/190685
  • 3. [charged] ダウン症の臨床的特徴および診断 - uptodate [3]




内耳性難聴」

  [★]

inner ear deafness, inner ear hearing loss
蝸牛性難聴 cochlear deafness迷路性難聴 labyrinthine deafness
感音性難聴、後迷路難聴、伝音性難聴

特徴

感音性

原因


内耳周囲炎」

  [★]

paralabyrinthitis, perilabyrinthitis
内耳炎


迷路炎」

  [★]

labyrinthitis
内耳炎

髄膜炎性内耳炎」

  [★]

meningeal labyrinthitis
髄膜炎性迷路炎 meningitic neurolabyrinthitis


壊死性内耳炎」

  [★]

necrotic labyrinthitis, necrotizing labyrinthitis


血行性内耳炎」

  [★]

hematogenic labyrinthitis


化膿性内耳炎」

  [★]

suppurative labyrinthitis

炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


内耳」

  [★]

inner ear
auris interna
迷路 labyrinth





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡