侵襲性肺アスペルギルス症

出典: meddic

invasive pulmonary aspergillosis
肺アスペルギルス症

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 診断の指針・治療の指針 院内感染症としての真菌症
  • 小野崎 正修,槇村 浩一
  • 綜合臨床 60(1), 126-128, 2011-01
  • NAID 40017649995
  • 白血病治療中に併発した侵襲性肺アスペルギルス症の一切除例
  • 坂入 祐一,門山 周文,和田 啓伸,山田 義人,吉野 一郎
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 24(6), 945-948, 2010-09-15
  • … 症例は皮下出血・発熱を認めた44歳女性.白血球増多症のため当院へ紹介され,急性骨髄性白血病と診断された.抗がん薬治療中に高熱と右肺上葉に増大する浸潤影を認め,侵襲性肺アスペルギルス症(IPA)が疑われた.陰影は抗真菌治療で治癒せず,白血病治療を妨げていた.治療継続のために右肺上葉切除術を施行した.肺病変は背部で壁側胸膜と強固に癒着しており,肺と共に胸膜と筋層の一部を合併切除した. …
  • NAID 10026639698

関連リンク

2010年2月10日 ... 侵襲性肺アスペルギルス症の概略 侵襲性肺アスペルギルス症(Invasive Pulmonary Aspergillosis;IPA)は 血液疾患や移植後などの免疫抑制状態や、肺の構造破壊の ある患者で 発症しやすいと報告されている。 AJRCCM 2006 ; 173 ...
アスペルギルスは糸状真菌(しじょうしんきん)の一種で、多くは自然界に広く分布してい ます。肺アスペルギルス症はその病態によって、肺アスペルギローマ、慢性壊死性(えし せい)肺アスペルギルス症(CNPA)や侵襲性肺(しんしゅうせいはい)アスペルギルス ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み肺アスペルギルス症
リンク元IPA」「invasive pulmonary aspergillosis
拡張検索亜急性侵襲性肺アスペルギルス症」「急性侵襲性肺アスペルギルス症
関連記事」「侵襲性」「アスペルギルス症」「侵襲」「

肺アスペルギルス症」

  [★]

pulmonary aspergillosis
アスペルギルス症アスペルギルス

国試



IPA」

  [★] 侵襲性肺アスペルギルス症 invasive pulmonary aspergillosis

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「International Phonetic Alphabet 国際音標文字」


invasive pulmonary aspergillosis」

  [★] 侵襲性肺アスペルギルス症


亜急性侵襲性肺アスペルギルス症」

  [★]

subacute invasive pulmonary aspergillosis


急性侵襲性肺アスペルギルス症」

  [★]

acute invasive pulmonary aspergillosis


肺」

  [★]

lung
肺区域肺野呼吸器の上皮の移行
  • 図:M.78 N.204(肺のリンパ系),197(肺区域)

解剖

  • 重量:右:500g, 左:400g
  • 葉:右3葉、左2葉
右上葉、右中葉、右下葉、左上葉、左下葉

発生

L.247
  • 肺の上皮、喉頭、気管、および気管支の内面を覆う上皮 → 内胚葉
  • 気管および肺の軟骨性要素と筋要素、結合組織 → 中胚葉(臓側中胚葉)
NGY.283
  • 妊娠16週頃:気管、気管支が分岐し腺状構造をなす(腺状期)
  • 妊娠16-24週頃:管状構造を形成し、毛細血管が上皮に接触する。(管状期)
  • 以降、肺胞上皮が二種類に分化し、肺胞が形成される。  肺表面活性物質
  • 妊娠28週頃:毛細血管が肺胞腔に露出

機能

  • 呼吸

肺の構造

SSUR.323
区分 気管支腺 軟骨 平滑筋 弾力線維
気管 2+ 3+ 2+ 4+
葉気管支 2+ 3+ 3+ 3+
区域-小気管支 2+ 2+ 3+ 3+
肺小葉 細-終末気管支 3+ 3+
肺胞道 呼吸細気管支
肺細葉
肺胞/肺胞嚢 2+

臨床関連

  • 肺の打診 (M.72)

胸部X線解剖

  • 右第1弓:上大静脈
  • 右第2弓:右心房
  • 左第1弓:大動脈弓
  • 左第2弓:肺動脈幹
  • 左第3弓:左心房(左心耳)
  • 左第4弓:左心室




シルエットサイン

  • 右第2弓:(陽性)[上葉]内側中葉区(S5)、[下葉]内側肺底区(S7)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)????  → 陰性だったら背面の区域、つまりS6,S10と考えて良いのではないだろうか?
  • 左第4弓:(陽性)[上葉]上舌区(S4)、下舌区(S5)、[下葉]前内側肺底区(S7+8)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)??? → 同様にS6,S10と考えて良いのでは?

肺のリンパ節

肺区域

  • 左肺は心臓があるために、右とは異なる形状・肺区域を有する。
  • S1とS2はまとめてS1+2と呼ばれる
  • S7とS8はまとめてS7+8あるいはS8と呼ばれる ← 心臓が左胸腔に全内側に突出しているからと考える
  • 背側にある区域は2・6・10と覚えよ

臨床関連

  • 分葉異常:奇静脈の走行異常による右上葉の奇静脈葉が最も多い(QB.I-295)






侵襲性」

  [★]

invasivenessinvasiveaggressive
活動的観血観血的攻撃的浸潤浸潤性侵入侵入型積極的感染度攻撃高悪性度侵襲的


アスペルギルス症」

  [★]

aspergillosis
アスペルギルス属

アスペルギルス症



侵襲」

  [★]

invasioninsultaggressioninfestationinsult
観血式感染寄生攻撃性傷害浸潤侵入発作外寄生


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡