伝染性膿痂疹

出典: meddic

impetigo + contagion
impetigo contagiosa
とびひ

分類




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/14 00:38:18」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 抗菌薬(経口薬) (特集 エキスパートが教える研修医のための薬の使いかた)
  • 伝染性膿痂疹 (特集 やさしい皮膚病診療ガイド) -- (小児に多い皮膚疾患)

関連リンク

皮膚表層に黄色ブドウ球菌(黄色ブ菌)、またはA群β溶血性連鎖球菌(溶連菌)が感染し て発症する。大多数は黄色ブ菌によるが、最近は有名なメチシリン耐性黄色ブドウ球菌( MRSA)による伝染性膿痂疹が増え、治療に手間取ることが多い。 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みcontagion」「impetigo
国試過去問106I073」「097A007」「101F012」「099D077」「103I021」「102A012
リンク元アトピー性皮膚炎」「発疹性疾患」「急性膿皮症」「痂皮性膿痂疹」「表皮剥脱素
拡張検索水疱性伝染性膿痂疹」「痂皮性伝染性膿痂疹
関連記事伝染性」「伝染」「膿痂疹

contagion」

  [★]

  • n
  • (医)接触感染、伝染。接触伝染病。病原体。感染力
infectioninfectiosityinfectivitytransmissibilitytransmissiontransmit

WordNet   license wordnet

「the communication of an attitude or emotional state among a number of people; "a contagion of mirth"; "the infection of his enthusiasm for poetry"」
infection

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉接触伝染,感染 / 〈C〉接触伝染病 / 〈U〉〈C〉(思想・感情などの)伝染《+『of』+『名』》」

impetigo」

  [★] 膿痂疹

WordNet   license wordnet

「a very contagious infection of the skin; common in children; localized redness develops into small blisters that gradually crust and erode」

106I073」

  [★]

  • 62歳の男性。脱毛を主訴に来院した。 6か月前から頭頂部に痒みを自覚するようになったため、市販の副腎皮質ステロイド外用薬を塗布していた。 2か月前から同部位に膿疱を生じ、脱毛も認めるようになったため受診した。膿疱の細菌培養は陰性である。頭部の写真(別冊No. 20)を別に示す。
  • 診断として最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I072]←[国試_106]→[106I074

097A007」

  [★]

  • 25歳の男性。皮疹を主訴に来院した。1週前から咽頭痛と37℃台の発熱とがあり、市販の感冒薬を内服していた。2日前から全身に灼熱感があり、皮膚をこするとズルリとむける。血液所見:赤沈40mm/1時間、赤血球410万、Hb13.5g/dl、白血球9,500。皮膚病変の写真を以下に示す。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 097A006]←[国試_097]→[097A008

101F012」

  [★]

  • 細菌の外毒素が起こす皮膚病変はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101F011]←[国試_101]→[101F013

099D077」

  [★]

  • 口腔内に粘膜疹がよく出現するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D076]←[国試_099]→[099D078

103I021」

  [★]

  • 苛性カリ<KOH>直接検鏡法が診断に有用なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103I020]←[国試_103]→[103I022

102A012」

  [★]

  • ウイルスが原因でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102A011]←[国試_102]→[102A013

アトピー性皮膚炎」

  [★]

atopic dermatitis
dermatitis atopica
ベニエ痒疹 ベニエー痒疹汎発性神経皮膚炎 neurodermatitis diffusa
皮膚炎

概念

  • アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因をもつ(日本皮膚学会)

病因

  • アレルギー体質、小児、喘息の既往、乾燥(冬期)
参考1
  • 表皮透過性バリヤーの破綻

合併症

身体所見

検査

治療

参考

  • 1. [charged] Epidemiology, clinical manifestations, and diagnosis of atopic dermatitis (eczema) - uptodate [1]

ガイドライン

  • 1. 皮膚アレルギー(蕁麻疹):医療従事者の皆様へ:アレルギーガイドライン情報館:公益財団法人日本アレルギー協会 JAANet STATION
[display]http://www.jaanet.org/medical/guideline/skin
  • 2. アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2009
  • [display]http://www.kyudai-derm.org/part/atopy/pdf/atopy2009.pdf




発疹性疾患」

  [★]

発疹

SPE.63

  • 有熱
  • 無熱

 


急性膿皮症」

  [★]

acute pyoderma
[[]]
  • 1.伝染性膿痂疹


痂皮性膿痂疹」

  [★]

impetigo crustosa
連鎖球菌性膿痂疹 impetigo streptogenes
伝染性膿痂疹


表皮剥脱素」

  [★]

exfoliative toxin, ET, exfoliatin
エクスホリアチン伝染性膿痂疹


水疱性伝染性膿痂疹」

  [★]

bullous impetigo contagiosa
細菌感染症膿痂疹伝染性膿痂疹


痂皮性伝染性膿痂疹」

  [★]

crusted impetigo contagiosa
細菌感染症膿痂疹水疱性伝染性膿痂疹


伝染性」

  [★]

communicabilityinfectiousepidemictransmissiblecommunicablecontagious
感染性伝達性伝播性流行流行性流行病伝染病

伝染」

  [★]

transmissioninfectioncontagiontransmit
感染感染症感染力伝える伝達透過接触感染

膿痂疹」

  [★]

のうかしん
impetigo





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡