傍濾胞細胞

出典: meddic

parafollicular cell
濾胞傍細胞, C細胞 C cell
甲状腺



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/04/27 23:35:19」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 様々な大きさの濾胞形成を伴う馬の甲状腺C細胞腺腫(短報)
  • 桑村 充,城田 暁子,山手 丈至,小谷 猛夫,大橋 文人,佐久間 貞重
  • The journal of veterinary medical science 60(3), 387-389, 1998-03-25
  • … 13歳齢, アンダルシア種, 雄馬に甲状腺腫瘍を認めた.腫瘍は顆粒状細胞質を有するC細胞(傍濾胞細胞)の増殖からなり, 様々な大きさの甲状腺濾胞形成を伴っていた.腫瘍性C細胞はカルシトニンに, 濾胞形成細胞はサイログロブリンに陽性を示した.電子顕微鏡観察により, 傍濾胞細胞には直径250nmに至る分泌顆粒が認められ, 濾胞上皮は微絨毛, 接着装置および発達した粗面小胞体を有していた. …
  • NAID 110003918443
  • ウマ甲状腺における鰓後体遺残組織及びその過形成と腺腫
  • 立山 晋,谷村 信彦,森友 靖生,門司 慶子,山口 良二,野坂 大,Cotchin E.
  • 日本獣医学雑誌 50(3), 714-722, 1988-06-15
  • … これらの組織はカルシトニン及びサイログロブリンについての免疫組織化学的, 及び電子顕微鏡的に検索すると, 1〜3種の細胞から構成され, いずれの抗体にも反応しない未分化細胞, カルシトニン陽性の傍濾胞細胞, サイログロブリン陽性のコロイドを容れた濾胞を形成する濾胞上皮細胞が認められ, 前2者は充実性組織を形成していた. …
  • NAID 110003917809

関連リンク

濾胞傍細胞(ろほうぼうさいぼう、英: parafollicular cell)は、哺乳類の甲状腺の濾胞や 濾胞細胞の間に存在する細胞。傍濾胞 ... 発生学的には神経堤由来の第5鰓嚢が鰓後 体となり、これが甲状腺に取り込まれて濾胞傍細胞になると考えられている。哺乳類 ...
傍濾胞細胞. Tweet · Buzzurl. 世界大百科事典内の傍濾胞細胞の言及. 【甲状腺】より …ついでホルモンは毛細血管あるいはリンパ管の中に入る。 ヒトを含めた哺乳類の 甲状腺では濾胞の外側(濾胞上皮細胞の基底部)や濾胞の間に傍濾胞細胞が存在し, チロ ...

関連画像

 な シート 状 細胞 集塊 核 な シート 状 細胞 集塊 核細胞_組織.jpg細胞_組織2.jpg


★リンクテーブル★
リンク元甲状腺」「甲状腺髄様癌」「カルシトニン
関連記事濾胞細胞」「細胞」「濾胞

甲状腺」

  [★]

thyroid gland
glandula thyroidea
甲状腺ホルモン副甲状腺(上皮小体)
喉頭
  • 図:N.24(全面の筋),25(全面の筋),70(血管),71(血管)

解剖学

部位

性状

  • 成人の正常重量15-25g、女性の方が少し重い。妊娠中や性周期で重量が変化する。分泌期初期(early secretary phase排卵後2-5日目)には50%も重量が増加する。

大きさ

よくわかる甲状腺疾患のすべて 永井書店 (2004/01) ISBN 481591673X
単位はmm?
  n 峡部 横断厚 横径 縦経(右) 縦経(左)
男性 34 1.8±0.6 18±3.0 48±4.8 49±3.7 49±3.8
女性 16 1.3±0.8 16±2.2 46±3.6 45±6.0 46±3.0

血管

動脈

静脈

神経

声帯を支配する神経が甲状腺の裏側を通過 N.71

画像

  • 超音波検査
  • (高エコー)筋肉>甲状腺>気道(低エコー)  ← 要確認

組織学

濾胞上皮細胞 follicular cell

  • 甲状腺ホルモンを産生、分泌。

C細胞 C cell

  • 成人甲状腺全体の0.1%を占める
  • カルシトニン産生細胞、HEでは判別困難。
  • 銀染色(Glimerius)、免疫組織化学(chromogranin A、synaprophysin, carcitoninなど)により明らかとなる。
  • 電顕では、electron dense な顆粒を有する(神経内分泌顆粒)。

機能

発生

神経支配

  • 上頚部交感神経節、中頚部交感神経節。交感神経神経線維は濾胞近傍に終末し、分泌に影響を及ぼす。

臨床関連

非腫瘍性疾患

  • 1. 遺伝疾患、発達傷害
  • mynocyclineによるblack thyroid:消耗性色素リポフスチンと他の物質(lipid-drug complexによりlysosomeに色素が沈着する)。
  • 4. 感染
  • 5. 自己免疫性甲状腺疾患

腫瘍性疾患 (甲状腺腫瘍)

  • 1. 良性腫瘍
  • a) 濾胞腺腫 follicular adenoma
  • 2. 悪性腫瘍 悪性腫瘍中の頻度)
  • a) 乳頭癌 papillary carcinoma 88%
  • b) 濾胞癌 follicular carcinoma 4.2% 甲状腺濾胞癌 thyroid follicular carcinoma
  • c) 低分化癌 poorly differentiated carcinoma
  • d) 未分化癌 undifferentiated carcinoma 1.5%
  • e) 髄様癌(C細胞癌) medullary carcinoma, C-cell carcinoma 1.4%
  • f) 悪性リンパ腫 malignant lymphoma 3.5%


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

分類






甲状腺髄様癌」

  [★]

medullary thyroid carcinoma MTCmedullary carcinoma of thyroid, thyroid medullary carcinoma
甲状腺C細胞癌thyroid C-cell carcinoma
アミロイドーシス甲状腺腫瘍甲状腺癌


概念

  • 甲状腺C細胞傍濾胞細胞)由来のカルシトニン産生性の悪性腫瘍

疫学

  • 甲状腺悪性腫瘍の5~10%? 甲状腺癌の1-2%(YN.D-41)
  • 男女比はほぼ1:1  男女比=1:2(YN.D-41) 
  • 発症年齢は30歳代と50歳代がピーク

病型

  • 家族性
  • 散発性

病因

  • RET遺伝子の点突然変異
  • 常染色体優性遺伝疾患の多発性内分泌腫瘍症2A型,同2B型とおなじ

病理

  • 腫瘍細胞の多様な像
  • 類円形から多角形のさまざまな形態をとる腫瘍細胞が、シート状、胞巣状、島状あるいは管状、濾胞状、乳頭状の構造を呈する
  • 間質のアミロイド沈着

病態

進展様式

  • リンパ行性が多く、血行性もある。

症状

  • 甲状腺腫脹

検査

  • 血液生化学
  • シンチグラム
  • 131I-MIBGによるシンチ:腫瘍に集積

合併症

予後

  • 10年生存率:60%

参考

  • 1. [charged] Clinical manifestations and staging of medullary thyroid cancer - uptodate [1]
  • 2. [charged] Treatment of medullary thyroid cancer - uptodate [2]
  • 3. [charged] Chemotherapy and immunotherapy for medullary thyroid cancer - uptodate [3]


カルシトニン」

  [★]

calcitonin (Z,PT), CT
サイロカルシトニン thyrocalcitonin
パラソルモン甲状腺副甲状腺プロカルシトニン
  • 「血中カルシウム濃度が高くすぎないように調節する」ホルモン

分類

性状

  • ペプチド(32aa)

産生組織

標的組織

  • 腎臓

作用 (2007年度後期生理学授業プリント)

  • 血中カルシウム濃度↓ (血中カルシウム濃度が高いときのみ)
  • 破骨細胞に作用して骨吸収を抑制
  • 尿細管に作用してCa,P,Na,Clを排泄
  • 腸管に作用してカルシウムの吸収を抑制する
  • 胃酸分泌を下げる

分泌の調節 (2007年度後期生理学授業プリント)

  • 血中のカルシウム濃度(カルシウムイオン、タンパク質に結合しているカルシウムを含む)が高いときにサイロカルシトニンが分泌される。
  • 血中カルシウム濃度 5mEq/l このうち血中カルシウムイオン濃度は 2.5 mEq/l
分泌調節のポイント:カルシトニン ←Ca2+ + protein binding Ca 。 副甲状腺ホルモン ←Ca2+

分子機構



濾胞細胞」

  [★]

ovarian follicular cell, follicle cell



細胞」

  [★]

cell
cellula




濾胞」

  [★]

follicle
卵胞




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡